ビンタ

    8 :名無しさん@おーぷん 2019/09/06(金) 13:05:06 ID:GE.gb.L1
    小学校に入学したばかりの時の話。
    初めての授業参観があり、それにあたって自己紹介カードを書くことになった。
    まず始めに担任の先生がお手本を書くことになり、みんなに見せていた。その先生が書いたお手本には好きな食べ物の欄に「すてえき(ステーキ)」と書かれていた。
    当時、外食にもあまり言ったことがなかったのでステーキの存在も知らず、もちろん言葉も聞いたことがなかった。
    そのため、先生に「先生、「すてえき」って何?」と尋ねた。すると先生は「お肉を焼いた食べ物のことだよ」と答えた。
    それを聞いた私は、「ステーキ=普段食べている焼肉(普通に市販のタレで味付けされてるようなやつ)のかしこまった言い方」だと解釈。自己紹介カードの好きな食べ物の欄に「すてえき」と書いた。
    そして、授業参観の日が来た。私の母親は何故か険しい顔で私の書いたカードを見ていた。「あんた、ステーキなんて食べたことないのになんで書いたの?」と一言。
    「先生が肉を焼いたもののことをステーキと呼ぶって言ってたから書いた」と正直に言ってその場では終わった。
    その後、親が懇談会を終えて帰ってくるなり私のほっぺを平手打ちした。
    なんでそうなったか分からず、涙目になりながら「なにか悪いことしたの?」と聞くと、
    「なんで食ったこともないステーキを好きな食べ物のところに書いた!?」と怒鳴ってまた平手打ち。
    ギャン泣きする私に気づいた祖母が駆けつけてその場を宥める。が、祖母の見えてない場所では平手打ちをくらったり、むこうずねに蹴りを入れられた。
    お風呂でもビンタされまくりの怒鳴られまくり。夜も早く寝たいのに、何回も入眠する直前に起こされてビンタ、ビンタ、ビンタ。
    私の口調を真似して「すきなたべもの、すてえき」(バチン!)「なんでそんな事書いたんだよ!」(バチン!)とまるで拷問にかけられたかのような気分だった。
    何度説明しても問答無用で平手打ち。なんで怒ってるのかすら理由はわからなかった。
    最終的に、母が「余計なこと教えた○○先生(当時の担任)に「なんでステーキの説明をそんなふうにした!?」って怒ってくる」と電話の子機片手に私のお腹を踏んずけたため、
    「先生を怒らないで!」と縋った私に母が最大レベルのビンタを放ち、私は鼻血を出しながら気絶して終了。翌日の学校は休んだ記憶はあるが詳しくは覚えてない。
    大人になった今でも、ただの焼肉のことを「ステーキ」と書いただけであんなに怒られる意味がわからない。「見栄を張るな」ってことなのかな?
    でも、鼻血出すまで殴ったりするほどのことでもないような気もするけど...。
    ちなみに母親が虐待してるとかじゃないと思う。普段はおちゃらけた、ちょいウザ絡みして迷惑だけど優しい感じなんだけどな。
    体罰食らったことはこの時以降もあったけど、友達と喧嘩して私が悪かった場合とか勉強サボって成績不振になった時とか、私に非がある時に限ってだった。体罰と言っても平手打ち数発のみ。
    とくに非がない(と、私は思ってる)のに人生で最大級の体罰を小一でくらったのが本当に分からないし、理由も怖くて聞けない。
    それとも、対して非がないという風に思ってる私の感覚がズレてるのか?と不安になってきてる今日この頃。

    518 :名無しさん@お腹いっぱい。 2014/01/24(金) 09:00:48
    こちらは既婚男性で相手の友人も既婚。友人の奥さんも呑みの席で
    何度も顔を合わせており親しい状態です。

    友人男性の奥さんが巨/乳で、飲んでた時に(友人はトイレでたまたま席を外してた)
    冗談で友人の奥さんの胸を一瞬才柔んだところビンタされてしまい
    友人の奥さんはネイルアートしてたから爪が目に入ったみたいで
    目が充血してしまって痛いです

    友人の奥さんは口頭で謝ってはくれましたが、正直それで終わり?と
    不満に思っています。治療費を請求できないでしょうか?

