不幸な結婚式

    638 :名無しさんといつまでも一緒 2008/06/05(木) 13:49:42 0
    復讐というか、昨日ママ友さん夫婦から聞いた話なんだけど・・

    ママ友ダンナさんは、元劇団主催者さん。
    大学時代から営んでいて、お約束ビンボー劇団(本人談)で片っ端から
    様々なバイトをこなしては運営費を賄っていたんだそう。

    幾つか舞台もできるようになった頃、大学時代の友人の一人がやってきて
    『結婚したいけど、親は他界している。彼女の家柄が厳しいので“後見人”
    みたいな役で彼女の家に許可を貰いに一緒に行ってくれないか?』と。
    初めての舞台の時に花を贈ってもらったり、その彼が嫌いではなかったから
    ママ友ダンナさんは2つ返事で引き受けた。

    舞台で培ったメイクの手助けもあって、彼は無事婚約できた。

    それから3年後、やっと『式を挙げるから、悪いけどまた頼まれて
    欲しい』と連絡。
    今度は後見人役だけでなく、親戚縁者役も含めての依頼。
    劇団員皆で、その役目を果たすべく衣装もレンタルしたりして式当日
    出向いたらしいんだけど・・・ママ友ダンナさん、ここで初めて彼の
    本当の目的を知った!

    409 :愛とタヒの名無しさん 2005/05/19(木) 17:31:56
    職場の同僚A子の披露宴に出席したときのこと。
    A子は、本社の重役の娘で、親のコネでうちの支社に入社しており、
    披露宴前のロビーには、本社の重役である招待客も多くいた。

    そして、披露宴の席次表をもらって、一同騒然。
    新婦側招待客の一番上座のテーブルに、新婦直属の上司。
    (支社の課長、係長、主任クラス)
    二番目のテーブルに、我々新婦同僚(普通のOL)
    そして、三番目、四番目のテーブルに、父親の関係者である本社の重役。

    「すべて手作りの披露宴にするから、両親には口出しさせなかったの。」
    とは言っていたが・・・まさかこんな席次表を渡されるとは。
    本社の重役より上座に座ることになり、恐縮する我々。
    披露宴開始直前になって初めて席次表を見て、慌てて、
    重役たちに平身低頭謝りまくる新婦両親。
    「席を変更してもらえないだろうか」という新婦両親の言葉に、
    新婦上司であるうちの課長たちも我々も快諾。
    (つーか、本社重役より上座じゃ我々も落ち着かないし)

    が、肝心のA子が、かなり不機嫌。
    披露宴の間中、重役の席を睨むわ、
    キャンドルサービスの際にも重役のテーブルでは頭を下げようともしない。

    そして、二次会で、かなりお酒が入ってきたころ。
    「信じられない!私の披露宴なのに!なんで席かえなきゃなんないわけ!?
    大体、本社のえらい人たちなんて私は呼びたくなかった。
    父親がどうしてもって言うし、お金出してもらってたから逆らえなかったし、
    結局はご祝儀目当てで呼んだだけ。なのに、一番上座に座って!」
    と、怒鳴りまくるA子。
    席替えに応じた我々同僚に対しても
    「なんで、席替わるの!?」と、からみまくって、かなりひいた。

    607 :愛とタヒの名無しさん 2010/05/19(水) 22:27:06
    20代カップル結婚式。
    新婦が選んだドレスは、カラーの高い上半身にピッチリしたタイプ。
    ところが式当日までに新婦が太ってしまい、背中のファスナーが閉まらない。
    慌てて代わりのドレスを探したが、サイズが合うのは胸元が出るタイプのものだけ。
    新婦がそれじゃ嫌だとごねるも、もう式まで時間が無い。
    式中止か、代わりのドレスを着るかの二択。

    …そして代わりのドレスを着て出た新婦、胸元にはオサレなタトゥーが…

    もちろん新郎や新婦友人は知っていたが、知らなかった他の出席者はヒソヒソ。
    新郎母は失神寸前で退場。
    式は微妙な空気で終わり、二次会でも新婦のタトゥーが話題となり微妙な空気だった。

