ハゲ

    773 :名無しさん@HOME 2011/06/23(木) 14:12:35 0
    義実家に行く度ウトにネチネチ言われてうんざりしたので
    「うるせーハゲ」って言い返してしまった。
    周りは大爆笑!
    ハゲはウトの弱点だったみたいで、顔を真っ赤にしてどっかへ逃げた。
    トメさんから、もう我慢しなくていいから今みたいに言い返してやってと
    許可を得たので、今度からはもっと酷い事を言い返してやろうと思う。
    ちなみに
    ウト「太ったろう!」
    私「太ってません」
    ウト「いや、太った太った!すぐこ~んなデブになるたいw」
    この流れでのハゲ発言だったのでDQ返しとは思ってない。
    ウトはつるっぱげでは無く、年齢的に後頭部が非常に薄くなり、最近
    かなり気にしていた様子。
    少しは人の痛みを解れよハゲ。

    566 :名無しさん@おーぷん 2017/10/01(日) 22:09:11 ID:8BI
    友人達と遊びに行った時の写真で頭頂部がかなり薄いという事実を知ってしまった
    余りにもショックで散々悩んだ挙句、嫌がる嫁さんを無理矢理説得してスキンヘッドにしてみた
    風呂場で手伝ってもらいながらもつるつるにしてスッキリしたのはよかったんだが
    風呂から上がった後で5歳になる猫が人の顔を見るなり

    一瞬にして黒目ガン開き+尻尾垂直&総毛立ち

    尻尾って毛が逆立つと3~4倍の大きさに見えるのを初めて知りましたわ
    そのせいでしばらくは近寄ろうとすると後ずさって逃げて行くし、嫁さんには腹抱えて笑われるし
    以前動画で髭を剃ったパパを見た瞬間にギャン泣きした赤ちゃんの動画を観た事があったけど
    まさか自分も似た様な体験するとは思わなかった衝撃的事件でしたわ

    893 :おさかなくわえた名無しさん 2005/08/19(金) 20:04:26 ID:htJdzJoM
    大学生で禿げてる俺は一度だけ合コンに誘われた。
    イケメングループからメンバーが足りないから頼む!と言われたので仕方なしにだった。
    けれど、だんだんわくわくしてきて服を買いに行ったりモテ術の本を読んだりした。
    親に「俺今日合コンだから遅くなるよ!」というと親は「あんまり飲んじゃだめだよ」とうれしそうだった。
    当日、予定の場所に行くと誰もいない。イケメンに電話すると「もうみんな店にいるから早く来い」という
    遅れて登場も悪くない、と思いながら店に入ると地獄が待っていた。
    「うっそ~!!ほんとに禿げてる!!」
    「な?な?俺が言ったとおりだろ?」
    「うわ~キモイwww」
    俺は何が起こったのかわからなかったが、どうやら最初からネタにするつもりで呼んだようだった。そのうちイケメンの一人が俺にヘッドロックをかけ、
    「ほらこの頭見ろよ!すげー!!」
    とやってきたので俺は手でそれを振り払った。すると今度は
    「何本気できれてんだよ」「ハゲって最低」「空気嫁よ」
    俺はもう参加する気力も切れる気力もなく店を出た。誰も引き止めなかった。

    家に向かって歩いていると雨が降ってきてびしょぬれになった
    もう情けなくて情けなくて声もあげず泣いてた。
    家に入ると母親に向かって怒鳴った「お前のせいで禿げたんだぞ!!」
    母親も泣いた。俺も泣いた。

    927 :名無しさん@お腹いっぱい。 2018/03/12(月) 01:32:19 ID:N54e5plld.net
    嫌々出た土曜日の職場の研修会、気が重い役回りもあって憂鬱だったけどやっと終わって、明日は気楽な日曜だ!って思ってたら運営から皆さんお疲れさまでしたメールが来て、
    研修会の風景写真に写った俺の後頭部にショック受けて週末ずっとヘコんでる
    てかなんかいろいろ自分に全て自身なくなって軽く人生に絶望するな。

    516 :名無しさん@おーぷん 2017/11/24(金) 11:53:48 ID:yds
    うちの父方家系には、男は30歳になるとハゲ始めるという不思議なジンクスがある
    俺が生まれたのが父29歳のときだから、実際に30歳でハゲ始めたかどうかは見ていないが
    母親の証言によると、多少誇張はあるだろうが、30歳からいきなりつむじが広がったらしい
    父同様に父方祖父も30歳でハゲ始めたそうだ(父方祖母談)
    その祖父も、自分の親(俺の曾祖母)から
    「あんたの父さん(俺の曽祖父)は30歳になったとたんにハゲた。
    これは○家の男児の宿命だから覚悟しておけ」
    と小さい頃から言われていたそうで、冗談だと思っていたら本当に30歳になった年から
    周囲も引くほど急速につむじの面積が拡大していったらしい

    親父も祖父も、俺が物心ついたときには全体的に五厘刈り+後頭部ザビエルだった
    ともにいかつい顔立ちなのでスキンヘッドはその筋の人に見えるから職業柄NGそうで
    五厘刈りにして後頭部をごまかすのが、一番ダメージが少ない髪型らしい
    幼少期よりこの2人から「おまえもいつかこうなるんだ」と言われて戦々恐々としていた
    中学に入った年からは母親に頼み込んで姉と同じ美容室に通わせてもらうようになり
    小遣いをためては定期的にヘッドスパなんかもやってたw
    汗をかく部活は回避し、小学校の頃から万年図書委員を貫き通すという
    わりと涙ぐましい努力を成人後も続けていた

    その俺がついに30歳になった
    そして1年経過したが、まったくハゲなかった

    そのことが原因で父が母を「本当に俺の子か」となじり、母は母でなんとなく心当たりが
    あったようで「まさかあのときの・・・!」と口走ったせいで両親の離婚騒動に発展
    離婚裁判でも使えるくらいの精度を謳っている会社に依頼して2桁万円以上かけて
    俺と両親の親子関係を検査した
    結果的に、俺は両親と親子だと証明された

    だが父は30年前の母の不貞にショックを受け、母は不貞に走った原因が祖母の苛烈な
    嫁いびりと無関心な父にあったと主張して、夫婦関係が完全に冷め切ってしまった
    調停までしたがどういうわけか離婚は回避された
    なのに今でも家庭内別居状態で、両親から俺が原因だみたいな目で見られて
    ときには八つ当たりまでされて非常に居心地が悪いので、遠方に転職を決めて実家を出た
    彼女もできて結婚前提で同棲を始めて幸せだったが、最近になって彼女にそれとなく
    おしゃれなパッケージの、だが確実に育毛目的のシャンプーを勧められた
    ついにキてしまったということだろうが、どうせクるなら三十路の年にキてほしかった

    このページのトップヘ