交通事故

    327 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 00:32:00 ID:uX1fNPpK.net
    上京してた大学のころ、父が危篤で帰らないといけなくなった。
    苦学生とまではいかなかったけど、給料日直前でお金がなくて、仕方なく寮の先輩に理由を話してお金を借りた。
    一万円で足りたのに、先輩は念のためと三万円貸してくれた。

    それから父が逝去、一週間程実家で過ごして大学に戻ったら
    その一週間の間に先輩が交通事故で亡くなってたことを知った。
    当時は携帯を持ってた学生はまばらで、回りはあまり持ってなかったし、こっちはこっちで父が亡くなってたから同期は遠慮して電話してこず、知る由もなかった。
    葬式なんかもとっくに終わってたけど、お世話になってたし線香あげるついでにお金を親御さんに返しに行った。
    俺がお金を借りてたことを親御さんは知らなかって説明したら烈火のごとく怒り狂ってしまった。
    自分がお金を借りたため、今度は先輩が余裕なくて電車に乗らず徒歩で出掛け、横断歩道で轢かれたそうだ。
    お前のせいでタヒんだと言われ、殴られこそしなかったけど叩き出された。

    その後は大学内で尾ひれがついて噂が広まり、俺が金を巻き上げた上先輩がタヒんだと広まり、居づらくなって退学。
    たぶんだけど、先輩の弟も同じ大学に入ってたからそこから噂が出たのかと思う。
    自分は結局、地元に帰ってアルバイトしながら過ごした。今は普通の生活を送れてる。
    でも今でもお会計や飲みで集金する時なんかのときに三万円と言われると、先輩や親御さんを思い出して硬直してしまう。
    交通事故は自分のせいじゃないし、親御さんに言われるのも筋違い。
    でも自分がお金を借りてなかったら、先輩が一万円だけ貸してくれてたらと考えてしまう。
    親の危篤であろうが何があってももうお金を借りるなんてことしない。

    218 :名無しさん@おーぷん 2015/02/17(火) 14:39:52 ID:BIE
    うちはド田舎で犬を軽トラの荷台に載せて走るのは当たり前の光景なんだけど、
    近所のAさんが飼い出した子犬を載せて走行中、
    犬が荷台から落ちて怪我をした
    幸い命は助かったけど、落下した時に神経がやられたとかで
    前足の片方がぶらぶらして普通に地面につけなくなって可哀想なことになってた
    勿論飼い主も見るからに落ち込んで自分を責めてたけど、
    トリマーの仕事をしている近所のB家の娘さんがAさんに面と向って
    「最低」「犬を飼う資格なし」をはじめとして
    そこまで言わんでも…と周囲が引くくらいキツい言葉を浴びせてた。
    Aさんは「どう言われようとも自分が悪いのは事実だ」と
    タオルでお腹を吊って散歩させたりマッサージしたり、
    動物用の歩行器具を取り寄せたり頑張ってるようだった。
    1年ほどすると犬はちょっとびっこ気味だけど
    それなりに4本脚で歩けるようになった
    でもBさん家の娘はずっとAさんを
    聞いてるこっちがドン引きするくらいひどい言葉で罵ってた

    それから間もなくBさん家の娘は結婚し、すぐに子供も産まれた。
    でもある時、Bさん娘の運転する車が交通事故を起こした
    その時同乗してた子供が、チャイルドシートをしてなかったせいで大怪我をし、
    どうにか命は助かったけど重たい障害が残ったそう
    後は私も人づてに聞いた話だけど、
    義実家や周囲から「チャイルドシートをさせなかったお前が全ての元凶」
    「親の資格ない」「お前が子供の将来を潰したんだ」と散々責められて
    B娘さんは精神を病んで実家に引きこもっているらしい

    B娘さんは可哀想だと思うけど、目をギラギラさせて
    Aさんの言動の細かいところまでdisりまくってた過去の姿を思い出すと
    これも因果応報なのかなあ、と思わずにはいれない

