キチガイ

    769 :名無しさん@おーぷん 2016/06/29(水) 20:43:14 ID:QKa
    自分の姉がスレタイ。
    姉は事務仕事をしてる。
    人間関係は概ね良好、お給料は平均だけどホワイト。
    そんな職場で働いている姉が退職しようとしてる。
    なんでも、仕事の休憩時間に同僚二人と外食したと。
    そこで姉は焼きそばを食べたらしいんだけど
    休憩が終わって会社に帰還→仕事→一段落したので同僚と談笑→
    同僚♀「歯に青のりついてるよ」と姉に教える→姉号泣
    青のりは焼きそばにかかっていたもの。
    号泣した理由は「私を笑い者にした。ヒドイ!」
    同僚♀は笑いながらも姉にだけ聞こえるように教えてくれたらしい。
    それでも姉は「絶対他の人に話したに決まってる!」
    「皆で笑い者にするなんて!これはイジメ!もう仕事辞める!」
    と言って聞かない。父も母も説得したり怒ったりしたけど無駄。
    一応まだ出社はしてる。
    だけど職場で号泣したことにより腫れ物扱いされてるらしい。
    本人はそれも「イジメだ!」と騒いでる。

    確かに歯に青のりついてるのを指摘されるのは恥ずかしい。
    でも自分で鏡見るなりして気付けなかったの?
    コッソリ教えてくれた同僚♀さんに感謝どころかイジメっ子扱い?
    青のり指摘されたくらいで会社で号泣するものか?
    我が姉ながらまったく理解できない。
    家ではジャイアンみたいな忄生格だけど外じゃおとなしいキャラなのか?
    姉は今社長に社内イジメをバラしてやる!と言ってなんか資料作ってる。

    498 :名無しさん@おーぷん 2016/12/04(日) 15:39:42 ID:r7D
    しょぼい修羅場だけど、3年くらい前に頭のおかしい大学生とその親と大喧嘩したわ
    祖父が大家の学生アパートで簡単な管理人やりながら住んでるんだけど、その年の夏に入ってきた大学生がとにかく頭がおかしかったんよ
    朝の5時に大笑い始める、休日に友達を呼んで4時まで騒ぐ、オートロックの電源勝手に切って放置する
    極めつけに地域のゴミ捨て場がすぐ横にあるんだけど、そこにめがけて4階からゴミ袋を投げるっていうね…
    当然他の入居者やご近所さんから苦情が来るんでとりあえず本人の部屋に行くんだけど、今までギャーギャー騒いでたのにインターホン鳴らすと急にシーンとして無視
    何度も何度も鳴らしてドアポストに苦情の手紙入れて部屋に戻ったらいきなり友達連中と大爆笑
    んで今度は電話で連絡するも完全無視、4回目で着信拒否設定された

    あんまりなので親に「出て行ってもらいます」と連絡すると両親がわざわざ県外から来て、お灸据えてくれるのかな?と思ったらうちの祖父と俺に向かって、

    「学生が騒ぐのは当たり前でしょ?あんた学生の時に同じことしただろ」

    と、真顔で言い放った

    祖父が「今までこんなにうるさい学生さんはいなかった、近所からも苦情が来ているし他の入居者からも苦情が来てる」と伝えたがまったく話を聞かない
    あまつさえ両親が味方について増長した学生が「家賃高い癖に防音が悪い」とか「エレベーターないとかありえない」とか言い出したからオレもキレた
    「お前がうるせぇのはお前の頭の問題だろうが」って言ったら向こうの親父にいきなり毆りかかられた
    曰く入居してやってるのに何様だとか、誰の息子に口きいてんだとか喚いてた
    祖父に警察を呼ぶようにいってオレの部屋に行かせたら後を追いかけようとしたから喉輪绞めで壁に叩きつけた
    息子も母親も棒立ち、親父だけが顔真っ赤にして咽てたけど気にせずそのまま持ち上げるように力入れたら足が浮いた
    電話しながら祖父がタヒぬからやめとけ!って止めるからやめたけど、この親父何をとち狂ったのか階段に備え付けてあった消火器を投げつけやがった
    当たったのがこめかみの所で一瞬クラっと揺れたけどそのまま体重差で上乗りに組み伏せてまた喉輪決めたらギャーギャーわめきだした
    「オレは〇〇と知り合いだぞ!」とか「地元でオレに手ぇだしたらどうなるかしってんのか!」とか言ってたから「〇〇が誰か知らんけど、お前その名前だしたんやから覚悟せぇよ?」って言ったら黙った

    結局警察が来て事情聴取してもらって、警察署へ引っ張ってもらって、勝手に停めてた車も知り合いのレッカー屋に頼んで警察署に持って行ってもらった
    問題はそのあとで、血が出てたから祖父に病院へ連れて行ってもらって診てもらったら、あと数ミリずれてたら失明でしたねって言われて修羅場った…
    実際そのおっさん地元では旧車会?とかなんとかそんなのに入ってる奴らしくて、クソみたいな知り合いが沢山いるらしいっていうのも警察から聞いた
    学生の方はカッチリお灸を据えてお前とお前の親父名義で訴えるからなって言ったらそそくさ退去したけど、祖父が周りのアパート持ちの知り合い連中に連絡したからどこも入居させてもらえなかったみたいやなぁ

