ほっこりする話

    703 :名無しさん@HOME 2011/12/18(日) 16:09:17 0
    もう10年以上前の話。修羅場という程じゃないけど

    結構混んでた山手線で、座ってた俺。目の前に立ってたカップル。
    二人して足元をキョロキョロと探し物をしてる様子なので、自分の足の下にでもあったらまずいかと思って
    俺も足を上げてみたりしたけど別になにもない。
    切符でも落としたんだろと思ってたんだけど、二人の様子が段々真剣になってきたし、なにしろ目の前でやってるので、
    しかたなく声をかけてみることにしました。
    「何か落し物ですか」
    すると男性の方が「あ、はい。あの、結婚指輪を」
    えっ、と思ったその瞬間、周りの乗客がぶわっと一斉に振り返りました。
    あまりの超反応に指輪の事よりもそっちにびっくりして、3人でえっ?えっ?とキョドってしまいました。
    で、それから大捜索開始。声の届いた範囲の人たち全員が指輪捜索を始めた訳です。
    でも日本人つーか東京人つーか、誰も一言もしゃべらないんだよね。
    みんな、つり革につかまった状態で下を覗きこみ、踏んだら大変だからそっと足を上げ下げ。無言で。
    それを周り中が一斉にやってる様子はどう見てもゾンビ映画でした。
    当のカップルというかご夫婦は、あまりの光景に真っ赤になって固まってしまい、身動きひとつできない様子でした。
    しばらくそんな大騒ぎ(でも無言)したものの指輪は見つからず、皆あきらめて車内も徐々に落ち着いてきました。
    そこで旦那が、あきらめたのか開き直ったのか、ボソッと言ったのです。
    「しょーがないな。こりゃ離婚するしかないか」と。
    俺は(うわあ、なんてこと言うんだよ、奥さん激怒するだろ)と思い、おそるおそる奥さんの方を見ると、
    なんと奥さんはニコニコッと笑って、「そしたらまた結婚しようねー」だって。
    当時独り身だった俺は感動し、(すげえ、こんなできた奥さんが欲しい。俺と結婚してくれ)と思いました。
    でも、周りの乗客はなんとなくムッとした様子で、中にはチラ見しつつ(ふざけんなバカップルが)という顔してる人もいました。
    無理もないか。

    結局、指輪は俺の隣で騒ぎの間中ずっとで口開いて爆睡してたおっさんの足の下にありましたとさ。

    692 :名無しさん@HOME 2018/01/24(水) 23:22:39 0.net
    テキトーに生きてるテキトーな家族の話なので嫌な人は不快感持つかも

    我が家では
    父と高校生の私:それぞれの私室
    母・小学生の弟:六畳間の和室
    で寝るのが基本
    しかし体調を崩したりした時、和室はそこそこ広くて布団も多く寝心地が良いので、普段そこを使わない人も特別にそこで寝て良いことになっている
    家族だから移る移らないはそんなに気にするなという至極いい加減な家風や、端っこに行けば母と弟のスペースはさほど取らないことから、まあいいやってことで特になんとも思わずにその方針に従ってきた

    んである土曜のこと、熱っぽくなった私は和室でひと晩寝かせてもらっていたのだけれど、泊まりの仕事から朝方帰ってきた父はそれを全く知らなかった
    母はその時出かけていて、和室で寝ていたのは私と弟のふたりだけ、母+弟のいつもと頭数は変わらない
    私は母と体格も似ていたし、頭頂部をちょっと出すだけで殆ど布団に潜り込んでいたので、外から見る限りでは母と見分けがつかなかったようだ
    仕事で疲れていた父は、癒しが欲しくて(なのに疲れることをするのは謎だが)妻だと思い込んだ私に腕枕をし、時たま頭を撫でたりしつつ(私の記憶にはない)そのまま1時間くらい添い寝をしていたのだが

