愚痴

    634 :名無しさん@お腹いっぱい。 2018/11/04(日) 00:09:17 ID:3mSzKZFRx.net
    俺はカボチャやサツマイモを「おかず」として食べるのに抵抗がある。
    それ自体は別に嫌いじゃないし「甘味」としてなら問題無いが
    煮物・大学芋・天ぷら・味噌汁なんかで出されて米の飯と一緒に食べるのがダメ。
    とはいえ作ってもらってる身だし、一般的な料理であることは理解してるので
    他の物を先に食べてから、(俺の心の中で)デザートとして食べて、最終的に完食している。

    だが嫁は気に入らないようで「ごはんと一緒にちゃんと食べてよ!」と言ってくる。
    俺も上記のことを説明して、料理自体はありがたく美味しく食べてるし
    残してるわけでも時間をあけて食べてるわけでもない、と言ってるが納得してくれない。
    嫁も意地になってるのか、ここ最近カボチャとサツマイモの出現頻度が花マル急上昇。
    こういう味覚?嗜好?の問題って、どう説明すりゃいいの?俺はそんなに非常識?

    229 :名無しさん@HOME 2019/08/13(火) 19:02:56 0.net
    義弟嫁とはそんなにお付き合いないものの
    お互いLINEのアドレスだけは交換してた
    その義弟嫁から2年ほど前から時々(月に2度くらい?)愚痴のようなラインがくるんだけど
    それが「私は子供嫌いなんだけど、義弟クンがほしがっていて・・」とか
    「夫婦2人の時間大事にしたいのに」とかで、軽く流してた。
    それが最近になって、いきなり消えて、気にもしてなかったんだけど
    昨日義弟がきて、ここ2年ほど不妊治療頑張ってたけど、全然ダメで諦めた、と言う話をしていた。
    義弟嫁がどうしても子供がほしい、自分で産みたいというので検査にいったけど
    2人とも特に異常なしで、だったらできるはずと2年頑張ったけどダメで、貯金底をついてやめたらしい。
    積極的に不妊治療するほど子供ほしがってた義弟嫁は
    もしかしたら、治療失敗したりしんどいときに、私に愚痴を送ってたのかなぁと思うと
    もうちょっと優しく返事しておけばよかった、と後悔してる

    858 :名無しの心子知らず 2019/09/23(月) 10:31:24 ID:h+r2iTqx.net
    市の3歳児健診に行ってきたんだけど保健師さんに人見知りして途中で帰りたい、帰ろう!と席を立とうとしたり自分の名前を言えなかったりで後日再検査する事になった
    その時に保健師さんに「このままじゃちゃんとした大人になれないよ、発達障/害なのかな?」と言われモヤ
    いつもはお昼寝の時間だし私が妊娠中で赤ちゃん返りしてたから一応その事も話したけど、「お母さんの愛情足りてます?保育園の先生には何も指摘されてないの?本当に?」と言われ更にモヤ
    再検査では違う保健師さんが良いな…

    3 :おさかなくわえた名無しさん 2013/06/12(水) 19:18:15 ID:iVLEhMWg
    友人が42歳で初めて妊娠した。ご主人は47歳。2人とも出来にくい体質だったらしく一時期子どもを持つのは諦めてたけどやっぱり欲しくなっちゃったーとかで
    不妊治療開始してギリギリ間に合ったんだとか。

    おめでたいことなんだけど、素直に祝福できないでいた。

    902 :名無しさん@おーぷん 2017/01/04(水) 09:36:29 ID:0QB
    次兄のところの姪(小6)が挨拶をしない
    次兄夫婦で用事があるから塾の送り迎えを頼まれたけど
    姪からの「お願いします」とかの言葉はなし
    姪を送ったあとに一緒に買い物に行くため同乗していた母が
    何度も促していたら「おねが」まで言ったけど
    その後に「あ!○を持ってきたかな!」と荷物確認を始めた
    車から降りるときに「ありがとう」はあったけど
    先日の新年の集まりで会ってもやはり挨拶しない
    普段会っても次兄夫婦からの挨拶はあるけど
    親がするから良いと思ってるのか姪は挨拶をしない

    長兄の子供たちの塾の送迎とかもたまに請け負うけど
    長兄嫁が促さずとも皆元気よく「お願いします」と言う
    普段も街中でも会えば元気よく挨拶してくる

    次兄姪と長兄子供のひとりが同い年なのでつい比較してしまう
    正直なところ次兄姪より長兄子供が可愛い
    母は子供の教育は親の方針だから口出ししないと言っていたけど
    次兄姪に関しては言った方が良いレベルだと思うよ
    と思いながら自分も次兄にいうべきか悩んでいる

    このページのトップヘ