アレルギー

    329 :名無しさん@おーぷん 2015/03/07(土) 18:45:11 ID:VD5
    彼女の家にチョコパイと缶のココアとハイチュウ(青りんご味)とビスケット(動物の絵のやつ)がたくさん置いてる時期があった。
    安売りで買い溜めしたんかなーと特に何も言わなかった。ある時アポなしで遊びに行ったら顔の半分点々が沢山出来てる彼女とご対面。
    「ありゃ、どうしたの?」ってお前それどころじゃねえだろーよと病院へ。医者に事情聞かれて答えたのがもうね……。
    「前に一度4ついっぺんに食べた時に蕁麻疹出て。でも単体で食べると蕁麻疹出なくて。組み合わせを変えて試してたら、やっぱり4ついっぺんに食べた今日蕁麻疹出た。」
    しかも左半身だけ。信じて貰えないかもしれないけど、大体綺麗に身体の半分に蕁麻疹。
    本人至って元気だったけど、医者に「分かってんなら試すんじゃねえ」とキツく怒られてた。
    本当もう……。アホ過ぎて……。俺の卵アレルギーには随分気を使ってくれるし、アナフィラキシーにも理解あるし、他人のアレルギーには細か過ぎるくらい気を配るのによりによって自分の体を実験台にするとは……。
    血液検査したけど小麦、卵、乳製品、その他オールオッケー。取り敢えず二度と実験はさせん。
    チョコパイ全部食ってやった。太った。どんだけ買い込んでたんだろうな本当……。

    225 :おさかなくわえた名無しさん 2018/01/25(木) 08:00:42 ID:HKQi8JWP.net
    下らなくてごめん
    旦那の職場主催でBBQやった時に職場の人から結婚してよかったことを訊かれたんだけど

    旦那「うちの嫁さんメロンアレルギーだからメロン1個一人で食べれること」
    A「なにそれすげえ」
    B「メロン1個一人で食って良いとか最高やな」
    B嫁「私もそんな人と結婚したい。メロンとか取り合いだよ」
    C「すげー羨ましい…」
    D「じゃあ俺カニアレルギーの嫁さん貰えばいいんすね!」
    旦那「うちの嫁さん甲殻類アレルギーもあるからカニも自分が一人で1匹食べてるよ」
    ざわ…ざわ…
    B「…ありえない」
    D「先輩まるでセレブですやん」
    と言う流れが衝撃的だった

    照れ隠しとかじゃなくて本気で「メロンアレルギーの嫁を貰えるなんて俺は幸せ者だ」と思ってるらしい
    みんなそんなにメロンが好きなの?

    521 :名無しさん@おーぷん 2016/03/08(火) 15:49:34 ID:???
    友人知人には吐けない愚痴
    昔からの友人達が子連れでよく旅行行ってるのが羨ましい

    私も学生~独身時代は毎月どこかに旅行行ってたけど旦那出不精で旅行殆どなし。
    新婚旅行は車で1時間のの有名温泉の高級ホテルに行っただけ
    子供産まれてから家族旅行なんてしたことない
    更に上の息子は落ち着きが無く遊園地や観光地に行こうものなら
    ものすごい勢いで駆け出して見失う(多動気味の診断受けてる)
    下の息子は牛乳アレルギー持ちなので観光地でアイスとか食べようものならアウト

    そして2人ともチャイルドシートに30分も落ち着いて座ってられない
    片道2時間の旦那実家まで行くのにいつも休憩込みで5時間ぐらいかかる
    私実家は新幹線の距離だから子供連れての帰省が未だに出来ていない
    旦那激務だから土日も仕事当たり前だし市内の公園に連れて行くだけでヘトヘト

    顔本見てると友人達はしょっちゅう子連れで旅行してて本当に羨ましい
    子どもの年齢も人数も変わらないのになんでうちの子達だけこんなに外出に向いてないんだろう

    旅行がしたいよ、子供連れて色々出掛けたかったな
    ご当地っぽいソフトクリームとか一緒に食べたかった
    GWが近づくと友人やママ友からの旅行がらみの話題を聞くだけで泣きたくなる

    442 :名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火) 13:02:29 ID:34G
    復讐というには軽いものですが。
    分かりにくい点はお許しください。

    娘が卵アレルギーと蕎麦アレルギー持ちです。
    対して義父と義母はアレルギーは甘えという考えの方々。
    義実家に連れて行くのが毎回怖くてたまらなかったのですが、ある日送られてきた娘のプレゼントが卵未使用と書かれた市販ケーキ。
    ネットでもそのケーキ店を確認しましたが、確かに未使用な模様。
    娘と夫と一緒にケーキを食べようとしましたが、その最中に娘が呼吸困難になり嘔吐。
    吐きつつ下痢もしはじめ、即時救急車を呼びました。

