学校

    627 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/01/31(火) 19:59:51 ID:wDUY7HKN.net
    一応イジメ話になるのかな、今から30年ほど前の話
    当時、同級生に登校拒否をしてる奴が居た
    理由は、そいつの兄弟が揃って登校拒否してて自分だけが学校に通うのが嫌になったから
    そいつ本人に理由があるわけじゃないから担任はやきもきしていたらしい
    俺たちは普通に放課後も一緒に遊んでたから特にイジメなんてものは無かった

    ある冬の日、大量に雪が積もった校庭でそいつが何かをしているのを五時間目の授業中に見た
    放課後になって友人数人で見に行くと落とし穴を作っていると言う
    大量に積もった雪を固めて50cmほどの穴
    その上に池に張っていた氷を敷いて雪を被せて完成した
    俺たちはそれを見ていただけで完成と同時に雪合戦に誘って暗くなるまで遊びまくった
    帰ろうと誘うと、そいつはもう少し一人で遊んでくと言ってその場に残った
    帰る途中に落とし穴の存在を思い出したので俺たちは新雪の上を歩いて落とし穴に引っ掛からないようにして帰宅した
    事件が起きたのは翌日だった

    259 :名無しさん@おーぷん 2015/07/13(月) 07:44:52 ID:YBN
    某まとめサイトで学校給食に関しての記事を読んで思い出した武勇伝。
    当時の担任も『給食は残すな!』がモットーで、そこに関してはかなり厳しかった。
    好き嫌いで残すならまだわかるが、私は小柄で小食だったので単純に食べきれないので残す事が多かった。なので、同じ班で大柄なタケダくんに食べて貰ったりもしていた。
    当然、担任は「残さず食べる!」と注意。私は怖くてビクビクしていたがタケダくんは「先生、俺とコイツじゃあ食べる量が違うよ」みたいな事を言ってくれた。
    タケダくんの言葉と私が野菜などをキチンと食べているのを見て、その場は納得してくれた。
    数日後、担任から「量が多くて食べきれない場合は配膳の時に言いなさい。ただし、好き嫌いはダメ」って内容の連絡があった。
    好き嫌いに関しても、全部食べれないならせめて一口は食べなさいって方針になった。
    勇ましさは無いけれど、年号が平成になったばかりの頃に教師にキッパリと意見をして、結果的に改善されたのは武勇伝だと思う。
    児童の言葉を受け止めて、柔軟に対応出来る担任も良い部類の人だと思うけど。

    893 :おさかなくわえた名無しさん 2013/05/17(金) 18:26:04 ID:Rehua8DM
    中学校のプールの授業
    好きな型で良いから50М泳ぐというテストがあった
    そこで一人だけ潜水で泳ぎきったヤツがいた
    運動が苦手で、よく読書してるインドア派
    どんな肺活量してるんだよw
    潜水で泳いだ理由は「それしか泳げない」かららしい

    755 :おさかなくわえた名無しさん 2013/04/24(水) 11:06:04 ID:fNPw5qU+
    今年から長男が小学校に入学したんだが先日学校から電話が。
    父子家庭だから俺に電話があるんだけど内容が、
    ・体育の時間に転んで怪我をした。
    ・保健室で手当てをした。
    ・大した怪我ではないが・・・本日、お伺いします

    どんな怪我かと心配したが、帰って来た子供を見てびっくりした。
    膝にカスリ傷みたいな小さな傷。保育園の時の方がまだ大きい怪我をしていたくらい。
    連絡帳を見たらA4サイズのページに経緯などがビッシリ。
    その夜、担任が家を訪れ何度も何度も謝っていた。
    モンペ対策かと思われるけど今の小学校ビビリすぎだろ。逆にこの先が心配になるわ…

    579 :おさかなくわえた名無しさん 2013/01/30(水) 17:37:04 ID:wnvOeKf0
    武勇伝というには激しさが足りない話かも知れないけど

    小学生の3年4年と親の仕事の都合で祖父母の家で暮らしてた
    生活自体は楽しかったけど、クラスのバカが参観日に来た婆ちゃんを見て
    「ババア」ってあだ名を付けてからかうようになった
    あだ名は最終的に「ウ〇コ」になって、由来も参観日に来た婆ちゃんが
    ウ〇コ漏らしたからというとんでもないデマに
    修正しようとしたけど出来なくて、婆ちゃんをバカにされたのが
    悔しくて相手のバカと喧嘩になって、怪我をさせてしまった
    呼び出された婆ちゃんに理由を黙ってたけど結局ばれてしまった
    婆ちゃんは「お前はいい子だねぇ、ありがとう」と頭を撫でてくれた
    この一件であだ名も自然消滅して4年になった

    持ち上がって初めての参観日に婆ちゃんが来てくれたんだけど
    白髪を染めてなんか女優っぽい髪型にして化粧をして
    真珠のネックレスをしてよく似合う桜色のスーツを着てた
    最初ちら見した時は婆ちゃんだと思わなかった変身っぷり
    授業中何度も振り返って婆ちゃんを見たけど
    モデルみたいに真っ直ぐ立ってにこにこして見てくれてて
    美人じゃないけど、他のお母さん達に負けてない華やかさだった
    クラスのバカは「ババア」が来ると思ってたらしくて
    ニヤニヤしながら振り返りまくったんで先生に叱られた
    当然その後にあだ名が復活する事はなく平和に過ごせたよ

    余談だけど婆ちゃんの桜色のスーツはオーダーのなんだけど
    今私が着ると、身長は5センチくらいしか違わないのに
    ウエストはきついのにお尻と胸は余る
    50歳手前の頃の婆ちゃんはナイスバディだった

    このページのトップヘ