事故

    89 :名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土) 17:14:22 ID:beA
    近所に野良猫に餌あげてるBBAがいるんだけど、先日その猫が事故にあい素人目でも重症だと分かる怪我してた
    助けを求めてBBA宅の玄関で鳴き声を上げるけどBBA出てこず。仕方ないので近所の人と協力して捕獲し動物病院へ
    後1日2日遅れてたら手遅れだったかもしれないけど持ち直すよとお墨付きをいただき帰宅しBBA宅へ
    何故出てこなかったのか、お前が餌あげてる猫じゃないのかと詰め寄るも、餌をあげているだけで飼っているつもりはない。
    事故にあわせた者が責任をもって病院へ連れて行くべきだった、私は関係ないの一点張り
    前も似たような事してるんだよね。ふざけてんじゃねーぞ

    906 :名無しさん@おーぷん 2018/03/13(火) 13:01:16 ID:G2W
    かなり昔、私が中学生の頃のお話。
    某お祭りイベントで「ひよこすくい」なる屋台が出ていた。
    その屋台に出ていたひよこはウズラのひよこ。
    それが可愛いと思った私はひよこをすくって1羽家に連れ帰った。
    そのひよこに「ウズ」と名前を付けてそれはそれは大切に育てていました。
    事件が起きたのはカーチャンがパチ屋に行って不在の時。
    学校から帰ってきて空腹だった私は、ウズを室内で散歩をさせつつご飯を食べようと思った。
    当時の我が家は、ヤカンにダイレクトに麦茶が入っている。
    どんぶりにご飯をつぐと、それに麦茶をかけて簡易のお茶漬けを作って食べた。
    空腹が満たされた後、ふとウズの鳴き声が聞こえない事に気付いた。
    “ひょっとしたら外に出ちゃったかも!”なんて焦った私は、辺り一面探し回った。
    探しても探しても見つからず、ふと麦茶の入ったヤカンに目が行った。
    心拍数の上がる心臓
    ヤカンをそっと持ち上げる。
    そこには、せんべいのようにペチャンコになって口から何かを出して息絶えたウズが横たわっていた。
    「うわあああああ!!」と悲しんだ後、ウズをいつもの小屋の中に戻して頭の中を色んな事がグルグル回った。
    そこで何故か“よし、演技をしよう”と言う思考に繋がった。
    室内でテレビを見て平静を保ち、兄が帰ってくるのを待って、兄と談笑をした後で
    “あたかも今ウズの小屋を触りました”
    と言わんばかりの演技をし、亡くなっている事に悲しみ、お墓を作って埋めました。
    ウズ、痛かったよね。苦しかったよね。本当にごめん。

    223 :名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水) 17:50:49 ID:7aJ
    流れ切りすまん
    わりと最近の衝撃出来事
    俺と遠縁のある若夫婦がいて、夫婦に生後数ヶ月の赤ん坊もいる
    その奥さんが「たまには一人ゆっくりお風呂入りたいから、赤ん坊寝たから入り直す
    赤ん坊が起きたらお願いね」と旦那さんに言って、夜遅い時間にお風呂入ったんだと
    で、しばらくして、長いなあと思った旦那さんが風呂覗いたら、奥さんは風呂桶にもたれて寝てたんだと
    そしたら旦那さん、「疲れてるんだな」と微笑ましく思って、そっとしておいたんだと
    またしばらくして赤ん坊泣き始めたから、奥さん呼びに行ったら、奥さん風呂に沈んでたんだと

    意味が全然わからん
    旦那さんは自分も何度も風呂で寝落ちしたことあって、寝てることイコール危険って認識してなかったんだと
    浮気とか多額の保険とか怪しいフラグはないらしいんだが、奥さん実家からは今も杀殳人を疑われてるとか
    見付けてからの修羅場は想像出来ないくらい大変だったろうし、葬式でも憔悴してたし、
    残された赤ん坊を親頼りつつも手元で育ててるし、同情する気持ちもあるんだが、

