再会

    28 :名無しさん@おーぷん 2014/08/16(土) 18:45:34 ID:syKBNh1jL
    私は中学の時イジメを受けていました。
    当時学校が荒れてて、クラスに一人か二人はイジメられっ子がいて、私の場合は無視・陰口・仲間はずれ・物を隠す等の陰湿系で、精神的にくるタイプのイジメでした。
    もう一人男子でイジメを受けてる子(A)がいて、Aは陰で暴力やカツアゲもされていました。
    どっちがマシってこともないですが、痛いのが苦手な私は、少しだけどまだマシなのかなとも思ってました。
    孤独なのも辛かったですけどね。目の前に楽しい世界を見せつけられていたのですから。

    高校に上がると、コミュ障気味でぼっちに近かったですが、イジメはありませんでした。
    ある日学校からの帰りに、中学の同級生(B子)に会いました。向こうから話しかけてきました。
    その子に中学でのイジメの事を謝られました。
    B子は小学の頃は友達で、中学ではボス女子(C子)にイジメられるのが怖くて無視に参加してたそうです。
    C子は見た目も可愛らしく先生にも気に入られていて(チクリ魔でした)、アメ(お金持ちでお洒落で色々ばらまいてました)とムチでクラスの女子を支配していました。
    そんな状況だから仕方ないし、私自身はB子にイジメられてた意識は無かったので気にしないで忘れてと言いました。
    その後、電話番号を交換してやりとりする仲になりました。
    もう一度、友達になりました。嬉しかったですね。

    961 :名無しさん@おーぷん 2016/02/10(水) 11:46:02 ID:doC
    俺、俺嫁、友人Aは中学校の同級生だった。
    中3の夏、俺と友人Aはそれぞれ好きな子に告白する事にした。
    俺の好きな子は活発なB子、Aの好きな子はおとなしい、(後の)俺嫁だった。
    告白はうまくいき、Wデートをした。4人で地元の遊園地へ行った。
    しかし受験生だった事もあり、2度Wデートした後は暇がなく
    2組のカップルは自然消滅した。

    5年後、大学生になった俺は俺嫁と再会した。
    違う大学だったが、ゼミ間の交流会があってそこで仲良くなり、付き合うようになった。
    6年付き合って結婚した。
    結婚式にはAも呼んだ。当時Aはすでに既婚だった。
    社会人になってからAとは仕事上ニアミスすることが多く、付き合いが復活していた。

    837 :おさかなくわえた名無しさん 2013/02/18(月) 08:32:47 ID:0eX7fwOB
    高校からの友人を切った。

    お互い専門に進学したのだが、友人の学校が在籍中に短大になってから私を見下し始めた
    就職してからも、散々自分age私sageで、会社であった事愚痴で痰壷扱いされてた。
    一度ブチ切れてcoしたんだけど、この間またやらかした。

    同窓会で再会。持ち物で私が小金持ちになってると判断。
    奢れ、小物寄越せ、家に呼べetc・・・
    仕舞にゃ「あんた(私)にはあの旦那は似合わ合い、別れろ、友人の方がふさわしい!」
    と喚き散らし、同窓会帰りに、階段上から突き落とされた。
    入院中そいつの親が来たが「私さんが羨ましかっただけなんです、何とぞ穏便に、これからおお供達で」だとw
    何もかもお断りして、元友人を障/害で訴えた。

    刑が確定し、塀の中に入ったと聞いたで記念カキコ。
    見苦しい文章失礼しました。

    198 :おさかなくわえた名無しさん 2020/03/06(金) 17:50:28 ID:JC01Y8ZU.net
    ある国立大学に通ってたんだが、同期に凄いパワフルな奴がいた。

    ・記憶力&理解力抜群で、授業は途中まで聞いたら全部把握、テストは無勉強で優ばかり。
    ・成績優秀でゼミの代表に選ばれ、教授の助手的なことをやっていた
    ・詳しくは知らないが学生団体の幹部で色々な大学で活動して人脈&影響力ありまくり
    ・それだけ忙しいのに、毎晩様々な人と飲み歩き、さらには朝の授業に遅刻せず来る
    ・さらには毎日トレーニングをしていて、小柄ながらプロボクサーのような綺麗な体格。顔は好み分かれるがそこそこイケメン、ファッションもオシャレ。
    ・プレゼンの天才。ほぼ無準備なのに凄い説得力
    ・超不景気だったのにすぐに大企業から複数内定もらい、同級生から面接のアドバイス依頼が杀殳到
    ・卒業後も入社した大企業で大活躍

    卒業後数年まで交流あったが、その後疎遠に。
    こないだ10年ぶりくらいに会って、衝撃だった。
    ・鬱になったままずっと治らず、記憶力や集中力が衰えまくりで新しいことを何も覚えられない、仕事にもならない
    ・そのせいで転職と退職を繰り返し、今ある財産はボロボロの車一台だけ、親から多額の借金
    ・何もする気力が起こらず、学生時代より30㌔近く太ってデブに。
    ・オシャレをする気力も金もなく、くたびれた服装
    ・昔は自信に満ち溢れ、リーダー役や人前に出るのが大得意だったのに、今は極力人前には出たくないとこと。

    見た目も中身も別人になっていて、精神疾患の恐ろしさを実感。本人曰く、体の病気は気力があれば乗り越えられるが、心の病気は肝心の気力がタヒんでしまうから何も出来ないとのこと。
    本人が一番悔しいだろうけど、せっかくの人材がもったいないなぁと切なくなった。

    527 :名無しさん@おーぷん 2015/12/28(月) 22:09:13 ID:jny
    8年前に分かれた元夫と偶然再会した。
    今住んでるの名古屋、別れた時は元夫の地元の九州の某県某郡某村字ナントカw
    まさかこんなところで会うとは。
    後ろから肩叩かれて「久しぶり、偶然だねい」とか言われても誰か分からんかった。
    倍率ドン!ってぐらい太って人相も変わってたけど、よく見たら確かに元夫。
    友達と旅行で来てるらしいことや、まさかこんなところに君がいるなんてとか、
    (私の地元は全然別のところ)
    偶然過ぎて何か意味のある再会なのかなって思っちゃうよね~とか、
    ちょっと何言ってんのか分からなかった。
    そこへ待ち合わせしていた現夫が現れて「誰なの?」って聞かれたから
    「前に話した元旦那~」って、わざと「前に話した」を強調した。
    元夫、それまでの馴れ馴れしい物言いから「では、そういうことで」と
    更に意味不明の言葉を残して去って行った。
    言っちゃあ悪いけど羽根が縫い目から半分出てるようなダウン着て、
    ニット帽もなんか脂でテカテカしてて、別れる前はそんな酷い恰好じゃなかったのに
    ずいぶん落ちぶれたなぁって感じだった。
    現夫はビジネスコートが似合ってたし、身長も元夫より15cmは高いし
    悪いけど比較するのが可哀想なぐらい。
    元夫と別れた時、私は身も心もボロボロだった。
    財産分与も慰謝料請求も全て捨てて
    迎えに来てくれた兄の車に飛び乗って逃げるように地元に帰った。
    元夫と義父母、義姉から受けた仕打ちは一生忘れないと思ってたけど
    今の夫が荒んだ心を救ってくれた。幸せ。
    元夫が今どんな暮らしなのか、再婚してるのか、何も分からないけど
    少なくとも幸福ではなさそうだ。
    8年ぶりに復讐できたような気がする。

    このページのトップヘ