トメ

    46 :名無しさん@おーぷん
    書き逃げ失礼。
    忘れもしない5年前。常日頃から「実家の掃除ぐらいしなさい」と言ってくださったトメさん。
    「昔のお母さんは朝早くから掃除に食事と頑張っていたのよ」と言ってくださったコトメさん(当時30歳、転職中という名のニート)。
    当時エネだった嫁子は吹っ切れてお掃除に参りました。でも嫁子は早寝早起きだから2時半にインターホン連打してみました。トメさんったら泣いて喜んでくれました。1時間かけて掃除しましたわ!
    最後に私の胸が大きくなるようにいっぱい揉んでくださったウトさんの位牌をア◯ックを真ん丸一つ使って洗ってみました!
    炊事も一生懸命しました。朝食はトメさんが教えてくれた2週間常温保存した肉のしょうが焼きと1ヵ月冷蔵庫に入れた野菜のキャベツを作ってあげました!臭さと戦いながらだったため1時間半もかかってしまいました。丁度朝食の時間でしたね!
    コトメさんには「アレルギーは食べれは治る」と言われたので、デザートにリンゴとアップルパイを用意しました。お二人とも食べてくれないので無理やり口に入れてあげたら泣いて喜んでくれました!お二人もそうやって私に食べさせてくれましたもんね。せめてもの恩返しですわ!
    帰る際にトメさんから「二度と敷居を跨ぐな!絶縁だ!」と言われたので夫さんが小学生時代に使っていたという金属バットで窓を割って出てきました。あの日は雨でしたけどトメさんは妊婦の私がいる中12月の夜に住んでるマンションの窓を割ってくれましたもんね。お腹の子は逝ってしまいました。

    夫さんはトメさんから電話で聞いてママンに謝れと言いましたが緑の神を見せたら絶縁してくれましたわ。でも3年前、携帯を肌身離さず持っていたので興信所に調査を依頼したら1週間に1度、ママンの家に行っているそうですね。片道3時間もかけて。残業だって言ってたのはあれでしたか。

    今では晴れて離婚しました。

    86 :名無しさん@おーぷん
    ※良い嫁キャンペーン終了のお知らせ

    三年前に結婚。入籍した同年に舅、病気によりタヒ去。姑が1人じゃ寂しいというので、同居。同時、新築のために土地を探していたが、姑がスネていたので仕方なくの同居。
    最初はいい姑だったけど、段々と本性を出して来た。じわじわと嫁いびりが始まったのは同居して半年くらいたったころかな。やたらと私を太ってる太ってると言う。(身長171、体重53キロ)
    姑曰く、50キロ以上は女として終わってるそうだ。当の本人は、身長154の体重42キロ。確かに痩せてるかもしれないけど、骨と皮みたいで老けて見える。
    「あなたはMサイズは入らないでしょう?」や、「でかいわねぇー」と言われるのが精神的にきつかった。食事も、「あなたは太ってるからドレッシングは、かけないほうがいいわよ!」と味のしないサラダを食べさせられた。
    そんなことが積み重なって、体重が50キロきってガリガリな見た目になった時に

