免許

    443 :名無しさん@おーぷん 2017/11/16(木) 22:41:34 ID:r8C
    私24歳、彼氏26歳、デートはいつも私が運転する車。
    と言うのも彼氏は免許を持っていない。
    東京に住んでたら車要らない=免許要らないって理屈らしいけど
    私は彼氏に車ぐらい運転できてほしい。
    出掛けた先で体調が悪くなった時に、彼が運転してほしいと思う時がたまにあるし
    私だって助手席で景色見ながらお菓子食べたり(彼がいつもしてる)したいし。
    それで将来的にも免許取っておいた方が良いよ~って言ってたんだけど
    要らないものに金掛けたくないってずっと拒否してた。
    が、昨年暮れに買った年末ジャンボで3等100万円があった時
    お金出すから免許取ろうよって言ったら二つ返事でOK。
    これでやっとデートが楽になると思ってたが
    なんと仮免学科試験に2度落ち、本免学科試験にこの間6回目落ちた。
    ただの馬鹿だった。
    「もういいから運転しないで。免許も要らない」と告げて別れた。
    理不尽かも知れないけど、運転もできない男って魅力ないわー。



    667 :恋人は名無しさん 2017/07/26(水) 12:51:31 ID:aA/23E8l0.net
    私は去年車の免許とったんだけど、練習しなきゃねーと言って彼氏がデート中に運転させてくれるようになった
    最初のうちは色々アドバイスもくれるし有難く運転させてもらってたんだけど、免許取ってもう1年以上になるし、「練習させてやってる俺」な雰囲気出されるのにイライラしてきた

    デートの目的地まで行きも帰りも私が運転、彼氏は横で携帯弄ったり寝たりしてるだけ
    一番助けて欲しい目的地付近の道案内も中途半端で、自分でカーナビセットする方が余程早いし確実
    おまけに「今日は私運転したくない」とか言うと、練習する気ないんだ、やる気ないんだ、はいはい俺がやりますよ、と不機嫌になられてもうウンザリ…

    875 :名無しさん@HOME 2018/02/06(火) 09:34:14 0.net
    義兄嫁から「某店が閉店してしまった。私さんのせいだ」と謎電話が来た
    「某店」はアルプスの少女ハイジの家みたいなので山の中の立地で義兄嫁が行きたがっていたけど私は興味がない
    当然訪れたこともないので、潰れたのはどう考えても私のせいではない
    免許がないのに車じゃなきゃいけない山奥の店に行きたがるな
    義兄嫁が半泣きの声で「私さんが連れって行ってくれないからお客が足りなくて潰れたのよ、だから私さんのせい」
    電話口で悪いが爆笑してしまい「笑いすぎでおなか痛い、私の運転でどれだけ頻繁に行く気だったの?」っていったら泣かれた
    憧れの店に一度もいけなかったって泣くけど、杉山の中の店に花粉症の義兄がで連れてってくれないのは当然
    義兄抜きでったってアレルギーの元をくっつけて帰る可能性もあるしそこは諦めるべきでしょ

    571 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/09/11(月) 19:07:10 ID:1AjNxFXs.net
    付き合い始めたばかりの一回りも年上の男
    私が車を持っている事を知ると「私ちゃんが運転できるのは都合がいい
    どこか行く時に車出して貰えれば助かる」とたかる気満々で言ってきて冷めた
    「まだ初心者だし軽自動車だし誰かを乗せる気はない、アテにしないで」とキッパリ断ると態度が豹変
    何日も前の事を突如持ち出してあの言い方は気に入らない、とか
    ファミレス行った時に私が注文した料理が女性向きの料理じゃないとか因縁を付けてきた
    「アッシー(タヒ語)断られて腹立ったのか知らないけど何日も前の事を今更何なの?
    その時言えばいいでしょ。まあ好きなだけ言えばいい
    2度とあなたの前に顔は出さないから気に入らない事ぜーんぶ言っとけ。聞いてやるから」と言って別れた
    「気に入らない事なんてないんだ、そういうつもりじゃない」とかアタフタしてたんで
    断られた事に腹を立てたというよりキッパリ断られてパニックになったんだろうなあ

    824 :おさかなくわえた名無しさん 2014/10/27(月) 15:07:23 ID:0ZtUuuymy
    私の父親と旦那の話。
    里帰りした際に旦那と父親が鹿猟をすることになった。
    鹿の足を引っ掛ける罠を仕掛けて捕まえるのだとか
    父親は猟師の免許を持っており旦那もそんな父親に進められて免許を取った
    (当然お金は父親払ってくれた)
    しかし父親が鹿を一度も取った例はない…
    いわゆるペーパーで
    旦那自身も一人で狩猟などしたこともなく。
    「美味しい鹿肉食べさせてやるからな!」
    二人仲良く山へ篭って行った
    罠を仕掛け後日再び罠の様子を見に行くために山へ向かって行った父親と旦那
    しかし帰ってきたとたん二人とも顔がボコボコ。でもって父親の一言
    「鹿強え…」
    何でも罠にかかった鹿を二人で取り押さえようとしたら暴れてボコボコにされたらしい。
    しかも罠はすっぽぬけて鹿はダメージ0で逃げ去ったとか

    このページのトップヘ