奇妙な体験談

    29 :本当にあった怖い名無し 2020/01/11(土) 21:54:23 ID:x1Qyquk50.net
    こちらに投下しなおします。5年くらい前の話です。
    少し長くなりますが、お付き合い頂けたらと思います。

    当時、娘は3歳。テレビを見ながらきゃっきゃしてる娘を見ながら私はごろごろ横になっていました。
    スマホで娘(仮にRとします)の写メ撮ったりしながら、そんな休日の昼間を楽しく過ごしていました。
    そんな中、急に体がまったく動かなくなり声も出なくなってしまい、娘は確かに目の前で今も笑いながら某子ども番組のDVDを見ているのに。
    名前を呼ぼうと必タヒに声を出そうとしましたが全く出ず…どうしようどうしようと思っていたら急に。
    背後から手が出てきました。片手は私の右目を覆い、もう片手はわたしの左手首をがっちりと掴む形で。
    この時自分がどうにかなる、というよりも目の前の娘に何かあったら!と思って気が気でなく。
    なんとか体を動かさなければと必タヒに、歯を食いしばりながら目玉だけを右に左にと動かして抵抗していました。
    次第に涙がこぼれはじめて、その瞬間に私を拘/束していた手がゆっくりと後ろに下がり視界から消えました。
    その瞬間、「R!!」と娘の名前を声に出せたのです。

    あまりに恐ろしくてそのまま娘を抱えて家を出て実家に帰りました。
    そのことを母に話したところ、一応みてもらった方が良いのではないか、と言われ、
    知り合いの神職…祈祷師というんでしょうか?そういった力を持った方にお話を聞いて頂くことにしました。

    祈祷師さん=Kおじさんとします。

    Kおじさんは、祖母(母方)が昔から付き合いがあり困った時等ご相談に行かせて頂いておりました。
    家を建てる時に地鎮祭をお願いしたり、この話とは別の霊障があった際にもご相談したりだとか。
    Kおじさんはもう高齢で現在では96歳になるおじいちゃんなのですが、私も、元気ー?と顔を出して雑談したりするようなそんな仲です。

    続きます。

    401 :1/2 2006/08/14(月) 18:13:54 ID:6gu1i8+i
    俺は何もしていないから、武勇伝とはちょっと違うかもしれないけど

    とある会合で酒を飲んで、ちょっと物足りなかったので知り合いが営む和食料理屋に行った。
    カウンターには会社員風の先客が3人。50代が1人と30前半くらいのが2人。50代の隣にひとつ椅子をあけて俺が座った。
    30代のうち一人は話に相槌と愛想笑いをするくらいで無口。
    もう一人はオクターブ高い猫なで声でしゃべる、まるっきり太鼓もちみたいな奴で。
    手を才柔みながら「ええ~、まったくもってそうですよねぇ~。部長のおっしゃるとおりですよね~」
    なんて言ってるもんだからおかしくって、(うわ、本当にこんな奴いるんだ)って思って最初は聞き耳をたててたんだわ。

    この部長って呼ばれてる奴がどうも酒癖が悪いみたいで、10分くらいしたら急に舌打ちを始めた。
    で、聞こえるように「若造が一人でこれるような店じゃねえんだよ」なんてつぶやきやがる。
    よこの太鼓もちも拍手しながら「いや、まったくもってそのと~り」みたいなこと言ってるし。
    多分、ちょっと上等な店に部下を連れて来てかっこいいとこ見せたかったんだろうと思う。
    そこに俺みたいな若造(といっても30歳だが)がいるのが面白くなかったんだろ。

    こっちも相手するもの面倒なんで無視してんだが、途中でついジ□リとにらんじゃったんだ。
    それがまた癪にさわったみたいで、物言いがエスカレートしてくる。面と向かって言うわけじゃないが
    「いまどきの若い奴らは」とか「こんなとこに一人で来るようなやつは彼女もいねえんだろ(余計なお世話だ)」
    とか好き放題言ってる。横の太鼓もちは相変わらず「いやー、まったく部長のいうとおり」。
    俺も胸糞悪くなったけど、相手してもしょうがないし。

    828 :本当にあった怖い名無し 2020/07/22(水) 19:42:27 ID:Y2V8Cdzv0.net
    見てたら自分も怖い話したくなったので語らせてください😮

    去年の秋の話です。
    自分は淡水での釣りが大好きでよく山奥の渓流や野池に出かけます。
    この日は山○県の廃村近くにある渓流を目指し狭い山道を車で登っていました。
    軽自動車一台がようやく通れるすごく狭くて舗装道路と呼ぶのは躊躇われるような一本道の悪路です。
    対向車など来るはずないところですが、もし来たら終わりだなぁなどと思いながら運転していました。
    かなり山奥に入った頃、突然これ以上進めなくなってしまいました。
    台風19号の影響でしょうか、道が2/3ほど崩れてなくなっていたのです。
    山奥すぎてまだ自治体に発見されていないのか、通行止めの看板等もなかった為、私は崩れている現場まで来てしまいました。
    狭い道をバックで戻る訳にも行かず、少し迷いましたが、ヤブに車を突っ込んで少しづつ切り返すことにしました。
    2分ほど試行錯誤し車がヤブで擦れるキーキーと言う音に眉をひそめ、スタックしませんようにと願いながら、
    なんとか車の向きを来た方向に変えることができました。
    ホッとしながらハンドルを握り直し、今来たばかりの道に目をやった時私は見てしまいました。
    10mほど先、狭い道の左端に、喪服を着て背筋をものすごくピンと伸ばし直立不動で立っている不気味なほどガリガリに痩せたおじいさんがいたのです。

