近所

    662 :名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2014/05/30(金) 21:55:04 ID:grymD8Pm.net
    豚切り失礼します
    数年前に真向かいに引っ越してきた家のクレクレママに困っています
    幸いなことに、その人に出会うまではケチママ、キチママに出会ったことはなかったのですが、この一家が引っ越してきてからは一変
    まあ、無難にやりすごしてきたのですが今回はちょっと・・・

    うちは旦那と息子がスポーツカー乗りなのですが、今朝そのママさんからどっちかの車を貸してくれと言われました
    なんでもその家の息子さんがマニュアル免許を取ったものの家にマニュアル車がなく、練習させてほしいと・・・
    唖然としながらもやんわり断ったのですが伝わらなかったようで、「明日お休みでしょ? お願いね」と謎の微笑みを残して去っていきました
    旦那は貸す必要ないと言っていますし、息子も嫌だと言っているので出来れば貸したくないのですが、私が気が弱いせいで強気に断ることができません
    ただ、今回のことを機にセコママにはっきり言いたいという気持ちもあるので、どうかアドバイスいただけないでしょうか

    どうも、今までのことからして「旦那や息子が嫌がってるので無理」というだけでは納得してくれそうにありません

    23 :おさかなくわえた名無しさん 2011/02/28(月) 22:19:36 ID:MRWZLBLg
    ネタが無いようなので小さい話ですが。

    近所のスーパーに買い物に行ったとき、自転車置き場で他の自転車を
    何台もこかして困ってるヤンキーっぽい格好の中学生を発見。
    茶髪、原色交じりのジャージ、とかね。
    自分の自転車や自分の足にもこんがらがって困っていた様子。
    お店の中に向かって
    「助けてくれー。」と言ってけど、一緒にいるらしいお仲間は奥に入ったのか
    誰も出てこない。
    んで、私(38歳女、ちょいデブです。)が行きました。
    「動くと危ないからじっとしとき、今すぐそこ行くから。」と自分の自転車を止めて。
    8台ぐらい起こしていって、斜めに傾いてるおにいちゃんと自転車を起こしておわり。
    「けがない?大丈夫?」と聞いたんだけど
    「ども・・・」と小走りにお店の中に行った。

    332 :名無しさん@おーぷん 2017/03/02(木) 05:30:04 ID:zjg
    ごめん、長い上に書き慣れてないから読みにくかったらごめん。

    この時期になると思い出す。
    私は都内に就職して住んでて、田舎は東北の被災地域。
    震災が起こって1年か2年で、結婚話が出た。
    両家の親と都内近郊の親戚で式。
    披露は、それに会社関係と友達を呼んですることにしてた。

    当時は被災して1年ばかりで、ご近所は避難、親戚は仮設住まいか居候だった。
    だから、私の結婚式があるという事を聞いた地元の人や親戚は舞い上がり、
    東京観光ついでに出席すると言い出した。
    そして、周りにいい顔したい母がこれを引き受けてしまった。
    田舎からくる人の方が多いくらいで、ツアーも組まれた。

    前提として、
    うちの田舎の祝い事は、男は上げろ、女は下げろの男尊女卑。
    主役はけなされ、身内はとにかく謙遜通り越して卑屈になる。
    なんでかって言うと、
    助け合い精神で、大きな家は不幸があった家に全財産叩いて同情しなきゃならない。
    それで潰れたり、衰退した家が何軒もある。
    だから家族以外には、いつも不幸だって言わないといけない。
    幸せな人は、自分の都合は後回しでも周りに尽くさなければならない。

    まず披露宴前日、東京案内をさせられた。
    当日は、ホテルから披露宴会場まで花嫁が迎えに行き、支度のある田舎の親戚をお連れした。
    親の手前もあるし、親戚にあったことを考えれば、ここまでは仕方ないかと私も思った。

    「花嫁なんか後回しでいいんだから先にしろ。待ってる間に化粧が崩れた」、と、
    花嫁控え室に親戚が来る来る。式場は控え室を急遽変更し、警備員を置くはめに。
    ついでに母も出入り禁止にしてもらった。
    「みっともなくない? 着物、似合ってる? 恥ずかしいわね。緊張しちゃう」を連発。
    お前の式じゃねぇ!! って、かなりイラついたからだ。

