レズ

    158 :おさかなくわえた名無しさん 2017/11/29(水) 01:54:46 ID:xTgTyFdq.net
    私はレズビアン。
    特に恋愛関係で苦労もしてないし、
    自分がビアンであることを悩んでもない。

    ある日、親友と夜中まで私の部屋で深酒をしてて、恋愛に話題が流れたとき、
    何の気なしに、自分がビアンであることをカムアウトした。
    その瞬間、親友、「待って!?私、あんたとは付き合えないよ!?襲わないでよ!?」
    とパニック。
    それはまあいいんだが、「いや。あんたはそもそも好みじゃないから、襲わないし」と言ったら、
    「何で!?私でダメなら、誰ならいいの!?何で私じゃダメなの!?」とキレ始めた。
    確かに親友はモデル体型の超美女だが、好意を寄せられるのは嫌なのに、自分が超美人だという自覚とプライドだけは主張した親友は、ずうずうしかった。
    どうしろって言うんだよ、私はモデル体型じゃなくて、もっちり体型好きなんだよ。

    28 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/04/13(木) 20:58:55 r.net
    旦那の妹が好きで、でも付き合えないから旦那と付き合って結婚した事
    旦那妹の就職先がうちから近かったから、言葉巧みに同居に持ち込んだ
    今義姉として側に居られて幸せ
    どさくさでたまに一緒にお風呂入れるしw
    ちなみに旦那はゲイで、私の気持ちには気付いてるみたいだけど自分は男の愛人いるからか何も言わない
    旦那妹はたぶんノンケだけど、兄がゲイなのは知ってる
    私には女の愛人がいると思ってるみたいで安心?してるのか色々無防備でウマーw

    143 :名無しさん@HOME 2010/03/22(月) 10:46:36 0
    3年前、姉が、「5年間付き合っている人と同棲したい。なので相手を紹介したい。
    きっとお父さん達には理解してもらえないけど…」と言い出した。

    「同棲なんて中途半端な事しないで、きちんと結婚しなさい」というのが
    親の考え方で、更に「理解されない相手」というワードが親に火を付けた。

    どうにも姉が相手の事を話したがらないので、無職かなとか、外人かなとか、
    借金持ちとか、父の勤務先とはライバルにあたる会社の人なのかなーとか、
    そういった両親のゲスパーだけで、修羅場になった。
    「そんないい加減な人じゃないし」「外人だからって反対される理由がない」
    「だいたい日本人だし」「お父さんだって風俗行くじゃない」
    「ちょっと良い会社に勤めてるからって」「お母さんに介護させてたくせに」と、
    姉が父相手に暴言?言いまくり。涙目の母。
    妹である私と、弟は傍観するしかなかった。風俗のあたりで笑ったけど。

    「とにかく、相手を見てもらいたい。今週末連れてくるから」と、
    連れてきた相手が、女性だった。
    父は目が点。母は「昔から女の子にバレンタインチョコ貰う子だったからw」と、
    わりと冷静だった。
    姉は特に反対されず、あっさり同棲開始。

    姉は今でも、この女性と同棲している。

    126 :名無しさん@おーぷん 2017/04/26(水) 14:23:23 ID:did

    叩かれ覚悟で。
    昨日娘がお付き合いしているという方を連れてきました。女性の方でした。
    はっきりとは覚えておりませんが「お父さん、お母さん、ちゃんとした恋愛ができなくてごめんね。
    もしかしたらウェディングドレス見せられないかもしれない。孫の顔も見せられないのかもしれない。
    それでも私は今男とか女とか関係なしにこの人を愛してるから、わかってほしい」のようなことを言われました。
    娘がその人のことを愛しているならとやかく言うつもりはありませんし、
    娘も娘なりの葛藤があったのだと思います。娘が幸せならそれでいいと思いますが、
    やはり心境は複雑で 心から祝福してあげられない自分が心底恥ずかしい。
    言葉では「お父さんもお母さんもお前がしあわせならそれでいいよ。男とか女とか、関係ないよ」
    と言えますし、受け入れてあげることがいちばんだと思いました。
    私たち親が受け入れても、世間の目に娘とその恋人が晒されるのがどうにもたまらない。
    そんなことを考えて昨日娘が帰ってからももやもやしている。

    676 :名無しさん@HOME 2015/06/11(木) 20:43:16.06 0.net
    娘がホモ同人誌を書いてると知って思い出した修羅場
    高校生の頃大事故に会い大量の輸血が必要な事態になったが両親とも俺への献血を拒否された
    血液型が違ったそうでそれは仕方なかったが、それで知ったのが俺の血液型は両親の組み合わせでは生まれないという事実
    おそらく俺は養子だったんだと漠然と思いながら、容態回復後に一応聞いてみた
    両親はゲイとレズの偽装婚で、俺は世間へのカモフラのための養子だった
    出張が多いと思ってた父親は本命彼氏のもとに通い妻してたし、母親の無二の親友はダーリン(女性)だった
    正直当時は自さつまで考えたが、その後実家と距離を置くことで何とかしのいで現在に至る
    なお両親の性癖は還暦過ぎた現在も変わってない
    以上です

    このページのトップヘ