    相手が幼いJCやJKならわかるんですが、独身時代も高校時点から彼氏がいて
    結婚までの間に彼氏は数人、既婚で子持ちの女性の胸を冗談で一瞬才柔んだだけで
    目に怪我させられる程のことだとは思えないんですが…

    一応その場では「いいよいいよ」と笑って許したんですが後から怒りが…
    スレ違いでしたら該当スレに誘導願います
    眼科に行ったとして、その診察代ぐらいはもらってもいいんでしょうか?
    別に当初怒ってはいなかったんですが、その場で「ごめんね」で終わってしまい
    その後何も連絡がないので不満が溜まっています

    88 :名無しさん@おーぷん 2016/08/04(木) 17:07:35 ID:Ota
    義弟嫁から電話きた。
    子供が産まれたなんて聞いてない(義弟には言った)
    年の近いイトコ同士仲良くするためにそっちに遊びに行くね!
    だそうです。

    義弟嫁の長男(甥)がねんねの赤ちゃんだったとき、義実家で、
    義弟夫婦「コンビニ行きたいから子供見てて」と外出。
    夫と舅さんは娘(3歳)と外遊び。
    私と姑さんで甥を見てて、途中ご飯作るからと姑さん離脱。私一人で見てたら、義弟嫁が帰宅するなり私にビンタ。
    私の傍らにスマホがあった&甥の様子を見るため視線が甥に行ってたのが気に障ったようで、
    ショタコン、盗撮魔、変隊だの、バリエーション豊富に罵倒された。
    暴力は最初のビンタだけだったけど、その時すでに下の子妊娠してたのですごく怖かった。

    義弟が、育児疲れで気が立っててとか必タヒに庇ってたけど、すでに子供もいる義姉に対してその態度は異常と夫も義両親もカンカン。
    義弟嫁は「息子と同じ空気吸うな!この子に関わるな!」と。
    言われなくても絶縁ですよ。

    それが去年の話で、冒頭の電話が先週のこと。
    義弟嫁母が入院がちになったらしいから、託児先が欲しいんだろうな。
    え?甥は同じ空気吸っちゃダメなんでしょ?どうやって遊ばせるの?
    って聞いたら「もーう、おねえさんってば、大人気ないゾ!」だってさ。
    そのままガチャ切りしちゃった。
    どの口が!どの口が言うか!!

    夫が義弟に電話で文句言ったら、わざわざうちに来たけど、
    「そういうポーズはいいから。申し訳ないと思うなら、あの嫁の顔も声も俺たちに晒すな」
    と、玄関にも入れなかった。
    義弟は謝ってるつもりでも、言ってることは「俺も嫁も色々苦労してんだ大目に見てよ」だからなぁ。

    盆休み前だって言うのにどっと疲れた…。
    義実家に、私家族の帰省予定教えるなって連絡しないと…。

    581 :おさかなくわえた名無しさん 2009/09/09(水) 08:37:37 ID:aQr7B82d
    今月1日からファミレスのバイトに行っている。
    昨日、店長に言われた時間の10分前にバイト先に入り、店長に挨拶したらいきなりビンタされ、こう言われた。
    「毎日こんなギリギリに来てるなんてどういう事!仕事はね、少なくとも時間の30分前に来るものなの!
     5分前とか10分前に来るのは遅刻と同じなんだからね!
     そんな非常識なことしてたら、やる気がない・だらしがないと思われても仕方ないよ!」
    店長、世間知らずでごめんなさい。でもいきなりビンタはキツかったです……

    196 :名無しの心子知らず 2012/07/10(火) 21:13:53 ID:zAs50cPY
    キチとその味方たちに負けた形で不快な内容だけど…
    娘が通っていた園は月一でお弁当の日があって、娘の希望でキャラ弁を持たせていた
    ある日娘を迎えに行って帰ろうとしたら、普段挨拶スル程度の、同じ組のAママが話しかけてきた
    「娘ちゃんのお弁当すごく可愛いんだってね~すごいね~」と言われたけど、親しい相手でもないし、適当に会話してそのまま帰宅
    それから次のお弁当の日が過ぎた後、いつものように娘を迎えに行ったら、いきなりAママにビンタされた
    いきなりで呆然としている私に捲し立てるAママの主張は「キャラ弁作ってくるなって言ったのに!」
    当然そんな事言われてないし、混乱しつつもそう伝えたら、「嫌味もわからないの?作ってくるなって意味もわからないの?」と再度ビンタされた
    そこで先生が止めに入り、事情を説明したけど、「私は大変なのに」「この人が許せない」などと号泣しながら訴える
    こっちは暴力振るわれてるし、ガタガタ言うなら被害届かなと思ってたら、園側の裁定は私がAに配慮すべきだったということになった…
    理由は、ここまで追い詰められてるから仕方ないんだと。私に対するビンタはそれで相杀殳で、これで双方不問にすること。
    当然こちらは納得できないけど、「どうしても駄目なら退園してもらうことになるかもしれない。娘ちゃん、お友達と離れ離れでいいの?」と言われる
    園の対応はクソ以下だけど、娘のことを思うと強く出られない。卒園まで一年切ってる状況で、新しい園へというのも難しい
    断腸の思いで和解を了承し、せめて「今後、お互いかかわり合いにならないようにしましょうね」と言って終了した

    このページのトップヘ