介護

    74 :名無しさん@HOME 2018/03/15(木) 18:15:08 0.net
    義兄嫁が仕事止めて義兄嫁親の介護してるそうで
    「このままでは経済的にも体力的にも子供が産めない!専業主婦の私ちゃん手伝って」と縋ってきた
    私はもちろんその場で断った(義兄嫁親って私からしたら真っ赤な他人だし)
    そしたら義兄嫁が「その場で断るなんて冷たい、ひどい、マナー違反だ」と騒いだ
    明後日なら断って良いとかそんなマナーはないと思うんだが・・・?

    365 :名無しさん@HOME 2013/05/06(月) 12:32:13 P
    お金お話ははしたないかも知れないけど、ちょっと愚痴らせて。
    しかも長いです。すみません。
    10数年前に義父が脳溢血で一命を取り留めたものの
    半身が麻痺してしまった。
    義母はそれ以前に亡くなっており、一人暮らしの義父だった。
    夫は次男で同じ市内に住んでいる。
    長男は転勤族で、当時は飛行機の距離に住んでいた。
    我が家は小梨、長男家は当時小学生が2人いた。
    で、義兄夫婦と私たち夫婦の4人で今後の話し合いがあった。
    長男である義兄は夫に土下座して「親父の面倒を私子さんにお願いしたい」と言った。
    義兄嫁は、うちは転勤族だから引き取ることもできないし
    子供がふたりもいるから介護にまで手が回らないし、
    自分は腰痛もちなので男性を抱えることは出来ないし…などなど言ってた。
    実は話し合いがなされる以前から、こうなるんだろうなと予想はしてた。
    だって、状況としてそれしかないだろうと思ったから。
    私は中学高校の頃、実家の母が父方の祖母の介護をしてたのを見てて
    手伝ったりもしてたから、介護に対してさほど抵抗は無かったけど、
    お金のことだけは頭にあった。
    我が家は不妊治療で貯金は殆ど無くなってて、子供を諦めて
    これから老後資金を頑張って貯めなきゃねって言い合ってた時だったし、
    正社員で働き始めたばかりだったから。
    義兄もそのあたりの事情が分かってたから土下座までしたのかもしれない。

    88 :可愛い奥様 2010/05/05(水) 10:00:27 ID:ujvoqNsW0
    結婚してからも実家近くに住み、子育ては実母に丸投げで、仕事に打ち込む女性。
    ここまでは、別に良い。珍しいことではない。
    しかし、高齢になった実母の体に不具合が生じてきてからの女性の行動は早かった。
    住んでいた賃貸マンションを引き払い、夫と子供を連れて、お引越し。
    実母の介護を弟夫婦に丸投げ。
    今まで、優秀な娘自慢ばかりして、弟嫁を苛めていたから、最低限の介護しかしてもらえず、みすぼらしくなってる。

    さて、今まで散々、実母の世話になり、実母に介護の必要が出てくると
    慌てて弟夫婦に介護を丸投げして引っ越した女性にはどんな因果応報がめぐってくるのかな

    97 :おさかなくわえた名無しさん 2018/03/02(金) 04:44:10 ID:QtFy0P+U.net
    学歴はないけど地頭はいい、を自称していた彼と付き合っていた。確かにバカではなかったが、工業高校卒レベルの頭でしかなかった。
    「今の夢はお金貯めて医学部に入ることかな。大学に進学しなかったのは今の仕事(介護)と出会っちゃったから。でも本気でやり始めたら、頂点を極めたくなったんだよね」
    というわりに全く勉強しないから理由を聞いたら
    「医学部って、金出せば誰でも入学できるっしょ?それに俺、介護のプロだから大丈夫」
    と主張され、(でも月給20万で貯金は10万親は極貧)げんなりし始めた頃に
    「お前が俺と付き合っているのは、医者になるからだろ?」
    と言われ、なんか色々バカバカしくなり別れた。ちなみに5年前の話だけど、相変わらず介護職をしているらしい。

    299 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火) 09:33:34 ID:nQUZT0s69
    これって自分も共犯なのかな。
    自分が幼稚園の頃だからもう20年ぐらい前の事なんだけど、その当時うちは父母私妹、それに父祖母と住んでた。
    父祖母は足腰はだいぶ弱ってたんだけど口は変わらず達者で口調もキツイ。
    私にもあれしろこれしろ!勉強なんかより腰を揉め足をさすれ!と命令してくるので苦手だった。
    私相手でこんな感じなので母相手になるともっと酷かった。
    ちなみに父は介護は女の仕事、男は稼ぐのが仕事って人だったから手は全く出してなかったと思う。
    父祖母は足腰弱ってると言っても杖を持てばゆっくりでも歩けたのにわざとベッドで漏らして母に片付けをさせたり母の作ったご飯を口に入れてそれをわざとブーッと撒き散らしたり、その頃は言葉を知らなかったけど嫁イビリしてた。
    母はかなりストレス溜まってて私や3歳の妹に八つ当たりする事もあった。すぐ謝ってくれるけど。
    ある時私がトイレに行こうと父祖母の部屋の前を通ろうとすると部屋の中から「うぅ...あぅ...」みたいな呻き声が聞こえて部屋をチラッと覗くとベッドの上で苦しんでる父祖母の姿があった。
    私は急いで母を呼び、母は私に妹を見てなさい。と言って1人で父祖母の部屋へ。
    すぐ戻ってきてお出かけしよう、ご飯食べに行こっか!と準備を始めた。
    「おばあちゃんは?大丈夫だった?」と聞くと、「うん、大丈夫だよ大丈夫。」と母は笑ってた。

    このページのトップヘ