事故

    729 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/04/08(水) 09:11:52 ID:QH75HuUf.net
    自分が目撃した事故の話。

    もう10年ほど前になるか、友人達と車で旅行に出かけた。
    音楽かけてアホみたいに全員で熱唱したりしながら高速道路を走ってたとき
    「あの車嫌な感じだな」
    と助手席の友人が言った。
    運転手も
    「だよな。怖いから追い越すわ」
    と。なんだろうと思って後部座席から見てみると、ひとつ前の車が少し蛇行気味に走ってた。
    右車線入ってスピードを上げ、その車のひとつ前に入った直後。
    件の車が大きく蛇行し、自分達と同様追い越そうとした別の車の横面にドーン!
    そのせいで後続も何台か巻き込まれてたのが見えた。

    たぶん居眠りだったんだろうね。
    追い越すのが少し遅かったら自分達が巻き込まれてたのかと思うとゾッとした。
    ペーパーで事故経験がほぼ無かった自分はその後ずっとgkbrだった。

    ついでに、1分もしないうちにまた熱唱を再開した友人達にも衝撃を受けた。

    667 :名無しさん@HOME 2013/09/02(月) 17:36:20 0
    ちょっと前、コトメが交通事故で、妊婦さんに怪我させた挙句…妊婦さんじゃなくしちゃった
    完全にコトメが悪いけど、賠償請求が多額で、裁判だか調停だかで減額が認められて
    それでも7桁の額、トメが半分出してやって、残りは数年かけて支払ったと聞いた。

    そのコトメが支払い完了して気が緩んだのかデキ婚。
    母親学級で事故相手の方と再会してしまったとかで、パニックになり我が家へ押しかけてきた。
    示談になったとはいえ、コトメ、ちゃんと謝っていなかったみたいなんだよね。
    相手の方、色んな後遺症を乗り越えて、やっと再び妊婦さんになったみたい。
    そんな苦労をしてきたのに、コトメは浮かれて、産科でもヘラヘラしてたらしく
    「謝ってくれる?」と迫られたんだって。怖い怖い杀殳されちゃうって震えてる。

    自分が妊婦になって、コトメ曰く「まだ人間じゃない」胎児が
    どれだけ大切な存在か理解したはずだから、謝ればいいと思うんだよね。
    でも「ごめんなさい」って絶対言いたくないタイプの人間。
    (過去に散々迷惑かけられて、でも絶対謝らなかったから、私はコトメが大嫌い)
    自宅にいると、相手が押し掛けてきそう(来たわけじゃない)で怖いし
    実家は知られてるからもっと怖い
    「だから、お兄ちゃんところ(うち)で産前産後匿って!」だって。

    匿うのはお断りはしたけど、妊婦さんに何かあったらいけないので
    結婚式で連絡先を交換していたコトメ夫のご実家へ連絡して
    あちらのトメさんに引き取ってもらった。
    コトメ夫より五歳上なのを隠して結婚したり
    あんまり性格よくないのがバレて折り合いはよくないようだけど
    名前を知られているコトメ関係より安全だろうし
    きちんと謝れば、相手の方も理解してくれるよってことも、向こうのトメさんに伝えておいた。
    性根を叩き直して謝罪も行かせるって言ってたから
    事故の相手にも、生まれてくる子にも良いと思うんだ。

    家から出て行く時、コトメは「流産したら私さんのせい!」って怒鳴っていたけど
    相手のトメさんが怒ってタクシーに押し込んでったから、その後は知らない。
    確か予定日がそろそろで、何も言ってこないってことは無事なんだと思う。

    187 :可愛い奥様 2012/07/22(日) 10:10:23 ID:WXJQ5NOd0
    旦那(と私)を苦しめる悪トメと悪コウトに悩まされていた時
    たまたま通りかかった交差点で信号待ちしてたら
    悪コウトがトラックにバイクごと盛大に跳ね飛ばさたのを目撃。
    「ありゃダメだな」と思いつつさっさと帰宅。
    絶縁状態だったのでこちらからの電話には絶対出ないくせに
    自分たちの都合で電話をかけてくる悪トメの電話を2回スルー。
    んで、何食わぬ顔して3回目の電話に出て「あら大変~」な演技。
    それまで悪トメはひとりでどうしたらよいか発狂状態だったらしい。
    後で悪トメの姉妹にすぐに電話にでなかったことを文句言われたけど
    ↑の話をして「どうせまたお金の無心か保証人要請だと思ったので~」と
    今までの事を暴露したら黙った。
    悪コウトの最期を目撃した時のスカッと感はさすがに旦那には言えんよ、ハハハ~。


    329 :名無しさん@おーぷん 2016/01/27(水) 15:55:51 ID:McA
    交通事故でバイクに撥ねられ2年以上意識不明になり気づいたのが娘の結婚式の真っ最中だったらしいこととその後しばらく