    翌年の春にそいつが入ってた部屋に滅茶苦茶可愛い子が入ってきて嬉しかったなぁ
    出て行ってもらってよかったわ

    543 :名無しさん@HOME 2007/08/05(日) 18:58:35 0
    病気でもないのに子供を作らないのはわがままだ。
    娘にそうしたわがままを許しているなんて甘すぎると
    従妹が私の両親に忠告したそうです。
    妊娠出来ない体質なんですよ・・。・゚・(つд∩)・゚・。 医者は正確な病名をつけてないですけど。
    従妹母子も私の実家に押し掛けて来てはしたい放題。
    法事の最中なのに私の大事なキーボードを従妹のガキがいたずらしてるから
    注意すれば「相手は小さい子なのに」「そうして子供嫌いだから作らないんでしょう」
    守れないんなら来てはいけないって言えば「来ないっていう選択肢はないのよね」
    「あなたが私に合わせるべきよ」
    次の瞬間には従妹母子を玄関の外に突き飛ばして「家に来させるという選択肢はないのよね!」
    と怒鳴ってました。

    668 :名無しさん@おーぷん 2015/11/18(水) 20:35:11 ID:jBo
    俺が中1の頃、密かに憧れていたお姉さんが住んでる近所の家が火事に。
    お姉さんの部屋は2階だったんだが、お姉さんだけが逃げ遅れた。
    家の中の方で助けを呼ぶ声が聞こえてて、おばちゃんは半狂乱。
    おじちゃんは酋長中だったかなんかでいなかった。
    俺は消防車が来るのを早く早くって祈りながら待ってたけど
    当時俺んちの回りは路駐がすごく多くて消防車が通れなくてモタモタしてる間に
    一気に炎が家を包んだ。
    お姉さんの声は聞こえなくなった。
    お姉さんの家は真っ黒な炭みたいになって、その後誰もいなくなった。
    引越して行ったんだろうけど、俺も両親も知ってる家が火事で全焼して
    知ってる人が亡くなったのがすごくショックでずっとその話はタブーになった。

    さっき、嫁が揚げ物したあと火を消し忘れて
    コンロがピーピー警告音を出して火が消えた。
    最近のコンロはそういう安全装置がついてるとは言え「気ぃつけろ」って注意した。
    俺が知ってるだけでもう3度目だったし
    今までは「危ないから」とかフォローの言葉も添えて注意してたが
    さすがに何度もあるとちょっとキツい言い方になった。
    したら「何のための安全装置なのよ。大丈夫でしょ。いちいち五月蠅いわね」とぬかしやがった。
    それで昔こんなことがあったと上記の話を嫁にした。
    だから火に関しては注意し過ぎて困ることはないんだし、
    火事になったら隣近所にだって迷惑かけるんだからって言ったら
    「わーかりました、わーかりました、わーかりましたっよ~」と節を付けて返してきた。
    注意されるのが嫌なら気を付ければいいだけ。
    俺からしたら揚げ物のあとの油を火にかけっぱなしなんて考えられん。
    頭おかしいんじゃないか?

    結婚してまだ2年だが、嫁のこういう大事なことを大事なことと受け止めない忄生格が
    どうにもこうにも受け入れられない。
    次に同じことがあったら手が出るかもしれん。
    それぐらいむかつく。
    真面目に話してる時は真面目に聞けよって何度言ってもこんな調子。
    子供もまだいないことだし、離婚しようかなと真剣に考え始めている。

    229 :1 2012/04/03(火) 15:30:05 0
    学生時代は一人暮らしだったんだけど、高所恐怖症で
    マンションの一階に住んでたら、変な人にあたって、
    3回も引越するはめになった。

    1回目は、年配のおばさん。
    うちの庭(ってほどじゃない、洗濯機と物干しとかが置ける
    バルコニーっぽいスペース)の柵に、女児用の下着がひっかかっていた。
    なんだこりゃ、と手にもって「これどうしよう」と思った。
    しばらくしたら警察が来た。
    事情を聞いて、二階のおばさんが、「二階なのに窓の外に
    変な人影が見えたから、あわてて出ていったら、
    一階の人が娘のパソツをにぎりしめてニヤニヤ笑ってた。
    下着泥棒だ」と通報したらしい。
    結局は俺がベランダから新入できる可能性.はない、と分かって
    もらえたんだけれど、後でおばさんの旦那が来て事情を聞かれたり、
    近所に俺の噂を吹聴しまくってくれたりと、おばさんの思いこみで
    □リコン扱いされまくった。
    結局面倒で、少し遠くに引っ越した。

    2回目は、大学にも駅にも近いところの1階。
    前と同じぐらいの庭があり、自炊にハマった俺はハーブや野菜を
    鉢にいれて育てていた。
    なら、しばらくすると、それらがゲロまみれになっていた。
    夜の間干しっぱなしだった洗濯物もゲロまみれ。
    誰か上の階の人がやったんだろうなとは分かったけど、1回目は
    腹が立ったものの、誰にも言わずに我慢した。
    しかし2回、3回と続き、不動産会社に連絡して、全戸に通知して
    もらった。しかし止まない。むしろ小便とかの匂いまでして、
    明らかに悪化していた。

    このページのトップヘ