    父「そろそろ10時だよ〇〇ちゃん(母の愛称)、起きようよー」
    私「やだまだねむい」
    父「…………あれ?」

    617 :名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/07(水) 16:40:10
    うちの嫁ちゃんはふと見つめ合ったりすると
    「オマエラ付き合っちゃえよ!ヒュー!」
    とか
    「キース!キース!」
    って野太い声色で男子大学生のように煽ってくる。

    二人きりだと一人で何役もこなす。
    「良い雰囲気」を作るのを妨げられるので結婚前は告白やプロポーズするのに苦労したなぁ…

    昨日は帰るコールしたらオバマが出た。
    嫁「アイム オバマ!フーアーユー!(あっちょっともう、やめてよオバマ!浮気中だってバレちゃうじゃない!)あ、あなた?い、今のは何でもないよ!」
    全力で生きているのを見てると疲れも吹っ飛ぶわー

    695 :名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金) 05:25:02 ID:???
    寝かしつけで一緒に寝てしまい、深夜3時半に起きてしまった。
    こっそり布団から抜け出して、さめかけたお風呂に入って追い焚きしてたら、泣き声が。
    いつも、頭を洗ってるときに子供が泣く空耳があるんで、一瞬空耳かと思ったけど、徐々に声が大きくなった。
    ヤバイ!と思って即効出て、バスタオルだけひっかけて出たら、二階の寝室から子供が
    おがーやーーーん!!
    おがーーーやーーーーん!!
    と泣きながら階段まできていた。
    おーごめんね、おかーさんいるよーと、よしよししながらだっこしたらすぐに泣き止む。
    かわいい!
    お父さんではダメで、ベッドから降りて母を探しだしたらしい。号泣しながら。
    後追いとかされたことないのに!やっぱりおかーさんのこと好きだったのね!
    かわいいよーかわいいよー

    じゃ、また寝ます!

    191 :名無しさん@おーぷん 2015/02/21(土) 02:57:35 ID:vqH
    今日のトメ

    夜に義実家でご飯を食べていると近所のおばさんの話に。
    「◯◯さんの所のお嫁さんは見るたびに疲れてる。あれはイビッてるな!」
    それを聞いた義弟が「嫁子さん?うちの母が優しいからって調子に乗ってるのかしら?」と即興コントスタート。
    「申し訳ありません、お義母さま!嫁子が全て悪いのです!」と義母にフルと「ほ、本当よぉ!えぇー、、嫁子さま!」っと間違えて私にまで様付け。。
    それを聞いた義弟、すかさず「いやいや、そこ様付けしたらただの貴族の会話やんか~ぃ」と久々のヒゲ◯爵登場。
    隣で旦那がリアルにビール吹き出してました。

    お義母さま!
    もう嫁子は天然のお義母さまにメロメロですわ!

    227 :名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2014/09/01(月) 21:33:05 ID:qumjPT7u.net
    一年生の息子、学校で名札が行方不明だったからと
    教育実習の先生が名前をわからないと困るだろうって、鉛筆で白の服に名前を書いて帰ってきた。
    「大丈夫!消しゴムで消えるように鉛筆で書いたから!!」って自信満々に言い放つ息子を見て脱力した。
    服に鉛筆で書かれると消しゴムじゃ消せないんだよ・・・。
    これ、落ちるのかな?と服を見ながら涙目になってしまう。
    もう、白の服は買うのをやめようorz

    950 :名無しさん@おーぷん 2018/05/01(火) 14:04:29 ID:RCO
    俺の兄の体験した修羅場

    深夜いきなり寝ていた俺が起き出して
    寝ている兄を揺すり起こし
    「○○!!扇風機!!扇風機が来る!!逃げるぞ!!」
    と叫び寝るという事をしたらしい
    朝番で明朝に起きないといけなかったのに
    寝言の内容が気になって寝れなかったそうだ

    ごめんよ...

