中古

    42 :名無しさん@HOME 2016/07/08(金) 22:44:35 0.net
    過保護モードは解除されましたか?
    義親が勝手に買った10年前の中古チャイルドシートの安全性が低いのを指摘したら数時間後にこのメール。
    なんなのムカつく

    81 :おさかなくわえた名無しさん 2013/11/13(水) 09:45:51 ID:rotLwgbx
    自分が小学生の頃、両親がそろそろ家を買うかという話をしていた
    その話を知った金持ちの親戚が「うちも新しく家買うし良かったら前の家格安でどう?」と話をしに来てくれた
    親戚の家は資材から選りすぐって作った大人気の住宅地にある立派な家、子供の自分にとってはお城みたいな家だった
    結局、父が「他に気に入った物件があるから」と断ったんだが父が気に入って購入した家はあちこち補修が必要なボロボロの30年住宅、
    今まで住んでた社宅(一軒家)のような白い壁も広い庭も大きな部屋もない
    (しかも地域のメイン産業の衰退で小学校の質は悪化)
    そして父が購入した決め手、「隣に祖父母(父の実両親)が住んでいるから」

    その話を聞いて母が荒れ、必タヒに止めたのが修羅場です

    925 :おさかなくわえた名無しさん 2007/06/02(土) 00:47:41 ID:DxU1azHx
    この前ブックオフでおもろい光景を見てしまった。

    ホームレスと思しき男性が、リヤカーで「山崎パン」って書いてあるでっかい箱に
    コンモリと本を持ってきた。 それも4箱。
    おそらく資源回収の時期を見計らって相当数の民家の玄関前からかっぱらって来たのだろう。
    数百冊はあるようだ。 「おいにーちゃん!金に換えてくれや!」とうれしそうに店員に告げる。
    ドン引きする店員。が、仕事なのですぐに値付け作業に取りかかる。
    彼は「ちょっくら寿司食ってくるわ!」と言って出て行った。
    おそらく隣のかっぱ寿司のことだろう。

    俺がレジの近くで「激!極虎一家」を立ち読みしてると
    30分後、ビールでも飲んでほろ酔いなのか顔を紅くして
    にやにやしながら彼が帰ってくる。
    彼は意気揚々と「いくらだった!にーちゃん!」と店員に告げる。

    店員「本21冊で、しめて270円です。」
    彼「(゜Д゜)ポカーン」
    俺「(・∀・)ニヤニヤ」

    どうやら彼は数千円にはなると思っていたらしく、回転寿司でありったけの金を使って来たようだ。
    顔から笑いが消え、どんどん青ざめてい。
    彼「なんで、なんでだよにーちゃん!もうちょっとくらい金になんだろうがよおぉ(゜Д゜)」

    その後何やら店員と言い合っていたが、俺はバイトがあったのでその場を後にした。

    681 :名無しさん@HOME 2010/09/28(火) 14:33:56 0
    そんな時、正月だからと実家に帰ってきた、デスマーチ明けの不機嫌な妹が登場。
    厨全開の弟は、2chで仕込んだ付け焼刃の理論で妹にからみ出した。
    言ってる内容は「中古、情弱、スイーツ(笑)」だけしかなかったがw
    妹は最初「こいつ厨化しやがったwww」と(・∀・)ニヤニヤしていたが、
    面倒になってきているのはわかった。

    妹 「なに、情弱?社会にも出てないガキが偉そうに」
    弟 「社会に出たからってなにが偉いんだよw だまっとけよ中古www」
    妹 「中古ねぇ。あんた童貞なのwww 魔法使いになりたいの」
    弟 「中古よりマシだw 雌豚うぜぇwww」
    妹 「ふーん私が中古ねぇ。あんた中古って意味わかる?」
    弟 「股がゆるいって意味だろwww 彼氏カワイソス」
    妹 「ちげーよ。少なくともニーズがあって市場に流れて購入者がいた。
       また市場にリリースされて、それでも買い手がついた。
       つまり誰かに必要とされている状態」
    弟 「は?それがwww」
    妹 「で、あんたは自分を新品だと思ってるかもしれないけど、あんたが欲しいという市場はない状態」
    弟 「…」
    妹 「そういうのはね、新品とは言わないで在庫って言うわけ。
       少なくともニーズを受けて市場に流れてから物事を言えよ、
       2chで麻疹にかかってる場合じゃねーだろ?」

    その後、弟は厨を無事脱出。4月から契約社員で働きだしました。

    833 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 05:50:17 ID:cbvV2LL6.net
    修羅場といっても、事件や事故に巻き込まれたわけでもなく
    単なる精神的な修羅場です

    20年ほど前、中古の一軒家を購入
    住み始めて数日後、小学校低学年くらいの子が家に来て
    「ここ、僕ん家なんだけど」と言い出した
    最初は???でしたが、すぐに前の住人だろうなと思い
    今は、私たちが住んでいるから僕の家は違う所になったんだよみたいなことを言って帰した

    隣の奥さんに聞いてみたら、たぶんその通りで
    旦那さんがパチ〇コ中毒で借金して離婚してローンが返せなくなっての物件だった
    家の程度もよく住所も色々便利で値段もお買い得だったから購入したのだけど
    気分的に離婚理由もローンが返せなくなったのも自分たちのせいの気がして嫌な気分になった
    中古住宅物件というものは、こういった嫌な気持ちも付いてくるから安いんだなと思った

    これが私の中の第一の心の中の修羅場
    続きます

    このページのトップヘ