コトメ

    226 :名無しさん@HOME 2010/11/09(火) 11:41:32 0
    ウトメは全然そんな事ないけど、コトメが学歴厨。
    とは言っても本人はマーチなんだけど、現役合格が大の自慢。
    私は地方公立で、コトメに「そんな大学しらなーーいpgr」されたが、
    「コトメ大学と私大学ってレベルは全然変わんないよ?」と逆にpgrしかえしてやった。
    そしたら
    「コトメ大学は全国的に有名な大学だから倍率から何から違うから!!」
    と怒鳴り返してきたけど、それ以来私には何も言ってはこない。
    その代わり、高卒の義弟嫁にネチネチ絡むようになった。
    他の人(義弟とか義両親とか)がいる所で言うと、フルボッコにされるので
    義弟嫁が一人、もしくは私と一緒の時にしか言ってこない。
    その言い方ってのが
    「やっぱ…大学って人生で一番いろんな知識を入れて行く場所だから…
    そこに…行ってない人…って…何て言うか…話も合わないって言うか…
    知識レベルが違い…すぎ?ると?ちょっと…ねえ…」
    みたいな「……」がたっぷり入る感じのいや~~~な言い方。
    聞いてると本気でイラつくんだけど、
    私も義弟嫁も、まあ遠距離なんでたまの事だからと無視してた。
    そしてこの春、なんと義弟嫁が大学合格。
    しかもいわゆる旧帝大!
    破裂しそうなほどカッカしてるコトメに、義弟が
    「義弟嫁子の方がずっと、なんだお前の好きな言葉、
    ああ、知識レベル!知識レベル!レーヴェール!あれがずーーーっと高いんだよな!
    そりゃ今まで話もかみ合わなかった訳だな!!」と爆笑。
    そして今年卒業のコトメは無事就職浪人しそうな勢いだ。
    先日の法事で会ったんだけど、コトメはこっちを見ようともしないw
    おまけに親戚が皆で義弟嫁の「知識レヴェル」の高さをほめたたえたので
    コトメは部屋にこもってしまったw
    義両親が義弟に学費の援助を申し出たが、
    「俺の甲斐性でやりたいから」と断っていた。
    元々義弟嫁は高校で親御さんを亡くして、お姉さんとお兄さんに学費を出してもらってたそうだ。
    なんかどっちもかっこいいな、って思ってスカッとした。

    963 :名無しさん@HOME 2011/12/13(火) 14:10:36 0
    義祖母の法事帰りに、義理親族一同と食事に行った。
    なんとなく世代ごとに席が分かれて、私夫婦、コトメ、義理従兄弟夫婦×2、義理従姉が同じテーブルに。
    生演奏が入るお店で、テーブルにはその日の演奏者のフライヤーが置いてあった。
    私でも名前知ってるようなコンテストで入賞し、有名会社からCDを出していた。
    今月の演奏予定もついていて、ほぼ連日ライブハウスやレストランで演奏しているようだった。
    それを見たコトメが「有名コンテスト出ても落ちぶれるのねー。
    こんな場末のレストランで演奏とか笑っちゃうよね。
    ドサ回りするくらいならやめればいいのに」
    など、大声で馬鹿にしながら読んでいた。
    演奏者さんに聞こえそうで、たしなめようとしたら、それより早く、義理従姉さんが。
    「でも、演奏だけで生活してるんだから凄いよね。
    ほぼ毎日仕事入ってるじゃん、この人。
    インディーズで結構売れてるバンドでもバイト生活珍しくないのに。
    やっぱ生活できてこそプロってもんよね。
    カッコつけててもバイト生活じゃ自称ミュージシャン、実態はフリーターだもんねー」
    自称小説家、受賞歴あり、雑誌に作品が載ったこと4回、本は1冊も出したことなく。
    売れっ子になって急に辞めたら迷惑だし、と就職せず実家依存のバイト生活。
    最後に雑誌に載ったのは数年前で、以後同人誌だけ参加している。
    そんなコトメがぷるぷるしてた。


    701 :1/6 2007/11/01(木) 13:14:40 0
    別れたエネ夫のオワタ\(^o^)/のお知らせが届いたので、皆様にお裾分け。
    長いです、食後のデザートにどうぞー。