    374 :名無しさん@おーぷん 2015/04/06(月) 00:50:10 ID:XaW
    上に火事の話があったので便乗して携帯もない頃の昔話を。

    その日は旦那が夜勤なので2階で一人布団に入った。
    朝から降っていた雨がやみ星空になった寒い冬の日はめずらしく北風が吹いてなかった。
    11時半か12時頃だったかな、ドーンドーンとかバキバキとかの音でだんだん目が覚めていった。
    何の音だろうとカーテンを見るとやけに明るい。ヤンキーの集会でもやっているのかと思いながら
    恐る恐るカーテンを開けるとまさに火の海。
    私道をはさんで建っていたどこかの会社が持っている倉庫が燃えていた。

    硬直したまま数秒。そうだ電話しないと、110番119番117番どれだっけ?
    上着をひっかけて階段を降りたところで近所の人が駆けつけてくれた。
    ほっとしたのもつかの間、倉庫の反対隣にある小さい工場に危険物がたくさんあるので爆発したら
    大惨事、そっちを手伝わないといけない他の人もみんな工場の方に行ってる、ひとりで心細いだろうけど
    がんばってね。
    あと、家と倉庫の間にある車は移動しておいてね、そう言い残して近所のおじさんは去っていった。
    この時点でサイレンは鳴っていたが消防車はまだ来ていなかった。

    こういうときこそ平常心にならなければ、そうだ水、風呂おけの水を抜いてしまったけど水をためようと蛇
    口をひねってから外に出た。
    外に出ると火の粉が降っていた。車から倉庫まで10Mもない。
    火の粉で自分が燃えるのを防ぐために外の水道で頭から肩まで水をかけてから車を移動した。
    よし、家が燃えないように水をかけよう!
    ホースで水をかけ始めると近所に住む兄嫁がかけつけてくれた。
    様子を見に来たけど炊き出しをしないといけないから行くね、他の人は工場の方を手伝っているから来られないと思う心細いだろうけどがんばって。
    兄嫁もすぐ去っていった。

    このあたりで消防車による放水は始まっていたと思う。
    消防車も野次馬も倉庫の前にある空き地に集まり、すごい人だかりだったが我が家は私一人だった。
    そうだ風呂の水出しっぱなしじゃないか、水を止めに行くとお湯が出てたorz

    910 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/09/04(月) 20:56:35 ID:bZ2K0w7+.net
    ぶった切ってごめん
    同じく今日の出来事

    マンションの下の階に恐らく精神疾患だろう男がいる
    ファミリータイプのマンションなのに中年の一人暮らし
    時々家出た時とかに遭遇すると、ブツブツと何か物騒な感じに呟きながら見つめて来るが近づいてはこない
    挨拶しても無駄だった
    引っ越して来た当初はこちらも怯えてたんだけど、直接的な被害がなかったから段々とスルースキルを磨いて乗り越えてた
    ところが、ここ最近は子の通学のタイミングで行き合うことが増えてきたんだ
    それでも、まあ何かしてくるでなしと思っていたら、今日追いかけられた
    赤ん坊抱いて家を出て、ちょっと下ろして歩かせようかと立ち止まったらすぐ後ろに立ってた
    気づいた瞬間、首の後ろが総毛立つというか今までの人生で一番ゾッとした
    男はなぜか物凄く怒ってて、明らかに私と赤ん坊についてきてた
    「この野郎ぶkkoroしてやる」と延々と言いながら睨んできたけど、目を合わせたら酷くなると本能的に思い、とにかく無視してやり過ごそうとしたのに男が道を通せんぼしたから逃げられなくなった
    昼の住宅街だから人気もなくて、でも目の前で通報したら確実に何かされると思ってとにかく動けなかった
    どうしようもなくてよそ様の敷地だったけど逃げ込んで隠れたら、しばらくして男は去っていった
    腰が抜けそうになったけど、赤ん坊を守らないといけないと思ったら何とか踏ん張れた
    上の子のスクールバスが間もなく到着して、家に駆け込んでからは暫く動けなかった
    以前も郵便物が盗まれたんだけど、男がマンション全体のポスト置き場にちょくちょくいるから氾人はこいつじゃないかと思う
    夫と話して、明日交番に相談に行ってから引っ越し先を探すことにした

    赤ん坊か自分が襲われると思った修羅場でした

    このページのトップヘ