鬼女のつぶやき〜2ch鬼女・キチママ・生活まとめ〜

主に2ちゃんねるの鬼女関連のスレッドをまとめています。修羅場、恋愛・結婚、育児関連の記事が多めです。

    ツライ

    321 :名無しさん@おーぷん 2014/10/31(金) 15:32:47 ID:rxPzoBNSm
    『きつくない?』って聞かれたから『きついよ』って答えただけだったんだよ。
    腰や背中痛くなるしちょっと動けばお腹張るし、立ったり座ったり日常の何気ない動作でも本当にしんどくなるんだね。
    『いつもきつそうにしてるのわかってるけど、赤ちゃんが聞いてるんだからそういう事言っちゃ駄目。赤ちゃんいらないって事になっちゃうよ?』って言われて大号泣。
    きついのわかっててくれてた嬉しさと、そうじゃない??っていう悔しさと悲しさが一気に爆発したみたいだった。
    泣き終わったら案外けろっとしてたから、これがマタニティブルーなんだねぇ。これから何度もこういう事あると思うけど自分じゃどうしようもないからごめんね、よろしく。と謝っておいた。
    結婚、妊娠してから本当涙腺緩くなったなぁ。

    623 :名無しさん@おーぷん 2016/10/09(日) 15:35:32 ID:lKB
    旦那の勤務する会社では、有給休暇取得推進のため、夏休みや冬休みの他に、7日間のリフレッシュ休暇というのがある。
    今回の連休から合計12日間、旦那が家に毎日いるのだが、旦那の家事スキルが高すぎて息苦しい。
    旦那は「自分が休みの間は専業主夫やるよ」とやってくれている。

    料理をやらせれば、同じ材料でも、私の半分の時間で、私よりはるかに美味しい料理をつくる。
    ご飯なんか、同じ米に炊飯器なのに、こんなにも味が違うのかと思うほど美味しい。
    洗い物や後片付けは、レンジ台まで綺麗にしてくれる。私が1ヶ月に1度くらいしかやらない水切りカゴの消毒も既にやってくれている。

    洗濯物を畳むのも早い。底が薄くなった靴下は、穴が開く前に繕ってくれるし、ボタンも糸が伸びかけてるのは付け直してくれた。
    掃除は大掃除レベルでやってくれて、フローリングにもワックス。ベランダと玄関周りももデッキブラシでゴシゴシ。
    蛍光灯のペンダントも外してきれいにしてくれたから、部屋が明るい。洗濯機も冷蔵庫も丁寧に拭いてくれたから新品みたい。

    ありがとう。本当にありがとう。
    でもね、本当に申し訳ないんだけど、ここまでやられると、いかに自分がダメなのかと行動で主張されるようで辛いんだ。
    私もフルタイムで働いてるけど、旦那に年収は遥かに及ばない。
    なのに、家事スキルでも及ばないことをハッキリさせられると、自分の存在意義みたいなものが木っ端微塵にされたようで辛い。

    833 :名無しさん@おーぷん 2016/10/13(木) 20:22:19 ID:ia4
    祖父の具合が心配で祖母に電話したらたまたま毒(戸籍上父親にあたるが親とは思いたくもない)が来ていたらしく話す羽目になった。全身痛痒い。過呼吸起こさなかっただけマシと思うことにしよう…

    428 :名無しさん@おーぷん 2016/10/05(水) 23:19:09 ID:1tk
    太っていることがすごくつらい。
    152㎝で56㎏もある。
    食事制限(夕食抜き)+週2ジム通いなのに痩せるどころか体重が1㎏も増えてしまった。
    仕事が忙しくてこれ以上ジム通う日は増やせない。
    食べたくない、もう食べたくない。
    けどお腹は空くんだよね。誰もよろこばねぇよ。
    子どものときからデブで、あだ名はずっと豚かブス。
    先日も婚約者に浮氣されて結婚がダメになった。
    浮氣された理由は私が「ブスで太っているのでたたなくなった」から。
    このままだと一生結婚できないし新しい彼氏も一生できない。
    どうしたらいいのかわからない。

    575 :名無しさん@HOME 2012/06/14(木) 03:07:09 0
    なんというか、自分でも信じられない修羅場を迎えたよ。
    父は、私が3歳の頃に離婚。
    母は、私を虐侍したというが、残念ながら覚えてない。
    その後、新しい母を迎えるが、本当に良くしてくれた。
    本当の娘のように、私を育ててくれたし、感謝している。
    高校生になった頃、私はどうしても自分を捨てたという、生みの母に会いたかった。
    父にその話をしたら、案の定怒鳴られた。
    育ての母は、笑いながら
    「そりゃ会いたいよね、でも、あなたをいじめたって言うし、やめておいたほうが」
    と、やや否定的だった。

    そこで辞めておけば良かったんだけど、どうしても会いたい気持ちが収まらない。
    なんだろうなあ?
    別に、会ってどうこうってワケじゃないんだけど。
    今思っても、意味不明な感情だった。
    祖母に土下座して頼んでも、勿論生みの母の住所なんて教えてくれなかった。
    右往左往してたら、見かねた父の姉、叔母さんが教えてくれた。
    電話番号を手に入れたので、喜んでドキドキしながらかけてみた。
    女忄生が出たとたん、母だとなぜか確信し、
    「あの、○○(私の名前)ですが。」
    と名前を言ってみたら、向こうも
    「あ、ああ…本当かい?○○なの?」
    と、涙ぐむ声が。

    兎に角、会いたい気持ちを一心不乱に話、向こうの提案で、ファミレスで会うことに。

    このページのトップヘ