嫌な体験談

    55 :名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金) 16:43:32 ID:???
    この場を借りてグチらせて頂くわね
    なんだか一人じゃ涙の収拾がつかなくなっちゃったの

    婆のお友達のお子さんが結婚なさってね、お相手の方がとてもかわいいって褒めるのよ
    その方、娘さんの旦那さんもすごく褒めるのよね
    で、婆も昔のことを思い出しちゃったの
    もう亡くなって随分経つ婆の母の言葉が棘の様に刺さって見ないフリしてたけど幸せそうなお友達を見て、婆も母にこんな顔をして欲しかったなとグリグリ抉られるのよ

    それはね、爺についての言葉なの
    若かった爺は親戚の年上の方に評判が良くて、マメで、悪い人じゃないのよ
    ただちょっとノリが田舎で合わない人もいるかもしれないそんな人なの
    交際の挨拶に行ったときも結婚の挨拶に行ったときも…両家の顔合わせでも言わなかったけど婆に男児が生まれて初めて言われたの
    あの男の血が流れてると思うとおぞましいから今後顔を出さないでと
    父はその時既に亡くなっていたから何でもしてくれる爺が妬ましかったのかもしれないわ
    でも実の母に鬼のような顔をされて…孫の顔すら見たくない
    あの男(爺ね)、初対面から大っ嫌いよって言われて何も言い返せなかったの
    爺もその場にいたから不本意ながら聞かせてしまったわ
    自宅に帰って爺に変えていく努力はするけれど、もうあの感情は覆せないかもしれない
    もしそうなったときも今のままなら君の家族は戸籍上この三人だ
    母と相容れられなくても大丈夫か確かめられたの
    婆はそのとき爺と子供を選んだわ
    近付く努力はしたけれど結局婆の妹に母は危篤でもタヒんでも我が家に連絡はしないように言い残して亡くなったの
    妹もそれを守って葬儀が終わって相続時に全放棄の印をくれとだけ連絡してきたの

    婆は子が連れてきた人が例え気に入らなくても、犯罪に関わったり子の苦労が見えるような人でない限りは墓まで持って行くわ
    あんな思いは子にも相手にもさせてはならないの

    母の別離の言葉のあと孫の写真が見たいと一度言われたわ
    素直に婆は子が遊んでいる写真を送ったの
    すぐに封書で何か送られてきたわ
    …写真の燃えカスよ
    何の写真家わかるように全部は燃してなかったわ
    それ以来、婆も連絡が取れないようにしてしまったの

    長々とごめんなさいね
    どうしても吐き出したくなってしまったのよ

    97 :おさかなくわえた名無しさん 2018/10/19(金) 20:09:22 ID:jgVk9sPD.net
    卒業後もたまに会って遊んでたA子B子をFO中
    約束の1/2はどちらかによるドタキャンによって無くなる。

    待ち合わせ場所に到着してるのにドタキャン連絡、理由もちょっと意味が分からないものだったり
    お店に予約キャンセルの電話を私がしなきゃいけない、後日埋め合わせ~って類は全くない。

    グループの中で自ら誘う人間は私だけだけど、暇な日教えてってLINEしたとき既読無視されて
    もうどうでもいいやって冷めた。既読無視自体は珍しくもないんだけど。
    嫌われてるのかとも思ったけど抜けたら抜けたで反応あって、なんだかなー

    557 :名無しさん@HOME 2018/12/09(日) 03:35:02 0.net
    えっと書き込み初めてなんですけどここでいいのかな?

    今からかなり前の私ではなく姉の修羅場
    姉は小中とかなり酷いいじめにあってたんだけど必タヒに隠してたみたいで両親もまだ小さかった私も全然気づかなかったんです。
    ある日突然姉が学校の窓から飛び降りたって連絡が両親に来ていじめが発覚
    幸い姉は木と植え込みがクッションになり命は助かったんだけど左手と左足を骨折の重症を負った。
    当然両親は学校に抗議したけど、いじめがあったなんて気付かなかったとかお決まりの台詞だし加害者達もその親達もヘラヘラしてちょっとからかっただけでタヒのうとしてとか謝りすらしなかった。
    そこでダメだと思って両親は家族揃って祖父の家へ引っ越し転校してそこで学校に通うことになった。
    学校は幸い良い子達でいじめられる事もなく姉は徐々に立ち直り高校に入学する頃には明るい元の姉に戻って行き大学そして普通の会社に就職して社会人生活を初めていじめの事なんて誰も思い出さなくなってた。

