ウトメ

    882 :名無しさん@HOME 2012/08/09(木) 14:54:56 0
    遠距離なのでウトメと会うのは年に1回。汚屋敷なので義実家には泊まらず
    ホテルを取ってもらっている。
    ウトメにとっても、ちょっとしたリゾート気分になるらしい。
    一人1万円程度なので、たっぷり年金を貰っているウトメのお財布には厳しく
    ないはずだし、こちらもガソリン代+義実家その他へのお土産を計算すれば
    とんとんか、気分的にはマイナス。
    普段からイヤゲ物を寄越す人たちで、会えば無神経な発言多いので結婚当初
    から苦手だった。

    その年は、ウトメは私の「ともこ」という名前から「トンコちゃん」という
    妙なあだ名を捻りだし、やたらと豚鼻(指で鼻の頭を押し上げてブヒブヒと
    言う)をやったり、温泉に行こうとした私に「お風呂場でウ○チしないで
    ネ!」と他のお客さんに聞こえるように叫んだり。
    食事時も「ほらっトンコちゃん、沢山食べなさい」「太れば高く売れるから
    なww」というウトメのコンビネーション技。

    他人からどう見えるかはわからないけれど、仕事は営業だったし社外向けの
    イベントでは受付をやったりもしていたから、それほど不快な容姿ではない
    と思う。体重も標準体重の下だし。

    ウトメと別れ、夫と自分たちの部屋に戻って自分の親の行動をどう思うのか、
    私は不愉快だからやめて欲しいと話しても「二人とも嫁子が可愛くて、久し
    ぶりに会うから舞い上がってるんだよ」とななめ上。
    「イヤならそう言えばいいじゃん」と言われたので、翌朝の食事時に決行。

    続きます

    324 :名無しさん@HOME 2015/01/04(日) 13:32:46.16 0.net
    >>316
    > 年末は義兄嫁を仕込んであげなくちゃフンガー!!してた

    ダラトメに限ってこういう寝言をいってる気がする。

    16 :名無しさん@HOME 2014/09/27(土) 09:31:17.45 i.net
    現在進行系のDQN返し

    ・私は父がイギリス人、母は日本人
    ・母の実家が割と裕福で、留学中に父と知り合い、親族の反対もあったが上手く丸め込み結婚に至った
    これが前提

    由緒正しい、○○家がご自慢のウトメ(実際はただの田舎の農家)
    跡取りムスコちゃんが、得体のしれないガイジン女(ハーフなんだけどね)と結婚したいと言い出したもんだから、大慌て

    「汚いガイジンの血を入れる訳には〜」やら、
    「出稼ぎ娼婦が孕んだ父親が誰かもわからないような女なぞ〜」やら、
    母ではなく父の方が外国人とわかれば、
    「ガイジン相手に体を売るなんて汚らわしい〜」だの、戦中か‼って感じの事を喚かれた
    旦那(当時は婚約者)は、ブチ切れて親と縁を切ってうちの苗字を名乗ると言ったんだけど、私の腹の虫が収まらなかったのでDQN返しを決行

    長いので分けます

    758 :名無しさん@おーぷん
    旦那が貯金をFXでとかしていたこと。
    家を買うために貯めてた貯金を700万もたった2ヶ月で。
    1000万になったら、頭金にして家を買おうと約束していたのに。
    私にばれた後も、謝るどころか逆切れで旦那実家に帰ったこと。
    義両親からは、旦那が稼いだお金なんだし、生活をさせてもらってるんだからあんまり責めるなと言われたこと。
    結局それが理由で、離婚したこと。
    結局慰謝料財産分与でもらうことになった500万が全額振り込まれたので記念カキコ。

    180 :名無しさん@おーぷん
    ウトが逝って15年、トメが逝って3年経った。
    私はウトメから逃れるために自さつしようと思った事もあった。
    夫は、「気にしなければ良い」「そんなんだと、お前は世の中の
    どんな義父母ともやっていけない」「言いたいだけ言わせて、
    お前は聞き流せば良い」と言うだけ。

    待って待って25年、最後に残ったトメが逝った。夫は号泣してた。
    その直後は、私は嬉しくもなく、もちろん悲しくもなく、ただただ
    終わったなあとしか感じなかった。

    この頃、しみじみとウトメが居なくなって嬉しいと感じる。
    私は人間として腐っているのだろうが、折に触れてしみじみと嬉しい。
    今となれば、ああも言い返せた、あんな事も仕返しできたと無念に思うが、
    もう、どうでも良い。

    彼らは居ないのだ。墓!墓!とか跡継ぎ!とか喚いていたが、全部彼らの
    希望通りになっていない。「折に触れて兄弟で集まって親を偲べ」などと
    言っていたが、夫の兄弟には2年前に会ったきり。