    夫が問い詰めたところ「市販のケーキの台下側に卵を塗った」と。
    しかも卵黄より危険な卵白部分を……!
    警察に再度持ち込んでみましたが、「家庭のことなので」と追い返されました。

    夫も怒り心頭で「孫にタヒんでほしいのか?」などと言いましたが効果0。
    入院している娘に対しても「次は頑張ろうね」という義母と義父を見て切れました。

    まず義妹と夫に頼んで義母と義父をドライブに誘い出しました。
    行き先は花粉飛散量の多い杉林。その山の麓に、義父と義母を誘って毎週ピクニックに行きました。
    一か月が経つ頃にようやく義父と義母に花粉症の症状が出て、
    二週間目で涙と鼻水で目も当てられない姿に。

    「病気かもしれないわ」という義母には、夫が「甘えるな!根性で克服しろ!」
    「アレルギーは存在した」と驚いたように言う義父に、義妹が「お父さんばかなの?そんなものないわよ?」と。
    すべて義母と義父が言った言葉を返していました。
    私が参戦しなかったのは、実の子どもから言われた方が効くだろうという義妹の配慮です。

    もちろん病院にも行かせずに引き続き杉林ピクニックを楽しませていたのですが、
    4月の初旬に義母と義父が杉林で呼吸困難により卒倒し全身に蕁麻疹が発生。
    前日にパンを大量摂取していたのと、杉林での過度な運動がたたってアナフィラキーショックになったようです。
    娘の病状より軽かったのですが、一応救急車を呼んで搬送してもらいました。

    今ではすっかり「アレルギーは甘え」という考えはなくなったようです。

    624 :名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木) 09:55:55 ID:qNj
    人からしたら大した修羅場ではないのだろうけど、個人的にはタヒにかけたので修羅場。

    私はアナフィラキシー持ちなんだけれど、学生時代に突然発症。
    最近はアレルギーというのがメジャーになって、アレルゲンの無い食べ物とか、飲食店のメニューにもアレルゲン表示されるようになったけれど、とにかく私のときはそんなのがなく、アレルギーっていうのもあまりなかった。
    ド田舎だったので、花粉症すらもいなかった。(花粉症になったら一巻の終わりみたいな田舎)

    その日は普通に部活をしていて、校内周辺をランニングしていた。
    途中、なんだか指の間に痒みを感じたのだけど、血行が良くなっただけなのかもと気にもせず走っていた。
    ランニングが終わった後、小休憩があった時に先輩に「ちょっと顔がヤバイよ!」と言われた。
    確かに気持ちが悪くて、今にも吐きそうだった。
    先輩に顔が腫れてる、顔色が悪い、唇が倍くらいに腫れ上がってると言われ、先生を呼んでくるから木陰で休んでろと言われた。
    もうその時には吐き気がすごくて、視界も狭くて黒いフィルターがかかってる感じ。
    この時に知ったけれど、意識不明になるのって本人的には眠くなるんだよね。
    「あーダメだ眠い。寝よう」っていうのが我慢できなくて、自然と瞼が落ちる感じ。
    私は嘔吐をしながら寝た。

    その後は先生数人に担架で運ばれ、保健室へ。
    本当に当時は先生たちもアレルギーの知識もなかったし、持病があるタイプでもなかったから先生たちもてんてこ舞い。
    どうするかってなった時、生徒の一大事を知らされて様子を見に来た教頭先生が、私の顔を見た瞬間「救急車を早く呼びなさい」と叫んだらしい。
    その時、私は運悪く喉の腔内まで腫れ上がっていて、先生たちが対応に追われている中、静かに呼吸が止まっていたらしい。

    教頭先生が私の顎を上げて、なんとか気道を確保しようとして、わずかに呼吸を確認している間に救急車が到着。
    なんとなく親が来たのも分かったし、救急隊員の人に声をかけられているも聞こえていた。
    病院で点滴をしたら、あっという間に意識を取り戻して回復をしたから大したことなかったのかも。

    けれど医者にはアナフィラキシーショックと診断され、学校給食で一週間牛乳は飲まないで下さい、あと血液検査結果が出るまで運動はしないでくださいと言われた。
    その日は突然の入院だったので入院食もなく、一晩点滴で過ごしたんだけれど心配で親が見舞いに来た時に目の前でモスバーガーを食べらた時も合わせてセットで修羅場w
    もうお腹の中空っぽだから、すごく親が恨めしかったよ。

    そして一週間後の血液検査結果でアレルゲンが分かったんだけれど、医者に「あと15分遅れていたら、助からなかった。教頭先生の迅速な対応に感謝してください」と言われたのが本当に修羅場だった。

    このページのトップヘ