サイコパス

    906 :名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木) 14:29:09 ID:raw
    高校の時のクラスメイトの話
    見た目は優等生でイケメンスポーツマンなんだけど中身がサイコパスの虚言癖
    私はバカでとろいのに、昔から記憶力だけすごくよかった
    多分私が単純バカだから扱いやすくて好かれてたんだけど
    いつの日からか彼の話に矛盾が多すぎることに気づいた
    本人も覚えていないような些細なことが、私にとっては昨日のことのように思い出せてしまう
    嘘自体は本当に小さいことで、家の車のブランドだとか兄弟の学校とかなんだけど
    本当にいつも連れ回されていたので、この人はなんだかいつも違うことを言うなぁとぼんやり思っていた

    毎日一緒に帰ってたんだけどある日「ねえ、前違うこと言ってたきがする。今日の話とどっちが本当?」と聞いてしまった
    その瞬間みるみる顔が青ざめ、「違う!違う!ごめん!!」と急にうろたえて謝ってきた
    私も何が何だかわからず「どういうこと?何が違うの?」と聞いてしまった
    その瞬間うるせぇ!!!と急に本気で怒られ肩を掴まれ揺さぶられ、今日のことは誰にもいうなよと脅された
    高校生とはいえ異性の本気の怒号にびっくりして、怖くて走って逃げ帰った

    次の日から私、クラスで総スカン
    なんで?と思うけど 誰も相手にしてくれない
    そしたらクラスで親が893とか麻薬やってるとか言われて割と浮いてたハーフの女の子(ダレノガレに似てるから以下ノガレ)がいたんだけど
    その子が休み時間に近づいてきて
    「余計なお世話かもしれないけど、例の男子があんたの悪口散々言ってたよ。でもあたしは絶対ぜんぶ嘘だと思う」みたいなこと言われた
    どうしてそんなこと言うんだ?と本人に聞こうにも電話もメールもブロックされていた

    だんだんノガレと一緒に帰ったりご飯を食べる仲になったのだが
    ノガレ実際はクソ真面目で医学部目指してた
    家も行ったけど893どころかお嬢様で、単に嘘の噂で浮いてたことが判明
    ノガレ曰く、入学当初から興味ないのに例の男がしつこく言い寄ってきて
    はっきり断ったら次の日からクラスでハブられてたらしい
    その時復讐するんじゃなくて別の方法で絶対見返してやると思って勉強始めたそうな
    例の男に嫌われると先生にも嫌われるから学校の推薦は諦めたこと、でも一般受験は学校の評価全く関係ないからそっちで頑張ろうと思ったことを伝えられた
    この人カコイイ!と思い私も影響されて良い大学に入ろうと決意
    その後の学校生活は新しい友達はできなかったけどノガレのおかげでめちゃくちゃ楽しかったし
    まぁそんなこともあったよねって感じだった

    449 :名無しさん@おーぷん 2017/10/10(火) 12:45:56 ID:zcw
    1/2
    元彼が放置子だったけど、強烈だった。
    時間があればあるだけずーっと喋りっぱなし。
    攻撃すれば構ってもらえると思ったのか、人がいると興奮するのか、目の前でわざと正反対の行動をとって
    怒る私に得意気な顔で屁理屈こねて演説したり、ニヤニヤしながら騒いだり説教してきたり、とにかく喋り続ける。
    一緒にいても電話してても、接触している間はずっと私を実況中継しながら怒って喋り続ける。
    内容は「だからお前はダメなんだ!」をリピート。

    その癖、世話してもらいたがりで
    毎回元彼の家でお家デート、と言うより家事をさせられるお母さんごっこだった。
    電車とバスを駆使して片道4時間の距離なのに
    「寝る時に電気を消してほしいし、朝ごはんの匂いで起きたいから終電で帰らないで
    俺が寝てから夜中にスクーターで往復して」と懇願された時はゾッとしてしまった。

    もう1つ酷かったのが、自分は普通だと言わせる事。
    どっちの柄がいいとか、どっちのコップがいいかとか、何でもないような事に喜々とした顔して
    「まず、どっちが普通か決めよう!普通の人が言う事の方が正しいよね?俺は家族仲がいいよ、お前は?」
    家が家族仲が悪いと知った途端にこれ。

    246 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/09/09(土) 23:32:34 ID:5wrxT3K60.net
    「人のものを盗っちゃいけない」って思えないこと

    小さい頃から何度も万引きしてたし、大人になってからも化粧品はほぼ万引きで揃えてた
    高校生のときは体育祭の練習などで校舎が無人になるときに人の財布からお金盗りまくって(まだあまり貴重品を常に持ち歩く世の中じゃなかった)全校集会まで開かれたけどなんとも思わなかったし、
    私が集める担当だった部費をちょろまかしてマンガを買ってた

    大学生のときもしょっちゅうバイト先からお金抜いたり、同僚の財布から抜いたり
    社会人になってからも人のロッカーからお金盗んだり化粧品盗んだりしてた

    ちなみに何万も一気に盗ると被害者が声をあげて騒ぎになるので、被害者も「あれ、勘違いかな?」って思って誰にも言わないくらい少額しかやらないのがコツ
    例えば27000円持ってる人だと一万円札には手をつけずに2000円だけ盗るとかw

