事故

    131 :名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2015/06/13(土) 08:32:48 ID:LARs1wBU.net
    ここに書いていい内容か迷ったけど、 吐き出させて下さい。

    五年生の息子が自転車で赤ちゃんを跳ねてしまいました。
    こちらの前方不注意で、赤ちゃんのおでこにぶつかり、救急搬送、各種検査の結果特に異常なし。
    おでこに擦り傷があります。

    私は現場を見ていないのですが、ベビーカーを押しながら散歩をしていて、
    赤ちゃんはベビーカーから降りて歩いていたそうです。
    母親の後方(母親から赤ちゃんは見えない位置にいたそうです)にいて、自転車に気づかず、注意しようがなかったと証言されています。

    事故後、息子からの連絡でかけつけ、同様に駆けつけた祖父にあたる方と母親に救急搬送されるまでの20分、お叱りの言葉をうけ、母親と赤ちゃんが搬送後は、祖父から二時間にわたってお叱りを受けました。

    その後、謝罪に伺ってもとても許して下さる状況でなく、保険会社との交渉も拒否されています。
    楽をせず、汗水たらして慰謝料を払えとのことです。ですが、数千万の要求、とても保険なしでは払えません。。

    あの日以来、自分の心が申し訳なさと相手の方への恐怖心で辛い。
    辛いなんて思ってはいけない、こちらは加害者なのだからと頭でわかっていても、毎日定時にお伺いし、お叱りを受ける毎日。
    もう、どうしたらいいのかわからないです。

    753 :名無しさん@おーぷん 2015/03/31(火) 14:03:12 ID:wZK

    私にはすごく仲のいいA子がいたんだけど、ある日唐突にタヒんでしまった。
    交通事故に遭って、その時はぴんぴんしてたんだけど、夜中に急に容体が変わって誰にも看取られずひっそりと逝ってしまった。
    事故に遭ったという報せを聞いて慌てて連絡した時には、「お見舞いの品は○○のプリンで!」とか軽口を叩くくらい元気だったのに。

    A子は私の2つ上で、放置子だった私を何かと構ってくれて、面倒見てくれて、実の姉のように思っていた。
    これからも二人で行きたい場所やらやりたいことやらたくさんあった。
    訃報を聞いた時から、頭の中がずーっとぼんやりして、自分が泣いてるのか何をしているのかどこにいるのかわからなくなった。
    時計がいつも通り時間を刻んでることや新聞がいつも通りに届くことが無性.に許せなかった。
    でも時間が経つにつれ、徐々に普段通りの生活を送れるようになった。
    それでも、日常の些細な場面で「A子はいないのに私は何をしているんだろう」と考え込んだりした。

    ある日、目を覚ますとA子がベッド脇の椅子に座っていた。
    これは夢かと思っていると、A子は私に気づいて「やっと起きた」と泣いていた。
    よく見れば、そこは自分の部屋ではなく病室で、私は病院のベッドで寝ていた。

    結果から言うと、事故に遭ったのは私だった。
    プリンを欲しがったのも私で、夜中に容体が変わったのも私。
    ただ私はタヒんだわけではなく、昏睡状態になっていて、3日ほどで目を覚ました。
    A子がタヒんだのは私の夢の中の話で、現実のA子はずっと私を心配してくれていた。

    A子からすれば私は無事だったし、私からすればA子が生きていて良かった話なんだけど、
    A子がタヒんだときの感情があまりにもリアルすぎて、たまにどっちが現実かわからなくなる。
    あんなに苦しくて辛かったのが夢なら、A子が生きているこっちだって夢で、唐突に夢から覚めてまた違う現実があるんじゃないかと怖くなる。
    カウンセリングにも通ってるけど、目が覚めた時の足元から現実が崩れ行く感触が忘れられない。
    目が覚めた時もスレタイだけど、現在進行形でもスレタイ。

    376 :名無しさん@おーぷん 2017/01/31(火) 23:27:31 ID:wS7
    家族が暴走車に轢かれた
    命はとりとめたけど四肢があらぬ方向に向いていて骨がむき出しで額も抉れてた
    入院の手続きや警察に話を聞きに行くためにおやすみをもらう必要があって、仕事で担当してたお客様に事情を説明してお詫びした
    そしたら三人のお客様から「不幸ごとって何?タヒんだの?」「それってどんな事故なの?」「手足もう動かないの?」「肉とかぐちゃぐちゃなんじゃないの?」と矢継ぎ早にきかれた
    言葉に詰まって涙が浮かんだところで上司が「他人の不幸を喜んで楽しいですか?」と厳しく指摘した
    そうしたら三人は揃って「いやいや楽しんでるわけではない!そんな話を聞いたら誰だって興味を持つじゃないか!」という
    上司が「それが楽しんでいるってことでしょう」と返すと、三人とも「どこがだ!こんな失礼なことを言うなんて!」と怒り出した
    最後まで「こっちは気になるから聞いてるだけなのに!そっちには説明義務がある!面白がってると思われるなんて心外だ!」と言い続けていた
    ヒトモドキって言葉が嫌いだったけど、初めて他人をヒトモドキだと思ってしまった