    270 :名無しさん@おーぷん 2018/04/27(金) 11:55:55 ID:cRb
    リアルじゃ言えないので愚痴らせて。
    父が一昨年亡くなった。交通事故で自損。完全に父の過失。他人をまきぞえにしなかったのが救い。
    父は穏やかで楽しい人で大好きだった。半年以上父のタヒをひきずった。
    母は私が子供の頃からヒスだった。
    でも今の母は別人だ。
    釣りあがってた眉と目が下がってむしろタレ目っぽくなった。
    太った。庭の手入れや、かわいい食器を集めるようになった。
    タレ目でぽっちゃりして食器にうきうきしてる母を見ると「誰?」って思う。
    父の存在が母にはストレスだったんだろうね。それはわかる。
    父は楽しいけど子供っぽい人だった。
    運転もするなって禁止されてた。事故ばっかり起こすから。タヒんだ日は隠してたキーを見つけてこっそり競馬に行こうとして、事故った。
    お金があるだけ使っちゃう人で、目の前に楽しいことがあると我慢できなくていつまでも小学生男子みたいな人だった。
    でも私は父が好きだったからガミガミ言う母が嫌いだった。
    母が怒って、私が泣いて、父が茶化して助けてくれて終わりが我が家のパターンだった。
    父がいなくなって穏やかになっていく母がイヤだったし
    母の気持ちもわかるーなんてどっかで思ってる自分もイヤだった。
    父の遺品を整理した。そしたら父浮気してた。
    父を好きって気持ちがスーっと半分以上消えた。
    私が子供のころから思ってた「おとーさん好き」ってなんだったんだろう。自分に都合のいい父だったから好きだったのかな。
    自己嫌悪とか父に対する思いとかグチャグチャで整理がつかない。浮気の証拠は捨てた。

    255 :名無しさん@HOME 2014/12/05(金) 00:08:36 0.net
    弟が交通事故に遭ったときの修羅場。
    怪我は大したことなかったのに、一晩たったら、別人になっていた。
    目を覚ますなり私のことを、おねえちゃまと呼び、両親の記憶はなく、知らない人がいるーっ!
    こわいよぉ!おねえちゃま、たすけてぇ!あーんあーん!というような感じ。
    今まで、ごく普通の7歳児だったのに、仕草やしゃべり方が、まるで手塚治虫の漫画に出てくるような子供になっていた。
    パパとママのおうちに帰りたいよぅ。
    だめ!ボクんだい!!みたいな。
    脳の検査などは異常なし。
    もう、何かに取り憑かれてるとしか思えなかった。
    結局、事故から9日目の朝に起きたら、元の弟に戻っていたんだけど、おかしくなっていた間の記憶は一切なかった。
    夏休み中だったので、この9日間のことは、家族と病院の人しか知らないけれど、それからしばらくは、弟が目覚めて、朝の挨拶をするまで、またおかしくなってるんじゃないかとビクビクだったよ…。

    55 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2014/11/04(火) 10:03:22 ID:cnupMhJY0.net
     交通事故でタヒんだ叔父は自業自得だと思っていること。

    叔父は奥さんも子供もいなかったが、見通しのいい一本道で轢かれて即タヒだった。
    運転手は逮捕された、トラック運転手だった。

    伯母は葬式で発狂し警察に付き添われて焼香にきた加害者に詰め寄り罵詈雑言、自分の
    弟がタヒんだんだからしょうがないと参列者はいってた。
    当時学生だった自分はそうは思わなかった。

    事故があったのは片道五車線の超大型道路で横断歩道がない場所だったから。
    その上叔父は免許もちだったから歩行者にそんなところを通られると運転手は
    すごく困るとわかっていたはず。
     さらに飲酒をしていた。

    震災で人助けをしていたあんなにいい子がタヒぬなんてと叔母は通夜の席で叫んでいた
    が人助けをしても交通ルールを守らなくてもいいわけじゃない叔父が悪いと思う。

    それより急に酔っ払いが飛び出し轢いてしまった運転手に同情する、聞けば聞くほど
    運転手に超人的な反応速度でもなければ回避できなかった事故だった。
    それに責められるのがわかっていても焼香に訪れたことは酔っ払いながら道路横断した
    叔父よりよほど立派だった、減罪を狙ってのことだとしてもね。

