報告者がおかしい

    680 :名無しさん@お腹いっぱい。 2020/01/22(水) 09:16:02
    子供3人高校受験生と小学生2人
    受験生の発言に対し嫁が余計な事を言いやがった
    ナイーブな時期にマイナスな発言
    受験生子供が同じ高校を受験する同級生を動揺させて自分が有利になると言う内容
    それに対し嫁は自分に返ってくるよと言いかけた
    その事で受験生子供はキレて嫁の足を何度も蹴ったんだが無理もないよな?
    嫁が何故止めないのかと俺にキレてきたんでお前が頭おかしいから無理もない子供が可哀想だとと言った
    受験生子供が暴れて今度は壁を殴りはじめたんで、俺は壊れるだろうと注意した、壁に穴が空いたから一層強く叱った
    そしたら何故壁に穴を開ける事は怒るのに親を蹴る事は怒らないのかとまた俺に八つ当たり
    お前マジで頭おかしいよと言い返してたら嫁携帯で録画してやがった

    1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 20:32:13 ID:Si0ylBJP0.net
    女結婚した
    しかも俺と仲の良い同僚と

    同僚には俺が振り向いてくれないことを相談して徐々に仲良くなったらしい

    因みに同僚は実は俺が女の事を好きであえて避けてたことを知ってて
    そのことを言わず女と付き合い寝取り結婚した

    付き合ってたことも聞いてない

    いきなりの結婚発表+妊娠

    女の幸せそうな表情

    アタマおかしくなりそう助けて

    327 :おさかなくわえた名無しさん 2013/11/15(金) 11:58:10 ID:piMakm3H
    若干のDQN入ってるけどひとつ。
    駅のホームで先発の電車が行ったので次発の列から先発の列に
    移動したら爺が横入りで先頭に入ってきた
    「並んでいるんで後ろに行ってください」と言ってもどく気はない。
    しょーがないからそのままにして電車が来ていざ入ろうって
    時に爺の靴の踵部分を踏んで靴を脱がせてそのまま線路内に落としてやった。
    当然爺はあわてる。それを横目で見ながらちょうど爺を見物できる位置に座って
    気分よく電車は出た。

    1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/03(日) 13:03:47 ID:SfPZDX3O0.net
    風呂で三人で入ってた

    妻「ちょっとあんた今は○○いんだからそれ何とかしなさいよ」ボソボソ

    俺「おまえのネ果見て立ったんじゃないけどな」ボソッ

    妻「は?」

    俺「…」

    妻「おい!今何つった!!!」

    俺「別に?」

    妻「別にじゃねーーだろーっ!!」

    これで喧嘩になって離婚するって口聞かないんだが俺は悪くないよな?生理的現象だし

    573 :おさかなくわえた名無しさん 2018/12/05(水) 21:21:22 ID:BleoTXnd.net
    旦那兄弟(私から見て義弟)は仲が悪い。結婚前から時々「あいつはダメ人間だ」みたいなことを聞かされてて、
    式の時も義弟が仕事の都合で来れくなった時も「厄介者が来なくて助かった」とか言ってたんで
    ほとんど関わることもなかったから、ほとんどまぁ男兄弟なんかそんなもんか程度に思ってた。
    いざ結婚してから旦那の実家にちょこちょこ顔出すようになって顔見るようなったら
    義弟は見た目はオタっぽくて無口だが挨拶はちゃんとするし、
    まだ結婚はしてなくて実家暮らしだが家事全般は両親と同じようにしている。
    義姉の姪が義実家に遊びにきた時我が子も連れて行くとが多いのだが何だかんだで面倒を見てくれたり
    旦那の言うようなダメ人間とは到底思えないと言うか普通に常識人。
    私達家族を出迎えてくれた義弟に対してあからさまに無視したり
    実家への手土産も「あいつの分はいらない」、義弟が話そうとすると「お前は喋るな」的な発言をしたり
    一方的に義弟を嫌ってる旦那に問題があるじゃないかって思うようになってきた。
    これに対して義両親や義弟は昔からだから諦めてるって感じだった。
    義姉夫婦に二人目が生まれて、うちにも二人目が~みたいな会話になった時
    義弟が「兄が弟(自分)を嫌った態度をとることには問題視してないが、
    ○○ちゃん(うちの子)が兄に似て下の兄弟を見下すような教育をしてたら
    申し訳ないが(私達家族とは)縁を切る」って言い放ったのが衝撃だった。
    それに対して旦那が「願ったり叶ったりだ」とか言っててちょっと離婚を考えた。

    このページのトップヘ