パワハラ

    135 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止 2014/10/08(水) 01:24:57 ID:JyhU0R8R0!てんさい♥きんし
    5年くらい前まで老人施設で働いていた。その時の上司が最悪だった。

    「休憩」「シフト表作るから」とか言いながら勤務中、休憩室でたばこばかり吸っている。ナースコールが鳴っても無視するから、上司と二人で夜勤すると私だけが1人でナースコールに対応して走り回っていた。走ると「夜中にバタバタうるさい、走るな」とキレられる。
    「職員はエレベーターを使わず階段を使え」と言うくせに自分はエレベーターを使う。私が指摘すると逆ギレ。
    「換気しろ」とわめきながら窓やドアをぱんぱん開けて回るくせに、閉めない。換気したばかりで説明したのに「まだ臭い、空気が悪い、入所者がかわいそう」とキレる。入所者が寒いから閉めて、と言うから閉めると、また開けに来る。
    それでも上司だから、と我慢していた。

    昼間は明るいからフロアの電気はつけない。その日も天気がよかったし、勤務していた職員みんな、電気はつけなかった。トイレや医務室など、少し薄暗い部屋はもちろん、電気はつけていた。
    そしたらそれにきづいた上司が顔を真っ赤にしてキレた。「昼間でも電気はつけろって言ってるだろ!」とたまたま上司の近くにいた私がなぜかビンタされた。
    しかも「こいつは私の言うことを全くきかない。みろ、ちゃんと仕事しないとこいつみたいになる」とみんなの前で笑われた。
    面会に来ていた家族の方々、入所者の方々、実習生、同僚たち、みんなの前で怒鳴られた。
    なんで、私が?悪いことなにもしてないのに、と悔しくて悔しくて、でもみんながいたから「すみません」と頭を下げるしかなく、そんな自分が嫌で嫌で、成人して初めて悔し泣きした。

    222 :おさかなくわえた名無しさん 2019/01/16(水) 20:15:36 ID:ddvl8w8H.net
    前の会社に気分屋でパワハラセク八ラ上司(課長)がいた。
    そいつのパワハラに、耐えれず事務員が辞め中途で入った子がギャルっぽいけどサバサバした明るい子で、ある朝痴/漢にあったらしく警察と話をするから遅刻すると連絡があり、遅れて出社してきた。
    課長が彼女を見るなりニヤニヤしながら「触りたくなるほど魅力的だったってことだね~、女性.冥利に尽きるね」と、痴/漢にあったことが名誉なことみたいな言い方をした。

    そしたら彼女が「そうなんですか?じゃあ課長の娘さんと奥さんが痴/漢に遭いますようにってお祈りしておきますね。」と返した。
    次の日も出社するなり「昨日の夜も暇だったんで課長の奥さんと娘さんが早く痴/漢に遭いますようにって4時間ぐらいお祈りしておきましたよ!早く痴/漢に遭うといいですね!」と言い
    それから数日間は毎日「おはようございます課長!昨日も奥さんと娘さんのことお祈りしておきましたよ!娘さん、そろそろ通学中に念願の痴/漢されてるかもしれませんね!女性.冥利ですね」
    「課長、奥さんはまだ痴/漢に遭われてませんか?毎日毎日お祈りしてるのに、まだなんですね…明日も頑張ってお祈りしておきますね!」と、まるで呪われたみたいに爛々とした目で嬉しそうに報告していた。

    週が明けて月曜日、また課長出社してくると彼女はニヤっと笑って「課長~!」と声かけたら、課長が突然土下座して「悪かった!あんなこと言って悪かった!もう嫁と娘を呪わないでくれ!頼む!」と絶叫した。
    結局、土下座事件が広まって話が大きくなって社長案件になり、課長は違う土地に飛ばされた。

    課長の土下座も、彼女のニヤっと笑った顔も土下座した瞬間に冷たい真顔になり細い目で見下していたのも衝撃的だった。
    彼女とはお互い会社辞めた今でも今でも仲良しだけど、あれ以降あんな彼女は見たことない。

    70 :おさかなくわえた名無しさん 2013/04/20(土) 16:29:19 ID:qEvLB8h8
    ちょいと自慢話ぽくなってしまいますがよろしくお願いします。
    新社会人になって初めてできた上司がパワハラ糞野郎だった。もともとブラックな職場だった