    286 :名無しさん@おーぷん 2018/04/25(水) 12:01:02 ID:bNr
    バスの始発駅で、早めに乗車できたから座席を確保した
    あっという間にバスは満席になった

    しばらくして、杖を突いて乗車してきたお年寄りAに席を譲ったら
    Aの次に乗車してきたお年寄りBに「何故自分に譲らなかった」となじられた
    Aが「俺のほうがあんたより若いだろうから座れ」とBに席を譲ろうとした
    Bが「お前のほうが年寄りだろ、俺は座らん」と怒ってAを席に押し戻した
    他の乗客が席を譲ろうとしても断ってAの目の前に仁王立ちしてた
    険悪なのかと思って見てたが、Aが話しかけると「うん」とか「いんや」とか
    普通に会話しててちょっと和んだ
    その後、Aがバスを降りるときに「意地張らずに座れよ」とBに席を勧めたが
    Bはそのあともずっと、席を譲ろうとする人を拒否しながら立ち続けた

    Bとはたまたま同じバス停で降車した
    よろよろしてたから、嫌がるのをなだめながら腰を支えてベンチまで連れて行った
    「お前いくつだ」と聞かれたので「今年で三十路です」と答えたら
    「孫が同い年だ」と言われた
    年齢を聞いたら「85だぞ」と威張られた
    ぶっちゃけ70ちょいくらいにしか見えなかったから「うそ!若い!」と
    お世辞でなく言ったらドヤ顔をされた

    つうか85歳なら意地張ってないで座れよあぶねえな

    946 :名無しさん@おーぷん 2018/04/28(土) 15:29:23 ID:8WL
    割と動物系の笑える修羅場って多いよね。

    うちは実家に帰る前に「新しく犬飼ったんだよ!○○と○○のミックスでな、賢いぞぉ!」と親父が興奮気味に連絡くれた。

    家に帰るとそらもう見た目はラブラドールレトリーバー。
    へっへへっへと可愛らしく舌を出して尻尾ブンブンってお出迎え。
    親父が「ただいま、ジョニー!」って言ってたんだが、すんごく嫌な予感がした。
    お袋にこっそり新しいお犬様の名前を聞いた。
    文太だって文太。カスリもしてねぇじゃねえか。

    お父様、新しく犬を飼うたびにまずジョニーと呼ぶのはやめてください…。

    後日実家帰ったときは親父は文太を「ジョン」と呼んでいた。
    ジョニーどこいった、お父様よ。

    63 :名無しさん@HOME 2015/07/05(日) 12:02:52 0.net
    武勇伝とは違う気がかなりするけど、該当スレがわからん。でも誰かに言いたかったから書いてみる

    児童館に2ヶ月くらいの赤ちゃん抱えた新米ママ(かなり憔悴しているのがわかる。目がタヒんでた。産後鬱?)がいた。
    赤ちゃん泣き出しちゃって、ママはおろおろ。もう見てられないぐらいの焦りよう。
    児童館だし、別に子ども泣いてもいいんだけどね。

    そしたら、1歳半くらいの子が、そっちを指しながら自分の母親の顔を見て、あっあっって言う。泣いてるよーみたいな。
    そのお母さんは、そうだねー泣いてるねーって相手してたんだけど、ぐったりな雰囲気の赤ちゃんのお母さん見て、

    泣いてるね、赤ちゃん元気だねー

    って言ったの。聞こえる声で。
    その時の、赤ちゃんママのホッとした顔がとても印象的だった。
    1歳半ママも昔苦労したんだろうなーと思ったよ。

    615 :なごみ 2008/02/19(火) 01:03:22 ID:A/MNIW/R0
    自分もギャップ萌した。

    市役所に行って来たのだが、駐車場に入るまで渋滞していて、ふと前の車を見ると
    いかつい黒い車にバックミラー越しに見える運転手はスキンヘッドにグラサン装備。
    こえー車の後についちゃったなぁ、と思いつつ駐車場に車を止め役所に向かうと
    先ほどの運転手が前を歩いていた。派手なセーターに金ネックレスと期待を裏切らない。

