キチ

    813 :名無しさん@HOME 2013/10/08(火) 10:20:43 0
    結婚の挨拶に行く時戸籍の写しを持ってくるよう言われてた
    見せると預からせてもらうとか言いつつ、義家の戸籍は用意されてなかった
    それから「うちに嫁に入るからにはー」
    と上から発言、その日は泊まる事になってて夕食作ることに
    「あからさまな品定めかー」
    とあきれつつ5品作ったら義母がご飯は自分がと・・・
    私客として来てるのに1人だけ前日の冷めたご飯、旦那のと交換したけど・・・
    風呂は最後の残り湯、
    同居する気は失せたので旦那が私の実家に泊まった時との差をどう思うか聞くと
    「同居無し、ムリ」
    と決定 客に対して非常識な失礼の限りを尽くしてくれたので旦那は親をキチと認定
    「同居するからには我が家のルールを守ってもらう」
    とか厚顔無恥にもほどがある
    「家名にこだわるようですけど事業でも?士族華族?」
    と聞いてあげたら先祖はただの農家、役職無しサラリーマン

    今は大人しくなり年2.3度会うぐらいです

    459 :名無しさん@HOME 2012/02/19(日) 11:11:13 0
    私はちょっと違うパターン。
    旦那は双子で、兄が私の旦那で弟が10年遅れで結婚して義弟嫁が出来た。
    隣の市に住んでいたのでけど、義弟嫁が平日の子供を学校に出してから
    ピンポーンと約束なしにやって来て「○○(新しく出来た車でしかいけないような
    郊外にあるショッピングセンター)に行きませんか?乗せて行きますよ。」と
    誘って来たので、断るのも悪いかなと乗せて行って貰ったら、なんだか
    だんだん山奥に入って行く。「道間違えたのかも。ちょっとそこの自動販売機で
    ジュース飲んで休憩して戻りましょうか。買ってきて。」と言われ車を降りたら
    車が急発進して出て行ってしまった。ジュース買うつもりで持っていたのは
    小銭入れだけバックも携帯も上着も車の中。

    春さきでまだ小寒くて凍えそうで、どうしようかと思ったら幸運なことに山菜取りに
    山に入って来た老夫婦に拾って貰えました。親切な人達で家まで送って貰いました。

    家に帰ったらなぜか義弟嫁が家に居て私の顔を見て「なんで生きて居るの!
    ここは今日から私の家よ!」と叫んで殴りかかって来ました。老夫婦の旦那さんが
    取り押さえてくれ奥さんが警察を呼んでくれたけどカオスでした。

    義弟嫁は起訴されたけど、罰金刑で終わりました。もちろん離婚しました。
    私を杀殳そうとしたのは、双子なのに兄の方がいい学歴でいい就職して弟より
    恵まれて居るのががまんできなかったとか。同じ顔なんだから私が奥さんで
    いいはずだって主張していたそうです。精神鑑定も行われたのですが
    精神病でもなかったそうです。30半ばで結婚するまで結婚に夢と希望を
    抱いていたそうですが、怖い体験でした。

    16 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/08/27(水) 02:59:25 ID:u67SEHHq.net
    ちょっとリッチなスーパーに行った時の話

    大学の頃、両親が旅行に来るってので部屋の余ってる俺の下宿先を宿として使うことになった
    そんで家で久々に母の味を食べさせたいっていうので、ちょっと高めのスーパーで俺と彼女(丁度両親に紹介した)が食材を買うことになった

    買うもの揃えてレジ待ちしてると、後ろに並んでた母親と子連れが急にぐずりだした
    小学生くらいの子供は早く帰りたい帰りたいと駄々をこね泣き叫び、母親はうるさいわね、順番待ちしてるんだから黙りなさい、とかなりきつめに叱っていた
    待ってる間、カートにしがみついた子供が喚きながらカートを押すので、前にいる俺の脛にカートが当たってかなりイライラ、しかも当たってるよと言っても聞かない
    でも子供のやることだしと我慢していた

    761 :♯pipipui 2013/03/19(火) 09:50:13 ID:f4gQyNG1
    そういえば、去年の今頃、小鳥泥されそうになった話。

    小鳥を小屋に入れて、庭で一緒に日光浴してたら、小学生5,6年生ぐらいの男の子とかなーり若いお母さん登場。
    お母さん、私と目が合うなり「ドロボー!!!!誰か助けてー!!!!」と大絶叫。
    いきなりのことにびっくりした私呆然、小鳥もびっくりしてギャーギャー騒ぎだす。
    男の子が庭に入ってきて、小屋をひったくろうとしたので私もとられまいと応戦。
    小屋の中で小鳥がギャーギャー騒いでるし、いきなり訳わからん事態になってあの時は頭の中真っ白だった。

    続きます。

    243 :おさかなくわえた名無しさん 2013/10/28(月) 09:52:20 ID:WzYR5gol
    この間、東名高速のSAに寄り、食事をしようと思って食券の券売機の所に行った。
    そうしたらそこに30歳くらいの女が居て、券売機の前を陣取っていた。
    その内どくだろうと思ったが待てど暮らせどどいてくれなかったので、
    いい加減痺れを切らした俺は「先にいいですか?」と声をかけた。

    その女は俺の声に相当驚いたようで(それまで俺の存在にすら気づいていなかったようだ)、
    「何ですか!?まだ迷ってるんです!カ□リー的な事と、今私が食べたい物の意見が一致しないんですよ!」などと叫んだ。
    見知らぬ人に物凄い剣幕で捲し立てられたので息が止まりそうになったわ。
    俺が凍りついていると、その女は何事もなかったかのように券売機に向き直り、
    カレーとラーメンとうどんのスイッチを順に指で差しながら、
    「どれにしようかな♪神様の言うとおり♪」と歌いだした…

    俺は本気で空腹感より恐怖感が勝ったのでその場を立ち去ることにし、
    SA内にあったコンビニでおにぎりだけ買うことにした。
    はっきり言って食欲が失せたわ。

    このことは今思い出すとただの笑い話だが、
    その時はとんでもないことに巻き込まれた気さえした。
    俺だけが勝手に修羅場だったのかもしれないが、なにはともあれ修羅場だった。

    このページのトップヘ