バイト

    323 :可愛い奥様 2010/03/18(木) 14:33:20 ID:Q89S8s7o0
    もう17年も前のことだから時候と思いたい。
    そして自分の頭の中からも記憶を消したい過去。

    貧乏人なくせにそこしか受からなかったお嬢様大学(3流)でカツカツの生活をしていた私。
    仕送りがほとんどなかったため、バイトに明け暮れる毎日。
    もちろん贅沢な生活を満喫している同級生達と話が合うはずもない。
    とても孤独を感じていたある日、自炊の買出しをするため近所のスーパーに行く。
    それまでの人生で高級な牛肉というものを食べたことがなかった。
    牛肉といえばコマ、見たいな感覚しかなかったほど。。
    牛肉の陳列棚に目をやると最上段にはけた違いの高級和牛が。

    もうなぜそんなことをしてしまったのか、魔がさしたという言葉がこれほどぴったりくる瞬間ほかにない。
    小さめだけど分厚い塊のパックを自分のバッグの中に入れてしまった。それほど食べたい!とも
    思わなかったはずなのに。
    なんかものすごく冷静にほかの買い物をして、レジに並び、かごの中だけの商品分お金を払った。

    店を出たところで化粧の厚いおばさんに腕をそっと掴まれた。
    店員ではないようだったが、万引きGメンみたいなのと思った。
    小さい声で確かへらっと笑いながら<ごめんなさい、ゆるして‥>と言ったのを覚えている。
    それからすぐ近くに自分のアパートがあることを話したら
    おばさんは<そこで話しましょうか>とにこにこしている。そのままアパートへ。
    部屋に着くと急に泣けてきて謝りまくったが、ふとみるとおばさんは上半身ネ果。。
    意味がわからなかったが、気持ち悪くニヤッと笑ったおばさんは<ちょっと吸いなよ>と。

    乳首を震えながら吸った。そして私の股/間をまさぐりながらあえぎまくっているおばさん。
    あまりにショックだったからか、幽体離脱状態になっていた気がする。
    記憶も、自分とおばさんを見下ろして眺めている自分、という感じになっている。

    すぐに引っ越した。大学も辞めた。あの町には二度といっていないし、当時の知人もさっぱりいない。
    今は結婚して子どもも旦那もいるが、あのことは本当に誰にも話せない。
    肉は捨てた。
    長文駄文失礼しました。

    978 :名無しさん@HOME 2013/04/01(月) 15:20:21 0
    他の人に比べたらショボいけど投下。フェイクあり。

    大学生の時、キャンパス近くの個人経営のレストランでバイトしてた。
    小さい店で店長兼シェフ(以下店長)とその奥さんの他には、自分ともう一人のバイトの子だけで
    あとはたまーに店長の息子(中学生くらい?)が手伝いと称して皿洗ったりしてた。
    アットホームというか和気藹藹というか、のんびりした雰囲気でまかないも美味しくて
    いいバイト見つけられてよかったなあなんて思ってたんだが
    私が入って数ヶ月たった頃、もう一人のバイトの子Aさん(同じ大学だった)が休みがちになった。
    ある日親御さんと一緒にバイト先に来てて、その後店長から辞めることになったと聞かされた。
    その理由というのが、正直ハァ?って感じだったんだけど
    Aさんは霊感のある人だったそうで、このところその霊感が前にも増して強くなり
    精神的に弱ってきてしまって学校もバイトも続けられる状態ではなくなってしまったと。
    なんだそれ…マジ?と思ったけど、ふっくらした笑顔の明るい朗らかな子だったAさんが
    親御さんと挨拶に来ていた時には明らかにやつれて顔色も悪く、目も虚ろだったので
    霊感云々が本当かどうかはともかく、少しでも早く回復してくれればいいなあなんて思ってた。

    それからまた少し経って12月、年末年始は店自体休みだったので
    実家近くの短期バイトなどやりながら休みを満喫していたある日、奥さんから電話。
    急なことだが、ある事情で店をたたむことになってしまった、申し訳ない
    詳しく話せなくて悪いけどお給料はきちんと振り込むので後日確認してほしい、と。
    本当に急なことでびっくりしたけど、こちとら雇ってもらってるだけの学生バイトだし
    詳しいことを聞ける雰囲気でもなかったので、わかりましたお世話になりましたと答えて通話終了。

    続く

    107 :名無しの心子知らず 2011/11/07(月) 10:15:17 ID:ViTGA+iw
    報告者さんいらっしゃらないようですので、洗濯廻しつつ学生時代の思い出投下します。
    バブル崩壊後数年の古い昔話。フェイクあり。文才無くてごめんなさい。