    しかし彼の繋いだ右手の先にはピンクのコートを着た4~5歳の女の子。
    そして年度末の市役所はとても込んでいた。そんな中、前を歩く二人の会話が聞こえた。

    「うわ~しやくしょ人が一杯だねぇーーー」
    「そうだねー時間掛かっちゃうかもなぁ、○○ちゃん待ってられるかな~?」
    「だいじょーぶだよーう」

    和んだ。

    494 :名無しさん@おーぷん 2014/08/04(月) 19:49:35 ID:???
    二人目妊娠中の時、とにかく眠くて眠くて仕方なかった。娘2歳とお昼寝と寝てたら、先に起きたのは娘で
    起きた時に「あれ?いない」と部屋のドアを開けて台所で見たものは、全身茶色い娘。「ママおちた(起きた)?」と笑顔で言うのに対し「あ、うん」と答えつつ
    寝起きの私は内心「こいつやべぇ!!●塗った?」と思ったが、退屈だった娘は味噌を塗ったくってたみたいだ。
    味噌で良かった・・・と思いつつ内心修羅場だったw

    45 :名無しさん@おーぷん 2018/02/17(土) 21:18:18 ID:MHm
    昨夜帰宅したらホームベーカリーが届いてたので、ギリギリの材料で食パン焼いたの
    出来上がりが本日の深夜1:00
    トメさんが食パン大好きだから、焼きたてあげたくなった
    こっそり階下のぞいたらまだ電気ついてるしTVの音が聞こえたからお届けに行ったんだけど
    うたた寝してたみたいで悲鳴げられたわw
    そうよね、深夜食パン持って立ってる嫁おかしいわw

    お互い出かけたりで先ほど顔合わせたら興奮気味に詰め寄られた
    「嫁子さん!あれ何!?焼きたてだからなの??粉が違うの!?すっごく美味しいんだけど!
    もう全部食べちゃった」
    スーパーに売ってる普通の強力粉だよー
    嬉しかったからこれからスーパー行って買ってこよう
    嫁子は単純だからさ、これからパン焼いちゃうよ~

    791 :名無しさん@おーぷん 2018/02/16(金) 09:22:37 ID:9mL
    今から4年位前に、独身だった私に突如「子供が欲しい」願望の波がやってきた。
    先に結婚した妹の子供を見て、本当に欲しくてしょうがなかった。
    でも、片思いしてる人はいても付き合っている人もいない、まだまだ子供は先かーって思って、のんびり独身ライフを楽しんでたんだけど、

    ある時、ふと出産する夢をみた。
    男の子で、名前は私父に名付けてもらって「原二(仮)」。
    第一子なのに、なぜか原二。夢だからこそ、意味不明なんだけど。
    十月十日お腹にいた記憶もなければ、陣痛は失神して覚えてない……みたいなご都合主義な内容だった。
    夫はその当時自分が片思いしてた人で、私は彼に「元気な男の子です。母子共に健康です。」とラインした。

    でも夢の最中、命名の用紙を壁に貼り付けているときに、そういえばまだ子供も抱っこしてないし原二の顔も見たことないことに気がついた。
    その瞬間、「あ、これは夢か」って気がついて、夢の中で笑いが止まらなくなったよね。
    子供欲しさにこんな夢まで見たかーって思って。起きたら2ちゃんにネタとして書き込もう。
    もうそんなアホな自分を笑い話にするしかないなって。

    朝起きたら、妹に夢の内容を話そうと思ってラインを開いたら、
    当時の片思いの彼に「「元気な男の子です。母子共に健康です。」とラインしていた……。
    それも返事で「どうしたの?誰かお子さん産まれたの?」ってきてて、もう朝から悲鳴を上げるしかなかった。
    だけどもそれ以来、ラインの真意というか言い訳というか、弁明というか。
    とにかく必タヒに寝ぼけていたことを説明するために、会話することが増え、私の夢の内容は共通の秘密になった。

    それからあれよあれよと、今。
    その当時の片思いしていた彼と結婚して、この度、妊娠しました。
    すでに男の子と判明していて、名前は「原二(仮)」
    本当はもっと今時っぽい名前にしたかったけど、彼が「神様からのお告げだったんだよ」っていうから、今の所は原二くん。
    すごい私の中では恥ずかしくてタヒにたくなるようだったけど、夫は今でも覚えてるみたい・

    お母さんは君が、お母さんのお腹の中に来る前から、お父さんとお付き合いする前から君を待っていました。
    無事に産まれてきてくれることを祈っています!

