鬼女のつぶやき〜2ch鬼女・キチママ・生活まとめ〜

主に2ちゃんねるの鬼女関連のスレッドをまとめています。修羅場、恋愛・結婚、育児関連の記事が多めです。

    嫌な体験談

    623 :おさかなくわえた名無しさん 2013/04/04(木) 01:34:59 ID:WlC+JW3O
    小学校6年生になった日から1年間無視をされていた
    無視というか存在自体が無いこととされていた

    クラスメイトが「遊び」だと主張したので教師も悪ノリしていたのだろう
    教科係経由で提出した提出物が無くなったり道具が無くなったり給食がないこともあったが、
    通っていた小学校は教科ごとに教師が違うので、提出物は担当教師に直接提出したり、
    (担任の教科は職員室で担任がいない時を見計らって他の複数の教師に声を掛けて提出した)
    給食は給食室に残飯を取りに行っていた

    雪の日に「雪の中に石を入れて投げてはいけません」と教師が言えば、
    クラスメイトは「誰もいないから大丈夫だよね」と私に向かって投げてくる
    突然「素振りの練習」と言いながら平手打ちをされる
    そんな毎日が小学校卒業まで続いた

    正直無視されていたことよりも親にバレることが何よりも嫌だったので
    家では常に笑顔で、楽しそうな学校生活を送っている振りをしていたのがキツかった
    実際は朝起きてから寝るまでずっと謎の腹痛と吐き気と頭痛に襲われていたけど、
    「今日も学校楽しみだな」みたいなことを言って笑顔で出掛けて、
    帰ったら「今日も学校はこんなに楽しかったよ」と嘘の報告をしていた
    演技力の甲斐あって、今でも親は私の小学校生活は楽しいものだと思っている
    (実際に当時の写真やビデオは満面の笑みで楽しそうなものばかりだ)
    お陰で演技力と妄想力(脳内友人や脳内ストーリー構築)は逞しくなったよw

    中学生になったら無視がなかったかのように元クラスメイト達から普通に話しかけられたが
    その頃には人間なんてそんなものだと思っていたから特に何とも感じなかったし、
    誰にも頼らずに自分のことは自分でやる癖がついた
    結果、誰にも頼りたくなかったから小学校から大学まで1日も授業を休まなかった

    改めて思い返してみると、修羅場というかある意味強くなった話で申し訳ない

    75 :名無しさん@おーぷん
    私昔から肌荒れを気にしてて背中もニキビだらけで悩んでいたんだけど、親に顔しょっちゅう触るからよって注意されてた。
    でも最近母が私の服一部洗ったことにして洗濯籠からわざわざ出して洗わずに戻してることに気づいた。
    一番きついのはタオルを洗ってなかったこと、これも昨日使ったタオル洗濯機回してないのにもう畳まれてるな〜?と思ったら洗う前に洗濯籠から取り出されてた…気づかずに使っちゃってたよ…
    人が肌荒れに悩んでること知ってて何でそんなことするんだろ?母の神経がわからん

    35 :名無しさん@HOME 2014/06/19(木) 15:17:09 0.net
    グロ注意


    長文失礼します
    姉が妹の私に忄生的虐侍をしていてそれが両親にバレたこと
    文武両道で美人で親も自慢する近所でも評判の姉で私も尊敬していた
    姉が中学に入ってから、夜になると私の部屋に忍び込み忄生的虐侍をするようになった
    騒いだらボールペンで目を刺すと言われて、体格的にも(中学入学の時点で身長170cm)立場的にも(姉と比べ私は全てに劣る)上の姉に逆らえず三年間、毎夜、忄生的虐侍をされた
    姉のそれはお腹を毆ったり、眼球を舐め回したりするような加虐的なもので、ある夜ライターを持ってきて何をするかはわからなかったけれど、それが原因でベッドに火がつきちょっとしたボヤになって姉の忄生的虐侍が親にバレた

    続きます

    724 :おさかなくわえた名無しさん 2011/06/26(日) 02:26:18 ID:DBjkLpmg
    駅近くの一通路を車で運転していたところ、違反進入して来たオバサン運転の軽自動車
    こちらが先に停車して様子をうかがっていると、その中年女はクラクション連発してきて
    「ちょっと退きなさいよ!狭くて通れないじゃない!」と抜かしやがる
    「ここは一通なのでそちらが引いてください」と言っても
    「何言ってんのよ?こんな狭い道バックで戻れるわけないじゃない!」と悪びれた様子も無し
    結局そのババアの代わりにバックで元の道まで戻してやって「今度からは気を付けて下さい」と降りようとした瞬間
    そのババア糞女の口から出た言葉はお詫びでもお礼でもなく「バカじゃないの」の一言
    さすがにブチ切れてエンジン切って抜いた鍵をはるか遠くに投げ飛ばしてやった
    さっさと自分の車に戻って、駐禁標識の真下に停めてある軽自動車で何かを喚いているババアを尻目にその場を脱出

    962 :おさかなくわえた名無しさん 2017/12/31(日) 15:39:03 ID:Zj2dl1hD.net
    さっきあった話

    オートロックのマンション住んでるんだけどインターホンがなったので宅急便かな?と思ったら知らない年配?おばあちゃん?ぐらいの女忄生で「705号の××なんですけど入れなくなっちゃったのでエントランスのドア開けてくれませんか」と言われた

    たぶん冬休みだし年末だから孫とか娘息子の家に遊びに来ててちょっと外に出たら入れなくなったみたいだった
    うちが最下層に住んだるからたぶん順番にしらみ潰しにインターホン鳴らしてたんだろうけどこれが夜中とか男の人だったらと思うとゾッとする

    母が対応したんだけどこんなこと初めてなので母も動揺してインターホン切っちゃったのでエントランスのドア開けれなくて仕方がないので家から出て開けに言ったら「わざわざ来なくても中から開けてくれれば良かったに」だってさ
    お礼も悪びれる様子もなし
    いくらこのマンション住民だろうがその親族だろうが同じ階層にいる人しかほぼ把握してないし正直会ったことない人なんて腐るほど居る
    何階に住む○○ですって言われたって100%信じられないしなんかちょっと非常識だなーって感じてスレタイ

    このページのトップヘ