    がまず考え方が古い体育会系。残業しない奴は社会人じゃないだとか新人は自主的に日曜に営

    業行ってこいだとか女はお茶汲みだけしてればええんだとかとりあえず前時代的な発言が目立

    つ奴だった。
    当時俺はこの仕事を楽しいと思っていたし、営業成績も上位にいたんだがこの上司に嫌われて

    いた。理由は俺がアポ待ちの時間にファミレスで資料整理しながら休憩していたからだった。

    上司「なんでてめえサボってんだ!」
    俺「いや、アポ待ちなんでで準備してたっす」
    上司「俺が働いてるのにいい身分だな。休んでる時間あったら飛び込みで行ってこいや!」

    こいつはあほかと思った。その後も昔からの非効率なやり方を強要する(効率が3倍違う)。ノル

    マは達成しているのに無意味な残業を要求する、人の成果を横取りするなどやりたい放題で同

    期は半分辞めた。
    このままでは会社も俺もダメになると思った俺は営業成績を1位にする、効率的な仕事のマニュ

    アルをつくり同期、後輩に配る、そして上司の無慈悲な鉄槌からかばいまくる、などのことを

    して若手を中心とした「俺派閥」を作り上げた。こうして力をつけた俺は社長に直談判。結果
    上司及び一味は窓際へ。会社はブラック中小から完全週休2日になった。俺は人事部長になり、

    「元」上司を上からにやにやしながら見ている毎日です。

    627 :おさかなくわえた名無しさん 2013/12/17(火) 07:33:56 ID:qWRRibvk
    友人というか10年来の知り合いAが、就職先にて武道経験者であったために
    DQN系先輩に目をつけられて事あるごとに「勝負しろよ」とか「腕試ししようぜ」とか絡まれていた

    で、軽く小突かれたりとかしてもAは反撃しないものだから調子にのって物理的なパワハラも増えた頃に
    いつものように「お前本当に武道やってたのか?勝負しろよコラ、どこででもやってやんぞ」とDQNが言い出し
    それに「いいですよ、じゃあ知り合いの道場があるのでそこでやりましょうか」と快諾
    引くに引けなくなったDQNは仕事が終わったらその道場で勝負することになった

    ここまでが前提

    244 :名無しさん@HOME 2012/05/07(月) 16:24:13 0
    中学生レベルの陰湿DQN返しなので、嫌な人はスルーして下さい。



    舅が糞だった。姑(長年の洗脳でデモデモだけど良い人)に日常的にパワハラ。
    些細なことでもテーブルを叩いて大声で怒鳴り散らす、物をひっくり返して暴れる、物を投げる。
    姑の髪を掴んで引きずる、殴る、蹴る、肌着姿で表に放り出す、等々。
    夫や義弟が独立した時、姑を引き取ろうとしたが「お父さん一人では生きていけないから」
    「あなた達の結婚の妨げになりたくないから」「慣れているから大丈夫」とエネmeだったそうです。
    私が夫と結婚後見かねて、姑を引き取り同居を申し出たときも、同様の返答だった。

    結婚して半年後、あまりに強く蹴られたため肝臓から出血して、姑入院。
    それでもデモデモダッテな姑と、反省の色無しの舅の両方に切れて、私が姑看病の名目で義両親宅に押し掛け同居。
    反対していた夫も義弟も、私が荷物を運び込んだら、一緒に同居してくれた。
    舅の威張る理由が「俺の稼いだ金」だったから(家と土地は姑の親の物だった)
    食費・光熱費は全額、私・夫・義弟が出した。
    その上で、舅の世話は完全拒否。
    4人でキャッキャッ盛り上がっていても、舅が来るとピタッと黙って完全無視。
    舅がいなくなったとたんまた盛り上がる。
    まるで中学生のイジメの様な事をした。
    そして姑をカウンセリングとセミナーに連れだし、徐々に洗脳をといた。
    何より、舅から姑を完全に守った。
    怒鳴られることも殴られることも無い日々が日常になり
    自分の考えを口にしても、嘲られることも罵倒されることも無い日々が続き
    ふっと憑き物が落ちたように姑が変わった。
    同居して2年経ち、初めて舅に話しかけた「お舅さん。いつ出ていってくれますか?」
    そのころには別人のように無気力な老人(まだ50代だったけど、70代に見えてた)の様になった舅は
    意味が分からなかったらしく、モゴモゴ言っていたが、居間で呼んでいた弁護士から
    今までの姑への暴力や悪意の遺棄、その他の慰謝料の請求書を示され、離婚を求められると、案外あっさり同意した。
    家は結婚前に姑が贈与された物で、夫婦の共有財産では無く、数年後に受け取る退職金の約半分と慰謝料で結構な額だった。

    つづく

    このページのトップヘ