介護

    641 :名無しさん@HOME 2008/05/11(日) 19:31:44 0
    相談者いなくなったみたいだから過去の話を書き捨てさせて。


    近所で別居してた元トメが半身麻痺になり同居して介護するようになった。
    専業主婦だったし子供も手を離れたころだったし、何よりその頃は「介護は嫁がやるもの」という風潮のある時代で
    恥かしい事に私自身もそう思い込んでた。
    (今から20年以上前です。年は追求しないで…)
    元トメとは合わない事もあったけど介護されている負い目を感じるくらいは常識のある人で
    しばらくはうまくやってた。

    そんな生活が始まって数年後、元エネ夫が介護に口出しし始めて全てが狂いだした。
    文字通り口を出すだけ。私のやる事にいちいち文句を付ける。
    例えば当時レトルトの介護食はほとんどなかったので元トメの介護食は私の手作り。
    元トメしか食べないから味の変わらないものは朝纏めて作って温める時に仕上げしてたら
    それを見た元夫が「毎食ちゃんと作れ」と怒る。
    つまり手間隙かけて私が苦労すればするほど良い介護wwらしい。
    怒れば良かったんだけど当時の私は「夫に介護の事言ってもわからないから」という旧時代思考で
    「あーはいはい」で聞き流して自分のやりたいようにやっていた。


    最初の大爆発は私の実家で不幸ごとがあって一日家を空けるときに元トメにおむつをしたとき。
    コトメ(協力的)が来てくれる約束をしたけど時間が確定じゃないから一応用心のためで
    元トメももちろん了承してくれた。でも帰ってきた元夫が激怒。
    「お袋をボケさせる気か!」と怒鳴り散らし日和見の元トメは「本当は嫌だった」と言い出す。
    申し訳ないと思ったけど私の親兄弟だって年をとってきてどうにもならないことがある。
    そういう時にはそっちも協力、我慢して欲しい、と訴えたけど「お袋がかわいそう」の一点張り。
    そこまで言うなら自分が仕事早退しでもして何とかすればいいのに「仕事はそんなに甘くない」
    今だったらブチ切れて家を出てるけど半寝たきりで不安定になっている元トメは泣いて謝り出すし
    自分もものすごく疲れてて謝れば終わると思って謝った。

    641 :名無しさん@HOME 2008/05/11(日) 19:31:44 0
    相談者いなくなったみたいだから過去の話を書き捨てさせて。


    近所で別居してた元トメが半身麻痺になり同居して介護するようになった。
    専業主婦だったし子供も手を離れたころだったし、何よりその頃は「介護は嫁がやるもの」という風潮のある時代で
    恥かしい事に私自身もそう思い込んでた。
    (今から20年以上前です。年は追求しないで…)
    元トメとは合わない事もあったけど介護されている負い目を感じるくらいは常識のある人で
    しばらくはうまくやってた。

    そんな生活が始まって数年後、元エネ夫が介護に口出しし始めて全てが狂いだした。
    文字通り口を出すだけ。私のやる事にいちいち文句を付ける。
    例えば当時レトルトの介護食はほとんどなかったので元トメの介護食は私の手作り。
    元トメしか食べないから味の変わらないものは朝纏めて作って温める時に仕上げしてたら
    それを見た元夫が「毎食ちゃんと作れ」と怒る。
    つまり手間隙かけて私が苦労すればするほど良い介護wwらしい。
    怒れば良かったんだけど当時の私は「夫に介護の事言ってもわからないから」という旧時代思考で
    「あーはいはい」で聞き流して自分のやりたいようにやっていた。


    最初の大爆発は私の実家で不幸ごとがあって一日家を空けるときに元トメにおむつをしたとき。
    コトメ(協力的)が来てくれる約束をしたけど時間が確定じゃないから一応用心のためで
    元トメももちろん了承してくれた。でも帰ってきた元夫が激怒。
    「お袋をボケさせる気か!」と怒鳴り散らし日和見の元トメは「本当は嫌だった」と言い出す。
    申し訳ないと思ったけど私の親兄弟だって年をとってきてどうにもならないことがある。
    そういう時にはそっちも協力、我慢して欲しい、と訴えたけど「お袋がかわいそう」の一点張り。
    そこまで言うなら自分が仕事早退しでもして何とかすればいいのに「仕事はそんなに甘くない」
    今だったらブチ切れて家を出てるけど半寝たきりで不安定になっている元トメは泣いて謝り出すし
    自分もものすごく疲れてて謝れば終わると思って謝った。

