スカッとする話

    207 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/02/12(日) 01:00:28 ID:PbyXG/NX.net
    中高一貫校で高2冬まで成績ビリ近く馬鹿にされ続けたが高3四月から本気だして早慶上智に合格
    俺を馬鹿にしていた連中の誰よりも上の大学に受かり馬鹿にしていた連中は大恥で顔真っ赤
    俺の卒業時のあだ名は浪人量産マシーン
    そして受かったら俺を小馬鹿にしていた女数人が急に俺のメアドを聞いてきた
    とりあえず1番顔が良い女を選びDT捨ててポイした

    あれから10年以上経つがいまは三十路の地方公務員として嫁と息子と平和に暮らしてる

    311 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 08:36:30 ID:2k0WVu5z.net
    高校生のとき
    部活帰りよく電車で一緒になるリーマンがいたんだが、ヘッドホンの音漏れが尋常じゃない
    そしていつも一定の周期でウルトラソウルを流している
    露骨に嫌な顔をする客は何人もいたが、注意する者は誰もいなかった

    ある日そのリーマンと俺含む部員5人ほどがまた一緒になったんだが、たまたま周りに人が少なかったので皆で結託して懲らしめることになった
    座ってるリーマンの前に集合してウルトラソウルが流れるのをひたすら待つこと数分

    リーマンの音漏れ『ウルトラソウッ!!』
    目の前の俺たち「ハーイ!!!!!(拳を突き上げる)」

    とラグビー部の野太い声で一発かましてやった
    リーマン、目を白黒させながら音楽を切って呆然と俺たちを見上げる

    主将「お兄さん!音量気をつけてください」
    リーマン「は、はい」

    それ以来電車内は平和になりましたとさ
    一応周りに人いたからツイッターがない時代でほんと良かったよ

    751 :おさかなくわえた名無しさん 2013/05/11(土) 12:27:57 ID:490UW4el
    俺がいつも利用している駅のすぐ近くに、スーパーがある。
    そのスーパーの駐輪場には大勢の駅利用者が駐輪しており、
    スーパー側はかなり困っているようだった。

    先々月俺が車でそのスーパーに行った時、駐輪場近くの壁に張り紙がしてあり、
    「当店をご利用の方以外の駐輪はお断りさせていただきます。」と書かれていた。

    しかしその張り紙をしてからも駅利用者の駐輪は全然減らなかったようだった。

    そして先月末頃、スーパーに自転車を置いて駅に向かおうとした高校生が
    「こんな張り紙してあってもマジ無意味。どこを縦読みするんですかい?www」とか言って笑っていた。
    するとスーパーの店長らしき人が丁度近くを通ってその高校生たちの会話を聞いたようで、
    すごい笑顔で「すみませんが、他のお客様の迷惑になりますので。
    因みにこの張り紙をちゃんと見ていただければ分かると思いますが、
    元から縦書きなので縦読みしていただくのが最適です、勿論。」と言った。
    高校生達は思わぬ指摘をされて「あ¨?」と言ったもののそれ以上何も言えず、
    店長の言葉と物凄い笑顔に圧倒されたのか自転車に乗って去って行った。
    本当にGJだなあと思った。

    しかし後から知ったことなのだが、俺が店長だと思っていたその男忄生は
    驚いたことにそのスーパーの近くにある八百屋の店主だった。

    八百屋の店主は駅利用者の駐輪の多さを見かねて、
    スーパーに申し出て手伝いに来ていたようだ。
    上手く言葉に表せんが、八百屋の店主本当に良い人すぎるわ…。

    744 :名無しさん@HOME 2012/12/17(月) 02:58:01 O
    良ウトメのいる義実家に「従妹ちゃんが来るから嫁子ちゃんと孫ちゃんの都合が良ければいらっしゃいな。」と呼ばれたのでお邪魔した。
    お邪魔したらクソコトメに開口一番「うっわービ×チがきた!超気分わりー!!」と言われた。
    すかさず従妹ちゃんが「コトメバカなの?子供産んだ人がビ×チならコトメの母親もビ×チだねww」と一言。
    コトメ呆然ののち号泣して部屋にこもったが、従妹ちゃんがウトさんにチクって盛大に怒られてた。

    ブラコンも大概にしろと言いたい。

    739 :1/2 2012/12/17(月) 02:57:56 0
    書き込めるかな?義理家族の定義的にスレチかもしれないけど。

    私の実家はサラリーマンだし賃貸だしでお金のない普通の家。
    旦那の家は親戚も両親も医師みたいなガチガチの金持ちで、幼馴染だった以外に私との接点は無し。

    義父と義母はご近所だったから私とも顔見知りで凄く優しかったんだけど、親戚に変なオバさんがいた。
    入籍後に旦那の田舎で親戚同士の集まりがあって行ったんだけど、そこで私が台所の手伝いをしている最中に
    「あの子はお医者さん?技師さん?え、専業主婦なの?」
    「ご実家はサラリーマンなの。そう・・・」
    「旦那さん、何であの子と結婚したの?貯金とかちゃんと確認した?」
    と、それはもう意味不明な質問責めをしていたオバさんがいたらしい。なんぞ。
    私も戻ってきた時にその会話が聞こえちゃって、部屋の入り口で固まってた。
    「若いから目先の事しか見えないかもしれないけど、お金が無い家と付き合うとあなたも大変よ~」
    「今日だってほら、他の人達と馴染めてないし・・・」 ←地味にこれが一番ビビった。

    このページのトップヘ