修羅場

    1 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 14:20:51 ID:dUOvkkqp0.net
    辛すぎる
    気を紛らわしたい

    693 :おさかなくわえた名無しさん 2018/12/05(水) 23:23:34 ID:Tlougf5V.net
    俺の嫁は小学校の時のクラスメート。
    生まれた時からすぐ近くに住んでたんだけど、別に友達じゃなかった。
    ただ母親同士の仲が良くて、これは本当に今でも申し訳ないと思うんだけど、
    所謂放置子とそのターゲットみたいな関係になってて、放課後はよく嫁実家に上がり込んでた。
    3年に上がる時にクラス替えがあって、そこで嫁と同じクラスになった。
    俺は空気も致命的に読めない奴で、嫁の抱える問題にも気づけなくて、
    それを知ったのは4年になってからだな。嫁は3年の頃からいじめられてたんだ。
    当時の嫁は巨漢ってほどじゃないがそんな体型で、しかも老けててオバさん呼ばわりされててさ。
    あれは昼休みだったかな。俺がクラスに戻ると、嫁が男二人と女一人に囲まれて泣いてるんだ。
    放置子、空気読めないってくれば、当時の俺が問題児だったのは分かると思う。
    だから今考えてもありえないんだが、俺はいきなり三人に椅子で殴りかかったんだ。
    それも身体を狙うとかそんな発想もないので、女含めて後頭部や顔面をやっちまった。
    気が付いたら担任に取り押さえられてたよ。
    それまでもガラス割ったりしてたんだけど、これで一気に保護者に敵視されるようになってしまった。
    親にもすごく怒られたよ。女の顔を傷つけるやつは許さねえ!って。
    まぁその三人は嫁をいじめてた主犯格で、「俺は嫁が好きで手を出すと杀殳される」
    ってことになぜかなってて、嫁のいじめはなくなった。
    あと「俺にちょっかい出すと杀殳される」って腫れ物扱いされて距離を取られるようになってた。
    この頃の俺は単なるイキったキレやすいクソガキで、嫁が好きとかじゃなくていじめられてるが誰でも暴力を振るったはずなのは間違いない。
    で、そんな俺に嫁がよく話しかけてくるようになったんだけど、嫁は見た目だけじゃなくて話の内容までオバさんっぽくてさ。
    しかも俺クソガキでしょ?「付いてくんじゃねーよババア!」みたいな感じ。
    これが小学校時代。

    4 :おさかなくわえた名無しさん 2017/10/24(火) 22:07:37 ID:9q1AnkfH.net
    文章下手だけど許してください


    うちの親は特殊で、子供である私にとにかく大量の食事を食べさせる人だった
    物心ついた頃には常人の三倍~五倍は当たり前で、どんなに苦しくても残すことは許されなかった
    隠れてトイレに吐いているところを見つかったときにはトイレの水ごと吐瀉物を食べ直させられたし(それがトラウマで吐けなくなった)
    胃が破裂しかけて二回入院したけどそれでも変わらなかった
    拒絶すれば顔が腫れるくらい殴られたし口の中が切れても変わらぬ量を強制されたのでそのうち抵抗をやめた

    お陰で中学の頭には100キロを超え、高校で130キロを記録
    中学高校と運動する部活に入ってたけど当然減量できるわけもない
    当たり前のように男子からいじめられたけど醜いことを自覚していたので静かにしていたし
    大人に注意されたり心配されても曖昧に笑って誤魔化していた
    誰も親の所業を知らなかったし、何故か私も知られてはならないと思い込んでいた
    親の洗脳かもしれないし自粛かもしれないが、とにかく殆ど怯えるように隠し通していた

    続きます

    349 :愛と死の名無しさん 2017/06/06(火) 12:21:42 ID:8/KF9noB.net
    身内の結婚式行ってきてあったこと書いてく。色々あったけど一応全て片付いたので厄落としも兼ねて。

    身内の結婚式で参加者は新郎新婦の身内(兄弟の扶養家族までのご参加)プラス4、5人の友人と仕事場の人で、普通の結婚式。
    お色直し2回で余興は無し、落ち着いた式で終始穏やかな雰囲気だった。

    終盤近くなって来て二人の思い出の曲を流しながら新郎新婦が各テーブル廻って、テーブルの上のキャンドルに火をつけるという奴で。
    ちょっと新郎新婦が「ん?」って顔してからおかしくなった。
    まず曲が違う、何回かかけなおしてちゃんと流れて司会の人が上手く話して笑いに変えてくれた。

    で、各テーブルで火をつける時、やたら蝋燭が倒れそうになったりちっちゃな花火があったんだけど各テーブルで、火がつかなかったり「ボン!」って小さい爆発がおきたりしていた。
    その間、どんどん新婦の表情が暗くなってきて新郎がとりなしていた。
    周りもあーやっぱイレギュラーが起きてるんだなーぐらいの感覚だった。

    その後も細々とした変な事があり、ざっと言うと。

    長いって言われてしまったので一旦ここで切ります。

    121 :名無しの心子知らず 2010/03/20(土) 14:52:17 ID:K/EWOFIn
    姑のところに泥ママが入ったらしい。
    期限切れの食品を盗んでいって一家で大当たりして、
    姑のところに泥ママの姑が「小さい子供もいる家に悪いものを渡すな」
    ってフンガーしてきたそうだ。
    今晩話し合いだそうで、私と旦那も呼ばれている。
    以下わかってることを箇条書き。

    ・舅が現在入院中で、どたばたしてて、ろくに料理しないから姑宅で食材が腐り中
    ・姑が世間話で友達に上記のことを言う
    ・どこかから聞きつけた泥ママが姑宅に侵入して、冷蔵庫の中身やお菓子、缶詰を窃盗
    ・姑はこの日、私たちの家で食事したので気付かず
    ・泥ママ一家はこの日の夜に、盗んだ食材で食中毒を起こして病院へ
    ・幸い軽くて済み、朝方に元気になった
    ・泥ママは「昨日(姑)にもらってきた食材にあたった」と説明
    ・泥ママの姑が朝のゴミ出しで会った私の姑に怒る
    ・姑「あげてない。昨日は朝からずっと病院。帰りは息子一家のところに寄ってすぐ寝た」
    ・泥ママに泥ママ姑が事情聴取
    ・泥ママ「確かにもらった!姑が仲間と嫁いびりをしてるんだ!」
    ・泥ママ宅紛糾
    ・真実がわからないから、姑も交えて話がしたいと話し合いの要請
    ・姑ひとりだと怖いから私たちにもいてほしいとヘルプが来て、私が一連の騒動を知る
    ・姑と話し合って、第三者として町内会長に来てもらう段取りをつける
    ・他になくなったものがないか、姑が確認中 ←いまここ

    姑宅に人様にあげられるような食品はないから、泥ママの窃盗で確定だと思う。
    姑は毎日ずっと病院にいるし、いいものはみんな初期に私のところに持ってきたから、
    姑宅に残ってるものなんて、使いかけのハムとか、冷凍食品、保存食ばっかり。
    泥ママがどこから姑宅に侵入したのかはわかってない。
    姑は身長150センチない痩せ形だから、なめられたんだろうと思ってる。

    このページのトップヘ