    元旦那は、始めはエネ夫ではありませんでした。
    4人兄弟の次男の元旦那、始めは普通に暮らしていました。(別居)
    大企業に勤めていた長男がリストラされ、実家に帰りニートになった事で
    元旦那のエネミースイッチは入ってしまったようでした。
    家庭板では、見かける事があると思われる、次男はっちゃけ病を発症。
    ウトメは、典型的な長男教で、田舎の古いしきたりに命をかけている人たち。
    なので、仕事を持つ女・3年たっても子供を産まない女・同居して親孝行
    しない女の田舎的の3点セットの私は、悪そのものでいつもネチネチと
    嫌味やら小ざかしいトラップを仕掛けられたりしていた。
    エネ発症までは、ウトメに対してちゃんと対応はしてくれていた元旦那。
    長男がニートになった途端、「俺が頑張らなくては!」とウトメ側についた。
    「母さんの言う事を聞いていれば間違いない」
    「父さんはお前の事を思って言ってくれてる」
    「なんとか、上手くやってくれよ。これからは家族として一致団結しなくては。」
    こんなことをよく言われました。

    そして、今まで貯めていたマイホーム資金を親孝行・兄弟孝行の名のもとに
    湯水のように使っていくアホ元旦那、しかも私になんの話もなく事後報告で済ます。
    ウトメへの旅行代、コトメ1への彼氏との海外旅行代、コトメ2への車購入代、
    その他細かいの諸々やられて、最初は話し合いをしようとしていたけど、無理だった。
    しかも、元旦那の姑息な所が、ウトメ・コトメには金を出す事をおしまないけど
    兄の長男には、一切買わない・出さない・話もしない・・・。
    そんな状況だから、ウトメ・コトメは、長男をないがしろにし空気化、
    元旦那に賞賛を浴びせ放題と元旦那の思惑通りの展開に。
    私が止めると、「だって長男は役立たずだからいいの」とスルー。
    ますます図に乗る元旦那、金を出せ出せがエスカレートする義理実家。
    (当時、義理実家には毎月8万仕送りしてました。ええ、私の給料から。)

    949 :名無しさん@HOME 2010/12/22(水) 17:27:15 0
    コトメが無神経で自己中なので、義実家に行く度に嫌みを言われる。
    (ちなみにコトメは彼氏居ない暦=年齢の30代)
    ウトメ、夫、義兄の前では大人しいが、台所に立った時など、目の届かない
    場所で、私と義兄嫁さんにネチネチ。
    先日、義実家に集まった時に、コトメの嫌み攻撃が始まった。
    私はいつものように、あ~はいはい。とスルーしてたが、突然
    「うっせぇんだよてめぇ。ネチネチネチネチと鬱陶しいんだよ」
    と凄みのある静かな声が聞こえた。
    声の主は義兄嫁さんだったが、普段穏やかな義兄嫁さんの声とは思えず
    コトメも私も固まった。
    「おめぇだよ。この糞小姑。」
    と、とても澄み切った表情で発言なさった。怖かった。
    コトメは恐怖で固まっていたが、その後自室にこもったらしく、居間には
    やってこなかった。多分永遠に来れないだろう。
    ウトメに「またコトメが何か悪さしたのか?」と聞かれたが、義兄嫁さんが
    聞こえない振りしてたので、私も「さぁ、気分でも悪いんでしょうか」と
    とぼけておいた。
    奇麗な人が汚い言葉で罵倒すると、怖いんだな。
    今までコトメの嫌みが鬱陶しいだけで全然怖くなかった理由が解った。

    259 :名無しさん@HOME 2014/10/01(水) 13:09:31 0.net
    小さい事だけど、愚痴吐きに来ました。
    うちの義兄嫁の口癖は、「次男嫁(私)さんって、アレよね~」
    (まるで私が痛い人、みたいな馬鹿にした言い方)
    しかも私が何かやらかした時に言う訳でなく、ウトメやコトメ達と普通に
    世間話している時に、ちょくちょくこの台詞が出て来る。
    トメ「連休はどこか行くの?」
    私「○○方面へドライブする予定です。」
    義兄嫁「ほ~んと次男嫁さんって、アレよね~」
    トメ&私「???」
    って感じ。
    先日、私以上にこの台詞が気になっているというコトメが、義兄嫁の口から
    出た瞬間、やや被せ気味に、
    「ねぇねぇ!いつも次男嫁さんってアレね~っていうけど、どういう意味?」
    と軽く問いつめたら、義兄嫁はビックリして
    「私そんな事言ってませんよ。それ、次男嫁さんの口癖じゃないの?」
    ...私もコトメも凍り付いたよ。
    その場でコトメが「次男嫁さんはそんな事言わないよ」ってフォローして
    くれたけど、義兄嫁は「そう?ふ~ん」って感じで、何か怖かった。
    しかもその直後にまた、「次男嫁さんってア...あ?あぁ」って途中で
    気がついてフェードアウト。
    コトメが吹き出したので、顔を真っ赤にして「何よ!?」って怒ってた。

    義兄嫁が私の事を皆の前で貶めたくて、無意識に口にしているとは思うんだけど、
    何か恨まれるような事をした覚えはないだよね。

    このページのトップヘ