いじめ

    439 :名無しさん@おーぷん 2014/08/09(土) 02:55:14 ID:LSemq6ovG

    長くなるので長文苦手な方はスルー願います

    私の姉がバレエを習っていたので、
    ついでだからと私も2歳からバレエスクールに入れられた
    (姉は幼稚園卒園時に辞めた)
    2歳から習ってるのであたりまえだが、他の子より上手に踊れた
    だけどそのバレエ団は、金持ち優遇主義
    発表会に20万出せば主役・10万で準主役
    ド下手くそでも親がお金を出せば主役のお姫様の役になれる
    貧乏ではないけれど私の親は基本出演料しか出さないので、いつも脇役だった

    そんな中、実力主義のバレエ団の本部が、区内に移転してきた
    快活なオーナー先生(女性)、レッスンはスパルタ
    オーナーへのお中元・お歳暮・心付けは禁止
    発表会出演料は全員一律3万
    一番上手な子は主役、下手くそは脇役
    パチ〇コ屋の社長の娘でも下手な子は脇役
    それを知った母親は、私をそのバレエ団に転入させた

    214 :名無しさん@HOME 2015/12/30(水) 08:22:25 0.net
    俺は中学2年の3学期から苛められだした
    当然、親には言えずに我慢しながら学校に通っていた
    先生に言うと、チクッタと言われ更にいじめられるので先生にも言えず悩んでいた

    3年になれば、クラス替えがあるから、それまでの我慢だと思って我慢していた
    が、3年になったらまた同じクラスになってしまった
    また1年苛められて、我慢するのかと思ったら学校に行けなくなり登校拒否になった

    そこで、やっと親と先生に理由を話した
    分かっていたことだが、学校の対応は苛めた奴に口頭で注意しただけだった
    学校から改善できたから登校して来いと言われたので行ってみたが
    余計陰湿に苛められるようになった

    また、登校できなくなった日の朝に母親が父親と爺ちゃんに相談した
    父親は「わかった。数日中に何とかする」と言って会社に行った
    正直期待もしていなかった。俺から見ても怖いオヤジでもなく周りからも優しそうなお父さんだね
    と言われていたので、苛め野郎に何かできるとは思っていなかった

    学校に行かず部屋にいたら、昼ごろにどっかのお爺さんが爺ちゃんを訪ねてきた
    夜9時ごろ、どっかのオジサンが父親を訪ねてきた

    次の日の朝、俺を苛めていたAとどこかのオジサンが俺を訪ねてきて玄関先で土下座をした
    そして、今日から1週間学校には行かないので俺に学校に行ってくれと云う
    昨日の昼訪ねてきた爺さんがAの爺さんで俺の爺ちゃんに、何かを言われたらしい
    夜に訪ねてきたのがAの父親で俺の父親に何かを言われたらしく、お詫びに来たと言った
    父親と爺ちゃんが何を言ったかは聞いても、子どもは知らなくていいとしか言わないのでわからないが
    その日以降、苛めが無くなった
    修羅場では無いかもしれないけど、俺の中では苛められている時も修羅場だったし父親と爺ちゃんが
    一日で何とかしてくれたのもありがたい修羅場だった

    384 :本当にあった怖い名無し 2011/08/05(金) 04:15:34 ID:qt7p2fbH0
    寝れないから最近成就した復讐でも書き込むか
    俺は中学の頃に不良に殴られたり蹴られたりされて常に青たん作りながら学校生活を送っていたのだが
    とくにかくそれが嫌で県外の高校いって親元はなれて頑張る生活おくってて土建業に就職することになった
    かなり重労働とキツイ営業で仕事と寝るかの生活を数年送って仕事やめて

    俺は実家へ戻り独立することにした
    仕事はびっくりするぐらい順調で数年でその地区の業界で有名な会社になったわけだが
    下請けの会社の代表が中学の頃に俺をいじめていた不良だった
    中卒で土建業に飛び込んで成功したようなこの業界ではよくあるパターンだ

    とはいうものの10年以上たってるし、復讐というよりは興味が湧いたので接触してみることにした
    こっちは仕事を不良に回す役割なので向こうにとっては一つの生命線でもあり、気まずそうに丁重に俺を扱ってくれた
    不良にも家庭はあるし復讐しようっていう気持ちを抑えていいお付き合いをしていたんだけど
    (というより俺が不良の会社切っても別に潰れたりはしないのはわかってたってのもある)

