スカッとする話

    163 :名無しさん@HOME 2011/09/15(木) 11:41:13 O
    トメがうどん屋を始めたいと言い出した。
    開店資金をたかられたが、夫兄弟全員示し合わせて断った。
    結局、トメの貯金から全ての費用は賄われた。金は持っているみたい。

    昔、トメは義兄の奥さんをイビリたおしていた。
    私は正月くらいしかトメと会わないが、よく義兄嫁が台所で泣いているのを見た。
    義兄は一度それを偶然発見し超高速で別居したから、義兄嫁はいまは穏やかに暮らしている。

    義兄が逃げたので私たち夫婦にすり寄ろうとしているトメは、私が書道していることを思い出したようで、
    タダでうどん屋の看板を書いてくれと言ってきた。

    看板本体の費用と彫り費用は払うから、トメのイメージに合う立派なのを書いてと言われた。
    だから、立派な看板は立派な板でとトメに話し、屋久杉の太い一枚板を2枚取り寄せた。
    表用と店の中用に。

    そして、店の名前をとにかく立派に書けと言われたのだが、
    無視して「嫁いびり庵」と表裏都合4回を書きあげ、彫り屋さんに預けてきたw

    彫り屋のおじいさんが、注文の際に屋久杉が勿体無いと言っていたが、
    屋久杉の木目と私の字体が面白いから、よい作品になるだろう、出来上がりは任せろと言ってくれた。

    昨日、店に設置された看板を見てトメは憤怒。
    人はあそこまで怒ることができるのかとビックリした。
    夫は「良かったな、母さんのイメージ通りだ」とトメに言っていたが、
    怒り狂ってるトメの耳には入らなかったみたい。

    882 :名無しさん@HOME 2012/08/09(木) 14:54:56 0
    遠距離なのでウトメと会うのは年に1回。汚屋敷なので義実家には泊まらず
    ホテルを取ってもらっている。
    ウトメにとっても、ちょっとしたリゾート気分になるらしい。
    一人1万円程度なので、たっぷり年金を貰っているウトメのお財布には厳しく
    ないはずだし、こちらもガソリン代+義実家その他へのお土産を計算すれば
    とんとんか、気分的にはマイナス。
    普段からイヤゲ物を寄越す人たちで、会えば無神経な発言多いので結婚当初
    から苦手だった。

    その年は、ウトメは私の「ともこ」という名前から「トンコちゃん」という
    妙なあだ名を捻りだし、やたらと豚鼻(指で鼻の頭を押し上げてブヒブヒと
    言う)をやったり、温泉に行こうとした私に「お風呂場でウ○チしないで
    ネ!」と他のお客さんに聞こえるように叫んだり。
    食事時も「ほらっトンコちゃん、沢山食べなさい」「太れば高く売れるから
    なww」というウトメのコンビネーション技。

    他人からどう見えるかはわからないけれど、仕事は営業だったし社外向けの
    イベントでは受付をやったりもしていたから、それほど不快な容姿ではない
    と思う。体重も標準体重の下だし。

    ウトメと別れ、夫と自分たちの部屋に戻って自分の親の行動をどう思うのか、
    私は不愉快だからやめて欲しいと話しても「二人とも嫁子が可愛くて、久し
    ぶりに会うから舞い上がってるんだよ」とななめ上。
    「イヤならそう言えばいいじゃん」と言われたので、翌朝の食事時に決行。

    続きます

    761 :名無しさん@HOME 2010/12/03(金) 22:37:01 0
    トメはヨメに対してはまさに何にでも文句を言う人。
    孫の成績が良ければ「勉強ばっかりさせて!いつもガミガミ無理強いしてるんでしょう!」
    悪ければ「教育は母親の責任よ!恥ずかしいと思わないの!」とどっちにしろヒステリー。

    私はそういう人がすごく苦手で、けっこう今までも衝突があり、現在ではかなり疎遠。
    それに比べて義弟ヨメさんはいつも笑顔でおっとりしててある意味トメのお気に入り。
    (可愛がったりしてるわけでは決してなく、イビリターゲットとして)
    しょっちゅう義弟夫婦を呼びつけたり押しかけたりしてるらしい。

    義実家にちょっとした集まりがあって夫だけ派遣したんだけど、最近のトメはもう
    人前でも堂々と義弟ヨメさんにくどくどと文句を言うようになってしまったらしい。
    見かねた親戚が「いくらなんでも品がない!」と一喝してやっと黙ったんだとか。
    まだぐちぐち言ってるトメにあきれた夫が義弟ヨメさんに謝りつつ義弟を怒りつつ、
    「母は強いものには弱いんです。大人しくしてるとつけあがるだけだから、
    もっと怒ったりしてください」と言うも彼女は「本当に平気なんですよ~」と笑うのみ。
    親戚のおじさんが「いやはや菩薩のようだね、なんだってそんなに我慢できるんだい」
    と茶化したら、義弟ヨメさんは相変わらずニコニコしながら

    「だって、どうでもいいですから」

    と笑ったらしい。
    場は静まり返り、明らかに微妙な空気が流れてるのに、やっぱりニコニコ笑ってたそう。
    「リングの上で義弟ヨメさんのはりぼて相手にトメが必タヒに闘ってて、はるか上のVIP席で
    ニコニコそれを見てる義弟ヨメさんの図」が頭に浮かんだ、と夫が言っていた。
    いびってると思ってたのに実は見下されてた、と悟ったトメはマジで顔が赤くなってたそう。
    その夜、血圧の上がりすぎで具合を悪くしたらしい。

