オッサン

    689 :名無しさん@どーでもいいことだが。 2004/06/02(水) 01:21:00 ID:0GSWcC7H
    今日、近所の電器店でアレに使う大容量HDDなどを物色しておりましたら、
    「萌えー!萌えー!」と叫びながらフロアをうろつくおっさんを発見いたしました。
    ああ、冬だな。
    ああいうおっさんの存在を根本から抹消したらさぞかし楽しいだろうなとバッファローの
    200GBHDDを凝視しながらレジへと並びました。
    ふとおっさんに目をやると、いつのまにやら幼女がおっさんに寄り添っているではありませんか。
    これはいけませんと、買い物かごにあった唯一武器になりそうなUSBケーブルを握り締めていると、
    おっさんと幼女の会話が聞こえてまいりました。
    「もえ。お父さんから離れたらダメじゃないか」
    「ごめんなさい」
    ああ、アレだ。親子だ。もえって名前のお子さんですか。利発そうなお嬢さんですね。
    抹消されるべきは私ですね。



    コピペデツ。ちょっとなご(*´∀`)

    117 :おさかなくわえた名無しさん 2013/07/13(土) 13:29:07 ID:KOrpExos
    きのうの電車内での話し。

    土曜日の昼間の電車内。混んではいないが、座席は埋まっていて、何人か立っているような状態。

    そこへ、池沼降臨!

    池沼:身長160cm前後、痩せ型、年齢不詳
    池沼はセーラー服の小柄で大人しそうな女の子にからみ始めた。
    「あうあうあ~(^p^)wwww」
    と、テンプレどおりの奇声を発し、バスケのディフェンスのごとく、女の子の周りをグルグルする池沼。

    すると、そこへ、オッサンが登場。
    身長は180もない感じだが、脂肪と筋肉がたっぷりと付いていますという相撲取りのような体型。
    オッサンは池沼の腋の下に手をつっこんで、池沼を持ち上げた。
    本当に、ヒョイという感じで、まるで猫でも持ち上げるように。
    ああいうときは池沼でも動きが止まるのね。
    急に大人しくなった池沼だが、代わりに、今までどこにいたのかわからなかった池沼の飼い主らしき還暦くらいのババアがオッサンにわめき始めた。
    「ちょっと、あんた、うちの子に何すんのよ。ふじこふじこ」
    オッサン、ババアをガン無視。
    そのとき、ちょうど、電車が駅について、ドアが開いた。
    オッサン、ドアの外に池沼を投げた。
    投げたといっても、正確には転がすような感じ。たぶん、ケガをさせないように気をつかったんだろうと思う。
    「ああ、池沼ちゃん」
    池沼の名を呼びながら、駅のホームへ降り、池沼のもとへと駆け寄るババア。
    倒れた池沼を抱き起こす、池沼は無傷の様子。
    「ちょっと、あんた、うちの子に」
    とババアがわめき始めた直後、電車のドアがプシューと閉まった。

    思わず、感動したオレがおずおずと拍手したら、周りの人たちもみんな拍手し始めた。
    急に周りから拍手され始めて、照れまくるオッサンwww
    池沼にからまれていた女の子が何度もオッサンに礼を言っていた。

