いじめ

    583 :名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月) 01:00:24 ID:axT
    いじめっ子にした中で一番の復讐について書きます。
    バイト先にいじめの主犯が入ってきたので濡れ衣を着せクビに追いやり前科持ちにしました。

    281 :名無しさん@おーぷん 2015/04/05(日) 08:27:31 ID:xCo
    いじめの話に便乗相談いいかな
    私は家族の中で1人母の旧姓を名乗ってるんだけど、
    ○照 幸、って名前
    合わせて読むと「ショウコウ」になる
    地下鉄サリン事件を起こしたあの人と同じ読み方
    小1と2のときに凄くニュースになってたせいで、
    「刹人犯と同じ名前だ」と言われて上級生にまでイジメられた
    金属バットでランドセルの上からなぐられたり、ジャングルジムの一番上から落とされたり
    先生と相談して対応してもらうと言った矢先、刹人犯だから罪を償うためだと言われて、
    ある日五年生から指一本ペンチで挟まれて、右手の人差し指を失ったんだ
    自分でもペンチに潰されてぐちゃぐちゃになった指が気持ち悪くて自分の右手がいまも気持ち悪い

    んでその事があったとき、私は母親に当たり散らしたんだよ
    「こんな名前をつけやがって、タヒぬまで恨んでやる、苗字も絶対に継ぐもんか」って
    後から知った話、私の下の名前は女イラネと言い切った親父が母の反対を振り切って男の読み方をつけた
    漢字も本来は高になるはずだったのを、母が決タヒの覚悟で幸にしたくれた
    母を恨んだのは私の見当違いだったのよ

    んで来年辺り結婚する予定なんだけど、
    私が指失って当たり散らした罪悪感から、母が名前は捨てていいよという

    私がもう恨んでないし、名前を継ぐと言っても、
    母を気遣って継ぐと言ってるだけだと思い込まれてる

    私は母に当たりちらした罪悪感もあって名前を継ぎたいと思ったが、
    それって名前を継ぐと同時に母が私への罪悪感をいだき続けることになるのか?と悩んでる
    母親の立場からみてどうなんだろ
    自分を責め続けることになるなら名前はつがないでおこうと思うんだけど

    428 :可愛い奥様 2009/05/06(水) 13:49:11 ID:rnPdymq+0
    因果応報ってほんとにあるんだと思った。
    中学時代私のことをデブだの足太いだのブサイクだの
    (実際にそうだったのだが・・・)と言い続けいじめて
    くれた奴が、先月の同級会に行ったら糖尿病で入退院繰り返
    しの生活だって。仕事もなく昨年末に離婚し、入院費も
    払えず、の状態でノコノコ同級会へ来てた。
    大学時代にダイエット成功し、現在33才40キロキープ
    税理士と結婚して事務所切り盛りしている私は
    微笑を浮かべてやさしい気持ちで、ヤツの前で
    良い酒を飲むことができました。


    626 :名無しさん@おーぷん 2015/11/14(土) 11:43:03 ID:l6o
    俺の名前は「伊織」って言うんだけど、この名前は昔は男児名として使われていた。でも最近では「香織」「沙織」などの名前と同系として扱われ女児名としても使われている。
    俺はそのせいで子どもの頃は「男なのに女の名前~」みたいな風にからかわれていた。なので中学くらいから「将来結婚して子どもが出来たらちゃんと性.別の分かる名前を付けるんだ!」と話していた。
    約10年前、兄の所に男の子が産まれて「千尋」と名付けられた。男でもある名前だが、某ジブリ作品の主人公の女の子と同じ名前なので女児名としてのイメージが強いと俺は思ってる。俺は「紛らわしい」と言ったが、既に出生届も出されていたので何を言っても無駄だった。
    現在、甥の千尋は名前の事でからかわれ不登校一歩手前だそうだ。その話を聞いて、つい「そりゃ某ジブリの主人公と同じだしなぁ」と言ってしまった。それで兄の奥さんが「なんで止めてくれなかった!!」と怒りの矛先を俺に向けるようになってしまった。
    口に出した俺も悪い。が、当時大学生だった俺に責任を求めるなよ、と。どうせなら兄に「あなた弟が名前で苦労してたの知ってるのになんで!!」って方向に怒りを向けろよ。
    そもそも名前をからかう奴はどんな名前でもこじつける。それに最近のキラキラネームに比べたら立派な名前じゃん。

    29 :名無しさん@おーぷん 2018/01/29(月) 03:44:28 ID:qig
    復讐系の該当スレが見当たらないのでここで。

    小学校時代、同学年のみならず下級生からもいじめられてた小柄な俺。
    毎日必ずどこかに傷を作られ、執拗な精神攻撃の日々。
    泣けばクラス全員によるチビガリ泣き虫コール。
    言い返したりやり返したら倍返し。学級会や先生に何度も言っても注意してくれない。
    学童では俺の気弱と学校全体に広がっていた「大丈夫感」につけこみ、年下からもからかわれるようになった。
    やがて耐えられなくなった俺は飛び降り自杀殳を考え始めるようになり、齢10才にしてビルの屋上の柵まで迫った。

    そこでふと「なんでいじめっ子のやつらのためにタヒななきゃならないの?」
    「そうだ、自分がタヒぬくらいだったらいっそのことあいつらこ○そう」
    と思い至った。

    しかしこ○し方と言っても夕方のサスペンスで仕入れた
    包丁での刺刹やロープでの糸交刹は体格的に負けると断念。
    そんな時に某コメディ洋画で泥棒二人を少年がビルの上からレンガを落として撃退するシーンを見て、これだ!と閃いた。


    とはいえ結局転校・引っ越しが決まった俺は最後の登校日の終業式後、
    主犯格の同学年男子ABCを偽ラブレターで校舎裏の三ヶ所に呼び出した。
    数十日間、各地点の真上の空き教室の窓からレンガを真下に落とす練習を重ねた俺は、
    これまでの練習通りにA地点で両手2つの最初のレンガを放した。
    瞬時に隠れた俺は鈍い音だけを聞きながら姿を隠したままB→C地点を移動。
    同じことを2回繰り返して急いで帰宅、引っ越しの電車で地元をあとにした。

    引っ越し先でも連絡や聴取は一切なかったからあいつらがどうなったかは知らない。

    ひょっとしたら当たらなかったかもしれないしね。

    このページのトップヘ