コトメ

    67 :名無しさん@HOME 2014/05/10(土) 01:01:30.74 0.net
    コトメが仕事を始めて、通勤などになれていなかったり、仕事そのものになれないせいで遅くなったり残業したりすることがある。
    で、うちに不意に子供を預けて来るんだけど、可能な限りは預かってた。
    私が預かれないときは友達とかに預けていたみたい。
    無理という日は預けてこないし、お礼のお金もきちんと払ってくれてたしまあいいかなと思ってた。
    コトメ子はとてもいい子でうちの子とも仲良く遊んでくれるので、預かっていてもそんなに苦労はなかったってのもある。
    ある土曜日にコトメが休日出勤になったらしく、朝子供を預けに来たので夫とも話してから預かることにした。
    (コトメ夫はサービス業なので土日も仕事がある)
    休日に預かった時はうちの子を公園に連れ出す時に一緒に連れて行ったりして遊ばせる。
    でもその日は昼間は曇ってたけど昼過ぎから雨が降り、公園に行けなくなってしまった。
    田舎だから室内で遊べるところはそんなになく、その日はわが家でゲームして遊ぶことにした。
    ちょうど太鼓の達人のバチが付いたやつを買ったばかりだったのでみんなでそれをやりつつコトメのお迎えを待ってた。
    コトメ子はゲームというもの自体触るのが初めてだったらしく楽しそうに遊んでくれて私も安心してた。
    で、コトメが迎えに来た時もちょうど太鼓の達人をやってたんだけど、
    コトメは部屋に入ってきたとたん鬼の形相になった。

    「ぎゃああああゲームなんてやって!!! 人間がダメになるっ! 早くやめなさい」(ほぼこのまま)

    と大声で叫んでから、私と夫の方をぎろっと睨んでさらに
    「ゲームなんてやらせて、ひどすぎる。預けるんじゃなかった。どうしてくれるの。一生台無し!」と怒鳴る。
    なんかゲーム=人でなしがやるもの みたいな思想の持ち主だったらしい。
    夫が「預けといてその言いぐさは何だ」とか「そんなに嫌なら事前に言っとけ」とコトメをたしなめたんだけど
    「自分の兄が、ゲームなんて氾罪者の思考回路の人がやるものをやるバカだと思ってなかった」とかいって言い合いに。
    結局埒が明かなそうなのでとっととお帰りいただいた。
    その後夫経由でコトメ旦那に
    「二度とあずからない」旨を伝えたんだけど、コトメ夫からはひたすら謝られた。
    コトメとはその後会ってないし声も聴いてない。

    356 :名無しさん@HOME 2017/01/31(火) 00:33:10.50 0.net
    コトメ(義妹)が私達夫婦に娘のDNA検査しろってうるさい。
    拒否したら疑われる要素作るみたいで悔しいから、もうキットも頼んだけど、証明されても費用は負担しないらしい
    こちらもそれで縁は切るから費用は最悪どうでもいいやと思っているところに旦那に罵詈雑言のメール
    くそむかつく。ニートのアラサーなのに。

    46 :名無しさん@おーぷん
    書き逃げ失礼。
    忘れもしない5年前。常日頃から「実家の掃除ぐらいしなさい」と言ってくださったトメさん。
    「昔のお母さんは朝早くから掃除に食事と頑張っていたのよ」と言ってくださったコトメさん(当時30歳、転職中という名のニート)。
    当時エネだった嫁子は吹っ切れてお掃除に参りました。でも嫁子は早寝早起きだから2時半にインターホン連打してみました。トメさんったら泣いて喜んでくれました。1時間かけて掃除しましたわ!
    最後に私の胸が大きくなるようにいっぱい揉んでくださったウトさんの位牌をア◯ックを真ん丸一つ使って洗ってみました!
    炊事も一生懸命しました。朝食はトメさんが教えてくれた2週間常温保存した肉のしょうが焼きと1ヵ月冷蔵庫に入れた野菜のキャベツを作ってあげました!臭さと戦いながらだったため1時間半もかかってしまいました。丁度朝食の時間でしたね!
    コトメさんには「アレルギーは食べれは治る」と言われたので、デザートにリンゴとアップルパイを用意しました。お二人とも食べてくれないので無理やり口に入れてあげたら泣いて喜んでくれました!お二人もそうやって私に食べさせてくれましたもんね。せめてもの恩返しですわ!
    帰る際にトメさんから「二度と敷居を跨ぐな!絶縁だ!」と言われたので夫さんが小学生時代に使っていたという金属バットで窓を割って出てきました。あの日は雨でしたけどトメさんは妊婦の私がいる中12月の夜に住んでるマンションの窓を割ってくれましたもんね。お腹の子は逝ってしまいました。

    夫さんはトメさんから電話で聞いてママンに謝れと言いましたが緑の神を見せたら絶縁してくれましたわ。でも3年前、携帯を肌身離さず持っていたので興信所に調査を依頼したら1週間に1度、ママンの家に行っているそうですね。片道3時間もかけて。残業だって言ってたのはあれでしたか。

    今では晴れて離婚しました。

    537 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 17:41:54.71 ID:WB5KzGBq.net
    小姑が腎臓2個ともやられて完全に腎不全になった。
    「もし適合するようならお前の腎臓を妹(小姑)にくれんか?」と夫に言われた。
    その時は「うん、わかった」と承諾したが、自分の腎臓を摘出される場面を想像したり
    もし摘出後に今度は自分の残りの腎臓が悪くなったらもう後が無いじゃんとか
    考えたら後からジワジワ恐怖感が湧いて「ごめん!やっぱり怖い!」と
    適合検査の協力願いの話を拒絶してしまった・・・
    小姑や夫や姑は私の薄情さを責めるようなことは一切無かったが
    透析生活になった小姑には当然ながらずっとすまなさと疚しさがあった。

    しかし後々になって気付いたら、小姑が腎不全になって以来
    夫や姑自身は適合検査なんて全くしてないんだよね。
    腎臓移植なんて成功の可能性が一番高いのは当然血を分けた親族。
    それでダメなら他のドナーを探すのがまぁ普通だろう。
    なのに、夫と姑は自分の腎臓を本気で提供する気はなかったのか
    検査すらしてみずに、私には「腎臓クレ」と気軽によく頼めたなぁ・・・

    このページのトップヘ