    彼らはタヒんでもう居ない。さまざまな嫌な思い出を思い出す度に、
    盆と正月が来る度に、しみじみと喜びを感じる。
    ウトメはタヒんでもう居ない!\(^-^)/


     

    643 :名無しさん@おーぷん
    初孫フィーバーな同居ウトメ。
    ウトは金を出して口は余り出さない孫馬鹿ジジだから良いけど、トメは保育職+初孫フィーバー+きっちりやりたい性格が合わさって凄く面倒臭い人。
    初節句も兜やら鯉幟やら陣羽織やら破魔弓やら専用の畳やら屏風やら既に準備してる…
    曰く、『??年前に息子タンが使ってた物を綺麗に残してたから孫タンに使おうね?でもカビひいてるから綺麗にしといてね?』だそうで。
    私実家は節句も盆正月もクリスマスもほとんどやらなかったから毎回義実家行事の面倒臭さに辟易してしまう。
    『孫タンは本当に息子タンの小さい頃にそっくり☆ミ 息子タンの初節句の時はン十人も招いてやったのよ☆ミ』と旦那の初節句の写真入りオルゴールを食事中延々リピート。
    私は正直息子の初節句だろうがそんな盛大にしなくても良いし、何よりトメがやりたいだけでしょ?と思ってる。
    可愛がってくれるのは本当ありがたいからちょいダラ気味な良い嫁キャンペーンやってるけど、いい加減孫タンの名前間違えずに1発で呼べる様になって下さいねトメさん。

    108 :その1 2014/04/20(日) 00:44:38.88 0.net
    先週あった出来事です。

    コトメはいっっっつもトメに自分の子供たちを丸投げする人だった。
    コトメの旦那さんは育児に無関心でいつも家にいない(激務なのと多趣味なのが理由)。
    なのでコトメの旦那さんにはウトメや夫が何度も言っているけど効果が無かった。
    コトメの家には子どもは4人いるけど一番下の赤ちゃんにつきっきりで上の子たちがなにをしていてもお構いなし。
    朝早くトメ宅に上の子たちを置いて行ってあとは家で下の赤ちゃんと過ごすという生活をしている。
    子どもは7人産むんだと言っていたので、多分下の赤ちゃんが大きくなったらまた赤ちゃんを産む。
    私たちもウトメの家に年に何回か行くんだけどいつもいつもコトメの子供たちがいて
    畳をハサミでガリガリやったり障子をぶち抜いたりという行為から
    駄目と言う静止の言葉を全く聞かず、その場の大人の身体によじ登ったりタックルしてきたり。
    怪我をして腰が痛いウトにジャンプで体当たりしたり
    トメが料理中、子供用のゲートを椅子を当てて破壊して突進し、トメがやけどしたりなんてこともある。
    私や夫もカバンを壊されたり髪の毛を突然引っ張られたりと散々な目にあった。
    なので最近はどうせウトメ宅に行ってもコトメの子がいるし…と敬遠するようになってた。

    先週のことなんだけど、私と夫はカレンダー通り週末仕事が休みで、朝ゆっくり寝ようと思ってたんだ。
    そしたら突然朝の8時ごろピンポンとチャイムが鳴った。どうせ勧誘だろうと思って出ないでいたら何度かピンポンと鳴る。
    出ようかと思ったけどパジャマだし誰か来るとか聞いてないし、何かあったら電話かけて来るだろうと思い
    チャイムの音量を「切」にしてまた寝た。

    12 :名無しさん@HOME 2016/10/27(木) 11:58:46.45 0.net
    きのう夕方にアポなし突撃訪問しにきたウトメ
    うちはオートロックのマンションなので居留守を使った
    携帯見たら着信だらけでメールで「至急連絡ください!」って何件も来てた
    この至急連絡ください!はトメの手口で本当に至急連絡したら「いまマンションの下にいるから開けてー」って言われる
    無視し続けてたら連絡がこなくなってホッとしてたらメールで「いまお茶してます。家に帰ったら教えてね行きたいので」ってきた
    もう鬱陶しくて携帯の電源切った
    じゃあ夜の8時ごろ管理人さんがドアのインターホンを鳴らして「◯◯さーん!!いますかー?!!」って来た
    驚いて何事かと思ってドアを開けたら管理人さんとウトメがいた
    ウトメが嫁が連絡してこないからおかしいと言って管理人に連絡したらしい
    なんかもうアポなし訪問から逃げられないのかなと思ったら悲しくて泣けてきた
    うちは小さい子がいるから夕方からは絶対家にいる
    それを見越してアポなし訪問してくる
    出かけてるって言っても帰るまで待っておくって言われるし夫がいくら注意しても無理
    もう最悪だわあの非常識夫婦

    このページのトップヘ