    45 :名無しさん@おーぷん 2018/01/18(木) 11:51:46 ID:4f8
    昨晩、車に置き忘れた荷物を取りに外へ出た所、「ニャー」と上から猫の声がする
    見上げると屋根の上に飼い猫がこちらを覗いてた
    「なにしてんの?」と声かけるも、ひたすらニャーニャー鳴くだけ
    「遊んでんの?でも寒いから荷物とったら戻るよ」と荷物を取りに動くと
    私の後を追うようにして屋根の際から追いかけてくる
    私が右に動けば右に、左に動けば左に…
    その間もずっと鳴き続けているのだが、元々そんなに鳴く猫ではないので
    なんかおかしいなと思ったのだが、ひょっとして屋根に上がって下りられなくなったのでは…と思い直した
    屋根の下辺りに、それなりに大きいな石があるので、それに上ってどうにか手が届くか届かないかだったので
    近寄ってきた猫に「○○(猫の名前)こっちゃこい!」と声をかけ、足を出してきたら捕まえようと思った
    そうしたら猫のヤツ、遊んでると思ったのか、私の手を猫パンチしてくる
    「お前ッ!何してんだッ!こっちこいッッ!」と怒るが、猫はますます調子に乗り(?)
    あっちへ行ったりこっちへ行ったりしながら猫パンチを繰り出してくる
    5分ほどそれを続けたが、荷物を取りに行くちょっとの間と思って薄着だったので、いい加減寒くなり
    「お前もう知らないからな」と手を伸ばすのを諦めた途端に、遊び終わったと思ったのか
    屋根から側の木の枝に飛び乗って普通に下りてきた…
    猫ーーーーーーーッ!!!w

    509 :名無しさん@おーぷん 2014/10/15(水) 03:20:43 ID:TPoQy661e
    夫婦喧嘩の絶えない家だった。
    父の無神経さに、母が怒り、
    父は怒られた事は次からしないようにするものの、
    母の怒りの原因を理解してないように思えた。

    母「なんで5本も大根を買うてきたんや!」
    父「安かったから」
    母「こんなに誰が食べるん?」
    父「ああ、ごめん俺が食べるわ」
    母「そういう話じゃない!」

    次の日

    母「なんでウチワをたくさん貰ってきたん」
    父「配ってたから」
    母「こんなに何に使うん?あんた観音様にでもなるんか?」
    父「ごめん、確かに」 ←後で聞いたらウチワを配ってる人が不憫で貰ってきたらしい。
    母「昨日言うたやろ!」
    父「言われてないと思う」 ←父は大根は買わなかったからいいと思ったらしい。
    母「~~~」

    こういった事が日常茶飯事にあり、
    父は東京の生まれで、母は大阪の生まれで、
    地域性も少し出ていたのかもしれない。
    私は、母の気持ちが良く分かった。
    父は何につけても大雑把な人だった。

    720 :1/2 2013/08/04(日) 10:05:34 ID:DHGQCzDV
    近所に長い間病気で寝たきりだったおじいさんがいたんだけど4年前に亡くなった。
    当初つきっきりで看病をしていたおばあさんはショックで寝込んだり入院したりで、いつ後を追ってもおかしくない
    位に気落ちしていたんだけど、半年経った位から次第に明るくなり白髪だらけでボサボサだった頭も綺麗に染め
    てパーマをかけ、すっぴんだった顔もバッチリ化粧をし、地味な色合いだった服装もこじゃれた華やかな色合い
    になってすっかり別人のようになり「彼氏でもできたんじゃないか」と近所で噂になっていた。
    ある日、私と母が犬の散歩をしていると道端でおばあさんに会い「お茶でも飲んでって」と家に呼ばれた。
    その時に母が「最近明るくなったよね」と言うとおばあさんは「そうなの!これ見て!」と旦那さんの遺影が飾られ
    ている仏壇から手紙を取り出して見せてくれた。
    それは遺品整理の時に見つけたと言う旦那さんからの最後の手紙との事で非常に丁寧で柔らかい筆跡で
    「僕はあなたより先に行きます。あなたには本当に迷惑をかけた。僕はあなたの明るく溌剌とした笑顔に惹かれ
    結婚を申し込みました。どうか僕がタヒんだらあの時のようにいつも明るく元気でいて下さい。存分にお洒落をして
    沢山遊んで笑って下さい。僕はあの世からあなたの笑顔を見ています」←だいたいこんな内容

