アレルギー

    611 :名無しの心子知らず 2018/04/24(火) 18:37:02 ID:pJOl+Rkb.net
    子が卵麦乳アレルギーのことを最近できたママ友に伝えたら
    「そんなにたくさん!?〇〇君(子)前世でどんだけ悪いことしたの~?」
    と言われた

    びっくりして何も言えなかったけど思い出したらすごく腹が立ってきた
    もう二度と会いたくない

    269 :1/2 ◆SjgN4iLAyxuL 2013/05/11(土) 19:06:01 0
    文章が下手ですいません。先月したDQです。

    ウトが脳梗塞からの半身麻痺のため介護で良ウトメ、トメ母の大トメと同居中。うちは小1小麦アレの息子が一人、小麦アレについては家族全員が知っている。トメは正社。
    大トメが同居1ヵ月後頃から3人のときだけを狙って花の水遣りをしろ、お茶を淹れろと自分でできるのにも関わらず女中扱いをし嫁子苛々。
    そろそろ言い返してやろうかと思い出したある日曜日に大トメが息子を連れて近所のSCへ出かけると言い出したので送り出した。息子に対しては良曾祖母なので安心していた。
    夕方昼過ぎにアナフィラキシーを起こして搬送されたと息子のかかりつけから電話が。
    ウトを旦那に任せ病院へ行くと入り口で大トメがニヤニヤしていたが無視し病院内へ。
    息子の無事を確認し、先生の話を一通り聞いたところで夕飯の支度のために一度帰路に着こうと入り口へ。
    まだ大トメが居たので何を与えたのか聞いたところSC内のパン屋の米粉パンを食べさせたと言い出した。
    しかしその米粉パンは小麦が少量入っており息子には食べないように言い聞かせていた。
    何を食べたか聞いたところで急いで車に乗り帰宅。大トメが乗せろって言ってた気がするけどキコエナイ。

    いったん切ります。

    505 :名無しさん@おーぷん 2017/08/17(木) 15:55:26 ID:WXn
    今年の春、友人の一人(A子・既婚)が緊急入院したと共通の友人連絡があった。
    私は飛行機の距離なので見舞いに行けず、この盆に帰省したときに会いに行った。
    その時に聞いたことが衝撃。

    入院したのはアレルギーがあったA子がアレルゲンを口にしたから、
    しかしそのアレルゲン、A子があえて料理に仕込み、食べたそうだ。
    理由はその料理を作ったのが姑だから。
    GWで遊びに行きたかったのに、A子のご主人は帰省を強要したので
    姑が自分をアレルギーで入院させたとなれば、そんなひどい姑とは
    ご主人も縁を切ってくれるだろうというのが入院の原因だったらしい
    命にはまったく影響の無いごくごく少量だけど、蕁麻疹は出るし
    息苦しいといえば入院させてくれるから大事になってラッキーだと思ったと
    笑顔で言われてぞっとした

    ご主人にも会って聞いたけど、姑さん、GWには病気が見つかっていて
    もう長くないから一度顔を見に帰りたかったんだって
    A子も言ってたけど、とてもいい人で体は辛くても息子夫婦が来るならと
    掃除やごちそう作ってくれてたんだって、それが嫌みにしか思えなかったって
    どんだけ心ねじくれてんだよA子

    53 :名無しさん@おーぷん 2017/11/13(月) 11:30:20 ID:???
    流れを読まずに書き込み失礼するわね
    婆ね、趣味も好きなものもなくぼんやりと生きてきたのだけれど、
    唯一好きだとはっきり言えるのが朝のコーヒーの時間なのよ
    家事を済ませて、新聞を飲みながらトーストと頂くコーヒーの時間が何よりも好きでね
    毎朝密かな楽しみだったのよ