    感覚的には夜寝たら二日酔いで目覚める翌日の朝って感じだった
    一生目が覚めない事も覚悟してくれと家族は言われてた
    娘の相手が俺の部下。
    義息子は俺が目覚めるまで待つと言ってたが妻が娘行き遅れたりや相手の母親(旦那さん鬼籍)にも申し訳ないと説得してくれた
    式は大混乱だったものの来場者に義息子が説明しお食事会に変更、娘夫婦と妻と親族はそのまま俺の入院先に突撃

    後から見せられた式場のビデオで有り難さと申し訳なさに泣いた
    しかも新婚旅行キャンセルw
    後日流石に申し訳ないので旅行プレゼントしたがなんつータイミングで起きちまったのかと申し訳無かった

    俺は俺で意味解らないの連続で数日どころか一週間以上理解出来なかった。

    義息子は可愛がってた部下だった 
    俺が意識不明で入院してから毎月二回は見舞いに来てくれてたらしい
    本人は娘さん狙いでしたわーとか言ってるが娘に会ったのは入院半年後だったらしいし娘狙いならそれはそれで結果出せる男なのでむしろ問題無いし有りがたい

    さらに義息子が大出世してて独立部署新設で初代責任者になってた
    俺の元役職課長の上になってたのにも驚くし彼の部署だけ遅刻皆無の残業法定内で売上成績は全社で上から数えたほうが早く利益率はトップ
    しかも従業員の家族や親の誕生日、子供の学校行事には部下に有休を半ば強制的に使わせるアメリカン強制野郎になってた
    他はほぼ取得ゼロなのに彼の部署の有休取得率は歴代トップで塗り変えられることは法律変わらんと不可能なレベル
    ペットの犬がタヒにそうな部下に「馬鹿野郎ちゃんと傍に居てやれ!」と怒鳴ったのは伝説
    お前昔遅刻仮病親戚何人も杀殳してたやろうがと心の中でツッコミ

    俺はリハビリしてるが左半身に大分後遺症残った
    一度は仕事復帰したが現状では足手まといだし金は慰謝料やら退職金やら見舞金やら保険金で有るので妻と細々暮らす事にして、今日の午前で27年勤めた会社にお別れした
    明日保健所で子供のころからの念願のわんこゲットしに行くんだが犬好きな義息子も行きたいと有休取った

    明日から俺の妻は義息子のお母様と台湾に行くので俺置いてけ堀w
    苦労した分羽を伸ばして貰いたい

    そして体以外は平和な日々にウッカリ、俺事故って結果的によかったのかもなぁと呟いたら次そんなこと言ったら山に捨ててくるっすよ?と笑顔で義息子に凄まれて本気でビビったw

    今彼の部署に社長の息子が修行中で居て、毎週のように家に勝手に遊びに来るらしく会社でも兄貴と弟状態。
    一族会社なので義息子は役員候補と目されてる
    娘は月一にしろと社長子息本人に怒ってるのには唖然としたがソウダソウダーと義息子も言ってたので笑ってしまった

    これほど穏やかな日々が訪れるとは事故前の俺なら思わなかったのも衝撃といえば衝撃

    162 :名無しさん@おーぷん 2014/12/29(月) 12:13:04 ID:MEk
    毎年年末になると旦那が中学時代からの親友ABの2人と飲みに行っていた。
    3人の住まいがバラバラなので市の中心地の駅近辺の店で飲んで
    いつも夜遅くまで飲んでて、Aの奥さんが車で迎えにきて
    同じ方向のBも乗せて帰っていたそうだ。
    うちの旦那だけ駅から2人と逆方向なのでタクシーで帰っていた。
    ある時A妻が運転していた車がカーブを曲がり切れずに電柱に正面衝突。
    3人とも亡くなった。
    ずっと一緒に飲んでた旦那も警察に呼ばれて事情を聞かれたりして大変だった。
    旦那のショックは相当なものだった。
    お葬式の時、お焼香する旦那にB妻が突然立ち上がって近づいてきたかと思うと
    いくら親友でも余所の奥さんに運転させてわざわざ遠回りして遅らせたりせずに
    いい大人なんだから自分で帰れと(うちの夫に)言ってやってほしかった。
    逆恨みだと分かっているけど、親友同士として一言注意してくれれば
    こんなことにはならなかった、と要約するとそのようなことを言っていた。
    旦那はひたすら「すみません。すみません」と謝ってた。
    とても気の毒な状況だし、きっと怒りや悲しみの持って行き場がないだけなんだろうけど
    うちの旦那だって親友を一度に2人とも亡くして本当にショック受けているのに、
    それはないよーと言いたいのを堪えなきゃいけなかったのが私の心の修羅場。

    このページのトップヘ