    56 :名無しさん@おーぷん
    旦那の会社、週休二日制9時〜17時半の会社のはずだが
    結婚当初から週2日休んだことなど一度もなかった。
    毎年10月ぐらいから5月ぐらいまで超繁忙期でその間は月に1日休めるかどうか。
    朝は7時に家を出て帰ってくるのは0時前後。出張も多い。
    “報酬”はきちんと貰ってたのでブラックと呼べるのかどうか分からない。
    でも繁忙期はそんな感じだが、それ以外の時でも週2日休めるのは夏の間ぐらいで残業はすごく多かった。
    結果、銀婚式を迎える前に心を病んだ。
    何ヶ月も休職し、その後はリハビリみたいな感じで半日勤務から徐々に勤務時間を増やし一年後に又病んで休職。
    あんまり辛そうだったから「辞めてもいいよ」って言ったけど、なんとか定年までは勤めたいと頑張ってた。
    そのうち帰宅してからも会社の人から電話がかかってきて
    「○○の書類が見当たらないんですけど知りませんか?」とか言ってくる。
    そのたびに夫は「自分の担当外の書類には触らない。知らない」と答えるが
    電話を切ったあと、もしかしたら気付かずにどこかにやったのかもとクヨクヨしてる。
    そんなことが変に続いたのでオカシイなと思って、別の部署にいる友人(社内結婚だったので)に
    それとなく探りを入れて貰ったら、何かあるたびに病んでいる夫のせいにしてるみたい。
    それでカッとなって夫に「そんな会社辞めてしまえ」と言った。
    私も働いてるし、子供はもう就職してるし、あなたがこれまで頑張ってくれた蓄えで十分生活できるわい!
    夫は“定年まで”にずいぶん拘ってたけど、これまでの休日出勤を全部合わせたら、とうに定年まで働いてるわい!って。
    そして退職した。鬱は憑き物が落ちたみたいに回復した。
    もっと早くこうすれば良かった。

    456 :名無しさん@おーぷん
    私のぷち武勇伝
    トメがよくおすそ分けと称してクソまずい家庭菜園の野菜をよこしてきた
    育ちすぎて青臭くなり固くなって噛み切れない水菜やキャベツ他いろいろ
    育ちすぎて巨大化して味のない瓜類
    中身がスカスカor筋が入りまくった根菜類
    一番まずかったのがこれらの野菜
    他にもいろいろあったけど、何より困ったのが量
    一回で大根3本とか当たり前
    夏場はキュウリ10本、ナス20本とか一度に渡された
    毎日消費しても消費しても追いつくわけがなく、野菜をダメにすると「野菜料理してない」だ「私の気持ちを蔑ろにしてる」だ泣き落とし
    私は体質からコレステロール値が低く、医者からも肉を食えと言われてたのに、肉どころか魚を食べる余裕すらなかった
    野菜しか食べてないせいで栄養も偏りスタミナも減った
    旦那は気が向けば外食して帰ってくるので何度訴えても私の悩みは理解できないようだった

    ある時昼にちゃんこ鍋にして野菜を消費していた私は、我慢の限界で頭の中で何かが弾けた
    気づいたらスーパーにいて、浅漬の素やぬか漬けの糠など、漬物が作れるものを大量買い
    家に帰ってくるなり全部の野菜を適当に切り刻んで漬物の素にポイポイっと放り込んだ
    そこからは楽だった
    旦那の毎日の弁当を白飯&日替わり漬物に変更
    旦那の夕飯も白飯&野菜味噌汁&漬物
    冷蔵庫の中も漬物で埋め尽くして他に食べるものをなくした
    食費も食事の手間もなくなった
    一週間で旦那が「いつまで続くんだ、勘弁してくれ」と言ってきたので
    「お野菜がなくなるまでだよ」と答えた
    その日から旦那は漬物を食べまくり半月ほどで漬物はだいぶ消化された
    旦那は歓喜して「数日で漬物から開放される!」と喜んだが、そのタイミングでまたトメに野菜を押し付けられた
    私は大根×2、白菜×3、キャベツ×2、山芋×30、人参×10の漬物をつけて冷蔵庫に入れた
    仕事から帰ってきた旦那が冷蔵庫を開けて泣き出した
    扉を開いたまま、消えたはずの漬物の復活を見て、声もなくポロポロ涙を流していた
    旦那はその日、その漬物を持って実家に帰っていった
    それ以来我が家に野菜がくることはなくなった
    ちなみに私は子供の頃からお漬物が食べられなかったので、お漬物を作っている間は好きなものを好きなだけ食べて心を満たしていた
    45キロにまで落ち込んだ体重が一ヶ月で48キロまでもどったし、体力も戻った
    対して旦那は約一ヶ月の漬物生活でお通じが改善し、58キロから53キロになったようだ
    もともとモヤシだったのがよりモヤシらしくなり「俺をコ□す気か」と言われたけど
    「私はあなたの希望でパートだし、外食なんて贅沢できないから、トメが家庭菜園始めてからずっと野菜しか食べてないよ」と伝えたら項を垂れてた