    179 :1 2009/03/05(木) 08:43:48 0
    ちょっと時間空いたんで、
    雑談がてら埋め話。

    元夫とは短大卒業してからすぐ結婚。
    いわゆる田舎の旧家で、
    土地のしきたりがどーのこーの、
    ウトメどころか、コトメ(未婚)二人もついてたけど、
    ウトメんちの近所に住んで、
    それなりにうまくやってると思ってた。
    「うちは昔からこの辺では名が通ってるから、
    嫁子ちゃん、しっかりね」
    「早く跡取り産んで、私達を安心させてね」
    「あなた、若いし、街中の育ちだから知らないでしょうけどね」と
    いろいろ言われたけど、
    実際若かったし、私が頑張ればいいと思ってたし、
    元夫も「お袋がお前のこと、心配してるからだよ~」と、
    のんきに言われて、
    「そういうものなのかな?」と私もそれで納得。


    でも年子で生まれた子供は、二人とも女の子。
    ここで「跡取り産まないと、意味ないじゃないの」と、
    いびりはきつくなった。
    元夫に話しても「仕方ないじゃん、本当のことだし」と流されたうえ、
    家でのごたごたが面倒くさくなったのか、
    生活費入れない、会社で不倫、帰宅せず。
    私が悪いのかとずっと悩んでいた。
    赤ん坊二人抱えて、まだ若かった私は途方にくれ、
    とりあえずトメに相談。

    53 :名無しさん@おーぷん 2019/10/17(木) 21:58:33 ID:qdE
    私には一回り離れた兄がいた。
    子供の頃は可愛がってもらったし、次兄に苛められるといつも庇ってくれてた自慢のいい兄で、
    有名大を卒業して、名の知れた企業に勤め、私が中学の時、結婚した。
    相手はずっと付き合ってて優しくて美人で可愛くて笑顔がやさしい素敵な人。
    姉が欲しかった私はそりゃ嬉しかった。
    子供も生まれて、母子家庭で当時実家に介護が必要な祖母のいた義姉はうちに里帰り出産し、赤ちゃんの可愛さにみんなメロメロ。
    ちょくちょく来てくれる義姉のお母さんも優しくて大好きだった。
    ところが数年後、兄が何かトラブル起こしたらしく、会社クビ?か自主退職かはわからないけどとにかく辞めた。
    そして酒、ギャンブル、暴力、浮気…優しかった兄は居なくなった。
    最初は義姉と姪をうちにかくまったんだけど、姪もママから離れず、視界から消えると泣き叫ぶ。
    兄もグダグダに酔っ払って凄い目で乗り込んできて暴れまくるし、ここじゃ危険だと判断した親が義姉の家にお金を出して義姉のおばあさんを施設に入れ、
    遠方の義姉実家に逃亡させ、更に兄夫婦の賃貸マンションと、義姉の実家も引き払い、逃亡させた。

    そこで私の祖父が倒れてしまい、母が介護でほぼ家を開ける上に、父が長期出張で居ない。
    なもんで私はほぼ兄と二人になった。
    当然暴力を受け、酔いが冷めれば泣きながら謝られ、心配した次兄がうちに入り浸る。
    とは言っても次兄も仕事があるし、結婚秒読みだった相手も居て、その親から破談をチラつかせられてた。

    父に「高校卒業まで頑張れるか?」と糸交り出すような声で聞かれ、
    昔の優しくてかっこよかった兄が忘れられなくて「いつか兄も元に戻るよ、姪も義姉さんも仲直りできるよ」って泣きながら言った。

    ところがそんな生活始めて何年かの時、週に一度は帰ってきていた父がヨレヨレになった母に
    「会社辞めてこっちに戻る。再就職も目処がついたし、じいちゃんの施設探す。給料は下がるがこのままではいけない」と言った。
    祖父は倒れては居たが頭は元気で介護度は低く、中々良い施設がなかった。あっても金銭的にきつめなところだけ。

    このページのトップヘ