おじさん

    158 :名無しさん@HOME 2015/03/08(日) 16:44:30 0.net
    父と母は同級生。母は在学中に妊娠して父は卒業後に就職した。

    母は姉と俺を立て続けに産んだ。姉が4歳、俺が3歳にになる頃、母は大学に受験して合格。学業と育児を両立させるのは難しいためか、両親の同級生で親友のおじさんがその手伝いをするようになった。
    おじさんは在宅ワークなので都合が良く、快く引き受けてくれた。

    おじさんは良い人だった。
    幼稚園の送り迎えをしてくれたし、遊んでくれたし、勉強も教えてくれたし、美味しい夕食を作ったり、相談相手にもなってくれた。
    おじさんがいたから両親がいない寂しさも感じなかった。

    おじさんが育児の手伝いをするようになってから10年以上が経った。
    母は大学を無事卒業して資格を取って就職、父も順調に仕事をこなし出世していた。姉は高校一年になった。
    おじさんは育児や家事の手伝いの必要がなくなり、あまり顔を出さなくなったけど会いに行くと喜んでくれた。

    ある日、姉が俺に告白した。
    おじさんの事が好き、明日告白すると言った。
    結果は惨敗だった。

    894 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/01/22(木) 23:33:44 ID:hI0NXoTB.net
    書き溜めてないから、少しずつ投下。

    人物
    私=30代のメス。既婚。修羅場当時は独身。
    Aさん=勤めていた会社の兄弟会社の所長。当時恐らく50後半~60前半

    もう10年以上昔の事です。
    勤めていた会社で慰安旅行があったんです。
    その慰安旅行自体はどこにでもよくあるようなもので、観光地をいくつか回ったあと、
    旅館に入り、社員みんなで大宴会。
    兄弟会社の人たちもみんな参加してて、それは大層盛り上がってた。

    159 :名無しさん@HOME 2013/06/16(日) 09:27:32 0
    社会人5年目、実家暮らし
    家には両親、弟(社会人1年目)がいる
    とある日仕事から帰ると借りている駐車場に見慣れない車
    親の知り合いでも着てるのかな?と思って家の前に停める
    家に入ると35才位のおじさんがいた。
    ちょっと前に保険の話をしていたんで ああ、保険の人かな?とおもって会釈だけして
    おじさんと話している親に車停める場所ないんだけど・・・・っと話すと無視された
    住宅街で家の前でも路上駐車していると速攻取締りが来る地域なので
    さっさと駐車場に停めたいので、再度車を停める場所が・・・・・・というと
    「煩い!それどころじゃない!」っとキリナリブチキレられた。

    ?????? な状態な時に弟が帰ってきた。
    とりあえずそのおじさん誰よ?って事から

    妹の彼氏?だそうだ。弟と2人で はぁ? っと言ってしまった。
    しかも妹妊娠4ヶ月目だそうだ。(妹は家を出て働いていたはず)
    突然きてその旨を伝えられたらしい、そりゃ俺の駐車場なんてどうでもいいわな
    親もきれますがな、んでおじさん結婚したいどうのこうの言ってくる。

    その前に、名を名乗れと
    向こうは俺の名前を知っているらしく ○○君よろしくね とか言ってくる
    だから、名を名乗れと、そもそもそんな時期になって報告とか意味ワカンネ状態
    とりあえず、車どかせよと言うと、近所に停める場所がない云々・・・・・そりゃそうだ
    んで報告が遅れた言い訳をウダウダ・・・・・・ウダウダっプリに家族全員切れてた

    とりあえず駐車場確保のために車をどかした
    ジャッキであげてコロをかまして家の前まで弟と2人で押した。
    んでようやく空いた自分のスペースに車を停めて家に入った。
    弟が悪乗りして車にブロックかましていた・・・・・・がほっといた。

    親と名前もしらないおじさんがまだウダウダやってたので一旦部屋にはいるとボロボロに泣いている妹がいたw

    43 :なごみ 2012/09/19(水) 23:05:33 ID:vzwcSIPs0
    3年くらい前だったかな?山手線の中での話。
    急に思い出したので投下。

    当時の私は右足を大けがしていた為、真っ赤のガチガチプロテクター着用で右足だけシャアザク状態。
    ただ、大変理解ある会社のお蔭で時差出勤させてもらい、朝のラッシュは回避していた。

    自分が乗った駅では座れたが、座席は全部埋まってしまってた。
    次の駅、20代前半くらいの細っこいの女の人と女子高生が乗ってきた。
    女の人は私の左斜め前、女子高生はその左隣に立ってた。
    その次の駅で私の左隣の席が空いた。
    状況的には若干、女の人ほうが空いた席の前寄りだったんだけど、女子高生がものすごい勢いで座ってしまった。
    女の人も若いからそれだけでは何とも思わなかったんだけど、チラリと見たらとっても青い顔をしている。
    更に直後、カバンの取っ手からマタニティマークが見えた。(何故だか目立たないようにつけてた)
    あ、悪阻だなと思い反射的に席を立って譲った。
    女の人は私の足を見てすごく恐縮してたんだけど、立っている人も少ないし、まあ私は大丈夫だろうと思って。
    (別にカッコつけるつもりじゃなかったよ。当時自分がみんなに親切にしてもらってたから、つい。)

    なごむのはこの後。

    57 :彼氏いない歴774年 2018/07/14(土) 14:48:25 ID:RdxtpMmG.net
    近所に空き地があって、今は草ボーボーでそこに土管が置いてあるんだけど、そこから子猫の声がした。
    捨て猫かな~と思って近寄っていったら、50代くらいでピンクのレースが付いたキャミソールを着たおじさんが土管の後ろに隠れて子猫の声出してた。
    目があったら
    「よく見つけたなあぁぁ!」
    って叫びながら向かってきたから全力で逃げた。
    それが昨日の仕事帰りのことなんだけど、今買い物に行くのに通ったらまた子猫の声がしてたから遠回りして交番に届けてきた。

    このページのトップヘ