ポジティブ

    259 :名無しさん@おーぷん 2016/11/06(日) 00:56:41 ID:???
    ある女性に娘が生まれた時の話。
    娘はすこぶる健康だが、口蓋裂だった。軽いやつだけど、他の子と比べればハッキリ解るくらいに唇が割れてしまっている。

    そんな訳で、出産に立ち会った夫と終わってから病室に駆けつけた実両親は、暗い顔して娘を抱くその人を励ましていた。
    今の医療技術ならきれいに治るよとか、他に疾患は無くて健康なんだから有難いことだとか、必タヒに慰められるほど彼女の気持ちは暗くなっていったそうだ。
    ちゃんと生んであげられなくてゴメンね、これからの治療で痛い思いしたら可哀想…と、マイナスな考えばかり堂々巡りしていたところで、夫両親が遅れて登場。
    良ウトメさんだったが故に、どうにも申し訳ない気持ちだった彼女だが、赤ちゃんを見たトメさんはくわっと目を見開いて駆け寄ってきた!!
    「まあー、まあー、まあ!!ピンク色で!!プクプクで!!見てよお父さん、あのお口、パタ○ロちゃんにソッッックリ!!」
    ポカーンとする面々など目に入らないトメさん、早くも赤ちゃんにメロメロで喋りまくる。
    「かわいいわね、女の子ですってね、健康でかわいいなんてお手柄よ嫁子さん!!
    あ、お手柄って男の子に言うんだっけ。どっちでもいいわ、お手柄よー!」
    ここで彼女は、トメさん以外に誰もまだ娘を可愛いと言ってないことに気づいた。
    せっかく生まれてきたのに、自分たちは何をしていたのだろうと猛省、改めて赤ちゃんを見たら不思議なことに、「ハンデを持つ哀れな子」ではなく「丸々とした健やかな赤ちゃん」に見えたそうだ。
    そこからは可愛い、顔が丸くてほんとパタ○ロに似てる、大物になりそう、などと盛り上がり、誰も後ろ向きなことを言わなくなったそうだ。

    以上、つい最近聞いた、私が生まれた時の話です。
    パタ○ロが舞台化するってニュースを見たあと、「主演のひと、ソックリだねw」と母に言ったら「あんたのほうが似てたよ」と、上記の話をしてくれました。
    小さい頃に通院してたのは朧気に覚えていたけど、口蓋裂だったとは知らずびっくり。
    私が覚えてないことに母もびっくり。
    呆れられつつ、そういうわけだから父方お祖母ちゃんには今以上に感謝しなきゃねと、母娘で語らいました。
    年末年始には祖母孝行しようと思います。

    736 :名無しさん@おーぷん 2016/11/18(金) 17:36:40 ID:Q7g
    修造みたいな元彼に冷めた話
    元彼はお医者さんで、やたらポジティブだった

    俺は将来こんな医師になってたくさんの人を救いたい!!とか、
    この仕事の醍醐味は、人に感謝されること!医師しか味わえない最高の瞬間!!とか、
    患者さんからの感謝の手紙で、俺は胸が熱くなった!!とか、
    最高の仲間たちと働ける喜びで胸がいっぱい!とか、いちいち大袈裟
    しかも一日中こんな話ばっかりで、ちょっとしつこいしつまんない

    適当に聞き流してると
    「PETって何のことか分かってる?分からないなら聞いてよ!!知らないことを知るって最高だよ!!
    知らないことは恥ずかしいことじゃないよ!!分かりやすく説明するのも医師の務めだから!!
    君は知識が増える、俺は患者さんに説明するときの練習になる、まさにwin-winだよ!」
    恥ずかしいから聞かなかったんじゃなくて、話が長くなるからだよ・・・

    あるとき私が「会社で困ったお客さんがいて・・・」って話をしたら、
    「ダメダメ!もっとポジティブな言葉ちょうだい!!そういうときは、やりがいのあるお客さんって言うんだよ?」
    「君の仕事のやりがいって何?目標や夢は?君にとって最高の受発注って何?聞かせてよ!君にとっての在庫管理って何?」
    「お互いを通して知らない世界を知るなんて最高じゃないか!俺たちは高めあう関係でいよう!君の知識を吸収したいんだ!」
    とか言いだして冷めた
    何だ最高の受発注って。在庫管理は私にとっては悩みの種だよ
    過剰になれば維持費かかるし、過少になれば欠品するし
    こいつと一緒にいると、高めあわないといけないのかと思ったら、
    いいようのない疲労感が襲って来て無理だった

    別れたいと伝えたら、しくしく泣いて
    「それが君のためになるなら仕方ない。幸せになって」と言われさらに冷め

    元彼の次に付き合った人もたまたまお医者さんで、その人と結婚したけど、
    疲れたとかめんどくさいとか普通にいうし、くだらない話もするし、
    意識高すぎなくて楽しい

    このページのトップヘ