プロポーズ

    784 :名無しさん@おーぷん 2016/02/17(水) 17:11:18 ID:sUI
    別れにまつわる不思議な体験。

    昔、ある男性と付き合ってて結婚話が出てたんだが少し迷っていた。
    東証一部上場企業勤務、有名国立大卒、高身長、年齢の割には高収入、実家は裕福と
    条件だけなら結婚相手としてはこれ以上ないような男性だったけど
    地元の中小企業で共働きの両親、しがない地方の女子短大卒の私は
    どう考えても釣り合ってないと思ってしまった。
    彼のことは好きだったけど、デートしてても些細なことで育ちからくる価値観の違いを感じていた。
    例えばタクシーに乗って3000円台の料金だった時に、5000円札でお釣りは要らないみたいな。
    当時まだ20代半ば、お給料も少なくて1000円が大金だった私には「お釣り要らない」は言えない言葉だったし
    買い物や食事をすると彼は支払いにお札しか出さない。
    私はお財布の中に小銭があれば出来る限りきっちり出す。何十何円まできっちりあったら幸せ。
    最初はそんな彼をスマートでカッコいいと思ってたけど、結婚を考え始めたときに
    突然“釣り合わない”と思ってしまったんだよね。
    彼は20代のうちに結婚したいと言う願望が強かった。
    そして子供は最低ふたりは欲しいとか、奥さんには専業でいてもらいたいとか、具体的な願望もあった。
    当時の親友に相談したら「そんな良縁二度とない、絶対離すな」って言われて、
    母親に相談したら「自分の気持ちに正直になればいいだけ」と突き放す感じ。
    姉は「なんかその男ムカつくw」と冗談なのか本気なのか分からない答え。

    で、彼からのプロポーズにハッキリ応えなきゃいけないリミットの数日前のこと。
    (彼から海外出張から帰ったら答えが欲しいと言われてた)
    夢に何故か父親が出て来た。
    で、父親が「やめとけやめとけ。一緒にいて自分が卑屈になってしまう相手と一生添い遂げるのってきっついぞー」って。
    「生きてるのに何故わざわざ夢の中でwww」って言ったら
    「俺にもプライドがあるんじゃ」とふんぞり返って言ってた。
    何のプライドwwwと思ったけど、その「一緒にいて自分が卑屈になってしまう相手と一生添い遂げるのはきつい」って言葉が
    自分の気持ちを整理したもののように思えた。
    で、別れを決心。
    素直に気持ちを伝えたら、彼の方は最近の私の様子から断られる覚悟はあったらしくて
    思ったほど修羅場にはならなかったけど、実は彼のご両親からは反対されていたらしいとその時知った。
    彼もきっとホッとした部分もあったんだろうと思う。

    しばらくして母に、夢の中で父にアドバイスされた話をしたらビックリして
    「お父さん、あの頃そんなふうに言ってたわよ!」って。
    なんとも不思議な体験でした。

    その父が亡くなって納骨を済ませた。
    お墓の前で唐突に思い出したのでカキコ。
    あの時、父の言葉で別れを選んだのは正しかったと思ってる。
    今、裕福ではないけど夫も子供たちもみんな仲のいい家庭を築けている。
    父よ、さんきゅう。

    277 :おさかなくわえた名無しさん 2013/08/04(日) 09:58:11 ID:N0k8Xhy+
    両親から、「妹が結婚することになった。相手の家族との顔合わせを
    予定しているので、都合が良ければ同席するように。」という連絡を受けたので、
    久々に帰省することにした。

    ちょうど俺の方もプロポーズ済みで、先方の両親への挨拶を控えていた
    時期だったので、自分の両親には「俺の方にもそういう話があるから
    帰ってから詳しく説明させてくれ。」ということだけ告げて、当日は
    直に会場(地元のホテル)へ向かった。

