奇妙な体験談

    951 :名無しさん@おーぷん 2016/10/22(土) 15:36:31 ID:Iix
    ふと思い出したので投下

    自分の話だけど、物心ついた時には叔母の家で生活していた。
    実母の妹にあたる人で、叔母さんはいつも優しかったけど叔母さんの旦那さんや
    実子は冷たくて、邪魔者扱いされて寂しくて悲しかったのをよく覚えてる。
    遊びに行ったり、外食にも連れて行って貰えず1人で誰もいない家に居ることもあった。
    泣いていると叔母さんがいつもカルピスを作ってくれた。
    時々玄関先に2人組が来て話し込んでいることがあって、その時は絶対玄関の方にいっちゃいけないと
    聞かされていた。
    今思えばきっとそれが両親だったのかなと思う。そんな生活が3年ぐらい。
    小学校入学と同時に両親だと言う人と一緒に暮らす事になり、家に連れていかれたら
    妹と弟だという双子の赤ちゃんがいた。
    戸惑ったけど、実の両親は優しかったし叔母さんの家にいるよりは何倍もマシだったから
    それなりに幸せに生きてた。
    なんとなく自分を叔母さんのところに預けていた理由は聞けなかった。
    叔母さんの家は遠かったので、それから叔母さんと直接会うことはなかった。

    私が結婚することになり、それを機に思いきって幼少時に預けていたことについて聞いてみた。
    実の両親はキョトンとして「預けた事なんてない、むしろお前は叔母さんに会ったこともないはずだ」
    両親が出してきたアルバムを見せてもらったけど確かに、叔母さんの家に預けられているはずの年齢の自分が
    家の庭で遊んでたり、親に抱っこされている写真がいっぱいあった。
    叔母さんの写真も見せてもらったけど、叔母さんの顔は確かに私の知ってる叔母さんだった。

    よく分からなくてそれからしばらく悩んだけど、いつの間にか忘れていた。
    今思い出しても不思議です。
    分かりづらかったらごめんなさい。

    411 :名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/19(土) 23:32:21 .net
    当方男ばかりの業界なんだけど、取引先にすごく美人な女性.がいたんだ。で、なんとなく俺に特別な視線を感じてドキドキしてた。向こうから飲みにも誘ってくれたけど、
    東京大阪行き来してたんで断ってばかりだった。
    そうこうしてる間にプロジェクトは終わって半年近く忘れていた。
    別な用事で上京し偶然その子に会ったら、「どうしても話があるから夜会ってもらえますか?」って真顔で言われるもんだから、これ確実に俺の事好きだよね、って舞い上がって日帰りのつもりがホテルとってしまった。

    293 :名無しさん@おーぷん 2016/01/21(木) 13:14:02 ID:lo2
    転勤族なんだが、以前ある賃貸マンションに住んでいた時の大家が気持ち悪かった。
    契約後に挨拶に行ったとき「きれいに使ってくださいよ」って言われて
    その時は特に気にならなかったんだけど、3LDK100平米の広さの割には<夫婦のみ歓迎>だとか
    <幼児お断り>とかの条件があったから少し神経質な大家なのかなと思った。
    ちなみにうちは40代夫婦ふたり暮らし。大家さんは70代ぐらいの男性。
    で、引っ越しを終えて一ヶ月ぐらいした時に、朝8時半ごろに突然大家が訪ねて来て
    「何かご不便はありませんか?僕はこの時間にこの辺りをウォーキングするのが日課なので
    何かあったら遠慮なく声を掛けてください」って言われて、その時は真面目な大家さんなんだなと思った。
    更にそれから2ヶ月ぐらい経った頃に、又8時半頃突然やってきて
    「廊下側の窓の桟の角から結露の水が廊下側に酷く流れてるけど、部屋の中どうなってますか?」って言ってきた。
    でも大家さんが指摘したその窓は、確かにうちの玄関の横だけど隣の家の窓。
    なのでそう告げたら「え?お宅じゃない?どれ、ちょっと見せてください」って言うのね。
    「いやいや、図面見れば分かるでしょうし家の中片付いてないので」と断った。
    (隣家は共働きで留守だった)
    断ったのに「ちょっとだけ」「いえ困ります」「少しだから」「すみません」と押し問答になり、
    この時に初めて大家に対して不信感というか、気持ち悪いと思った。
    が、こんなの序の口。

