スカッ

    1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/04/14(木) 14:02:33
    こんなに違うのかよwwwwwwwwww

    740 :おさかなくわえた名無しさん 2011/12/11(日) 23:30:09 ID:T4nyK29d
    地方の中堅クラスの中高一貫校だったけど
    一匹狼で過ごしたために思い出らしいものが一つもなかった俺。
    ある日、派手で成績もいいスクールカースト最上位グループが
    学校から離れた店で集団万引き→店員を毆るという事後強盗事件をやらかした。
    けどグループの中心メンバー2人が地元有力者の子供だったから
    事件を楺み消し、他の生徒は一切知らないままだった。
    ところが数年後、大学入試でメンバー全員落ちた。
    滑り止めまで見事に滑り、教室で罵り合いの大喧嘩になったせいで
    他の生徒の知るところになり、むちゃくちゃな感じで卒業。

    受験校にタレ込んだのは、事件当日たまたま店にいて全てを目撃していた俺。
    店は卒業後1年もしない内に閉店。
    クソみたいな学校生活で唯一スカッとした瞬間だった。

    767 :名無しさん@おーぷん 2020/02/24(月) 15:38:45 ID:zLo
    家庭菜園で育てていて今か今かと収穫時期を待っていたじゃがいもが根こそぎ盗まれた
    犯人は不明だけど悔しくて悔しくて井戸端会議でこう愚痴ってみた
    「製薬会社に頼まれた農薬のテストで人間が食べられないくらいの毒忄生もったじゃがいもだけど大丈夫かな?子供だとタヒぬこともあるらしいから怖いな(全部嘘)」
    そしたら話聞いてた近所の奥さんの一人が真っ青になってて、その後子供連れて大急ぎで病院行ってた
    ちょっとすかっとした

    758 :名無しさん@HOME 2012/12/17(月) 02:58:15 0
    ウト父方の法事で、ウト実家に集まった時の事。
    色々仕切りたがる癖に、ちっとも働かずに酒ばかり飲んでるコトメが、
    新婚の従兄弟のお嫁さんに向かって、
    「良く、あんな薄給取りと結婚したね~w私には無理無理。」
    「年収は最低1千万円は無いとね~」
    これって私達が結婚する時も言ってた台詞。
    トメに〆られてメソメソ泣いてたくせに、まだ懲りてない。
    今度は従兄弟の反撃、
    「ブスでデブで無職のお前のどこに1千万の価値が?」
    「せめて手伝いでもすれば可愛げがあるけど、今だって座りっぱなしじゃんw」
    釣られて、周りの同年代の人達も、
    「○○(元アイドル)の旦那も年収1千万円無いんだって。」
    「え?じゃぁ○○と同等に思ってんの?」
    「うわぁ、それはあつかましいよコトメちゃん。」
    「逆に一千万円稼げても、嫁に欲しいって人、居ないんじゃない?」
    皆さん、普段から色々嫌な事を言われているみたいで、言いたい放題。
    叔母の一人が「気持ちは解るけど、言い過ぎ」って嗜めて場を収集したけど、
    あの時のコトメの顔を思い出しただけでせいせいする。
    ちなみにこれは5年前の話で、現在コトメは42歳。
    あれから法事には一回も顔を出していないので、毎回、和やかに過ごせている。

    689 :名無しさん@HOME 2012/12/17(月) 02:57:06 0
    書いてもいいのかな?書いちゃうが。

    忄生格が、というか相忄生?が全然合わないウトと私夫婦。
    ウト、自分の常識=絶対、自分が知らない事=嘘、酷いクチャラー
    トメ、明るく笑い上戸、人の嫌がる言葉は言いたくない→ウトにも言わない、注意もしない

    元々大人しい気弱な旦那は、子供の頃からウトに散々煽られ茶化され随分嫌な思いをしたようで、今でも「週末は親父だけしか家に居ないから実家には行かない」「親父と同居とかありえん」で助かっている。
    以前、ウトに「嫁子さんは嫁なんだからもっとわしを敬え」と言われた時に
    「嫁とかそういうの関係なく、おかしいとか納得出来ない時は言うことは言うので、私は。」
    と言い切りました。こう言えるのも旦那のおかげ。
    その旦那が結婚当初にウトに言ってくれた言葉。

    ウト「結婚したからにはうちのやり方に~」
    旦那「かーさんにも同じ事言って、うちのやり方とやらをやらせてから言えよ、なに?嫁いびりしたいの?」
    ウト「子供ができたら毎週うちに顔出せ」
    旦那「親父は自分の実家に俺を全然連れて行かなかったくせに。年1回も行ってないよ?自分がやらんかったのに息子にはさせるって虫がよくね?」

    このページのトップヘ