    540 :名無しさん@おーぷん 2014/09/06(土) 22:16:08 ID:4nykDN4ne
    中学の時、所属してた女子グループから弾かれるようになって、いじめにあってた。
    無視、ヒソヒソ笑い、物を隠す、教科書を破く、靴をゴミ箱に捨てるなど、テンプレ通りの内容。
    女子グループのリーダーというか、主犯はT子だった。
    このT子とは2年半ばの修学旅行までは仲がよかった。
    修学旅行では一日だけ二人部屋になったのでじっくり話した。
    態度が変わったのは修学旅行が終わってから。

    受験が数日後に近付いたある日、T子に聞こえよがしに家庭の事情をあてこすられてキレた。
    なんで我慢してるんだっけ自分?と、唐突にテンションが突き抜けた。
    どうせもう卒業なんだし、いじめが酷くなったところで高校は別になる見込みだったし。
    で、T子の席に行って思ってたことを全部言うことにした。
    教室にたくさん人がいる状態で、よく聞こえるように大きな声で。
    何度も言い返すシーンを日記に書いて発散してたのがイメトレになってたのか、
    思ったよりスラスラ言葉が出てきた。

    「T子ってさー、修学旅行の時、大部屋で一人で先に寝たじゃん。
    その後みんな、寝てるT子の傍でT子の悪口言ったでしょ?
    それで、その次の日は私と二人部屋だったよね。
    その時言ってたよね、大部屋でほんとは寝てなかったって。
    みんなが自分の悪口言ってて辛かったって、あんな奴らもう友達じゃないって言ってたよね。
    私だけは悪口言わなかった、私だけがたった一人の本当の友達だって言って泣いてたよね」

    ざわめく教室、驚いた感じでなんか言いかける女子グループ、蒼白になるT子。かまわず続ける。

    「修学旅行から帰ったらさー、突然私の悪口言い始めたよね。
    『あんな奴らもう友達じゃない』って言ってた人たちと、私の悪口で盛り上がってたでしょ?
    私の靴も捨てたし、私の教科書破いたり、物持ってったり、泥棒もたくさんしたよね。
    要するにスケープゴートだよねー。
    自分がいじめられたくないから、『たった一人の本当の友達』を生贄にしたわけでしょ?
    自分の悪口あんなに言ってた人たちと仲良くして、嬉しいの? ねえ今どういう気持ち?
    みんな、T子がいないところではまたT子の悪口言うんだろうにねー。
    私はさー、修学旅行が終わるまでは、本当にあんたのこと友達だと思ってたよ。
    だからあの時も悪口とか言わないで、他の人たしなめてたよ。
    でももう、あんたのこと本当に友達だと思ってる人間は一人もいない。
    世界中探してもいない。
    だってあんた最低だもん。
    悪口言われてあの時被害者みたいな顔してたけど、悪口言ってたみんなが正しかったんだって
    今ならよくわかるわー。
    あんた、自分がハブられないために『本当の友達』を売る人間だもんね。
    人間のクズだよねー、クズ。そりゃ、誰にも好かれるはずないわ。
    高校でも誰か適当に生贄にして、表面だけうまくやるの?
    本当はあんなに嫌われてるのにねー。これからも嫌われ者のまま生きてくんだね」

    592 :名無しさん@HOME 2012/11/19(月) 21:55:54 0
    小学校高学年の頃の話

    A…イジメられ、不登校気味な女子
    B…Aと仲の良い小柄な女子

    ある朝、Aの机がチョークで落書きされていた。
    その日もAは休みだったが、問題はB。
    登校して落書きを発見したBはブチギレ。
    普段は温厚で誰にでも優しいBが豹変。
    自分の机に乱暴にランドセルを下ろして黒板の方へ。
    黙ってチョークを握り、教卓を蹴飛ばした。
    この時点では皆が金縛りにでも遭ったかのように動けない。
    教室の端の机からチョークで『バカ』と大きく書いていく。
    この辺で何人か止めに入るが、効果は無い。
    男子が抑え込んだが奇声を発しながら暴れる。
    Bの足だか腕だかが男子の股/間にヒット。悶絶。
    そのうちに、Bの机も含めて全部の机に『バカ』の文字。

    このページのトップヘ