鬼女のつぶやき〜2ch鬼女・キチママ・生活まとめ〜

主に2ちゃんねるの鬼女関連のスレッドをまとめています。修羅場、恋愛・結婚、育児関連の記事が多めです。

    修羅場

    623 :名無しさん@HOME 2014/01/15(水) 08:44:02 0
    流れ豚切って箇条書き

    ・旦那単身赴任で2才娘と二人暮らし
    ・私風邪を引く
    ・私が寝てる間に娘が鍵をあけて庭に出て更に逃走
    ・警察に保護されるが身元わからず
    ・どう判明したのかわからないけど4時間後自宅判明、しかし誰も電話出ない
    ・旦那に連絡行く、旦那パニック
    ・警察が自宅に踏み込む
    ・布団で寝ていた私、体温40度超えて意識戻らず病院搬送
    ・目が覚めたら病院で親族勢揃いで4日経ってた

    娘に何かあったらと思うとぞっとするし、鍵を勝手に開けられるようになってたのはびっくりした。
    でもあのとき娘が勝手に出ていかなかったらたぶん私がタヒんでた。

    761 :名無しさん@HOME 2014/01/17(金) 17:13:37 0
    嫁が父親と不イ侖関係を五年以上も続けていたこと
    俺達夫婦の子供は俺の父親の子供であり、俺は托卵されていたこと
    仲が良かったと思っていた俺の両親は、実は仮面夫婦だったこと

    これ全部を同時に知った瞬間が俺にとって最大の修羅場だった
    未熟な俺が悪いと自分を責め続けていた自分が阿呆らしい

    732 :名無しさん@HOME 2014/01/17(金) 13:00:48 0
    婚約中の兄が外人パブのホステスに入れあげて結婚資金使い込んだ
    しかも同じ女を兄の親友(既婚)と奪い合うというていたらく

    男同士の熾烈な争いの結果、兄は破談
    親友は離婚

    ホステスは故国に逃げた
    しかも逃げたあとニューハーフと判明
    国籍も詐称だった

    兄が男泣きしてるがなぐさめる気になれない

    624 :おさかなくわえた名無しさん 2018/11/10(土) 20:46:38 ID:tEzEE5XC.net
    正社員で採用された20歳の頃、
    高校の頃から付き合ってる彼氏がいた。
    遠距離恋愛だったけど、
    月に2度は頑張ってデートしてた。

    同じ会社の4つ年上の人から
    軽く言い寄られるようになって
    「彼氏がいるんで」と断っても
    「ご飯くらいはいいでしょ?」
    と、先輩だし断りきれずに何度かご飯を食べた。
    私は奢られるのは貸しができるみたいで嫌なので
    半額きちんと渡した。
    受け取ってもらえなければ、次のご飯の時に
    「前回出してもらってので」と全額出した。

    ある日、彼氏が逢いに来てて
    カーテンを閉めようと外を見たらその人がいた。
    こっちを見ているわけでなくスマホを見ていたのだけど、
    見張られてる気がして怖くなった。

    757 :名無しさん@HOME 2012/06/14(木) 13:30:44 0
    高3の冬、ちょうど本命大学の受験前日に家の電話がなったので出てみたら借金取りの電話でgkbr
    その後無事合格通知が届いて喜んでいると、スーツ姿の銀行マンが訪ねてきては父親と楺めていて、うちはどうなるんだろうとさらにgkbr
    詳しく事情を父に聞いてみると

    ・母がパチ〇コで勝手に銀行や消費者金融で600万の借金をしていた
    ・過去にも2回ギャンブルで借金したがその時はもうしないと約束し父が返済した
    ・今回が3回目、しかもバブルもはじけて父の自営も芳しくないからもうこれ以上のしりぬぐいは無理
    ・とりあえず上記の600万とは別に友人知人に借りている分だけは父が返済、それが財産分与ってことで離婚してこの家を追い出す

    とのことだった。
    母の両親はなくなっていたので母の姉が家に来て、父に離婚を思いとどまらせようと父や私達兄弟を説得しようとするんだけど

    「今まで弟がお母さんの自転車をパチ〇コ屋の駐車場で見かけたって話を聞いても見間違えじゃないかとかばってきたし
    生活費が苦しいからと言われてお小遣いを貸しては踏み倒されてもお母さんにも事情があるのかなとお父さんに内緒にしてきた。
    けどその理由がパチ〇コだなんてもう無理!
    小学校の時夏休みは毎日500円玉渡されて弟と二人でスーパーで買ったお弁当食べたりお友達の家でごはん食べさせてもったり
    してたけどずっといやだった。
    中学・高校の時も友達は皆お母さんの手作り弁当を持ってきてたのに、うちはお母さんが専業主婦なのに作ってくれなくて、
    バイト代で冷凍食品かったり晩御飯のおかず(お刺身だけとか焼いたハムだけとかスライストマトだけとかザラだった)を
    食べずに置いておいては自作した卵焼きと一緒にお弁当箱に詰めて持って行ってたし、
    部活の推薦をくれた私立高校に行きたかったけどうちは貧乏だからと我慢して、家から遠い部活の盛んな公立に進学したのに
    全部パチ〇コのせいだったなんてもうお母さんのこと信じられない!
    今だって折角念願の大学に合格できたのに私大学に行けないの?弟だってまだ高校入ったばっかりだよ?」
    という状況が人生初めての修羅場でした。

    このページのトップヘ