愚痴

    231 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 01:43:24 ID:zOKX0ijU0.net
    私の容姿が原因で義実家から嫌われてます
    姑は旦那に「あんなブクブク太った嫁、お前は恥ずかしくないのか」と言ってるらしいし
    初対面の義親戚からは「結婚写真は可愛く撮れてよかったね!」と言われたり
    義弟はデブスが義姉と知られたくないようで人前で避けるし

    皆表向きは優しいけど、言葉の端々や態度に表れてる
    夫も直接的ではないにしろ容姿を罵倒してくるし、義実家の態度を愚痴ったらお前が悪いと言う調子

    義実家一族は見る限り普通の容姿なのに、身内は褒めまくりで私だけ不美人扱い

    今までこんなにあからさまに容姿について言われた事がなかったので、傷付くというかびっくりしてます
    私がデブスだから悪いのか?いや義実家の価値観が偏ってるのか?
    嫌われた原因は他にあるのか?
    どっちにしろとても付き合いにくいです

    相談というか愚痴かもしれないけど、皆さんどう思われますか…
    今まで考えないようにしてきたけど結構辛いです

    256 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/19(日) 16:29:30 ID:X/m9wO/x.net
    婆ちゃんが「亡くなったじいちゃんの遺品片付けが終わらん」って言ってる。
    自分たち孫も、親父お袋も総出で2ヶ月くらい手伝ったんだけど、全然終わらん。
    田舎で近所の目が怖いからって、メモや日記の類いは全部細かく破らないと捨てられない。お袋が「生ゴミに混ぜて捨てれば?」って提案したけど、ゴミ漁られたら嫌だ、と破って捨てる方針を変えない。
    業者も入れたくない、紙類は雑誌、手紙類から、走り書きが数頁してあるノートまで、「一度目を通さないと捨てられない。全部細かく破らないと捨てられない」という婆ちゃんに、ぐったりして親父もお袋もさじを投げた。
    自分も「婆ちゃんが生きてるうちは片付かないだろう」と思っている。これからも片付けごっこに付き合わされるのかと思うとぐったりする。

    68 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2016/06/19(日) 01:56:35 ID:DsWRQ2zX.net
    クラスのラインがあって、「現地集合現地解散、集合時間自由」のお出かけに誘われた。
    うちからはちょっと不便な場所なので片道2時間くらいかかるけどお昼に到着。
    すごく混み合っていてクラスメイトが見つからなく、ラインで聞いてみたら返事がない。
    それでもウロウロしていたら、30分後に、
    「天候が怪しかったので移動しました!もしよかったらどうぞ!」という案内の場所は片道1時間かかる場所…
    「あっ、そうなんですね!残念」とおくって元々の予定場所で3時間程度遊ばせて帰ったけど、移動するならするでラインに記載してくれればよかったのに。
    息子達を連れて2時間かかる場所まで行かなかったのになあとモヤモヤ

    31 :可愛い奥様 2013/03/01(金) 10:05:05 ID:xOQbWQAsO
    うちのトメは後期高齢者。
    普段、一人で留守番していて
    暇なものだから、私が休みのときを狙って
    医者に連れていけ攻撃をしかけてくる。

    熱があるわけでもなし、血圧は正常、持病なし。
    でも足腰が弱っていて、目も悪いから
    出かけるときはMy車椅子が必要で
    連れていくほうはすごく大変。
    しかも仮病だから、帰りにあちこち寄りたがる。
    今まだインフルエンザ流行ってるし
    私が感染したら、どうするの!?
    うちは受験生がいて、もうすぐ受験なのよ!と
    今回はお断りした。ちょっとスッキリ。
    暇潰しのために利用されてたまるか。
    私の方が血圧高くて医者が必要だわよ。

    738 :可愛い奥様 2013/04/02(火) 22:04:27 ID:D7VZcxk30
    トメ、娘を遊びに連れてってくれるのはありがたいのだけど、そこであったことを話すときに
    「女の子って怖いわねー、小学生くらいのグループで仲間外れにしてたのよー」
    「女の子って大きくなるとああなるのねー」
    「女の子ってすぐ仲間外れとかするのねー、成長するとああなるのねー」
    と延々。

    ムッとして
    「うちの子はそうならないと思います!」
    と言い返すと、
    「この子は大丈夫だと思うけど…、でも本当に女の子って…」
    のエンド乚ス。

    自分も女の子を育ててただろうが!

    このページのトップヘ