    でもね、ここ数日胃が気持ち悪くてね
    年だし何かの病気かしらと思って病院で検査してもらったら
    なんとカフェインアレルギーだったの
    特にコーヒーがダメみたいで、何だかもうショックで何も手につかないままこんな時間になってしまったわ
    釣られて爺もしょんぼりしてるし、駄目ね。しゃんとしないと

    ある日突然許容量が超えてしまうことがあるらしいから、婆様たちも気を付けてね

    584 :長いだけだよ 2017/11/19(日) 00:43:13 ID:pDO
    ジベルさんのバラ色の湿疹畑、自分も似たような体験したことあるの思い出した。

    何年か前のある師走の日、首から上と手足の先、つまり三首の先を除くほぼ全身にかなり派手な赤い虫刺され(とその時は思った)が出来た。
    自分は猫を飼ってる。
    衣類の下でもおかまいなしなところから、飛ぶ奴より足の数が多いの爆発的増殖かと真っ青になった。
    最寄りの皮膚科に行ったところ、医者ははじめは病名や原因を言わなかったけど、
    自信ありげな態度で「ステロイドと抗ヒスタミン剤を出しますね!」と。
    なので自分から「虫刺されですか?」と聞くと「そうでしょうね!」と答えたので冷や汗をかきながら自宅に戻って
    掃除機をかけ、着ていたもの、カーペット、布団類を捨て、掃除機をかけた。
    ネコからは何も出てこずほっとしたが、夜は寒かった…。

    ところが翌日、これは明らかにおかしい、と気がついた。
    赤い斑点が増え、大きくなり、大きくなった分横とつながり、つながった斑点はふやけたような感触になりつつ輪郭が盛り上がっていて
    大きくつながった部分はまだらの青みがかった紫になっている。
    輪郭の部分が炎症を起こして腫れたみたいになっていて、少しだけ熱い。
    体中が紫と赤紫のみみずばれでふくざつにいりくんだ群島の地図を精密模写したみたいになってた。
    これ虫刺されか?
    よく考えると今12月じゃん。それにこれっぽっちもかゆくない…。
    足りない頭で考えた末、別の皮膚科を選んだ。これってドクターショッピングかな…。
    しかしたまたま選んだ評判のよいところが、アレルギーを専門にしている皮膚科だった。
    一目見るなり、「あっそれはたけいしんしゅつせいこうはんですね!」って。
    え?ダニとかシラミとかじゃないの?といまひとつ前の医者への信頼を捨てきれないでいたら、
    症例集を見せてくれた。はっきりいって「なんとか紅斑」のたぐいはほぼ全部同じに見えたが、
    確かに自分の症状といちばん似ていた。
    症例集のほうが軽症だったけど。
    漢字は「多形滲出性紅斑」だって。これで画像検索しても自分よりひどい人載ってない。
    原因は何かのアレルギーなんだって。
    アレルゲンは何かの食べ物、薬剤、マイコプラズマ。
    ただ、遅れて発症するので特定は難しいらしい。
    若い女性に多く、冬に出やすく、再発しやすいらしい。自分の場合と違って痒みがでる場合もある。
    紅斑の出る場所は傾向があるらしい。(忘れた)

    確かにその時をきっかけに体にしょっちゅう同じ「虫刺され」ができるようになったよ。自分は主に太ももにできるかな。
    一度は溶連菌検査でひっかかったこともあった。
    とにかく、身体に「高低差つき紫と赤紫の群島地図」になったのは…正直言って、あまり衝撃的ではなかったw
    まあちょっと残念ではあるけど、年単位の長期戦、一生このままあるいはもっとひどくなる、といった可能性を考えたほうがいいな、的なことを平静に考えてた。
    誰かがそういう外れくじを引くものだから。
    衝撃だったのは、治療薬が結局ステロイドと抗ヒスタミン剤で同じだったこと。
    皮膚科って正直言って、この2つと保湿剤が処方箋の8割ぐらいなんじゃないだろうか…。

    このページのトップヘ