外国人

    263 :名無しさん@おーぷん 2016/07/16(土) 09:45:35 ID:QGJ
    うちの職場に、2年半の予定で赴任している台湾人Tさん。
    (日本語はまったくできないので、会話は英語と漢字筆談まじり)

    飲み会で。
    Tさん「日本のスーパーマーケットには、half priceがあって素晴らしい!台湾にはないよ」
    私「古くなって廃棄するよりは、安く売った方がいいからね」
    Tさん「先日はスシもhalf price以下だった!500円くらいのはずが、100円台でびっくりした!
    店員に本当かどうか確認して、3つ買いました!妻子も喜んだ!」
    私「苦笑」
    同僚「this?」スッと、スマホで『半額』値札の画像検索を見せる
    T「おーこれこれ!」
    同僚「これは日本語で、『ハンガク』です」
    T「そうそう!半はhalf,額はpriceね! ハンガク、重要な日本語です!」
    その場は「ハンガク!ハンガク!」で盛り上がった。
    私たちが「半額はんがくhan gaku」と書いたペーパーナプキンを
    Tさんは大事に持ち帰っていた。

    次の日、職場で弁当を食べているとTさんがニコニコしながら近づいてきて
    T「これもハンガクでした!」(カットメロンのパック)

    職場の売店の弁当も夜になったら半額になるけど、
    まだ残業してないTさんは気づいていない。
    いつ気づくかな・・・ふふふ

    616 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/04/05(日) 19:49:49 ID:3+SRLfDi0.net
    海外から友人が、小学校高学年ぐらいになる子供たちを連れて来日した。
    こちらも同じ年代の子供がいるんで、一緒に遊んだ。

    …いやーー日本の子って、いい子だよ…
    やんちゃなはずの我が子でさえ出来杉くんに見えたわ。

    364 :おさかなくわえた名無しさん 2019/11/19(火) 22:31:43
    ATMの話で思い出した

    こちらは15時過ぎの銀行の話だが、後ろに並んでた中国人系風の女が、自分が暗証番号打ち終えたタイミングで荷物をこちらにばらまきやがったから、ムカついて取り消しボタンを押し、引き落とすのやめて後ろに下がった
    当然手伝わないし、わざとらしく腕を組んでその女が拾い終わるの待ってたら
    俺の隣のATMにいた男忄生が女に文句を言い出した
    ここでビックリした
    何故なら、その男忄生も中国人風で、なんと二人は恋人同士か夫婦らしくいきなり口論し始めたこと(中国語か韓国語かわからないがそれらしい言葉でもめてた)
    中国人風の女が中国人風の男に顔真っ赤にして喚き散らしてたし…
    面倒くさいからその銀行を出て、わざわざセブン銀行に行った

    447 :おさかなくわえた名無しさん 2003/10/12(日) 22:10:00 ID:zL1iKugC
    喫茶店バイト時代。

    大柄の白人男性が、半開きの「緑のたぬき」を捧げもったまま
    ずんずん店に入ってきて、英語で「湯をくれ」と訴えてきた。
    やかんのお湯を入れてあげたが、点線まで湯が足りず、
    「緑のたぬき」を完成させてあげれなかった。
    彼は、「ノー!」と言って帰っていった。
    漫画以外で、外国人が「ノー!」と言うのを初めて見た。

    15 :名無しさん@おーぷん 2014/12/22(月) 09:51:47 ID:7B9
    私の旦那はイギリス人。
    なので当然我が子はハーフなんだけど、何故か兄嫁が「ハーフだなんて気持ち悪い!こんなのが甥だなんて認めませんからね!」と喧嘩売ってきた。
    出産してから1ヶ月お世話になるつもりで実家に行ったら誰も呼んでないのに来てるかと思ったら、前述の事をわざわざ伝えに来たらしい。
    高速乗って3時間もかかるのに。
    他にも「日本人じゃ誰も相手にしてくれなかったから外人と結婚したのねw」や「遅かれ早かれどうせ離婚するのよ!」と好き放題ギャーギャー言うから私と母呆然w
    全くこんな事言う人じゃなかったのになんのスイッチが入ったのかと戸惑うわw
    旦那が言い返してはくれてたけど兄嫁の耳には届いてなかった。
    言うだけ言ったら満足したのか、「今後の関係を大切にしたいならちゃんと考えなさい!」と捨て台詞吐いて帰っていった。
    「兄嫁ちゃんがバツイチの理由が見えた気がするわ…。」と脱力状態の母が「あとは母ちゃんがやるからあんたは孫ちゃん見とき。」と言って兄に電話してた。
    自宅に戻ったほうがいいかな。

    このページのトップヘ