出産

    303 :名無しさんといつまでも一緒 2013/02/03(日) 11:04:35 0.net
    毒男、不倫あいてに子供ができた、どうしよう。

    152 :名無しさん@HOME 2011/06/27(月) 19:16:22 O
    結婚して1年。
    先月、娘が生まれたんだけど、昨日嫁が娘に対して怒鳴った。
    泣くしかできない娘に対して「なんで泣くのっ!?」って。
    しかも直後に娘の尻叩くし。
    娘抱っこして、何してんだ!!って言ったら泣き出して話しになんないし。
    これって普段から娘叩いたりしてんのかね?
    家に帰ると大抵娘泣いてるし、俺が抱くと泣き止む。
    嫁が抱いても泣き止まないし、普段から何かしてんじゃないかと思う。
    一日中家に要るのに、まともに家事もできてないし。
    どうすれば、嫁がまともに育児や家事できるようになるんだか

    709 :名無しの心子知らず 2019/11/26(火) 23:53:11
    長文なので嫌な方はスルーお願いします



    双子出産前一ヶ月管理入院からの緊急帝王切開
    産んだ後、血圧の薬の副作用で立ち上がることすら出来ず子供に会えたのは次の日
    家の両親は離婚していて旦那と母親は会ったことがない
    朦朧としていて、気付いたら産後一週間の世話を旦那から義母に依頼されているのを断れず
    その為産後二週間後の義母妹夫婦の訪問を断れず、滞在を短時間でお願いした
    結果三時間滞在
    血圧が安定せず薬を服用しながら血圧こまめに計ってる状態で旦那に切れつつもなんとか乗り越える
    義妹夫婦が帰るときに義母は「また遊びに来てね!」
    正直タヒねよと思った
    双子一歳過ぎに新築祝いを兼ねて、また義母妹夫婦とさらに旦那従姉妹が訪問
    人見知りで泣きまくる子供を離さない
    一歳半義妹が遊びに泊まりに来たいと言われ断ると「もっと親戚付き合いした方がいい」と言われる
    確かに家は離婚してて親戚付き合い皆無だけど、お前の所が常識と思うなよ?

    433 :名無しさん@HOME 2012/09/29(土) 23:54:22 0
    両親が修羅場だった話。
    すべて伝聞のため曖昧なところがあるのはごめんなさい。

    母が第1子(私)妊娠中、出産予定日の1週間前に突然の破水。
    深夜だったため就寝中の父を慌てて起こして病院へ。
    破水したまま時間がたつと母子ともに細菌感染の危険があるので頑張って産もうとするも、陣痛が来ない。
    陣痛促進剤を入れても子宮口が開かなかったらしい。
    丸一日頑張っても私が出てくる気配はなく、次の日の朝に帝王切開で出産。
    初めての出産だったのにいきなり破水して、このままだと赤ちゃんが危ない!でも陣痛来ない!促進剤入れても出てこない!と母は修羅場だったと思う。
    丸一日も痛い思いさせて、しかも帝王切開でさらに痛くてごめんねお母さん・・・。

    父も父で、
    夜中母に付き添い病院へ行き、次の日が平日でそのまま出社、昼食も食べずに仕事をこなして夕方病院へ。
    頑張る母と夜を過ごしているときの気持ちは修羅場だっただろう。
    次の日の朝、空腹の父が1日ぶりの食事を駐車場で取っている最中に産まれてしまったらしい。
    母は麻酔で眠っているので、はじめて私を抱いたのは祖母。
    父、食事のタイミングが悪かった。

    さらに産まれた後の検査で、私に先天性.心疾患が複数見つかり両親ショック。
    しかしこれは時間の経過で自然に治癒する可能性.の高いもので、私の場合も半年で完治。
    大きくなってからの発作もありえると聞いたが、幸い今まで起こっていない。

    (続く)

    267 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 00:21:59 ID:MUiUyrzd.net
    約1年の間に起こった修羅場。
    元カレと同棲して半年。
    同棲先に友達が泊まりに来た時、友達と元カレがワッショイしてる時が第1の修羅場。
    数日後、妊娠が判明した時が第2の修羅場。
    その後、両親と相談して、子供を産むために実家に戻り、元彼と別れ、妊婦ライフを過ごしていたら元カレ来襲。第3の修羅場。
    そうこうしてたら8ヶ月で産気づき、早産だったが出産。
    母子共にとてつもなく健康。
    退院後、何故か、私の弟が私の子供と間違われ元カレにより連れ去られる。第4の修羅場。

    10年前の修羅場。
    子供が10歳になったのと、結婚が決まったので厄落としカキコ。

    このページのトップヘ