    一番の問題は、新郎妹が婚約中で、その仲人のような人が披露宴に出席してたこと。
    「刺青のある女と結婚するような兄がいる娘、大事な知人の息子さんと結婚させられん!」
    というわけで新郎妹は婚約破棄となり、兄夫婦を恨んで心を病んだ。
    新郎新婦も離婚。

    新婦は「代わりのドレスのストックが少なかった式場のせい、裁判する」と言い出し、
    「刺青入れたり太ったりしなきゃ済んだ話」と弁護士含む周囲から呆れられた。

    609 :愛とタヒの名無しさん 2010/05/19(水) 22:32:31
    前に友人の結婚式に行った時。

    新郎30、新婦25。
    新婦は結婚する1年前に中絶している。もちろん新郎の子。 

    そんな新婦の友人として行くことになった私。
    新婦の高校時代の友人?が、披露宴の途中にサプライズで花束を渡していた。
    司会が「ここでサプライズです~」と言っていたので、事前に話は通っていた模様。

    そこで、花束を渡す際のスピーチ中、その人が爆弾発言。
    「子供を堕ろした時はビックリしましたが、その相手と別れることなく結婚して
     友人の私たちも安心しました!良かったです!おめでとう!!」
    スピーチをしていた人は酔っていたので、ポロッと言ってしまったのかもしれないが
    一緒に並んでいた人たちが硬直していた。

    場内が凍りついた。

    スピーチをした人と一緒にいた人たちが
    「こ、この子ったら酔っ払っちゃって色んな友達の記憶がごっちゃになってるかもです!」
    とか何とか言って、花束を渡してヒールを履いているとは思えない速さで会場から逃げていた。

    できちゃった婚なら、誰かが爆弾発言しても
    何とかフォロー出来るけど、中絶はマジでフォロー出来ない…
    百戦錬磨っぽいプロの司会者も「えっと、えっと」ってうろたえてたし。

    216 :愛とタヒの名無しさん 2017/05/07(日) 00:37:54 ID:GDcHwlLK.net
    放置子だった新婦の結婚式に友人として参加した。
    新婦の姉は病弱で車椅子なので、親はそちらに掛かりきり。新婦はほったらかしだったとか。
    近所に新婦の親友の家があって、そこで世話になったとか。親友の紹介で親友従兄と付き合うようになって、そのままゴールインした。

    結婚式は和やかだった。新郎新婦が選んだスライドショーを見るまでは。
    新郎はごく普通の成長日記。だけど、新婦の写真は親友一家と写っているのばかり。実の家族のとは一つもなかった…。列席者は、居たたまれなくなったのか、実の家族が座るテーブルを見ないようにした。
    もっと変だったのは、新婦のメッセージは無しで、花束は親友一家に贈っていた。親友のお祝いのメッセージが読まれて、新郎新婦が末長く仲良くして下さいでおしまい。
    その時、新婦のお姉さんの顔をちらっと見ちゃった。お姉さん、真っ青になって涙を流していたんだよね。
    そして、式が終わってふとゴミ箱を見たら、お祝いのメッセージが捨てられていたのに気付いた。お姉さんのメッセージだった。もしかしたら、お姉さんが泣いたのは。ピンときた。

    その後、新婦は実家と縁切りした。ずっと親とお姉さんを憎んでいたんだって。小学校で賞をとっても、親から返ってきたのは「お姉ちゃんが入院するから忙しいの、また今度にしなさい」って一言だけ。
    会社にお姉さんを知っている同僚がいて、お姉さんが親に新婦のことを構ってくれって何度も言っていたことを教えてくれた。恨まれても当たり前だって言ってたとか。
    そういえば、新婦は一度もお姉さんの事を「お姉ちゃん」って呼ばなかった事に気付いた。なんで他人行儀に「お姉さんの名前さん」なんだろうって思ってたけど。
    ちなみに、新婦の親は後悔しているらしいけど、知ったことじゃない。

    このページのトップヘ