先輩

    465 :名無しさん@おーぷん 2015/05/25(月) 16:46:30 ID:Qbo
    独身だった頃、会社の先輩で気になる男忄生がいた。
    明るくて誰でも気さくな態度で、職場の人気者な人だった。

    ある日職場の飲み会で、その先輩が「俺、今キューピッドやってるんだ」と言った。
    高校時代の部活仲間の一人が、学生時代にマネージャーの女子と付き合っていて、美男美女で学校でも有名な
    カップルだったが、ささいなことで別れてしまったのだという。

    その男忄生は今でも別れをとても後悔してて、その話を聞いた先輩や他の部活仲間が、
    「みんなで二人を仲直りさせてあげようぜ!!」という展開になっていて色々話し合ってるのだ、と。

    ある女忄生社員が「ささいなことで別れた、ってどういう『ささいなこと』なの?」と訊くと、
    「男の方がちょっと浮氣してたのがバレて喧嘩」「『別れる』と言った彼女をグーで毆った」
    とのことで、

    「あーーーーーはいはいはいはい、了解了解、終わり終わり、はい撤収」と、私の短い恋が終わった。

    その先輩と同期の女忄生が「そんな厄介ごとに手を出さない方がいい。当人同士の意志の問題で他人は関係ない」と叱っていたが、
    「部活仲間の結束を知らないからそんなこと言うんだ。俺たちは他人じゃなくて仲間だ。二人の幸せを心から願うから手を出すんだ」と
    怒っていた。

    その後、その先輩と部活仲間とやらは、そのマネージャーの彼女がみんなに知らせずに他県で結婚していたことを知って激昂し、
    彼女の住むマンションに直談判しに行き、モニターで話しただけで彼女の旦那さんに即通報され、全員前科が付きかけたという。

    そのこともまた、さも被害者のように会社で語っていた。
    先輩は社内でも「あいつはヤバい」と距離を取られるようになった。

    又聞きだが、もう40代半ばの先輩は今でも独身で、その部活仲間とやらも皆独身で、ずっと仲間で楽しく
    やっているのが先輩のご自慢だという。
    男の友情っていいなー(棒)と思った。

    698 :おさかなくわえた名無しさん 2005/10/03(月) 22:01:18 ID:A4uWUGvi
    武勇伝っつうか、むしろ家庭板の奥様方にはウケがいい話かもしれんが。

    先週末、同僚Aの家に呼ばれて男数人で押しかけたわけさ。
    そしたら、家の中が妙に散らかってる。雰囲気陰鬱。奥さんはお出迎えにも出てこない。
    Aが奥に呼びに言って、ようやく出てきたと思ったら、髪の毛ぼさぼさ・すっぴん・
    マスク替わりにタオルで口元を覆ってなんか咳き込んだりしてる。おいおい風邪じゃないのか?
    と、俺らは退散しようとしたんだが、Aが妙に頑なに、「おれの嫁さんの料理をみんなに
    味わって欲しくて呼んだんだから、遠慮するな」と言い張って、奥さんに何か作れと言う。
    奥さん、むっつりしたまま、それでも俺らに会釈してから台所に向かった。
    でもその足取りがもうへろへろなのよ。明らかに高熱を発してる。
    余りと言えばあまりだったんで、「奥さんに悪いからもう帰る」と腰を上げたら、Aが
    「料理作って旦那の客をもてなすのが妻の仕事なんだから」となおも言い張る。
    確かに、常々Aは奥さんの料理上手なのを会社で自慢しまくってた。その手前、引っ込むわけにも
    いかなかったんだろう。
    そしたら、一緒に来ていたAの先輩に当たる男が、Aの肩をがしっと掴んで。

    「じゃあ、お前も、今の奥さんみたいに風邪を引いて熱を出して、立つのもしんどい時でも
    仕事だから会社に来い!って俺に言われたら、文句言わずに出社するんだよな?仕事だもんな?」

    大声で恫喝されたりヒス起こされるよりも、静かに淡々と言われる方が怖いって初めて知りますた。
    へどもどしているAを見て、先輩は「奥さん、お邪魔しました。我々は帰りますから、ゆっくり
    養生なさってください」と台所に向かって声を上げ、それからAを強引に連れ出して家を出た。
    その後入った居酒屋で先輩がAになんか説教してたけど、その後は知らない。
    とりあえず、その後、Aが会社で奥さんの料理を自慢することは無くなった。

    19 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 10:34:07 ID:aVp+sK2Y.net
    去年、仕事の昼休みの食事のあと日頃腕時計をつけてない同僚がかわいい時計をしてたのでその話になった
    ご主人のお父さんから結婚記念のプレゼントにもらったそうで文字盤が裏表についてる変ったものでひっくり返して見せてくれた
    すると居合わせた先輩が「ちょっと貸して」と自分の腕につけて強引に借りてそのまま持って行ってしまってみんな唖然
    同僚はそのときかなり困った顔をしていたんだけどつい先日とんでもない事態になっていたことが判明

