150 :名無しさん@おーぷん 2017/09/30(土) 20:38:06 ID:goy
誰も悪くないしどうにもならない話。
私の心が醜いだけなのは分かった上で書き捨て。

中学の同級生が妬ましくて憎くてしかたがない。
その子は中学生のとき、半不登校だった。
私が家まで迎えに行って連れ出したときに起きれたら来るけどそうじゃなかったら体調不良と言って休んでた。

そのくせ、午後過ぎのまだ学校のあってる時間にゲームセンターに行って遊んでた。

勉強もまったくしないで、成績もずっと赤点で下から数えた方が早く、私が一緒に勉強して教えたときだけかろうじて赤点脱出するような成績。

パ○ンカスで毒な母親持ちなことには同情するけど、
それを言い訳に自分もなにも努力せず他人にもたれかかって堕落していく様子はあまり好きではなかった。

それでも、友達付き合いするぶんには悪い子ではなく、いつか頑張るときが来るかなって思いながらずっと友達付き合いしていた。

長くなったので分けます。