    ホテルのスタッフに会場(単なるレストランの個室だけど)まで案内して
    もらったんだが、扉を少し開けて中を覗いたところ、「俺の彼女」がいた。

    取り敢えず扉を閉めて彼女に電話を掛けてみたところ、
    ・確かに同じホテルの同じレストランの個室にいる。
    ・目的は、「彼女の兄」の結婚相手とその家族との顔合わせ。
    ・相手の家族(彼女の兄の結婚相手の兄)が、まだ到着していない。
    ということが確認できたのだが、どうにも扉を開ける勇気が無く、しばらく
    外でモジモジした挙句に思い切って中に入ってみたら、やはり彼女と
    その家族の前に座っていたのは、見慣れたウチの家族。

    自己紹介の際、滝のように汗をかいたことはよく覚えているが、俺がどういう
    台詞を吐いたのか、各々どう反応したのかは、誰もよく覚えていないそうだ。

    久々にウチの実家で妹夫婦と会うので、記念に?書き込み。

    616 :名無しさん@HOME 2015/11/04(水) 17:33:43.22 0.net
    5年前の話だけど
    当時24歳の私が26歳の彼にプロポーズされた
    付き合って1年しかたっていなかったけど、私的には良い男性に思えたからOKをした

    親に報告をしたら3歳下の弟が、就職先で警察を考えているので
    親族に犯罪者などがいると試験に合格しないから、念のため彼と彼の親と近い親戚を
    調べても良いかと聞いてきた

    調査の結果、すごく真っ黒だった
    彼本人は刑務所には入っていないけど傷害で逮捕されてるし
    存在すら知らなかった弟は服役中だった

    彼に調べた事を言うのも怖かったので、親が反対している事にしてプロポーズを断ったら
    いきなり家に押しかけてきて、私の親に暴力をふるいだした
    そんな彼を見て怖くなって、しばらく男性恐怖症

    30前にやっと結婚できたので、記念カキコ
    当然、違う男性と結婚です

    570 :名無しさん@おーぷん
    もう終わったことなのですが吐き出させてください。30歳の女です。
    一度はプロポーズしてくれた彼にフラれてしまいました。
    彼の両親との同居を拒んだからです。
    彼は農家の長男。小さい頃から、結婚後は親との同居が当たり前と教えられて育った人です。
    付き合い始めて1年くらい経った頃に、彼の両親と私たちが住むための家を建てられました。
    しかも二世帯住宅ではなく、玄関もキッチンも一緒。
    まだ婚約すらしていなかったのに、彼のお母さんから「ここがあなたの住む家なのよ!」と言われていました。
    その時から違和感はありましたが、彼の両親はとてもいい人たちだったので、そんなことを思ってはいけないんだと自分に言い聞かせていました。

    その後、彼実家でのお試し同居生活が始まりました。農業のお手伝いや家事、バイトもできる限り頑張ったつもりです。
    彼の両親は基本的には優しかったのですが、「○○さんのところのお嫁さんは全然働いてくれないんだって〜。あなたはそうならないわよね?」と彼母から遠まわしにプレッシャーをかけられる日々が続きました。

    慣れない農作業と家事とバイトをこなすだけでもしんどかったのに、彼母はバイトをもう一つするように命じてきました。
    知り合いのお店の従業員が足りないので、手伝って欲しいと頼まれてしまったのです。
    彼母の言うことに逆らったら、働かない嫁の烙印を押されてしまう。そう思い、仕方なくバイトのかけもちを始めました。

    農作業と家事、二つのバイトに追われているうちに、異変が起こるようになりました。
    疲れているのに眠ることが出来なくなりました。眠れないので疲れも取れません。しだいに感情のコントロールもできなくなってきました。心療内科に駆け込んだところ、鬱病の診断が下りました。