    長いので切り

    262 :おさかなくわえた名無しさん 2018/11/28(水) 00:21:26 ID:ugm/xGSc.net
    四捨五入したら50のオッサンです。
    高卒で入社した会社、当時は景気よく高卒でも大きな会社に入れた。
    日◯製◯所の100%子会社だが全従業員6000人弱の会社。勤務は関西支社、大阪の本◯、事務職だった。
    キタにもミナミにも、いつでも飲みに遊びに便利な場所だ。
    順調に仕事をこなし、社内結婚、社宅住まい、幸せな結婚生活、ここまでは絵に描いたような人生。
    転落が始まったのは俺の転属、それも全く違う畑で全く違う勤務地。
    理由はよくは覚えてないのだが、ようは最終希望職の通過点みたいな感じって言われた記憶がある。
    最終的にわかったのは、他の希望職を以前から出してたのと、嫁と同じ部で課は違ったが色々とマズかったらしい。
    勤務地は◯港にある日◯製◯所、そこから持病の喘息(ストレス、精神的なものだろう)が酷くなり、
    ついにギブアップ…休みがちになり嫁とも離婚、初めての一人暮らし、余計孤独とストレスと…
    とうとう会社を辞める決意をした、だって会社なんて世の中にいくらでもある!
    辞めると決めたら体調もマシになり楽観的に。

    ・・・そして、出社最後の日、元々事務職で入ったので人事関連も同じフロアのままだった。
    手続きを終え、皆に迎えられエレベーターへ、その時は既に一人、しばらくすると事務職時代の同期の姿が・・・?
    何年も一緒に過ごしてきた同僚、親友、少なくても俺はそう思ってたし、転属してからも当然交流はあった(稀にだけど)。
    EV前で一言、

           「◯◯ちゃん、もらうけど、いい?」  「あぁ・・・」

    その同期は既婚だったが離婚してたのは転属先で知ってたし、それから飲みに行ったりしてもあえて触れなかった。
    まさか俺の元嫁とそうなってたとは・・・それに、実はおれの婚姻中に既に、ということを後で同じ事務職の人から聞いた・・・

           こえぇぇぇぇぇぇぇ!!!

    これって、あるあるかな?スレ汚しスマンです。

    119 :名無しさん@おーぷん 2015/05/19(火) 16:51:06 ID:rdi
    文章苦手なので読みづらいかと思います、申しわけない

    昨日の夜のこと
    いつもは夕方には仕事が終わるんだけど、トラブルがあってかなり遅くなってしまった
    少しでも早く帰りたくて、夜になると混み合う国道ではなく、信号がない脇道?的な方を通って帰る事にした

    周りが田んぼとは言え、いくつか民家もあるし街灯もあるし怖い感じがする道ではなかったけれど、車を走らせて2~3分すると
    コンコン
    とリズミカルなテンポで運転席後部の窓に何かが当たる音がした
    驚いて急ブレーキをかけて止まり、窓の外を見るも当然誰もいない
    何かが当たったのかとも思い、車を降りて外に出るも、窓に当たりそうな物などない
    そもそも物が当たったのであればコンコン、でなくもっと違う音がするんじゃ...
    と思ったらぞっとして急いで車に乗ってその場を離れた
    余計なことは何も考えないようにしようとカーステの音量をあげて、歌いながら運転していたら
    コンコン
    とまた後部座席から窓を叩く音がする
    何も当たるわけないし走行中の車にノックできる人間なんていない
    でも誰かが窓をノックしてる
    ミラーを見たら何かが映るんじゃないかと怖くてひたすら前だけを見てアクセルを踏み込んだ
    人通りのある国道に出ようと進路を変え、あと5分もすれば家に帰れる!とそれだけを考えていたのに
    コンコン、コンコン
    やっぱり窓を叩く音がする
    しかもさっきより増えてる

    何も考えなきゃいいのに、わたしの頭の中では車にへばりついて窓をノックする影の映像がわりとはっきり見えてて半泣きだった
    それと同時に冷静な自分もいて、パニックになったら事故になるから、落ち着いて運転しなきゃ!とも考えていた
    落ち着いて、と自分に言い聞かせて、法定速度を守るようにして運転し、曲がり角を曲がれば家が見えるところまで来た
    国道に出てからノックは止んでいて、だいぶ気持ちも落ち着きつつあったのに、さっきのコンコンとは違う
    バン!バン!
    という強い音がした
    考えたくはないけれど、両手で窓ガラスを叩いてるような音
    見たわけじゃないけどそう思った
    家に着いたけれど怖くて車から降りられず、車の中から旦那に電話して外まで迎えに来てもらった

    朝になって旦那に頼んで車の様子を見てもらったら、雨が降ったわけでもないのに運転席後部の窓にだけ泥の痕が付いてた
    今のところそれ以外にオチらしいオチはないです
    夜中に家の窓叩かれたらどうしようとか思ったけれどそんな事も無かったし
    文章にするとあまりインパクトはないですが昨日はホントにチビるかと思うくらい怖かったです...
    二度とあの道は通らない

    このページのトップヘ