ほっこりする話

    494 :名無しさん@おーぷん 2015/04/02(木) 02:28:04 ID:???
    うちは月末が給料日なんだけど、
    給料日には我が家はキャバク●に変貌するの
    家の廊下にはご丁寧に看板(旦那お手製)も出して
    私は目一杯着飾って旦那を出迎えるんだ

    この日ばかりは旦那もノリノリで
    「いや~、今日も綺麗だね、可愛いね」
    と普段口にしてくれない言葉をポンポン言ってくれる
    もう嬉しすぎてタヒぬるw

    私も旦那にしなだれかかったりポッキー口移しみたいな
    普段恥ずかしくてできない事をやったりするんだけど
    旦那、顔真っ赤でチョー可愛い!

    それでお会計が旦那の給料→お釣りという名目で
    今月の旦那の小遣いを渡す…

    というのが毎月恒例のイベント
    まぁ家庭内イメクラなんだけどすっごく楽しい!
    今月末からは妹夫婦も参加する事になってるけど、旦那の隣は
    たとえ妹でも渡さん!そこは私だけのものだぁーっ!

    459 :名無しさん@おーぷん 2017/03/29(水) 21:05:43 ID:???
    うちには白猫がいるんだけど、さっき外に出ちゃったの。
    すぐに探しに行って、名前を呼んだら向こうから婆に向かって白猫が走ってきたの。
    見つけた!と思って、ラッシーと再会するときみたいに両手を広げて待ってたら、猫が直前でピタッと止まったのね。
    「ニャー」って鳴いたんだけど、うちの猫の声よりハスキーなの。
    暗い中白猫だからてっきりうちのだと思ったら、まるっきり別猫だったのよ。
    「え?ウチノコちゃんじゃないの?」って言ったら、また「ニャー(ハスキー)」って鳴いてどっかに行っちゃった。
    そしたら、その横の木の陰から、うちの猫が「ニャー(ハイトーン)」って出てきたの。
    いつから見てたのかしら。よその子と間違えて怒っちゃったかしら。
    帰ってから蒸しタオルでごしごし拭いたことも怒ってるのかしら。
    さっきからそばに来てくれないの(´・ω・`)

    17 :名無しさん 2014/04/05(土) 14:17:53 ID:???
    お昼に食べようと思ってたパスタの麺が
    見つからない…、昨日買ってきたまま
    放置してたら息子がどっか持ってって
    そのまま行方不明。
    お湯とパスタソース用意したのに…、
    お腹すいたよ…。
    本人も覚えてなくて「あぇー?どこだぁ?」とか言いながら遊んでる。
    すぐに片付けなかった私が悪いんだけど
    探し疲れたしお腹すいてやる気でない。

    62 :おさかなくわえた名無しさん 2004/11/27(土) 10:46:15 ID:soGPBfpX
    ではつなぎのネタでも・・・

    中学生のころ、部活後に友達と一緒に帰ってて
    何気にポケット探ったら中にあったアメチャンが1個出てきた。
    すると友達、「半分ちょうだい!」
    ・・・は、半分!?

    結局、歯で噛み割って分けました。
    「アメチャン半分こって・・・」とちょいビックリしたけど
    友達が満面の笑みで旨そうに食ってたのでちょっと和んだ、
    そんな子供時代の思ひ出です。

    254 :名無しさん@おーぷん 2015/07/20(月) 18:17:56 ID:pCC
    うちはド田舎なんだけど、最近近所にお洒落なイタリア料理店ができた
    「一緒にランチ行こうよ」と旦那を誘ったら、恥ずかしいから一人で行けと言われたので、
    旦那の昼食を作ってから一人でランチに行った

    そしたらそれを居酒屋でグチったらしく、買い物先で会ったおかみさんに軽く叱られた
    「俺をほったらかしにして俺の金でしゃれた店に飯食いに行って~」と言ってたそうだ
    昼食はちゃんと作ったことや旦那の了承もあったこと、共働きなので自分の小遣いから出したことを
    おかみさんに伝えたら、「一方的に叱ってごめんね」と謝られた

    旦那に何言ってんだゴルァと〆たら、他の常連客が嫁の愚痴(料理が下手とか金遣いが荒いとか)をしていて
    「おまえんちは何もないのか」と聞かれて、苦し紛れにひねり出した嘘だと白状した

    だってうちは平和すぎて愚痴も出てこない!と言われたので、よろしいならばマズ飯でもくらえと
    今日の昼食のロコモコ丼に、適当にサラダ用のドレッシング(オレンジ風味)をぶっかけて出したら
    うまいうまいと喜んで食べていた
    味音痴?と思って私も食べたら本当に美味しかった
    なにこれ

    このページのトップヘ