    続きます。

    343 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 19:14:40.47 ID:f0Ho7r1x.net
    俺には小学校の初恋で中学から付き合い始めた彼女がいるんだよ
    付き合いも長いから大学卒業してちょっと経ってからプロポーズしたんだけど
    その時は「石の上にも3年って言うでしょ。社会人生活が落ち着くまで結婚なんて
    無理」と突っぱねられた
    で、3年待ってプロポーズしたら「ようやく仕事覚えて社会人生活が楽しくなってきたのに」と
    断られた
    でそこから更に2年ほど待って再度求婚したら
    「今昇進試験の勉強中だから」って先延ばしにされた

    で俺たち2人とも今年30だ。先日彼女から「もう30だしそろそろ」とせっつかれた
    だが俺の会社は係長になるには30前後で親会社に1度行かねばならない
    そして親会社は全国的にも有名な超ハードワーク企業(あえてブラックとは書かない)だ
    基本的に日付が変わる前にうちに帰る事はありえないし
    繁忙期はみんな不眠不休で仕事してもうちに帰れないから
    風呂にも入れず悪臭を放ちながら仕事してるらしい
    子会社のうちは基本定時帰りなのにな

    そして俺は4月から親会社への転勤が決定している
    こんな状態で結婚だ子育てだ言われても無理に決まってる
    だから親会社にいるうちは無理だと断った
    すると彼女は「どれくらい待てば良いのか?」と聞いてきたので
    「4年くらいかな?」と言ったら
    「そんなに待ってたら子供産めなくなっちゃう」と切れられた
    でも俺一応事前に彼女にその事説明してたんだよね
    その上でプロポーズ先延ばしにしてたくせに
    猛抗議された
    だから俺は「俺としても不本意だが妙齢の女性を飼い殺しにしておくわけにも
    行かないので、早期に結婚したり子供欲しいなら別れるしかない」と言ったら
    「あと4ヶ月で30なのに私は今更誰と付き合えば良いの!!」とマジギレされた
    挙げ句彼女の親にまで呼び出されて
    「何とならんか」と懇願される始末
    本当に神経わからん

    110 :◆rhxrn81yXrIs 2016/11/30(水) 17:10:56.32 0.net
    今日プロポーズされたんだけど、その内容が
    「風呂あがりはいつも母親に体拭いてもらってんだけど、これからは毎日拭いてくれないかな」
    だったのでお断りして帰り、メールでお別れをして全拒否したとチラ裏に愚痴ってたらアド変えたのかロミオメールが来た

    あれは言葉のあやで本当にふかなくても良いのに、せっかくのプロポーズを酷い思い出にするのは良くないよ?
    母親もさ、○○さんはわがまますぎるんじゃないの?って言ってたけど、ちゃんと謝れば大丈夫だと思うし、○○はふくのが嫌なんだよね?
    ふくのは○○がしなくても大丈夫、母親がやると思うから○○に負担はないよ!
    ○○がふくの嫌なら○○の体も俺がふいてあげてもいいしね?
    これなら解決!大丈夫(*˘︶˘*).。.:*♡
    俺も○○の気持ちを考えずに先走ってしまったよね、ごめんね><
    金曜の約束はまだ有効だよね?
    ちゃんと予約してあるからいこう\( ˙▽˙ )/
    その時にまたプロポーズするよ!
    なんて言うかは秘密のちゅ!
    温泉なんて両親も数年ぶりだから凄く張り切っててさ…親孝行は○○もしたいんじゃない?
    木曜の夜までに返事ちょうだいね!
    じゃないとお仕置きとして○○を置いてくからな〜ってのは冗談!
    ○○を大切にしたいから、本気で、次はちゃんとプロポーズを聞いてください。



    内容的に同居決定なのかこれ
    てか体を拭いてほしくないよキモいw
    温泉旅行はいつのまにご両親も一緒ってことになってんの
    本気でなんで三年もこんなやつだって見抜けなかったんだろう
    木曜に仕事終わったら友達の所に避難しとこうと思います