    300 :名無しさん@おーぷん 2014/06/28(土) 14:23:46 ID:fR9LQjkxm
    先日、初めて不思議体験にあったから思い出せる限りの事をレスする。
    ただ文章力が皆無だから分かりにくいと思うが…後、俺は不思議体験だと思うが皆がどう思うかは分からん。

    仕事帰り、急な目眩に襲われたんだ。本当に突然で、しかも人気のない細道を歩いてたとき。
    (あ、これヤバイやつだ)って本能的に感るくらいにグラグラ視界ゆれんの。
    で、さすがにこのままは危険だと思ってとりあえず車がきた時の事も考えて、端の方によって座り込んだんだ。
    そこで携帯で嫁に連絡しようと思ったが、先に意識が途切れた。

    でも一瞬にして目が覚めた。頭もグラグラしてない所か、本当にさっき目眩を感じたのか?って言うくらい元気。
    (休みに病院行ったほうがいいかな)とか思いながらさっさと帰ろうと立ち上がって、ここで、本当にここでやっと気付いた。
    さっきは夜だったのに、朝っつーか昼っつーか、とにかく明るい。
    もう頭ん中大混乱。もしかして俺が一瞬って思っただけで、実は夜が明けるくらいだったのかと思って携帯見るも、日付は同じ日。と言うか、時間も俺が倒れた時の同じ時刻。嫁からの着信もなし。
    余計にテンパって、とりあえず誰かに連絡とらないとって思って嫁に電話かけた。

    でたよ、嫁。電話。でもすっごい怯えた声。
    電話でた瞬間に「ど、どなたですか…?」って。
    俺「いや、俺だよ。携帯に表示されてんだろ」
    嫁「俺って…え?えでも、…え…?」
    俺「なんかあった?つーか、今どこ?家?今何時?なんか俺、今へんな、」
    電話の向こう「おーい、どうした?」
    向こうで、男の声がした。その声に、一瞬で血の気引いた。
    その男の声が、紛れもなく俺の声なんだよ。
    それに思わず電話切ってしまった所で、またグルグル酷い目眩。

    で、目が覚めたら倒れる前と同じ夜。もうテンパる所の騒ぎじゃない。
    1人震えた手で嫁に電話かけたら、呑気にでやがった。
    嫁「どうしたの?」って。それに俺も「お前今誰といる?」って聞いたら、「1人だよ」って。
    嫁に今あったことを全部話して聞いても「やめてよ1人なんだから!怖いこといわないで!」と怒られた。

    で、家帰ったら玄関まで嫁が走ってくんの。それもすっごい怯えた今にも泣きそうな顔で。
    何事かと思って話を聞いたら…その日の先週くらい、俺が仕事いく前にそういう電話があったと。
    嫁「あの日、貴方がいたのに私の携帯に貴方から電話がかかってきた。凄く怖かったんだけど、携帯落としたのかと思って出た。
      あの時も、そんな会話も電話の相手とした。相手の人は、酷く混乱している様子で俺だと名乗ってた。
      あの後、貴方が「どうしたの?」って声をかけた次には電話が切れた。
      本当は貴方に言おうと思ったけど、ソファーの上に貴方の携帯あるのが見えて幽霊か何かかと思うと怖くて何もいえなかった。」
    と。
    俺はそんな話聞かされてなくて、驚いた。確かに嫁が電話に怯えた日があったけど…まさかあの時とは。

    ようは、あの時の電話とその日の電話が繋がったんだと思う。
    俺が倒れた間に見た夢か何かだと思い込もうとしたけど、おもいっきり現実世界だし嫁も感じてるからさすがに夢とは思えない。
    結局あれ、なんだったんだろ。こういう経験は本当に初めてで、まとめとか見てスゲーとか思ってたのに…まさか自分が体験するとは。

    351 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/09/13(日) 02:29:14 ID:umurIsgJ.net
    私のスマホにアダ●トサイトの架空請求業者から料金が未払いだと電話がかかってきた。
    アダ●トサイトなんて見ないし、口調も893みたいだからすぐ詐欺だなってわかった。
    そこで、架空請求業者と意気投合してみようと思って
    「実は私も一ヶ月前まで娘の友達のフリして受け子やってて捕まっちゃってさ~、
    私は書類送検だけで済んだんだけどおたくも気をつけたほうがいいよ~」
    と言ったら、明らかに焦った声で「…マジっすか!?それヤバイじゃないっすか」と言われたw

    このページのトップヘ