    運転手の奥さんは乳飲み子を抱えて心無い中傷電話に耐えていると聞いたがそんな
    電話するやつとタヒんでしまった叔父にむかついた。

    443 :名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2014/09/17(水) 13:16:56 ID:ExfzsN7s.net
    実父が交通事故で入院中なんだけど、近距離の義祖父が息子に向かって『あっちのジジ、ドーンだって~』と何度も何度も言ってきてモヤモヤ

    息子はポカーンだし、重体で面会も出来ないの知っててへらへら冗談っぽく言わないでくれよ

    旦那に愚痴ったところで悪気はないんだからで済まされそうで更にモヤモヤ

    291 :名無しさん@おーぷん 2016/05/14(土) 14:40:39 ID:k3f
    事故関係で言えば、俺は相手が自杀殳して家族が相続放棄して一部賠償金が消えたことが衝撃。
    加害者がタヒねば残された被害者は地獄を見るしか無い。

    相手の飲酒運転&居眠り&赤信号無視で60km/hで減速無しのまま俺の車の側面に衝突。
    そのはずみで俺の車は二回転して父が心臓破裂で即タヒ。
    俺は頚椎骨折と指の骨折、硬膜外血腫、頭蓋骨骨折、肋骨骨折、鎖骨骨折、肝臓破裂、外傷性肺気胸で1ヶ月ほど生タヒの境をさまよった。
    起きたら父はタヒんでるし体が動かないように固定されて何も出来ない状態だった。
    幸いにも体は順調に回復して後遺症はほとんど残らなかった。

    家族が事故処理を弁護士に任せていたので俺は父の弔いと裁判の手続きを進めていた。
    その矢先に相手は自杀殳。
    そのまま保険会社が相手が契約していた上限の金額を支払ってさっさと消えて終わり。
    残りの額を相手の遺族に請求したけど相続放棄して何も残らなかった。

    結局相手の身勝手な幕引きで全てが終わってしまった。
    最終的には自分の保険から取れなかった額の一部が支払われたからまだ救いはあった。
    それでも父のタヒと自分の怪我に対する責任という部分において相手が誠意を見せたことは一度もない。
    お金で解決するのは仕方ないと弁護士さんに説明を受けていたとはいえ、そのお金も満額払うことはなかった。

    そして相手遺族が逆にこちらが自杀殳に追い込んだ諸悪の根源みたいなことを言い出した時は堪忍袋の緒が切れて怒鳴り散らした。
    あいつの墓に汚泥をぶっかけて花を全部引っこ抜いて捨てても全く気分が晴れることはなかった。
    というか虚しいだけ。
    どこにこの怒りをぶつければいいのか未だにわからない。

    239 :名無しさん@おーぷん
    初めてだから書き込みの方法が間違ってたらごめんなさい
    教授の神経わからん話 人がタヒぬ話です

    私は人の医療系の専攻で、周りの学部に比べたらそこそこ忙しかった
    それに同じ専攻の生徒は20人くらいしかいなくて、必然的にみんな仲が良かった

    ある日、クラスメイトのAくんが交通事故で亡くなった
    突然のことだったけど、Aくんにお別れをしようと、Aくんの遺体があるAくんの実家に向かった
    クラスメイトはもちろん、先輩も後輩も、教授もみんなでAくんの実家に向かった

    Aくんの実家で私たちを迎えてくれたのは、憔悴しきった様子のA姉さんだった
    A姉さんは放心しているA両親の代わりに、A実家を訪れる人の相手をしていた

    そんなA姉さんに、教授が言った
    「この度のことは残念だったけど、Aくんのタヒは生徒たちにとってはいい経験だ」

    さっきも書いたけど、わたしたちの専攻は医療系で、
    人の生きタヒににある程度関わる仕事
    確かに長い目で見れば、Aくんが亡くなったことから学べることはあるんだろう
    それでも、Aくんが急タヒしたその日に、ボロボロになりながらもなんとか訪問者の相手をしているA姉さんに、そんなことを言うのかと
    Aくんが亡くなって何十年経って、っていうタイミングならば分からなくはない。
    ただ、それ今言うの?という

    教授の神経がわからん話でした

    このページのトップヘ