ゲイ

    559 :名無しさん@HOME 2013/10/06(日) 05:14:42 0
    母39才、兄21才、私17才、父46才。

    兄「実は僕、男の人が好きなんです」
    私「!?」
    父「!?」
    母「そんなことより私、3人目できたんだけど」
    父「!!」
    兄「!?」
    私「!?!?」

    209 :おさかなくわえた名無しさん 2004/12/08(水) 05:15:00 ID:H51FAH7h
    俺ゲイなんだけど、社会人一年目のときの冬の飲み会で、酔っ払って
    同期のかわいい男のひざに頭乗っけて好きだって言ってしまった。
    うわさはたちどころに広まっていづらくなった。でも言われた本人は
    普通に接してくれる。まんざらでもないってことなんだろうか。

    28 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/04/13(木) 20:58:55 r.net
    旦那の妹が好きで、でも付き合えないから旦那と付き合って結婚した事
    旦那妹の就職先がうちから近かったから、言葉巧みに同居に持ち込んだ
    今義姉として側に居られて幸せ
    どさくさでたまに一緒にお風呂入れるしw
    ちなみに旦那はゲイで、私の気持ちには気付いてるみたいだけど自分は男の愛人いるからか何も言わない
    旦那妹はたぶんノンケだけど、兄がゲイなのは知ってる
    私には女の愛人がいると思ってるみたいで安心?してるのか色々無防備でウマーw

    711 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/07/25(火) 22:18:00
    黒さは薄いけど誰にも言えないこと
    ゲイの旦那とネットで知り合い、夜の生活は無し・お互い欲求のあるときは外で処理してよいという約束で友情結婚した
    私は30過ぎて周りからのプレッシャーに疲れていてヘトヘトで、逃げの結婚だった
    私は年々忄生欲がなくなってきてたから丁度よかったし、ヤキモチを妬いたり妬かれたりも面倒くさいから愛してない相手との方が気楽だった
    お義母さん(トメ)だけは、息子がカミングアウトしたのでゲイだと知っていて、息子が連れて来るはずのなかった嫁が来た!と大歓迎してくれた。直接旦那のセクシャルについての話はしたことないけど、とても大切にしてくれてる
    ゲイだということは置いといても、旦那は人間的に好きじゃない。ネチネチして忄生格が悪い。でも、お義母さんは好きだ
    心配していた実母を安心させられたし、行き遅れ三十路を脱出できたから目的は達成した。ただ、たまにタヒにたくなる

    281 :名無しさん@おーぷん 2014/10/27(月) 11:14:03 ID:J7LjX2Vyw
    お見合いで結婚する事になって式場の予約しに行った日の夜に婚約者から、
    「実は僕はゲイなんだ。カモフラージュで君と結婚しようと思ったけど担当者さん(結婚式場のね)に一目惚れしてしまった。彼に僕が偽りの結婚をする姿を見せたくないから今回の話はなかった事にしてくれ。」ってカミングアウトされ話し合いの結果慰謝料をもらって婚約破棄、後日彼が式場のキャンセルに行った時に担当者さんに告白し、なんとまさかのおkをもらったらしい。
    この報告メールを最後に連絡は途絶えたんだけど、数か月後に私宛の手紙が実家に届いたがその内容が、
    「彼が実は既婚者で奥さんが僕との関係を疑ってるらしい。だから僕さんの婚約者です、僕さんとご主人は変な関係じゃありません。って言ってほしい。奥さんの携帯の番号です。」だって。
    知らねーよと放置してたらさらに数か月後に婚約者両親が凸ってきた。
    お見合いをさせていいとこのお嬢さんと縁談がまとまりそうだったのに婚約者彼奥がどうやって調べたのか、お見合い相手に婚約者とご主人の浮気を暴露して破談になったそうだ。
    男性と付き合ってた事に驚いて婚約者両親が婚約者に話をしたら、
    「その対策は私ちゃんにお願いした!私ちゃんが約束通り奥さんに説明してくれてると思ってたのに!そしたらこんな事にはならなかったのに!」と言うので来たと。
    「約束したなら守ってよ!出来ない約束ならするな!」って怒鳴られたから、
    「約束してないから守るものもない。てかもう私は関係無い人間なんだからもう巻き込むな。これ以上迷惑かけられるなら警察に行く。」と言ってからは手紙も凸もなくなって平和になった。
    お見合いは見る目がある人が選択出来る方法なんだね。
    私みたいなのはお見合いしちゃダメだと学習したからこれ以降はお見合いはしてない。
    地道に恋愛結婚を目指す。
    出来なければご縁が無いもんなんだなと諦める事にするよ。

    このページのトップヘ