    361 :名無しさん@HOME 2014/08/19(火) 09:05:01.18 0.net
    こんないい流れの時になんだけど・・・

    アポなしで凸が趣味?生きがい?と思われるトメ(ウトは単身赴任中)
    日中は私はパートで居ないため、夕食時に毎回やってきてご飯を食べていくが、
    必ずテンプレ的な文句を言うが全部食べて、おかわりまでしていく
    ある日、またテンプレ通りに「〜〜スーパーの惣菜のほうが美味しいわ」とか言いながら食べてるので、
    「それ、〜〜スーパーの惣菜と同じものですよ」って言ったら、
    「スーパーで惣菜買うなんて手抜きをして!ヨメというものは私みたいに節約上手じゃなきゃダメなのよ!」とか言い出した
    「・・・つまり、不味くても我慢して食べて節約してるってことですよね?ならうちはうちの食費を節約しますので、二度と食べないでください!」
    と言ったら、「そんなことを言ってるんじゃないの!スーパーで惣菜買うなんて手抜きがダメって言ってるの!とか言い出した

    そこで旦那が帰宅、するとトメが、
    「いくら自分が作る料理より〜〜スーパーのほうが美味しいからといって、節約もせずに惣菜を買ってきて手抜きをするなんてどういうヨメなの!」
    と旦那に言い出した
    旦那は一言
    「○○ちゃん、〜〜スーパーで惣菜作るパートしてて、そのスーパーの味は○○ちゃんの味なんだけど」

    トメしばらく呆然として、でも・・・とか・・・だからって・・・・とかブツブツ言ってたから、
    「スーパーと同じ味ですけど、社員割引で買った材料で作ってるから同じ味であって、買ったものじゃないですよ」
    と教えてあげた

    あれから3週間とても快適に暮らしております
    今年の盆は旦那が私の実家の方に行こうと言ってくれて快適でした(笑)
    そして、食費もずいぶん節約できてきて、家計簿を旦那に見せたら、もう作ってやらなくていいよって宣言してくれたので、万が一また来ても放置しておきます

    10 :名無しさん@HOME 2016/11/04(金) 16:55:46.56 0.net
    うちのトメが夫を逆レ○プしてたらしい、という話を聞いたこと
    同じ県に住んでるトメは「うちのムチュコタンは」「本当は私がムチュコタンと結婚してあげたいくらい」と子離れできない典型で散々いびられ疎遠
    ウトが入院したので夫と2人で見舞いに行った
    夫はウトと仲が良く、体調の悪いウトを見て思うところがあったようなので2人きりにするため病室を出たところで見舞いに来たトメと遭遇
    久々に会っても変わらないクソトメ節を聞かされ例の「私がムチュコタンと結婚してあげたかったわ!」が出たところでムカついたので
    「なんですか?近親相愛願望でもあるんですか?」と聞いたらなんとトメは「願望どころかムチュコタンの初めての相手は私なのよ!」とどや顔
    絶句していたら得意気に「中学の時に精通が来たのが嬉しくてまたがっちゃった」みたいなことを事細かにペラペラ
    我に返って黙らせようとしたところで病室にいたはずの夫がトメを突き飛ばした
    ウトが「そろそろトメが来る時間だから早く嫁子を連れて帰れ」と言われたので帰ろうとしたら話を聞いてしまったと後から聞いた
    「俺はそんなの知らない!変なことを吹き込むな!」と夫が言ったらトメは「本当よ!途中で白目剥いて気絶しちゃって最後まで出来なかったけど!」と発狂
    夫は顔が真っ青になって持ってた袋に吐いて吐いて倒れてしまった
    色々割愛するけど、中学の時のことはおそらく事実で、あまりのショックに夫はその時の記憶がなかったのではないか
    だがトメの話を聞いたことで記憶がフラッシュバックしてしまった、と心療内科で診断された
    ウトは何も知らなかったらしい
    これが5年くらい前のことなんだけど、今でも夫は夜中にうなされて飛び起きる
    私がしょうもない喧嘩を吹っ掛けたからこうなってしまったんだと後悔してるけど、謝ったら夫は「私に負担を負わせてしまった」と余計に気を病むような人なので何も言えない
    他人には言えないのでここで吐き出し。トメは正直早く地獄に落ちてほしい