    やっぱり書き起こしてみるとワケわからんよな
    起こせよ、可及的すみやかに起こせよ、風呂だぞ

    291 :名無しさん@おーぷん 2016/05/14(土) 14:40:39 ID:k3f
    事故関係で言えば、俺は相手が自杀殳して家族が相続放棄して一部賠償金が消えたことが衝撃。
    加害者がタヒねば残された被害者は地獄を見るしか無い。

    相手の飲酒運転&居眠り&赤信号無視で60km/hで減速無しのまま俺の車の側面に衝突。
    そのはずみで俺の車は二回転して父が心臓破裂で即タヒ。
    俺は頚椎骨折と指の骨折、硬膜外血腫、頭蓋骨骨折、肋骨骨折、鎖骨骨折、肝臓破裂、外傷性肺気胸で1ヶ月ほど生タヒの境をさまよった。
    起きたら父はタヒんでるし体が動かないように固定されて何も出来ない状態だった。
    幸いにも体は順調に回復して後遺症はほとんど残らなかった。

    家族が事故処理を弁護士に任せていたので俺は父の弔いと裁判の手続きを進めていた。
    その矢先に相手は自杀殳。
    そのまま保険会社が相手が契約していた上限の金額を支払ってさっさと消えて終わり。
    残りの額を相手の遺族に請求したけど相続放棄して何も残らなかった。

    結局相手の身勝手な幕引きで全てが終わってしまった。
    最終的には自分の保険から取れなかった額の一部が支払われたからまだ救いはあった。
    それでも父のタヒと自分の怪我に対する責任という部分において相手が誠意を見せたことは一度もない。
    お金で解決するのは仕方ないと弁護士さんに説明を受けていたとはいえ、そのお金も満額払うことはなかった。

    そして相手遺族が逆にこちらが自杀殳に追い込んだ諸悪の根源みたいなことを言い出した時は堪忍袋の緒が切れて怒鳴り散らした。
    あいつの墓に汚泥をぶっかけて花を全部引っこ抜いて捨てても全く気分が晴れることはなかった。
    というか虚しいだけ。
    どこにこの怒りをぶつければいいのか未だにわからない。

    686 :名無しさん@おーぷん
    かなりプチだけど自分的にはスレタイだったので。

    少し前に自転車同士の事故現場に遭遇し、80越えたお婆ちゃんが唇切って派手に出血してた。
    救急車に乗ると何処の病院に行くか分からない不安や事故直後のパニックもあったのか、警察の聴取中も「一度家に帰りたい」とずっと言ってた。
    聞くと近所だったので自分が送っていく事に。
    警察が「近所の総合病院に電話して。でも該当科の医師がいなかったら意味ないから、いなかったら救急車呼べ」って説明してたんだけど、婆ちゃん理解出来てなさそうだったので婆ちゃんの家に着いてからこれも自分が電話する事にした。
    一番近くの病院→診察時間外です。そもそも該当科が不安ならココに電話すれ(電話A)
    電話A→それなら形成外科だわ。え?おたく近くの病院あるかって?うちでは教えられんからここ掛けて(電話B)
    電話B→この時間なら近くて、電車で40分の所ですね。うち大きい病院しか言えないから小さいクリニックなら近くにあるかもよ?ここ掛けてみて(電話C)

    と、それぞれ市の公共機関にたらい回しされまくった。
    結果的にCで教えて貰ったクリニックに電話で受診可能か確認し、ぶつかった相手の親御さんが車で連れて行ってくれるところで自分は別れた。
    自分もまた事故現場に遭遇したのは人生初で、上手く判断出来てなかった事もあるんだけど、こんなたらい回しだと高齢者どころか事故ったのが若い人でも冷静な判断出来ないのでは……?と衝撃だった。そんなに細かく担当を分ける必要あるのかと。
    警察が救急車呼んだ方が早いと言ってたのがよく分かったよ。

    事故の時は冷静に、難しいけど大事な事だと思った。
    皆も気をつけて。

    このページのトップヘ