    559 :おさかなくわえた名無しさん 2011/04/27(水) 13:38:40 ID:t5Yg0jvv
    武勇伝になるか分からないけど、今から約5年ほど前にたまたま一人の女友達に
    「誰か女の子紹介して!」って頼んだらOKってコトで
    後日4人(俺、女友達、女友達の彼氏(俺も知り合い)紹介相手)で会う事になって
    その日はまぁ4人で飯食いに行って終了って感じで終わって、それから始めて2人で
    会う事になった時の話。
    その日は仕事の関係で俺は全然寝てなくて2人で飯食ってる時でも睡魔に襲われるコト数度
    さすがに限界を感じてきて「じゃあボチボチ帰りますか?」って事になって
    2人共、電車(地下鉄)だったから地下通路を切符売り場に向かって歩いてたのね
    そしたら突然、肩に「ドーーン!!」っていう衝撃が走って最初「痛っ!何!?」って思って
    パッて彼女の方見たら彼女が尻餅着いて倒れてた、で、結局何が起きたかっていうと
    俺達2人が並んで歩いてる間をメガネブタのリーマン親父がワザと物凄い勢いで突進してぶつかってきてた
    地下通路って凄い広くて2人並んで歩いてても何の邪魔にもならないから故意なのは明らか
    で、俺は倒れてる彼女の姿を見たのと寝てないのもあって冷静になれず完全にブチギレ!
    だって俺ですらカナリの衝撃あったのに、その彼女は華奢だったから相当な衝撃だったハズ。
    で、そのまま通り過ぎて行こうとする親父に向かってケツキック!
    そしたら親父は3、4歩進んでからこっちに振り返って「なんじゃ!お前ぇぇぇ!!」って叫びやがった
    普通、逆だろ!で、俺はあんまり背が高くないのに対し親父はブタゴリラって感じの体格だったから
    その3、4歩の距離を走って親父の顔面目掛けて無謀にも飛び蹴りwww当たる訳ねー!
    でも、こういうショーモナイことする親父は所詮、見た目だけの木偶の坊なんだろうな、見事にヒットしたww

    252 :彼氏いない歴774年 2010/09/24(金) 22:01:04 ID:qPPBv5rU
    夜は明かりが一切ない小道がある。
    そこを通ればコの字型に迂回する事なくマンションのほぼ正面に出られる、
    ほんの10mくらいの曲がりくねった頼もしい近道。
    ビビりなので夜は一人では通らなかったんだけど、
    酔ってた+急いでた+「あんたより暗いのは私」と言う勝利者の気持ち、
    の3つの相乗効果である夜ついにそこを通った。
    少し歩いた所の視界の先に、月の明かりが生み出した影でオッサンがうずくまってるのが見える。
    立ち止まるくらいかなりビビったけど、近寄って「どうしました?」と声を掛けるも返事はない。
    今度はしゃがみこんで、「具合悪いんですか?大丈夫ですか?」と背中に手を掛けたらただのでかい石だった。
    何かもうとんでもなくビビってと言うか恐怖そのもので、
    「やー」と自分でもびっくりするくらいの叫び声を上げてしまった。
    しかもしゃがんだままビビった勢いのついた後退をしたから、
    踵の位置ほぼそのままで膝だけびよーんと伸びてお尻は地面にぶった。
    ストレッチみたいです。
    胸の奥と脳天に衝撃を抱えつつ「オッサン→でかい石…??」と戦慄がはしっていたけど、
    恐怖からくる苛立ちなのかすごいいきり立って体勢なおして歩み寄って
    「大丈夫ですか!」←恐怖と酔いで呂律は悪い
    「何ですか!」←石になる道を選んだ理由を知りたい
    とかやってたら吐いた。オッサンの上に。
    謝ろうとそれを言葉にする前に事態を呑み込めたし急ぎの用事も済んじゃったし事なきを得たけど心の整理はまだついてないし首は痛い。

    581 :おさかなくわえた名無しさん 2010/01/27(水) 01:07:55 ID:qJCZz0XZ
    今日コンビニでお茶を2本購入したんだけど、レジ担当が
    いかにもリストラされて仕方なくここでバイトしてます、って感じの
    寂れたオッサンだった。
    会計が210円で、その時ちょうど持ち合わせが五千円しかなかったので
    五千円を出すと、オッサンが突然不機嫌な顔をして
    「五千円なんて出されても・・・釣り銭が少ないから途中でなくなっちゃうかも」と
    文句言ってきた・・・。
    こんな事店員さんに言われたの初めてだから、一瞬唖然としたけど何とか
    スミマセン、という言葉を飲み込んだ。
    だってこっちは客なんだから、釣り銭を前もって用意しとかない店側に謝る
    必要は無いからね。

    だいたいそのオッサン、私の前に並んでた人が五千円出した時は何も
    言わなかったのに、何で私の時だけあんな強気口調で文句言ってきたんだろう?
    きっと大人しそうな女だから完璧にナメられたんだと思う('A`)
    それにしても客にいきなりタメ口で文句いってくるって・・・。
    いくらバイトでもそれはないよオッサン。
    ちなみに購入した店はショップQ×2です。
    何だか愚痴になってスマソ。

    このページのトップヘ