    最近はしてないけど特にきっかけがあって辞めたわけではない
    サイコパスかなと思うけど、なんとも思わないのは「盗む」ことに対してだけで、子供や動物に対しては可愛いとかかわいそうって気持ちは普通にあるし、グロイのとか痛いのは普通に嫌い

    105 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 00:54:41 ID:uJXfEMBP.net
    ああいう奴をサイコパスと言うのかと思った話。8年くらい前。

    後輩の面倒をすごくよくみてくれる先輩の家に呼ばれた。その先輩のおかげで
    就職が決まった人も多いし、みんなから慕われていた。当時、2歳の娘さんがいて、
    先輩は超親バカぶりを披露していた。

    ご馳走になった帰り、みんなで二次会に行ったとき、以前から奇妙な言動で顰蹙を
    買ってばかりのAが、満を持して発表!みたいな感じでしゃべり出した。

    「俺さっき、途中でトイレ行ってなかなか戻って来なかったじゃん?あのとき俺、
    何してたと思う?」

    嫌な予感がした。

    「先輩の部屋のパソコン見つけたから、子供の写真とか全部消してやったんだわww」

    何でこいつ、大笑いしてるんだろ?とまさにスレタイ。その後、示し合わせたわけでもなく、
    その場の全員でそいつを引きずり出して、先輩の家まで引きずって行った。話を聞いた先輩は
    「いいよ、気にするな」と言ってくれたけど、ショックだったろうな。

    杀殳人とか放火とか、極悪の罪じゃないけど、先輩に対してはそれに匹敵する罪だろうに、
    なんでああいう人間が生きてるんだろう?

    208 :名無しさん@おーぷん 2016/11/02(水) 23:58:01 ID:Lqm
    私は生まれてからしばらく、ひどい喘息で体が弱かった
    まだ言葉も話せなかった頃から、熱に浮かされ咳が止まらず、苦しくて泣いていた記憶がある
    私が3歳になったころ、母が妊娠してお腹がとても大きくなっていた
    そして8月の暑い日、母と私と買い物して帰っていた
    私はご機嫌でスキップして、母と手を繋いで歩いてた
    いつも降りている長い階段につき、母を見上げたら、次の瞬間が隣をふっとんだ
    母は私の手を離して、階段で転げ落ちてお腹の赤ちゃんが亡くなった
    私は声も出ず呆然とした
    感情がついていかなかったのを鮮明に覚えてる
    偶然その場に近所に住む3歳年上の女の子、たーちゃんがいて、たーちゃんがその時のできごとを見ていたと証言した
    たーちゃんは「あの子(私)がおばさん(母)を落とした」と話した
    母は意識不明で生タヒを彷徨い、周りは病弱で親に甘えてばかりの私が弟か妹に嫉妬して突き落としたんだと考えた
    私は周りから「お母さんを押したの?」と聞かれ、最初は解らないと答えていたけど、きつい口調で何度も何度も聞かれて、私が母をおして杀殳したんだと確信した
    母は三ヶ月ほどして目を覚ましたけど、意識は戻らなかった
    話しかけたら目を開く
    動くものを目で追う
    音がした方に反応する
    そんな基本的な反応はするけど、喋ることも、ましてや私を認識することもできなかった
    そのまま半年が過ぎ、一年が経過し、二年が経過し、三年目で母が目覚めたと聞いた
    聞いたというのは、私が母を突き落としたことで今で言うサイコパスというのか、そんな扱いを受けて、子供の情緒を育てる的な特殊な病院に行っていて、母に会わせてもらえなかった
    動かない母を杀殳すのは簡単だから私が母を杀殳すことを懸念されたのかもしれないし、母に会わせてショックを受けさせるのを防ぐためだったのかもしれない
    今となってはわからないけど、母とは意識が戻ったあともすぐには会えなかった
    手紙を書くことは許されたので、病院で色紙にクレヨンで手紙を書いた
    おかあさんごめんなさい
    おしてごめんなさい
    とごめんなさいばかりを書いた手紙だった
    そうして時が過ぎ、私の小学校入学が目前となり、普通の小学校は無理なんじゃないかと大人たちが話していた頃に車椅子に乗ってガリガリになった母が訪ねてきた
    母は私のことを見てワンワン泣いた
    何度も何度も無事で良かったとつぶやいた

    大きくなってから聞いたんだけど、母を突き落としたのは近所のたーちゃんだった
    母は誰かに後ろから押され、咄嗟の判断で私の手を離したらしい
    転がって落ちる過程で全てがスローモーションで見て、たーちゃんが手を突き出した状態で立っていたこと
    そのまま私の後ろに立ったので私まで突き落とされると思ったことを話してくれた
    たーちゃんは私が遠くに行ってから、家のハムスターを杀殳したりして問題行動を繰り返していたことを父から聞いた
    母の意識が戻ってからたーちゃんと話す機会を作ってたらしく、なんで押したのか聞いたら「押して転んだら中から何が出てくるのかなと思った」と言われた
    私が普通の学校に行ったのと入れ違いでたーちゃんが病院にかかるようになったらしい
    たーちゃんの親たちは私達親子を恨んでいて、一時期すごく嫌がらせをされた
    私はその時まだたーちゃんのことを知らなかったから、人を杀殳した私が天罰を受けてるんだと思って修羅場だった
    母もまさか私が母を落としたと思い込んでるなんて思わなくて、知ったときは言葉通り絶句して声もなく泣いた

    このページのトップヘ