    260 :可愛い奥様 2012/10/24(水) 07:51:01 ID:zSOK4WklO
    相談させて下さい。
    関東住まいで、
    先月名古屋に住む私の親が病気になり
    一週間程帰省しました。
    くも膜下出血で、頭蓋骨を開きっぱなしで寝ている状態です。

    自宅に帰ったら、夫に台所が綺麗に整頓、掃除されていたのですが
    ものの場所もわからず、色々なものが捨てられ
    引き出しの中まで片付けられていました。

    上手く言えないのですが、それで何かが切れてしまったというか
    一気に疲れたというか、自分の居場所がなくなったような気持ちになり
    家族に対しても愛情がなくなりました。

    夫は「自分が一週間管理するために片付けた」
    「汚くて触れる状態じゃなかった」と言いますが
    日常で毎日使っている割には汚れは少なかったはずです。

    自分以外の人のものの汚れや衛生状態は気なるのは当たり前なので
    夫の言うこともわかりますが
    片付けてもらって有り難いという気持ちより
    嫌がらせを受けたような気持ちにしかなれません。
    夫には「異常だ」と言われました。

    普通は、自分のいない時に台所や引き出しの中を片付けられるのは
    気にならないものなのでしょうか

    636 :名無しさん@HOME 2014/07/18(金) 11:29:32 O.net
    遺産相続でコトメが全部で旦那が0なんだけどおかしいですよね?
    裁判しないと返してもらえませんか?

    438 :名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土) 07:45:02 ID:dtc
    毒親系の話が続いてごめんなさい

    母が足を悪くして介護のために仕事を辞めたのが四年前。あれこれ文句言われて怒鳴られながらも頑張った
    大学生の妹も手伝ってくれたけど、怒鳴られる妹を見るのは辛かったからほとんど私がやった

    昔から私と妹にばかり辛辣な母だったから怒鳴られるのには慣れていた
    私と妹にばかり色んな制限を課してくる母だったから自分の惨めな境遇もどうでもよかった
    というか麻痺してたんだと思う
    家を捨てるまでは怒鳴られようが馬鹿にされようが何とも思わなかった
    路地裏で背後から羽交い糸交めにされて逃げた時も、親しくしていた友人が早世した時も、今からだと考えられないことだけど全く怖いとか悲しいと思えなかった

    あの状況、というか人生そのものに転機が訪れたのは凄く些細なことだった
    晩ご飯食べながらニュースを見てた時に、詳しい内容は忘れたけど介護業界が云々みたいなニュースが流れたのよ
    以下弟(大学生)が語ったこと要約
    ・介護は本来女の仕事
    ・他人に任せるなんて情がない
    ・家族の絆が薄くなっている
    ・女が楽をするようになったからいけない
    ・個人主義と行き過ぎた人権と自由をはき違えた生き方が問題
    ・欧米の価値観を取り入れたのがいけない。古き良き時代に帰るべきだ
    なんか演説しだした弟
    うんうんと頷く父と母

    それを見てなんかが切れちゃったんだよね
    プッツンって音が本当に聞こえた気がした
    同時に、ふっと視界が開けたような気がした
    別に私が我慢しなくてもいいんだって、人からみれば凄くしょうもないことかもだけど、あれは確かに天啓だった

    私が出ていけば次にこの家の犠牲者になるとは妹だと思った
    離職前の貯金があれば当面の生活費+妹の大学の学費は捻出できると思って妹を連れて家から脱出した
    幸いにして資格持ちだったので再就職は楽だった。妹も私も成人していたので手続きやら何やらで苦労することもなかった

    めでたく妹の就職が決まったのでこれで私の心配事はなくなった
    家を出て一年近く経つのに未だ弟から罵詈雑言&救援要請メールが届く
    もうどうでもいいけどね
    そんなに家族の絆とやらを維持しつづけたいなら娘のことも大事にしろや

    このページのトップヘ