    同じリングに上がって真正面から闘ってしまっていた自分は小者だったんだな・・。

    324 :名無しさん@HOME 2015/01/04(日) 13:32:46.16 0.net
    >>316
    > 年末は義兄嫁を仕込んであげなくちゃフンガー!!してた

    ダラトメに限ってこういう寝言をいってる気がする。

    25 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/01/04(水) 16:41:59.60 ID:gL8NGnMN.net
    父は建設関係の零細企業を経営していた。
    ある日そんな父の所に近所のヤンキーなお兄ちゃん達が「胸がスーっとなるシンナー下さい」と尋ねてきたんだとか。
    ヤンキー達は父からもらったシンナーを吸引し全員病院送りに。
    父が渡したシンナーは業務用の超強力なモノでシンナーを日常的に使用する建設関係者ですらキツいと言わせる逸品。
    ヤンキーから話を聞いた警察が一応父の所に来たらしいが
    「胸がスーっとしたいって言ってたから、ウチで使ってるシンナーをあげただけ。」と言ったので
    警察も「これが本当の胸スー」とか意味不明の応答で済んだらしい。
    ヤンキー達は2度と父の会社には来なかったので、その後は不明。

    93 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 06:38:02.97 ID:pVjyafqY.net
    武勇伝になってるかどうかは分からないけど私は物凄くすっきりした話

    私→犬のトレーナー
    ラブラドール→脱走し周辺住民に噛み付き庭を荒らす問題犬
    近所の母娘→ラブラドールの飼い主

    半年前からラブラドールを飼い出した母娘
    しつけも散歩もしないせいでラブラドールは立派な問題犬になった
    たまたま脱走して私に噛み付いてきたラブラドールを制御することができ、怪我はしたものの慣れっこなので気にせず、可哀想だけどそのまま家まで送り届けた
    それ以来ラブラドールは私の出勤時間に合わせて脱走し、私に会いに来るようになった
    犬のしつけが仕事なので外でも犬と接する時は正しく扱う癖がついているため、段々ラブラドールはよくなつき私に対してはお利口になった
    でも脱走はする。多分きちんと従いたいと思える主人が欲しかったんだと思う
    私は母娘に何度も注意し、アドバイスし、私の働くしつけ教室を紹介するも「ケチね、それくらいただでやってよ」と
    私がいくらしつけたって餌やりしかしない母親の言うことは聞かないだろうし、怖くてラブラドールに近寄れない娘と仲良くすることもできやしないのに
    何度目かの「ただでしつけをしてよ」という発言に腹が立ち「私がただでしつけをするのは我が家で飼っている子だけです!」と言い返してしまった
    それにムカついたのか母親は「じゃあもうアンタにあげるから好きにしなさいよ!私だってこんな言うこと聞かない駄犬なんていらないわよ!」と
    「週に1時間も会わないような私の言うことだってちゃんと聞くくらい頭はいいんですけどねえ飼い主が悪いのかな!駄人間ですか!?可哀想に!」と売り言葉に買い言葉で怒鳴り付けてしまった
    そのまま帰ろうとしたらラブラドールがついてきたのでドラクエ状態で家まで帰った(連れて帰る素振りを見せたら泥棒と言われそう、とか考えてた)

    家族と相談し、母親と言い争い、知らなかったけど実はいたらしい父親とも交渉し、とうとう昨日からラブラドールが我が家の子になった

    めちゃくちゃ割愛したけど、馬鹿飼い主に言いたいこと言えたのと、不幸な犬を1頭救えたのでとっても満足している

    97 :おさかなくわえた名無しさん 2014/03/28(金) 23:34:25.64 ID:s1/dval4.net
    3年前の話

    当時付き合ってた彼氏のDVがひどく、殴る蹴るは日常茶飯事だった
    別れたかったが、話をすると殴られるのが目に見えていたので何もできず
    相談するとまた殴られそうで、家族にも友人にも相談もできなかった

    実家に帰った時、風呂で兄と鉢合わせして身体の痣を見られてしまい
    兄は顔色を変え「誰にやられた」と聞いてきた
    堪えきれなくなり、泣きながら兄にやられてきたことを報告
    兄は激怒し「悪いけどもう一回だけDV受けてくれ」と言う
    その後、親には言わず私のアパートに向かい、監視カメラを設置
    何故そんなものを持っているのか疑問に思ったが、どうやら家の前にフンをしていく犬を見つけるために買ってもう使い道がなかったとか

    5 :名無しさん@HOME 2014/09/30(火) 22:21:46.16 i.net
    姉の武勇伝

    当時、大学生の姉とアパート借りて一緒に住んでた
    治安は良かった筈なんだけど、ある日の夜中、アパートの前の道路で大騒ぎする集団が
    ベランダからのぞくと、二十代と思しき男女が7人くらいと三歳前後の子供が5人程、道路の真ん中で運動会を繰り広げてた
    大人の馬鹿でかい声と、子供の超音波なキャーキャー声が、真夜中だもんでかなり響く
    あまりの五月蝿さに、眠りの浅い私はともかく、爆睡型の姉も目が覚めた
    睡眠を邪魔されるのがタヒぬほど嫌いな姉が、「馬鹿共に注意してくる」と一言
    私は、大人数で気が大きくなってる相手に危険だ!と止めたものの、姉はもくもくと準備を始めた
    バイト用の黒髪ウイッグをかぶり、わざとボサボサ気味に、目の下にシャドウで隈を作り眼鏡装着、毛玉のついたトレーナーにヨレヨレジャージをはいて出陣
    私は念のため隠れて110番の準備
    アパートを出た姉は、1番近くに居た男におどおどした演技をしつつ声を掛けた

    長いので分けます

    このページのトップヘ