    弁当屋でバイトしてて、近くの役所にお弁当10個配達しに行きました。
    廊下で、前を歩いてた子連れのママさんが幼稚園くらいの子供を抱き上げて、部屋の入り口ごとに釣ってあるマスコットを順番に盗るのを目撃。
    驚いて、弁当両手に持ったまま、一番近い部屋に駆け込んで
    「そ、そこでクマさんと、ゾウさん、持ってってます!」
    今ならなんと意味不明な言葉かと思いますが、奥の方にいた中年の職員さんがさっと出て行き、
    キリンに手を掛けてる子供に優しく話しかけ、返すように説得したのですが
    子供はイヤーイヤーだし、お母さんは逆ギレしてわめき、「こんなもの買うなんて税金泥棒!うちが使ってやる!」と全く話になりませんでした。
    その内近くの部屋からも職員が出て来て囲んでいる内に、警備員が到着して母子は連れて行かれました。
    弁当を注文したのは、最初に飛び込ん部屋の隣の部屋だったので、改めて配達。
    お礼に職員お姉さん達がチョコくれて(マスコットは自主的にお姉さん達が作ったらしい。初ゴディバ美味しかった。)、代金払ってくれながらちょっとおしゃべり。
    「本当にありがとう。でもあの人達、ここであんなことしたら犯情重いのに何を考えてるのかしらね。」
    「余罪もありそうだし起訴になるかもね。」
    「そうなったら担当検事は楽でしょうね。」
    「きっと弁護士が困るわよ。ここに謝罪には来たくないだろうな~。」

    その役所、家○裁○所だったんです。
    こんなとこでも泥って起きるんだな~と未だに忘れられません。

    628 :名無しさん@おーぷん 2017/09/12(火) 15:32:31 ID:lEr
    県トップの公立高校出身で国立工学部に通う発達障碍の妹がいる。妹の障碍が理由で両親が離婚して母子家庭。
    妹は頭は良いけどコミュ力ないからとバイト禁止。

    コミュ力ないとすれば、迷惑かけるからと妹に友達付き合いや部活や委員会を禁止して宿泊学習も先生と同じ部屋で寝させたからだと思う。さすがに高校は友達の部屋だったらしいけど。

    妹は今でも自分に障碍があることを知らない。
    母は妹がいじめられないように携帯をもたせていない、教授からのメールは母の携帯に来る。

    1人で出かけさせるのは徒歩10分の大型スーパーと美容院くらい。大学までは祖母が車で送迎してる。

    服も私のお下がり(サイズが全然合ってない)のみで靴は高校時代の指定ローファーと体育館シューズしか持ってない。

    それを合わせると、ピンクのワンピースに緑色のスニーカーとものすごいセンスの服になる。

    妹が服装のことで陰で変なあだ名をつけられていたことを最近知ったらしくて、「自分で服を買いたいからバイトしたい!私もかわいい靴ほしい!」とダダをこねた。母は困ってママ友(妹と同じ障碍の男の子と健常者の女の子がいる)に相談したら

    「お小遣いを増やした方が良いよ。親は先にタヒぬんだから、服も自分で買えるようになっておかなきゃ」と言われてお小遣いを月1000円から1万に上げることに決めたらしい。

    健常者の私や兄は「自分の小遣いと学費は自分で稼いでね」と上限ギリギリまでバイトをしてきたのに、一日中何もしないでゴロゴロしてる妹は障碍者だからって学費を払って貰える上に1万も貰えるのかって思う。

    母親の神経が分からない。
    多分、妹、普通にバイトできると思うんだけどな。

    73 :名無しさん@おーぷん 2015/11/09(月) 23:37:11 ID:VFY
    低身長ネタは嫌われるらしいけど愚痴らせて
    私の身長150ない
    バイト先は男忄生ばかり
    仕事内容で倉庫の棚植えから消耗品をとってきてとお願いされることがある
    男忄生は手を延ばせば届くんだけど、私は事務の椅子を持ってきただけじゃ届かない
    そこで一階にある管理室まで階段で行って小さいハシゴを借りて五階までまた階段で戻っておろしてまたハシゴを返してとしてた
    男忄生なら1分で終わることを私は10分以上かけてしてた
    他にもちょくちょく手が届かなくてハシゴが必要になることがあって、一回のバイトで最低一回はハシゴを借りに行ってた

    今日帰り際呼び出されて「正直雑務がまともにこなせないとは思わなかった、君みたいな普通じゃない子は迷惑なんだよね」と言われた
    要はクビ
    前からハシゴを買ってほしいとお願いしてたし、届かないことは伝えてたのに
    「自分からやめると思ったのに何バカ正直にハシゴ借りにいってるの?」と言われた
    仕事中はずっと身長のハンデをカバーしようとハシゴを借りに行ってたのに、それをバカだと言われてそこが一番傷ついた

    このページのトップヘ