    ロミオメールもらった皆さん、これ精神的にかなりキツいものなんですねw

    4 :名無しさん@HOME 2016/05/14(土) 13:13:27.86 0.net
    早速だけど私の中では最大の修羅場。
    スレチだったら誘導お願いします。
    旦那がまだ彼氏だったころの話。
    私当時21歳大学生。
    旦那当時32歳。
    私が卒業したら結婚しようとのことでプロポーズされ、彼の実家に初めて挨拶に行った。
    勿論事前にアポはとってあったしすでに結婚していた彼の妹も来るということでワクワクしていた。
    だが、彼実家に着き旦那母に挨拶すると無視。
    彼父はセクハラ発言連発。
    彼妹は優しかったが彼とは目も合わせない。
    彼実家が遠方だったためその日は泊まりだった。
    深夜彼と寝ていると物音がして目が覚めた。
    すると扉の陰から彼両親がのぞいてた。
    私の目線に気付くとすぐどこかに行ってしまった。
    もう一度寝ると今度は何かが私の体をもぞもぞしてる。
    不快感で目が覚めると彼父が私の体をまさぐってた。
    しかもそれを彼母がビデオカメラで撮影中。
    発狂して彼父を投げ飛ばした。
    爆睡してる彼を叩き起こして事情を説明すると彼ブチ切れ。
    そのまま荷物を持って帰って来た。
    帰りながら私号泣で謝り彼もずっと謝っているというシュールな状況だった。
    あとから詳しく聞くと彼は搾取子で妹が愛玩子だったそうだ。
    妹とはまた別に一件あったらしいが関係ないので今は書きません。
    その後彼は実家に縁切りを叩きつけ私と結婚。
    今のところは平和に暮らしてますが彼実家での一件が今までで一番の修羅場だった。

    186 :名無しさん@おーぷん
    3年付き合った彼女にプロポーズをする為に、共通の友人たちに相談してたんだ。
    お互い30近いし、彼女も子供がほしいって友人たちに言ってから
    プロポーズする場所や指輪などのアドバイスをもらっていた。
    女性からは思い出の場所と日にやればいいとか、指輪はOKもらったら彼女と一緒に買いに行けとかね。
    彼女と最初のデートでディナークルーズに行って以来、彼女が気に入って
    ボーナスや彼女の誕生日に予約していってたんだ、もちろん一番安いコースだけどね。
    丁度、初めてデートした日が二人の休日だったんで、その日をプロポーズの日に選んだ。
    ディナークルーズも一番高いコースを選んで、彼女の家に二人分チケット贈ったんだ。
    大事な話があるから、ドレスコードを合わせてくれと言ってね。

    待ち合わせ場所から乗船場に一緒に行く途中に、彼女の友人が声を掛けてきた
    学生時代の先輩らしくて二人で思い出話で盛り上がっていたんだけど、
    俺はもう時間がないから行こうよって言ったら、喧嘩になって帰ってきた。

    俺  「もう時間がないから、そろそろ行こう」
    彼女 「わかってるから、もう少し待って」
    先輩 「なになに彼氏嫉妬してるの、心狭いね」

    (笑いながら、だらだら話を続ける)

    彼女 「俺君とは先月(彼女の誕生日)にディナークルーズ行ったばかりだから
        先輩とは5年ぶりだし先輩と行ってくる、あとでお金返すからいいでしょう」
        (彼女はディナークルーズの料金一度も払ったことがないのに・・・・)

    先輩 「金返すって、この男そんなに金に汚いの奴なの、最低w
        見るからにうだつが上がらない感じだしwww」
       (なぜか、俺に攻撃的な先輩)

    彼女 「一応これでも上場企業に勤めてるんだよww」



    急に冷める俺、うざい先輩と楽しそうな彼女を見て

    俺  「・・・・もうお金は返さなくてもいい・・さようなら」

    先輩 「タヒねよカスwwww」(意訳)
    彼女 「ちょっとは空気読めよwww」(意訳)

    このページのトップヘ