34 :名無しの心子知らず 2013/01/27(日) 17:10:21 ID:FTZy8Srs
私は昔、事故で両足と片腕を失った。
何の役にも立てないのに、私の面倒を見てくれる夫や義実家には感謝してもしきれない。
私たちは子どもは諦めたけど、近くに住む義弟夫婦がよく子どもを連れて遊びに来てくれて、可愛がらせてもらってる。

今日は義弟嫁と姪っ子に公園に連れて行ってもらった。
公園には姪っ子の友達とその妹、ママさんがいて、あいさつをしてきた。
義弟嫁に気付いて会釈をしたあと、ママさんがこっちを見て目を見張った。
こういう視線には慣れているが、ママさんはいきなりこちらにやってきて
「こんにちは、五体不満足の方ですか?」

びっくりして「はぁ、確かに足りてませんが…」と答えると手を叩いて大ウケ。
義弟嫁が用事があるので…と帰ろうとしてくれたが、その人はついてくる。

なにやらまくし立てられたが、要約すると
「是非道徳教育のためにもうちの娘達と遊んでくれないか」と言うことだった。
別に遊ぶのは構いませんが、こんな体なので大したことはできませんよ、というと
「いえいえ、障/害がある方と遊ばせたいだけなので、一向に構いません!」だそうな。
この辺りで義弟嫁が追い返してくれてたが、生きてる教材として扱われたのは初めてでびっくりした…

すみません、続きます。