    あれ、さっきこんな人追い越したっけ???いや誰もいねーわ!
    めっちゃガン見してない??
    てか顔色悪すぎん???
    それより痩せ過ぎじゃない????
    なんで喪服なん????
    その格好でこんなとこでなにしてんの??
    年齢と姿勢あってなさすぎん??????

    こんな風に自分の中で恐怖が膨れ上がっていったのを覚えています。
    霊など感じたことなくそういったものとは無縁だった自分ですが一瞬でこの世のものではないと感じました。ピンと伸び過ぎた姿勢が何よりも怖かったです。
    恐怖で固まっていましたが頭はどこか少しだけ冷静でこの状況で自分を助けてくれる存在は何一つないんだなぁなどと諦めのような感覚にもなりました。

    784 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ (アウアウカー Sa5f-UmNz [182.251.244.45]) 2017/07/13(木) 21:15:54 ID:HtP6uz0Ka.net
    通ってた高校が元病院らしくて、そこで2回、
    他は、卒業して2回そういう経験に遭遇したよ。

    バッチリ見たのは高校の合宿時。

    怖いか分からんが、書いて行く。

    夏の合宿で夜の学校内の宿舎に泊まった時、夕食を調理室で食べて階段を上がった時に見た。

    バブル時代に居そうな肩が張った赤いドレスの女だった。
    デカイ金色のイヤリングを着けた青いシャドーを付けてソバージュヘアー(黒)の女が、窓の外から手をガラスにベタって貼り付けてこっちをジッと見てた。 で、目があった。

    ソコ、二階なのにね。

    振り向いたらもう居なかった。

    見た時の最初の印象は、怖くない。
    ただ、頭の中が?だらけで、
    「なんでこんな所に人がいるんだろう?」
    って感じだった。

    で、ワンテンポズレてゾワって来た。

    光が無い目をたまに思い出して、なんとも言えない気持ちになる。

    ちなみにその目って、水中で開けた目にソックリ。丁度夏だし、気になったら友達とプールで試して来たらいいよ。

    光が無い目を体感できるよ。
    あれはマジ怖い。

    967 :sage 2016/10/25(火) 23:10:24 ID:C6t
    ふと思い出したので投下します。
    長文なので分割します。初投稿なんで、わかりにくい部分もあるかと思うけどスルーしてください。


    約20年前の、夏の夜の話。
    私と彼氏を含めた十数人の友人グループで、数台の車でつるんで深夜のドライブを楽しんでいた時のこと。
    いつの間にか「肝試しに行こう」という話になっていた。

    しかし、私は大反対。
    他の女友達数人も私に同意してくれ、その手の場所に遊び半分で立ち入るのは良くない、と必タヒに肝試し敢行派を説得した結果、折衷案として『問題の建物には入らず、近くに行くだけ』という話に落ち着いた。

    問題の建物というのが、崖上のホテルの旧館。
    本来ならとっくに取り壊されるハズが、怪奇現象が連続発生した為に取り壊すことも出来ず、廃墟化して放置されているという曰く付きのもの。
    今回は、そのホテルの新館(絶賛営業中)から少し下の方にある、暗いけどやや広めのパーキングスペースが目的地となった。
    それなら大丈夫だろうと安心しきっていた私達は、道中ワイワイ騒ぎながら移動、あっさり目的地に到着。

    途端、私は金縛りにあったように全身が強ばり、後部座席のシートから動けなくなってしまった。
    同時に襲い来る、猛烈な寒気。
    夜とはいえ夏なのに、まるで冷たいプールに浸かり過ぎた時のように歯をガチガチ鳴らして震えだした。

    おかしい、おかしい、おかしい。

    パニック状態で叫びたいのに、下を向いたままガタガタ震えるしか出来ないという異常事態。
    同じ車に乗っていた彼氏や友人達はサッサと降りてしまい、独り取り残されてしまった。

    早く離れなくちゃ、誰かに伝えなくちゃ。
    その一心で、何とか首を動かして窓の外……皆がいるはずの方向を見た。
    すると……あるはずのものが、ない。
    いや、正確には『ある部分だけが歪んだ空間で覆われていた』とでも言えばいいのだろうか?

    そのパーキングスペースの中央部分には、車のライトに照らされた大きな石碑があるはずだった。
    しかしその石碑だけが、私の視界から排除されてしまっていた。
    恐ろしくなり、慌てて視線を下に戻す。

    このページのトップヘ