    130 :おさかなくわえた名無しさん 2013/08/22(木) 07:08:09 ID:IGuDCTr2
    トメを泣かしてやったw
    結婚して6ヶ月なのに「私の孫はまだ?」と五月蝿いトメ。
    義実家に顔を出す度に何度も言う。
    その上、誰が〆ても「聞こえなーい」とシレッとして終わり!
    なので黙ってもらう為、母子手帳を出してやった!
    トメがパアーって感じで満面の笑み、その後涙がボロボロボロ。
    良ウトを亡くして寂しいのは知っているのだよ。今度は同居話で泣かしてやるw
    どうだマイッタかw

    61 :名無しさん@おーぷん 2017/12/14(木) 17:45:40 ID:3oM
    子供の頃、庭に中型犬を飼っていた
    山地にあった我が家は、小さな川がすぐ側にあって、近所の子とよく遊びに行っていた
    ある夏の日
    庭の犬も暑そうだったので、川で遊ばせようと思い立った私は、犬を連れて川へ
    犬は「わー!水だ水だ!」と大はしゃぎで走って行ったので、私は「あんなに喜んじゃって」とほのぼしていたが
    水にザブーンと飛び込んだ瞬間
    大はしゃぎだった犬が、テンションガタ落ち、真顔で私の元へ戻ってきた
    川の中に何かあったのかな?と思って見ても何もない…
    不思議に思いながらも、水に足を突っ込んだ瞬間、そりゃ犬もテンション下がるわってくらい
    思いのほか水は冷たく、私もビックリした
    日陰になっていたからか、真夏でも思いのほか水が冷たくて
    それとしらずに全身ダイブした犬は驚いちゃったのだろう
    今だにあの時の大はしゃぎからのテンションガタ落ちした犬の顔は忘れられない

    98 :名無しさん@HOME 2013/04/21(日) 07:35:41 0
    長男を出産して退院した頃、近距離別居のトメさんがノートを私に差し出して
    「嫁子ちゃん、コレ。○○家に伝わる心得なの。目を通しておいて」
    と言ってきた
    優しくてちょっと天然で五十代なのに色々可愛いかなりの良トメさんだったし、長女出産時には大はしゃぎで孫フィーバー(迷惑とかはほぼ無し)してくれたから、
    すわ跡取り男孫フィーバーで嫁イビリ開始かと脳内が修羅場になって完全に固まってしまった
    神妙な顔をしてテーブルにノートを置いてそそくさとトイレに行ってしまうから、恐る恐る開いてみる
    ノートのページに古いメモ帳、というか和紙みたいなものが貼られていて、旧漢字を交えた達筆のギリギリ読める筆文字があった

    (大まかに意訳)
    一つ、嫁のした事に逐一文句を付けると、息子にも嫌われる
    一つ、嫁がしていない事も嫁のせいにして苛め抜くと、息子に殴られる
    一つ、嫁の粗を探して嗅ぎ回り、付き纏うと旦那に殴られる
    一つ、…

    初めの一ページにドーンと、嫁に嫌われないための○箇条が
    続きには他にも生活の些細な知恵などが数ページに渡って書かれていた
    昔の知識過ぎて今は解釈が違うものは欄外に注釈がしてある
    和紙のページ以降は和紙に書いていない生活の役立つ豆知識っぽいことがノートに直接綴られていた

    このページのトップヘ