公務員

    581 :おさかなくわえた名無しさん 2005/02/13(日) 17:14:23 ID:w1pEGEMN
    この忙しい時期、うちは男女問わず休みがない。
    休日出勤も当たり前だ。
    まあ、みんなうちの工場の連中は男も女も体力のある連中ばっかりだから大丈夫だろうが。
    しかし、休日出勤のある日、一人の女子社員の女の子の婚約者であるひょろっとした公務員の男が
    やってきて、彼女が心配で自分にも何かできることがあったら、仕事を手伝わせてくれと、
    もちろんお金はいらないからということだったが、彼女の方が激怒して、あなたがいても
    足手まといだから!と怒っていた。男の方はキミが心配なんだ、休みもなく働いてるじゃないかと
    言うも、彼女の方が公務員のあなたにはわからないのよと怒鳴られていた。
    それを見ていた俺は二人の方に歩いていき、彼女にビンタした。
    「いいかい、この人は真剣なんだよ。でなきゃ、わざわざこんな危険な工場なんかに手伝いに来るかよ!」
    と彼女に対して言った。
    そして、男の方に「あんたもあんただよ。言われっ放しになってんじゃないよ」
    男は「しかし、殴るなんて野蛮な・・・・・・」
    俺「本気なら出来るはずだ」

    二人の喧嘩を治めた俺は男に棚卸を手伝ってもらった。

    559 :名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2014/11/12(水) 09:38:21 ID:Oh8Fjcig.net
    流れをぶった切る上に長文で申し訳ない。

    かつてママ友だった人が(以下:A。絶縁済み)非常識というのか、いろいろとおかしいママさんでした。

    Aの子どもは男児(以下:A太郎)で娘が通う幼稚園で同じ年少のクラス。
    娘はA太郎と入園早々仲良くなり、その縁でAとママ友として親しくなりましたが、当初のAの第一印象は、ツンとすました気位の高そうな女性.
    といったカンジでした。
    Aは職業は公務員のワーキングママで一見スタイルのよいVERYママ風の美人。いつも高級外車でA太郎を送迎していました。
    付き合いだした当初は気さくでさっぱりした女性.だと思いましたが、かかわればかかわるほど違和感をおぼえるようになりました。

    最初の違和感は、我が家へは頻繁に訪問してくるわりにはA宅へは絶対に招待しないという点。
    ちなみにA宅はごく普通のコーポですが、自宅には最新家電や高級家具があるとのことなので、部屋が汚れるから自宅に招きたくないだけだったと思います。
    この時点でAにはギブアンドテイクが通用しないのだと感じ取りました。

    すみません。続きます。

    68 :マジレスさん 2017/01/26(木) 01:27:05 ID:0nt17TdS.net
    50代の母親です。
    27の息子なんですが大学卒業して新卒で入った職場を辞めたいと言っていましたが3年は辞めるなと言って3年間働いて辞めました。

    1年勉強して今年、公安系の公務員に内定したのですが本当に行きたかった所は年齢制限で受けることができなかったようです。

    高校、大学と部活で全国大会に出場していて、県外の高校で寮生活をしていたこともあり受かる自信もあったと言います。

    もっと早く辞めさせてくれてたらや、20代を無駄にした人生返せと言われ、親戚の集まりにも顔を出さなくなってしまい話もしてくれなくなりました。どうしたらいいのか分からず困っています。アドバイスお願いします。

    153 :可愛い奥様 2010/01/17(日) 14:52:22 ID:zvyR0ibS0
    職場の同僚AとBが勤務時間中抜け出したり、カラ出張したりとやりたい放題。
    見かねた別の同僚Cが行政トップに投書した。
    AとBは逆ギレして密告者を探し回り
    上司、管理職は自分の責任を問われるから私に「そんなことはないと証言してほしい」と
    それとなく遠回りに言われる。(はっきりいわないのがミソ)
    私は期限付き臨時職員。
    当然見て見ぬ振りで正直なことを証言しなければ雇用期間の延長あり…のような
    ニュアンス…生活もあるしでもうそはつけないし…「何も知らない」と行政トップに
    証言した。
    告発したCさんは組合やいろいろなところからも嫌がらせを受けて退職。
    AとBは未だに不正してぬくぬく公務員生活続けてます。

    569 :名無しさん@HOME 2011/05/23(月) 10:40:43 O
    誘導していただき、こちらに来させていただきました。
    離婚時の修羅場なのですが、こちらに書かせていただいてもよろしいですか?

    このページのトップヘ