    同僚は時計をなかなか返してくれず先輩にはぐらかされていたそうだが
    ご主人に時計(お揃いだったそうです)のことを聞かれたときに事情を話したらしい
    時計はかなり高価なものだったらしく記念のものでもあるので怒ったご主人がその先輩のもとに取り返しに向かったら
    時計は先輩の手元にはなくなんと別の人に有料で貸してしまってた(つまり売っていた)
    それで怒ったご主人が職場に通報して本人には即座に返さない場合は被害届を出すというところになってると同僚に聞いた
    そういえば先輩は最近見ないなあと思ったがかなりびっくり
    会社の処分待ちで自宅待機なのかな?

    同僚は気が弱い忄生格で数ヶ月もそんなになるまで何もできなかったのかと気の毒だけど
    先輩もそんなことをやるような人にはぜんぜん見えなかったのでホントに驚きでした

    446 :おさかなくわえた名無しさん 2020/07/12(日) 10:21:18 ID:/SOJ/2HY.net
    先週、会社の先輩(40過ぎ)が「○○君とこって子供何匹だっけ?」と聞いてきたので
    イラッと来たけど「うちではペットは飼ってません」と無愛想に答えたら「ふーん」で終わった
    そして昨日、会社の飲み会があったんだけど、そのときに「○○君ってさ、ペットのことを "子供" とか呼んじゃう人なんだよ」と言い出した
    「そんなこと言ってないですよ」と言ったら「だってこの前、君んとこ子供何人って聞いたのにペットは飼ってないと答えただろ」と
    「あれは○○さんが子供何匹?と聞いてきたから軽く嫌味で返しただけですよ」とハッキリ言ったら
    「おまえ、会社の先輩に嫌味言える立場なのか?え?おい」と、その後ずっと説教
    居酒屋が制限時間になったので解放されると思ったら「付き合え」と別の店でずっと説教
    グデングデンに呑まされて帰宅したのも覚えてないけど、帰宅したときに妻が慌てていたのは何となく覚えてる
    鏡を見たら顔が腫れてる
    覚えてないけど毆られたのか?もう我慢できないから警察沙汰にしてやると思ってたらあっちからLINEが入って
    「月曜日にきちんと診察して診断書取るが、多分これ腕骨折してるし歯も折れてるからタダじゃ済まないと思え」と書いてあった
    よく見たら拳怪我してるし、やっちまったなー、人生詰んだか

    644 :名無しさん@おーぷん 2019/01/15(火) 16:08:18 ID:pb9
    去年決行した離婚大作戦の顛末。
    計画通りにいったので修羅場としては弱いかも。長いです。
    2月の3連休、旦那が先輩と温泉旅行に行ってる隙に
    離婚届とある写真と手紙を残して逃げた。

    旦那は毎年冬に大学時代からの先輩とふたりで温泉旅行するのは恒例行事だったし、
    前年の11月には日程も行先も分かっていたので、じっくり計画を練っていた。
    私は両親共に亡くなってて、その代わりひとりになっても生きていけるお金は持ってた。
    旦那は私の交友関係や親戚関係には全く興味のない人だったから
    誰を頼って何処に行ったか想像もつかないだろうから、あとは逃げるタイミングだけだった。

    離婚について相談していたある人(Aさんとします)が住んでるのは遠方で
    旦那さんを亡くして娘さんとふたり暮らしだったけど
    部屋が余ってるからいいよって言ってくれて、しばらく間借りさせてもらうことに。
    それまで働いていた職場は、温泉旅行の日程が決まった時点で退職願を出して
    決行日の10日前ぐらいで退職していたが内緒にしてた。
    決行当日持って出るのは自分の車と自分のパソコンと身の回りの物だけ。

    温泉旅行が中止になったら全てが崩れる計画だったのでドキドキしたけど
    (その時は開き直って家出するつもりだったけどw)
    幸い上手くいって、3連休初日に旦那を見送ったあと荷物を車に積み
    家を掃除してから出てきた。
    8時間運転してクタクタだったけど、心の解放感は半端なかった。

    置いてきた手紙には離婚理由と、〇日までに離婚届を役所に提出してくれないようなら
    同封した写真を先輩に送るからって書いた。
    本当に先輩に送ったら、半杀殳しにされそうな写真。
    これが相当効いたようで、3連休が明けた翌日の夜「離婚に応じる」と電話があった。
    数日後には届けも出された。

    続きます。

    このページのトップヘ