他界

    293 :1/2 2013/08/28(水) 12:37:15 0
    もう大分昔のことなのだけど、私が父の子供じゃないと判ったときが修羅場

    判ったのは中学生のときで
    ヒステリーで家事もあまりしない母親だった人が浮気して
    その相手と結婚する為父に離婚してくれと要求したのがきっかけ

    いろいろあって両家祖父母間ででてきた話し合う大問題に発展した中
    やり直そうと言う父に浮気に酔ってた糞女が託卵や歴代浮気をぶちまけた

    私は家事は最低限で子供にもかまわない母親と
    忙しいながら時間があるときにはあるだけ可愛がってくれた父だったら断然父のほうが好きで
    離婚したら父についていきたいと思っていた私が修羅場

    さらに話し合いが続く中ストレスで父が脳卒中で帰らぬ人となり
    修羅場を通り越して絶望した

    225 :可愛い奥様 2013/10/05(土) 22:30:00 ID:jVV8z73w0
    21の時に私を強カンした男が2年後脳腫瘍でタヒんだ。
    眉間に鈍痛があるといって耳鼻科に行って蓄膿症と誤診され、あっという間に悪化してタヒんだって。
    もうどこに行くにもあいつの車がないか駐車場見回ったり、ドアチャイムに怯えなくていいんだと思ったら笑いが込み上げた。


    私もよく世話になってた友人のお父さんが、仕事上の事故で機械に両足を挟まれ出血多量タヒ。
    近くにいたのにすぐに助けを呼ばなかった疑惑の男がいたけど事件にならなかった。
    その男は友人のお父さんに一方的な被害妄想を抱いていた。

    4年後その男、軽トラで停車中のミニバンに80km超で追突、両足をグチャグチャに骨折
    糖尿病持ちで壊タヒを防ぐためだったか両足切断。

    友人と泣いて喜んだ。


    人がタヒんで心から喜んだのはこの2回だけ。

    779 :恋人は名無しさん 2017/06/29(木) 11:06:16 ID:8dCyG9v/0.net
    「コイツが弁当つくってくるけど冷凍食品入ってるw」と彼の友人達と一緒に馬鹿にされたこと。
    当時、両親他界でひとり暮らし、学費払いながら生活費をつくる貧しい生活で、土日はもちろん、平日は学校が終わればバイト。
    そんなときバイト先で出会った大学生の彼に「お弁当をつくってほしい」と頼まれた。自分の分をつくるだけでも、時間とお金がかかるし、基本冷凍食品をつっこんでるだけだから嫌だと断ったが「それでもいい」と何度も何度も頼まれしぶしぶつくることに。
    冷凍食品6割引の日はバイトの休憩中に買いにいき、毎朝弁当をつくる。渡された弁当箱を洗う。そんな生活が1か月以上続いてた。
    そんなある日、彼の友人達と一緒に遊んでいたら、彼友人達に「彼氏の弁当に冷凍食品いれるのはありえないとおもうよww」と言われた。
    彼も「学食代浮かせたくてつくってって頼んだら冷凍食品入っててさ~笑」「母さんの弁当に冷凍食品なんか入ってたこと一度もないんだけど、マジでなえる~」と彼友人達も冷凍食品が弁当に入ってるなんてありえないと爆笑。
    その場の雰囲気を崩すのもアレなので、笑いながら「じゃあ、お母さんにつくってもらえばー?」といったら、「母さんは今まで毎日弁当つくってきてくれたから、楽させたくて仕方なくお前につくってもらってるんじゃん~笑」と友人達と再び大爆笑。
    その他にも色々たまってたのもあり、その日の帰り道で彼とは別れ話。駅前で沢山の人がいるなか、彼は「別れたくない~!」「ふらないで~!」って人目も気にせず大声で大泣き。
    アホか。と放置して帰った。
    下らない理由だけど、食事って金銭感覚の違いや家庭環境の違い等様々でるんだなと思った。

    363 :名無しさん@おーぷん 2020/03/21(土) 15:13:29 ID:XAT
    母が亡くなった。
    もう半年以上前に、お医者さんから生きる為の身体の機能が低下していて
    いつお迎えが来ても不思議じゃない」って言われたのでずっと覚悟はしてたんだ。
    老健で7年暮らしてたけどその時に退所を促され、終末期の老人が入る介護療養型医療施設に移った。
    母とは、普通に会話はできたけど声に力がなくて小さな声で
    でもどこが痛いとかそういうのもなくて、ただニコニコして私の話を聞いてる感じだった。
    亡くなる一週間前ぐらいは病室に行ってもいつも寝てて、手を握ったりすると目覚めて
    少し会話はするけど基本眠たそうにしてた。
    亡くなった日、朝行った時は手を握ると薄っすら目を開けて、なんだかんだ話しかけたら
    眠たそうに目を瞑ったから30分ぐらい母の傍で本読んだりして過ごして
    それから「又明日来るね」って耳の傍で言ったら「またね」って弱弱しい声で返事があった。
    その日の夜中に病院から電話があって、到着と同時に「ご臨終です」って。
    病院側の配慮なのか、たぶんその時にはもう息を引き取ってたんだろうと思うけど
    家族の到着を待って臨終の確認をしたような感じだった。
    お葬式の間、ずっと考えていたのは、母との思い出とかじゃなかった。
    人間って、老衰でタヒぬときはあんなふうに、本当に眠るようにゆっくりと静かにタヒぬのかなぁって。
    本人はまた目覚めるつもりで眠たいから寝たらそのまま・・・って感じなのかなぁ・・・とか。
    痛いのは嫌だから、私もそんなふうに息を引き取りたいなぁ。

    866 :名無しさん@おーぷん 2020/01/16(木) 22:48:17 ID:UjH
    結婚以来ずっと義父母と同居してきた。
    それなりに嫁として可愛がってもらったけど
    義父が亡くなって、昨年義母も亡くなって、
    50代半ばにしてようやく自分たちの代が来たと言う感じで
    大きな声じゃ言えないがヒャッホーーーーーー!って気分なのが正直なところ。
    夫は一人っ子なので、小煩いこと言ってくる人もいないし。
    で、自分たちの代になったら真っ先にやりたかったことってのがあった。
    義母はとても物持ちのいい人で、食器は少々欠けててもヒビが入ってても
    割れない限り使う人だった。
    粗品とか景品で食器を貰うと必ず使う人で、
    知らない人が見たら鶴太郎のファンかってぐらいヤマダ電機で貰った器がある。
    義母の事は好きだけど、食器のことだけはずっと嫌だったんだ。
    気に入った食器が夫婦茶碗と子供のお茶碗と夫婦と子供の湯飲み以外殆ど無かった。
    今、古い食器を全て処分して、少しずつ気に入った焼き物で揃えていってる。
    昔から焼き物を見るのが好きだったんだが、義母がそんなふうだったから買えなかったの。
    そしたら娘も一緒になって、ポーランドの食器を買ってきた。
    すごい可愛いやつ。
    夫は「食器ってそんなに拘りたいものなのかなぁ~」って呆れてみてるけどねw
    もしかしたら義母があの世から「それ気に入ってたのにぃ~」とか怒ってるかも知れないから
    お詫びに義母が好きだったヤマザキのみたらし団子を御供しておいたw

    このページのトップヘ