クッキー

    774 :名無しさん@おーぷん 2018/04/10(火) 22:21:35 ID:Vbq
    職場の先輩が手作りのお菓子をくれた。
    ナッツ入りのクッキーだったけどとても美味しかった。
    スッゴいザックザクなの。
    歯応えが良くて、パサパサじゃなくてザクザク。
    手作りクッキーって時間が経つとシナシナになりやすいのに、ザックザク!
    甘さ控え目で香ばしくて、スゴく好きな味だった。
    市販のお菓子にはないザクザク感。
    私もたまに焼き菓子は作るけど、あんなにザックザクにはならない。
    コーンスターチだろうか。加熱温度だろうか。粉の種類だろうか。
    ゲシュタルト崩壊するくらい感想がザックザク。
    また作って欲しい。

    796 :名無しさん@おーぷん 2018/02/26(月) 05:36:45 ID:iCI
    愚痴書く
    職場にある食堂のテーブルで朝飯代わりのクッキー食ってたら、こっちまでわざわざ歩み寄り
    「あのっさ、いつもみんなにお世話になってるんだから、そういうの持ってきたら皆に(※恐らく自分含めてと思われる)「どうですか?」って配らないと」
    とタッパーに詰めてきた5枚しかない私のクッキーをカツアゲしようとするBBA
    私「えっ……アハハー、これ朝食代わりなんでs」
    「それでもっさあ…」
    とか言いながらフェードアウトしてったBBA
    球体デブのBBA
    それに対して私はBMI16

    お前デブお前私をコ□す気か?
    カ□リー取らなきゃタヒぬんだよこっちは
    食いたくもない取りたくもない食事を必タヒに摂ってんだよこっちは
    お前私を飢えタヒにさせる気か?
    デブのくせにそれ以上食ってどうすんだおい?

    という事が2回もあると、「老害」「デブは生きてるだけで害悪」「お菓子シェア強要BBA」「お菓子893」という言葉が脳裏をよぎる
    お菓子シェアという女特有の文化が憎い
    お菓子を持ってるとみんなに配らなければならないという同調圧力が憎い
    菓子くらい好きに食わせろ
    私からカ□リーを奪うな
    お菓子を持つ者はお菓子を持たざる者に分け与えよってか?ここは教会か?
    だとすりゃ金持ちによる1億の寄付より寡婦の1万円の寄付の方が重いっていうだろうが
    旦那に養ってもらってるデブBBAとは違うんだぞ
    なけなしの金で買ってるクッキーなんだぞ
    オ゛ア゛アアア!

    以上愚痴

    9 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 12:38:10 ID:9l6L/Mjy.net
    俺の親友はひどいアレルギー持ちでアナフィラキシーを起こした時に使う薬を鞄に入れて持ち歩いてた
    親友からは「アナフィラキシー起こすと血圧急激に下がって目が見えなくなるから、自分じゃ薬が打てないんだ」と言われてて、薬の練習用キットで俺も使えるようにしてた
    大学のサークルでも普段いるメンバーにアレルギーのことと薬のことは話してた

    ある日サークル室に行くと、親友が机に突っ伏して寝てた
    あれ?こいつこんなだらしない格好で寝るやつだっけ?と思って一緒に部屋にいたA子に「こいついつから寝てんの?」と聞いてみた
    そしたら「何かおやつ食べたら寝だしたよー」と
    おやつ?
    嫌な予感がして何食べたか聞いてみたら、A子が鞄からごそごそとクッキーを取り出した
    「これ、私の手作り持ってきたんだけど食べる?」
    「それ、落花生入ってないよな?」
    「入ってないよ」
    「他何使った」
    「何って、普通のクッキーと同じだよ?なんかその言い方失礼じゃない?」
    「それだけ?」
    「なんで?」
    「原料解っててこいつのアレルゲン入ってないの確認して食わせたんだよな?」
    「・・・クッキーのもと使ったから間違えて入れたりもしない!変なものなんか使ってない!」
    「親友になんて説明した?」
    「一つ一つ手作りでアレルゲン取り除いたクッキーだって」
    「はぁぁぁぁ!?できあいの粉使ってんのにねーよ!」
    喋りながら親友の体譲ったりしたが、やはり寝てるんじゃなくて意識がなかった
    薬とってくる間に救急車呼んどけと言ったら、俺がロッカーに荷物とりに行く間にA子バックレてた・・・

    意識取り戻した親友に聞いたら「普通のクッキーと同じっていうから、薄力粉と砂糖と牛乳とバターだけ?って確認して、うんって答えたから食べた」
    A子、できあいの粉だと説明してなかった

    このページのトップヘ