ホステス

    671 :可愛い奥様 2011/12/26(月) 12:51:17 ID:FpiHWu4U0
    店を経営する旦那の弟が よく出来た奥さんを尻目にホステスとどっぷり深い仲だった。
    あまりの入れあげように見かねた義弟の店の者たちが二人を別れさせようとしたが
    却って余計に火に油を注ぎ 離れ離れになる位なら心中しかねない勢いになる始末。
    商売に支障をきたすほど女に溺れる不肖の弟に堪忍袋を切らしたうちの旦那は
    一計を案じ まずは兄弟である事隠してそのホステスを呼び出し 
    上手く話を持って行って手切れ金を包んで別れ話に応じさせようとした。
    すると ホステスは案外すんなり別れ話に応じたので旦那は拍子抜けw
    本音は 深みにはまり過ぎた男が段々怖くなっていたのだと女は言う。

    長いので続きます。


    744 :名無しさん@おーぷん
    イケメンでもなくお金もないのに、
    なぜか浮気を繰り返すダメおやじの話を見て思いだしたので投下してみる

    叩かれるかもしれないけど、私は夜の仕事をしてた
    昼間はOL、夜は銀座のホステス
    超高級クラブでもないけど、スナックやラウンジではないミニクラブ
    リーマンショックで潰れたけどね

    そのお店でたった2回会って話しただけの男性客の話

    団体で店に入ってきた中に、そのおっさんは居た
    推定40代中盤、恐らく既婚者(接待向けのクラブなので若い独身客の割合はは少ない)
    ブサでもイケメンでもない中肉中背のおっさん
    名刺を見た限りサラリーマン(営業マン)
    だけどなんとなくバブルの香りがした

    隣に座って名刺を渡して挨拶をしたら、速攻口説かれた
    台詞が多くなるので一部カギ括弧省略するね

    はじめまして!君可愛いね〜!すごい美人!(実際はそうでもない)
    何歳?へぇ〜いいねぇ〜、女性として一番キレイな年だね
    僕は君に一目惚れしちゃったよ
    ねえ、僕の彼女にならない?

    ↑最初の挨拶でここまで一気に言われた

    このページのトップヘ