    219 :名無しさん@HOME 2015/01/25(日) 17:14:01.22 0.net
    いつも冗談のつもりで思い切り引っぱたく殴る蹴るを繰り返すトメ
    拒絶しても旦那やウトが〆ても馬耳東風
    いつも「悪気はなくて〜☆」で叱っても叱ってもキョトンとして何が悪いのかわかってない模様
    旦那とウトと話し合ってトメと絶縁することと、ウトは次に何かあったらトメとは一緒に居られない、離婚するとまで決まっていた。私が殴られた時の診断書や音声を証拠にすると言っていた
    なので今日妊娠の報告に行った時やってしまった
    トメと二人きりになったときにやっぱりニヤニヤと嫌な笑顔を浮かべながら腹を殴りやがったのでさっとよけて瞬間的にトメの右頬にストレート決めてしまった
    そしたら心のタガが外れたのか今までのお返しとばかりに文字通りボコボコにしてたらトメの叫びや泣き声を聞いた旦那やウトが来て止められた
    「嫁に殺される!!離婚よ!離婚!こんな外れ嫁!石女!初めから反対だったのに!嫁に騙されてるわよっ皆!」
    旦那とウトは呆れた顔で「どうせ母さんがまた嫁子になんかしたんだろ〜1回くらいやり返されたって文句は言えないだろう」
    と、トメをほっといて私に「大丈夫?怪我してない?やっぱりトメとは絶縁しよう!」
    ウトも「母さん、次に嫁子さんに何かしたら離婚するって言ったよなぁ。やっぱり俺駄目だわ離婚したいよ。これ弁護士の名刺、これからは俺の連絡は全て弁護士を通してくれ」
    トメ泣き叫びながら「違うのよ〜っ!嫁子!誤解よね?ね!」って言っていたから無視して旦那と一緒でに家に帰って来ちゃった

    DQNな部分は旦那に内緒にしてたけど社会人になる前まで空手をしていたことと(トメを殴るときはかなり手加減をした)、本当はトメの攻撃は痛くないこと(痣はできるが)避けれるけどわざと証拠に殴られていたことです

    トメどうなるんだろうな〜wwwwww

    869 :名無しさん@おーぷん
    双子を妊娠したけど、子が大きくなりすぎて帝王切開になると報告してきた。
    「帝王切開なんて大げさだよなー!入院するったってみんな母親はやってんだよ?」
    って笑いながら言う旦那に向かって、
    「そうね、帝王切開なんて大したことないわ。あんたの腹を出しなさい。同じだけ裂いてやるから。
    大丈夫よ、女の人はみんなやってるしあんたの腹に子供はいないから引きずり出すものもないから軽いわよ」
    ってトメさんが真顔で刺身包丁持ってきた。
    最初は冗談かと思って笑ってた旦那も、真顔のトメさんにだんだん青くなってトメさんに謝ってた。
    「謝るのは私に向かってなの?嫁ちゃんにじゃないの?馬鹿なの?離婚案件にされたいの?」
    って言われて慌てて私に謝ってきた。
    トメさんに「ちょっとの間預かるから、ごめんなさいね嫁ちゃん」ってにっこり笑って帰宅を促されたので一人で帰ってきた。

    旦那にもやっとすることも多いけど、まだ好きだからトメさんに絞られればいいと思う。
    トメさん大好き。お土産もらったさつま揚げ美味しいです。

    このページのトップヘ