下品

    269 :名無しさん@おーぷん 2015/11/01(日) 01:10:13 ID:FBf
    会社の同僚にモヤっとした。
    昨日は嫁さんがCM見て気になってた新メニュー目当てで某ファミレスに晩飯食いに行ったって話を同僚としてさ。
    嫁さんが美味しい美味しいって言うから俺も一口貰ったんだけどなかなかいけてたよっつったら「ファミレスごときのメシで喜ぶ馬鹿舌嫁乙www」てな感じで馬鹿にしやがった。
    「ファミレスみたいな底辺の場所に連れてくるなんて最低!高級レストランじゃなきゃイヤ!」みたいな女よりもなんでも美味しいねってニコニコ喜んでくれる女の方がいいだろうがって言ったらなんかモニョモニョ言いながら喫煙エリアに逃げてった。
    メシなんてどんな物食べるかももちろん大事だけども、それ以上に誰とどんな風に食べるかのほうが大事じゃないのか?
    安いもんだとキレながら不機嫌顔で食べる嫁よりも、たとえ馬鹿舌だとしても美味しい美味しいって笑って食ってくれる嫁の方が数億倍いいと思うんだが。
    あー、すげぇ腹立つわ。

    240 :名無しさん@HOME 2010/08/26(木) 14:36:33 0
    DQ返しスレと迷いましたが。
    ウトは孫に名前で呼ばれるのが夢だそうで、お盆に義実家に行った時、
    やっと言葉が出てきた2歳の息子に一生懸命部屋の隅でボソボソと
    自分の名前を教えてた。しばらくすると飽きた息子が私の元へ。
    ウト、何故か慌てて追ってくる。ピンときたので
    「息子君、じいちゃんのお名前は何ていうの?」
    と聞くと息子満面の笑みで
    「チ〇コ!」
    と答えた。そこでトメさんに泣きついた。
    「お義父さんが、今度は息子に下品な言葉を教えるんですう!」
    トメさん
    「父ちゃん!あんた嫁子さんに散々セクハラ発言して私と息子にもうしないって
    誓ったのに今度は孫かい!」
    ウト
    「違う!俺はただ名前を教えようと・・・(オロオロ)」
    トメさん
    「あんたの名前なんか覚えたらスケベが移る!じいちゃんで充分だべ!」
    ウト
    「・・・じいちゃんでいいです」

    真吾さん、喋りたての2歳児にはサ行は難関なんですよ。

    504 :名無しさん@HOME 2011/07/08(金) 20:20:18 0
    旦那が私と二人で出かけたかったのかウトメに「今度息子預かってよー」と勝手に打診。
    するとウトメらが舞い上がり「えー!いいよ。いつ来る?むしろ預かりたい!!」と大喜び。
    まじふざけんな。
    ウトメがまともな人なら分かるが、生後7か月の息子にお菓子や砂糖たっぷりのヨーグルトを与えようとするので預けるなんてとんでもない話。
    お菓子は困ると言っても「昔は関係なく何でも食べさせてた」と言われ聞く耳もたず。
    しかもトメが掃除嫌いのせいかとにかく家中がほこりだらけ。
    コイツらにだけは絶対息子はまかせらんねーと思ってた矢先の出来事だった。まじ糞。
    余計なこと言いやがったせいでとんだ迷惑。

    213 :名無しさん@おーぷん
    今、不妊治療中なんだけど、旦那がうっかり実家で鳩ってしまってから
    しょっちゅう「次はいつ病院に行くんだ」とか「どうだ、今度はうまくいきそうか」とか
    「SEIRI来たか」とか「息子はちゃんと出せたか」とか、
    いくら女同士とは言え生々しい言い方で電話してくるのが物凄く嫌。
    鳩った事については頭骸骨が陥没しそうなぐらい土下座して謝って反省してるから許したけど
    元々が言動が下品で大嫌いな姑がそれ以来そんな電話をかけまくってくるので
    家電もスマホも着拒したら誰かのスマホを借りるかして違う番号で掛けてくる。
    それで一昨日頭に来て「二度と掛けてこないでほしい。用があったら旦那の方によろしく。
    治療に一番の大敵はストレスなのに、お義母さんの声を聞くとストレス半端ない」
    と言って切ったった。
    そしたら昨日夢の中でまで電話かけてきて「私には知る権利がある!」とか言われた。
    「ない!おまえにはない!」って応戦したら、いつのまにか電話じゃなくて直で口喧嘩してて、
    そこから突然舞台がリングになって、義母が両腕をダラ〜ンと下げた。
    チャンスだ!と思って殴りにかかったら(現実の私は暴力はふるいません)
    義母のアッパーカットが炸裂して私ダウン・・・で目が覚めた。
    昨日の夜、旦那が借りてきた劇場版あしたのジョーを一緒に見た名残かと。
    夢の中でまで義母に勝てない自分に凹んだ朝・・・。

    このページのトップヘ