ペット

    364 :名無しさん@おーぷん 2018/03/22(木) 12:16:18 ID:Hd4
    仕事帰りに同僚達と飲みに行ったんだが、飲んでる最中にそれぞれの嫁のことが話題になった
    まぁ、惚気る奴愚痴る奴様々だったんだが、1人だけ俺の理解が及ばない同僚がいたんだ
    そいつは自分の嫁のことを「家事のできる猫」呼ばわりしていて、しかも本人は惚気話のつもりでいたらしい
    仕事をしない嫁は愛玩の対象で、養っている自分は飼い主なんだと
    何人かから「奥さんをペット扱いは良くない」って突っ込まれていたんだが、何故いけない可愛がってるんだから問題ないとのれんに腕押しもいいところ
    いい気分で酒を飲んでいたのに水を差された気になって、思わず
    「おまえは飼ってる猫相手に腰振ってガキを2人もこさえるんかw」
    とせせら笑ってしまった
    そいつは逆上こそしなかったものの、興ざめしたのか金だけ置いて店を出て行った
    俺の選んだ言葉は悪かったがそれでも嫁=猫ってのはない
    なんなんだアイツ…

    464 :名無しさん@おーぷん 2018/02/16(金) 00:13:19 ID:Fsh
    戸建ての2階建てに住んでる。
    小動物と猫を飼っていたけれどもともとの動物好きが講じてフェレットを一匹だけ購入した。
    すごく人懐っこく、離すと付いて歩いたりで、フェレットが人気が出るのも無理ないな、と思った。
    悲劇は、ちょっとした私のミスから起きた。
    フェレットの籠の上の台にハムスターのケースを置いたまま、仕事に出てしまった。

    仕事を終えて買えると猫が玄関でうずくまっていた。
    はて?こいつはいつも居間にいるのに?と思いながら居間へ向かうと生臭い。
    猫の目も怯えていた。
    居間から二階へ足を向けてフェレットの籠を見ると籠がひっくり返りプラケースの中も開けられ犠牲になっていた。
    結構グロくて身構えていたらフェレットがこっちを向いた目がギラギラしていていかにも血の味覚えましたってかんじだった。
    所詮イタチの一種だね。
    私に飛びかかってきた瞬間後ろからついてきた猫(かなりのデブ猫で二階上れないと思っていたので気づかなかった)が思いっきりフェレットの顔面をマジ噛みして片目潰してた。
    フェレットってピィって鳴くんやなと呑気に考えてしまったけどすぐに引き離してお互いケージにしまった。
    両手首ボロボロ。泣きながら遺体処理した。

    フェレットフード与えていたけど肉食にはちがいねーな。
    フェレットに食べられたハムスターは内臓だけ綺麗に食べられてた。
    今まで共食いなんて腐る程見てきたけどこれが今までで一番強烈。
    残ったどちらを選ぶか?そのフェレットを家に置いておく気にはどうしてもなれず里子に出した。

    生き物の飼育に気を抜く事は許されないと、強く思い、深く反省している。
    今は猫だけでこの子を見送ったらもう飼わない。

    949 :名無しさん@HOME 2010/10/17(日) 09:51:24 0
    うちの旦那はインコ私がインコを病院に連れて行ったら
    「そのお金で新しいインコを買えばいいのに」と 言った奴だったけど、
    数年後そのインコがタヒんだ時、亡骸を手に乗せて涙をポロポロ流す娘を見て、
    自分も 泣きながら一緒に埋葬した。

    旦那の実家はペットを飼ったことがないから、生き物を飼う事に関する感覚が
    ちょっと違ったのかも。
    今はその後買った猫はなぜか旦那が一番好き。
    旦那が脱いだ靴下を咥えて悶えている。

    789 :名無しさん@おーぷん 2017/12/09(土) 14:23:34 ID:efI
    私の実家は今こそアパート経営で生計を立てていますが、昔はそこそこの土地を持っていました
    これは私の実家がまだ農家をやっていた頃の話
    ある日、父が知り合いから烏骨鶏の受精卵を5つほど譲り受けてきました
    烏骨鶏の卵は高値で売れる為、採卵目的であったと思います
    大事にインキュベーター内で加温したところ3つの卵が孵化しました
    ただし、父が望んでいた烏骨鶏ではなくごく一般的な白レグ(普通の鶏)でした
    期待を裏切られた父がやる気をなくして飼育をやめてしまった為、私が引き続き3羽を世話することになりました
    飼育を始めて半年が経過する頃には3羽ともわたしに懐き、縁側でうつ伏せになって漫画を読んでいると、肩や土踏まずの上にとまるまでになりました
    重いし臭うし五月蝿いしで嫌なところもありましたが、3羽とも大切な私の家族でした
    ある日、私が学校から戻って庭にある飼育小屋を覗きに行くと、3羽の姿が見えません
    それぞれの名前を呼びながら庭中を探しましたが見つかりません
    嫌な予感がして母に鶏達を知らないかと聞きに行くと、台所で揚げ物をしていた母は「そこにいるやろ」と振り向かないまま言いました
    チョボと、ポコと、くーちゃんは、夕飯になってテーブルの上に乗っていました
    夕食時、パクパクと唐揚げを平らげる両親でしたが、私は一切箸をつけることができませんでした
    食べ物を粗末にするなと父に叱られましたが、絶対に食べるものかと思いました
    私にとってチョボ達は家族でしたが、両親にとっては家畜に過ぎなかったことが衝撃的な出来事でした

    803 :名無しさん@おーぷん 2017/10/20(金) 13:13:15 ID:Vk6
    飲み会でペット(犬猫)の話になって、「俺は去勢が可哀想で飼えないなぁ」って言ったら誰にも理解してもらえなかった。
    「生物の最大の目的は子孫を残すことなのにその権利を奪ってしまうのは酷すぎる。とはいえペットを無闇に繁殖させるわけにもいかないから飼うなら去勢が必須なのはわかってる。だけど俺はそれが嫌だから飼わない」って主張なんだけど、
    みんなは「犬猫は大切に飼ってもらえればそれで幸せでしょ?」「去勢すれば性欲もなくなるから問題ないでしょ」みたいな否定意見ばっかりだった。
    俺がズレてるのかな?それとも共感してくれる人いる?

    このページのトップヘ