事故死

    322 :名無しさん@おーぷん 2016/02/03(水) 03:15:55 ID:4GS
    時効だと思うからちょっと吐き出させてください
    フェイク込だけど人タヒに出てるから注意


    私が小さい頃、父の勤め先の社長さん一家と我が家には交流があり、そこの娘のAと私は友達だった。
    Aは性格もいい優しい子だったけど、このAちゃんの親友と自称するBがかなりの難物だった。

    とにかく私がAと話そうとすると先に話しかけて邪魔をする、私の持ち物をゴミ箱に捨てるは序の口
    ここで語られるいじめのテンプレ一通りやってくる。
    一度たまりかねて怒ったら、さも私がいじめたようにBはB親に吹聴(B親はいわゆるモンペ)
    AやA親が諌めても聞かないような人達だった。
    Bからすれば私は自分からAを奪う略奪者に見えてたのかもしれない。
    私はBやB親からA達や私の親がいない所で嘲笑されたり、酷い時には私だけ食事をダメにされる事もあった。

    ある時、花火大会があるからと山へ行った3家族(B家は勝手に来たらしい)
    Bは相変わらずAにべったり+私sageと無視、わざと小突くなどの地味な嫌がらせをしてきた。
    元々いじめられっこだったし、多少の事は気にしなかったんだけど
    出店に寄った、私が着ていた浴衣にわざとコーヒーをぶちまけ
    「デブが着物とかwww相撲取りかよwwwwしかもその浴衣の柄ダッサwwwww」みたいな事を皮切りに
    浴衣や私に対して散々pgrしてきた。

    28 :名無しさん@おーぷん 2017/08/25(金) 19:12:39 ID:mgU
    長文オカルト失礼。

    10年以上前、旦那が事故で亡くなった。
    その命日が一昨日だった。
    一昨日、寝てたら夢に旦那が出てきた。
    旦那は生前、口数が少ないけどいつもニコニコしてて、夢でもそうだった。
    毎月毎月、月命日に旦那が好きだったビール供えてたのに一回も出てこなかったのになんで今??
    って思ってわちゃわちゃしてたら旦那が消えるような感じになって
    なんか言わなきゃ!ってなって
    私「い、痛かった?」
    って聞いたら
    旦那「いやー即タヒだったから痛くなかったよ」
    って応えて消えてった。
    そこで目が覚めた。

    私も大概だけど旦那も旦那でなんか気の効いたこと言ってくれよって思った。
    生前から気の効かない事しかいわなかったけどさー
    来月は違ったお供え物にしようかしら

    152 :おさかなくわえた名無しさん 2013/06/04(火) 12:56:34 ID:RyIqzg0b
    同じ社宅の旦那さんが事故で急タヒした。
    家族は奥さんひとり。40代半ば。(Aさんとする)
    どういう金銭感覚で暮らしていたのか知らないけど
    貯金もなければ生命保険にも、
    車を運転しているのに自賠責にも加入してなかったらしい。
    しかも自損事故なので相手から貰えるものもない。
    なので、本来なら社宅を退去しなきゃいけないんだけど
    先立つものがないと言って会社に泣きついて、
    空きもあることだしと一年間の猶予を与えられた。
    他の奥様方は、旦那の急タヒなんて出来事がわが身に起こったらと思うと
    他人事ではないのでAさんに同情的だった。
    ところがその後、とんでもない事件が発覚した。
    ある奥様が、具合の悪いペットのことが心配で
    留守中でも何か変化があれば携帯に映像を転送するようなシステム
    (すみません、詳しいことは分からないです)
    を仕掛けて出掛けていたのだけど、
    そこに映っていたのは、部屋を物色している何者かの姿。
    すぐさま警察に電話して御用となったのはAさんでした。
    その後の調べで、侵入したのはそのお宅だけではなく
    我が家も入られてた・・・orz
    旦那が総務に在籍していたときに、総務で管理していた
    社宅のマスターキーをコピーしてたらしいんだ。
    旦那と一緒になって泥棒を繰り返していたらしいんだけど
    ばれない程度に数千円とかお米2合分とか、
    冷蔵庫の中の食材とか、洗剤のストックとか盗んでたらしい。
    我が家も何かしら盗まれてたんだろうけど全然気付かなかった。
    おかげで住民からも前々から提案があった
    鍵の交換が全世帯で行われた。
    なんせ古いタイプの鍵だったから。
    その奥さん、実刑くらったから初犯じゃなかったのかも。
    身近でそんな事件があったことも衝撃だったけど、
    泥棒に入られたのに気付かなかった自分にも衝撃だった。

    117 :名無しの心子知らず 2011/11/10(木) 11:50:42 ID:/acAZ0xc
    自分は40男です。20代前半のころに出会った放置娘のことでも(かなり長くなります。脚色あり。
    20年近く前のバブル末期、某地方都市の郊外に職場を借りて、自分は週末から週明けまで、
    そこで寝泊まりしながら、在庫の管理や配送の手配などをやっていた。
    仕事はとても暇で、なにもないときはテレビ見たり本を読んだりして過ごし、
    それでいて給料もよく、実に快適な短期出張だった。
    職場の大家さんが隣に住んでて、そのお孫さん(年長~小3)たちとも仲良くなったりして、
    いちおう目の届く範囲でお孫さんらと外遊びしたりした。
    すると次第に、お孫さんが友だちを連れてくるように。地方都市とはいえ田舎の郊外で、周囲は古くからの住人ばかり。
    今だとありえないが、子どもと遊んでくれる優しいお兄さんみたいな存在だったかと。
    子どもたちもスレのテンプレ子と違い、躾けもきっちりされてるお利口さんばかり。
    でも友だちが友だちを呼び寄せるようになると、もはや扱いきれないので、定員を決めたりもした。
    自分はもともと子ども好きで、男児相手にはサッカーしたり、女の子には手品みせたり、みんなで隠れんぼしたりと、
    暇つぶしにはもってこいだった。
    そんな中、ある女の子Sちゃんが、新しい友だちを連れてきた。「Mちゃん」(小3女)。本編の主人公です。
    (つづく)

    このページのトップヘ